2013年04月02日

3月31日 サボテン・多肉バザール@五反田TOCビル

久しぶりの投稿になります。
I.S.I.J(国際多肉植物協会)主催の「春のサボテン・多肉植物ビッグバザールに行ってきました。多肉植物の即売会としては恐らく日本最大の催しです。植研からは午前に3人、午後にもう1人が行ったようです。

P1050468
僕が買ったのは2つ。ひとつはガガイモ科のHuernia brevirostris(和名蛾角)です。 ガガイモの仲間は風変りな花を咲かせるものが多く、そこが魅力のひとつでしょう。蛾角も黄色い変わった花(検索すれば出てきます)を咲かすようで楽しみです。









P1050469
もうひとつがHaworthia picta。
これは300円と手ごろな値段でしたが、ハオルチアの中には1万円を超えるようなものもかなりあり、最高額のもので40万円でした。はっきり言って素人目には5000円くらいのものと数万円のものの価値の違いは全く分かりませんでしたが。 奥が深いですね。  
Posted by shock324 at 00:30Comments(1)TrackBack(0)展示会 

2012年11月07日

学園祭について

今年も農工大の学園祭で一般企画の展示を行います。

日時 11月9日(金)〜11日(日) (但し、9日は13時からの開始です)

内容は、八丈島旅行のまとめ、種子・果実について、キノコ調査
などの予定です。
場所は去年と同じく第1講義棟の22教室です。野生動物研究会と相部屋になります。

是非お越しくださいませ。  
Posted by shock324 at 10:06Comments(0)TrackBack(0)学祭 

2012年09月21日

八丈旅行 (2日目)

syok5
キャンプ場の朝

syok6
この日の目的は三原山登山。しかし、レンタカーがないために登山口までの足を探す必要があった。
副会長の機転でジャンボタクシーを頼んで中腹まで運んでもらうことに。結果的にレンタカーのように登り始めた場所に戻る必要がなくなり、行動に自由が生まれることになった。


syok7
登山道沿いに数多く見られたハチジョウアザミ。



syok8
中腹まで運んでもらったので間もなくNTTの中継所に到着。八丈富士、八丈小島を望む。 
ここまでは舗装路。しかしこの先の道は狭い階段状となっていて藪こぎすることもしばしばとなった。


道の状態は悪くなったが、植物観察には面白い環境となった。
syok10
1年のH君はランに詳しい。葉っぱだけのランを次々と見分けていった。これはシュスランの仲間。(ハチジョウシュスランだっけ・・?)

syok9
僕(fe)が見つけたのはヒナノシャクジョウ。5センチにも満たないような小さな腐生植物である。

syok11
トウゲシバ。普通の被子植物のような外見をしているが、シダ植物の一種。

syok12
モウセンゴケ。湿った場所に数多く見られた。

syok13
ハチジョウギボウシ


syok14
登り始めてから1時間半ほど。見晴らしの良い頂で記念撮影。頂といっても三原山山頂ではなく650メートル地点と呼ばれる場所らしい。


650メートル地点からは延々と尾根伝いに歩く。
syok15
尾根を藪こぎしながら歩くこと30分、三原山山頂(700.9メートル)に到着。


syok16
山頂から少し降りた場所で昼食。周囲にはハチジョウオトギリ、ナンバンギセル、モウセンゴケなどが数多く見られた。


その後は延々と舗装路を下って行った。

しばらくしてH君のテンションが上がった.

syok18
ムカゴトンボというランである。緑色の地味なランである。よく見つけるものだ。 地味、と書いたが、近づいてみるとなかなか面白い形をしている。

その後、唐滝を目指そうとわき道に入ったが失敗。そのまま道を下り樫立集落に到着。
商店で買い物をした後、ふれあいの湯という温泉に入った。(ここら辺の写真がない)

温泉のすぐそばに路線バスが来るのでそれに乗ってキャンプ場に戻った。本来、バス停はキャンプ場から少し離れて場所にあるのだが、運転手さんのご厚意でキャンプ場入口の目の前で下車させていただくことになった。


syok19
この日もH君中心に釣り。残念ながら成果はなかった。

syok21
荷物番をする3年M君。


夕飯後、再び昆虫観察へ。
ナナフシ(トゲナナフシ、ハチジョウナナフシ)や、サツマゴキブリが数多く見られた。
インパクトが大きかったのが
syok20
アマミサソリモドキであった。ただし八丈島のものは移入されたものである。
サソリモドキは危険を察知すると尾端から酢酸を噴射する。勇気をだしてM君がピンセットでつまみあげると、しばらくして液体を霧状に噴射し、辺りには酢の臭いが立ち込めた。



  
Posted by shock324 at 22:40Comments(0)TrackBack(0)旅行 

2012年09月20日

八丈島旅行の報告(1日目)

8月27日〜30日に八丈島旅行に行ってきました。メンバーは1年生2人,2年生1人,3年生3人,4年生1人,+1人の計8人でした。

8月27日 22時20分 東京竹芝出港
syo1


沖縄近海にあった台風からのうねりで東京湾を抜けたあとはかなりの揺れになった。気分が悪くなってしまった人もいるようで・・・


syo2
28日5時頃 三宅島寄港。


syo3
三宅島出港後まもなく日の出を迎えた。

このあと、本来ならば7時ごろに御蔵島に寄港する予定だったが、海が荒れていたために寄港せず、船は八丈島へと向かった。(御蔵島の港は外洋に面しているためか海の状態によって寄港できないことが結構あるそう)

syo4
9時過ぎ 八丈島到着。港近くの底土キャンプ場へ。

その後、途中まで歩いてからバスで植物園へ。植物園近くの食堂で昼食をとってから植物園内を散策したり、ビジターセンター内でアイスクリームを食べたりした。syok17
園内で見かけたウスベニニガナ。

植物園を出て、バスに乗ってスーパーへ行き食材を購入した後、キャンプ場へ戻り、夕飯作り。
メニューはキャンプ定番(?)のカレーライス。1年のH君が港近くでコチと謎の魚(メバル系?)を釣ってきてそれも入れたので、シーフード風カレーに。長時間煮込んだせいか魚は骨を残して溶け去り、魚の姿はないのに時々骨が口に刺さる少々デンジャラスな代物になってしまった。

Tさんは早めに就寝。他の7人はキャンプ場周りで灯火に集まる虫を観察したりした後、23時ごろ就寝。
テントの中は少々せまく、蒸し暑かった。外の方が快適だろうということで、H君は果敢にも芝生の上にシートをかけて寝ようとしたが、蚊と夜露の猛攻に耐えきれずテントの中に戻ってきた。  
Posted by shock324 at 22:58Comments(0)TrackBack(0)旅行 

2012年08月03日

ハツカネズミ出没事件

部室にハツカネズミが発生しました。
とりあえず、会長が3匹捕獲。もう1匹少なくとも潜んでいるはず
nezuko2
超可愛いのですが、ダニが付いてるし、危ない病気持ってるとか言いますよね・・・。
なんだか首筋が痒くなってきた気がしますが、まあ気のせいでしょう。



部室への実害としては、
nezuko1
オブツーサが食われました。玉扇も跡形もなく。土にクレーター状のくぼみだけ残りました。 ユーフォルビアだけ無傷でした。 あとは小麦の袋に穴あけられたり。

明日にも逃がす予定です。ダニついてるし、夏休みで人来ないから、部室で飼うのは難しいよね?


fe  
Posted by shock324 at 00:04Comments(1)TrackBack(0)近況 

2012年08月02日

植研夏合宿について

今年の行き先は、一昨年と同じく八丈島になりました。  
Posted by shock324 at 23:51Comments(0)TrackBack(0)旅行 

2012年07月11日

久しぶりの更新

捕まえたわけでもないのになぜか家の中をカナブンが飛び回っている、どうも会長です。

先週月曜に学校の演習林に行ったときに撮った花。
oka
オカトラノオ(サクラソウ科) あちこちに咲いていた。

neji
ネジバナ(ラン科) 芝生に群生していた。どこにでも見られる種だが、近づいてみるとなかなかに美しい。 花の色の濃さやねじれ具合に変異があって面白いと思う。

fe  
Posted by shock324 at 23:02Comments(0)TrackBack(0)近況 

2012年05月12日

2012年タイフェスの報告

thai
タイフェスティバルに行ってきました。僕は集合時間に間に合わず申し訳なかった。

タイ料理の屋台、様々な食品や雑貨が売っていて楽しかったです。

なんといっても一番の目的は
thai2
これです。ドリアンです。臭いといい、見た目といい、まさに東南アジアの雰囲気でしたね(行ったことないですが)。植研用に一つ買いました。あと2、3日で食べごろのものをお願いしたので、火曜の部会には食えるかと。
品種はモントーン種という一番ポピュラーなやつ。現地でしか手に入れられない品種もあって、それが美味しいんだ、と売り場のおじさんが言ってました。

他にもサラカヤシ(スネークフルーツ)、マンゴー、マンゴスチン、タマリンド、ポメロなど様々なフルーツが売っていました。タイフェスは明日13日まで、10時〜20時でやっています。

fe  
Posted by shock324 at 23:53Comments(0)TrackBack(0)近況 

2012年05月11日

5月11日 浅間山

今後の活動のための視察も兼ねて1人で浅間山に行ってきました。
ちなみに浅間山(せんげんやま)は、府中市にある小高い丘のことです。長野の群馬の県境の浅間山(あさまやま)じゃないですよ。

sen1
浅間山には、ここでしか見られないというムサシノキスゲが自生しています。今回はまだ咲きはじめといった感じで、見ごろは来週でしょうか。
なんでもこのムサシノキスゲ、尾瀬ヶ原での群生が有名なゼンテイカ(ニッコウキスゲ)の変種だそうで、氷河期に分布を南下させたものが、取り残された遺存種なのではないかとのことです。

他に見たもの
sen2
ササバギンラン

sen3
キンラン

sen4
コゴメウツギ


あと、ニガナ、ハンショウヅル、サワフタギ、マユミなどの花が見られました。
イチヤクソウはこれから。

fe  
Posted by shock324 at 10:56Comments(0)TrackBack(0)近況 

2012年05月09日

4月30日 神代植物公園

jin1
計7人で行きました。 お目当ては温室で行われていた多肉植物の展示と即売。
温室内ではヒスイカズラが咲いていました。

僕が購入したのは、リトープス属の日輪玉とハオルチア・クーペリの1品種。
jin2
 写真写り悪いですね。実際はもっときれい。
他の人はエアープランツ買ったり、オブツーサを買ったりしていました。

温室を出たあとに一度外に出てそばを食べたあと、園内をぶらぶらして解散。
4月28日にできたばかりという「植物多様性センター」にも行ってみました。(写真撮り忘れた)
まだできたばかりのせいか、いかにも作りもの感が漂ってて、う〜んという感じ。 しばらくしたらもっと自然な感じになるんですかね。

fe

-----------------------------------------------------------
勝手に追記〜
僕はハオルチアの交配種、氷砂糖を買いました。
RIMG0823
ハオルチアの軟葉系といわれるグループでは、葉の先端の方に透明な部分 ("窓" と呼ばれる) があります。
氷砂糖はさらに葉の裏側の方に斑 (葉緑体が抜けて白くなっている部分) があり、 葉の上面から入った光が、裏の方までよく透過してきますので、光にかざしながら根本を見てみると
RIMG0822
こんな風にぼんやり光っているように見えて、とても美しい。
これからどんな感じに育っていくか、楽しみです。

植物多様性センターは写真貼ると客が減って営業妨害になるレベル。微妙スポットという意味では一見の価値あり。

にいと  
Posted by shock324 at 22:06Comments(0)TrackBack(0)近況