2016年04月11日

高尾山ハイク

こんにちは。3年の木内です。

前回の更新からすっかり時間が経ってしまいましたが、植研はちゃんと(?)活動を続けています。

植研では、去る4月2日(土)に高尾山に登ってきました。ときどき小雨が降る生憎の天気でしたが、部員6人+特別参加の2人で植物を見つつ歩きました。

京王線高尾山口駅から、6号路を利用し登頂。山頂で昼食をとったのち、4号路、2号路、1号路を利用し下山しました。

10時頃、高尾山口駅を出発。最初に目についたのは、ユリワサビ。

ユリワサビ

ユリワサビはアブラナ科の植物です。この科の特徴は花弁の数が4つであることで、ユリワサビもアブラナ科らしく4つの花弁を備えています。

続いてエンレイソウが登場。

エンレイソウ

近縁のシロバナエンレイソウには白い花びら(専門的には内花被という)があり、いくぶん花らしいのですが、エンレイソウは花びらを欠くため地味な印象です。エンレイソウがどのように受粉しているのか、少し気になります。エンレイソウが虫媒花であるとするならば、彼らが子孫を残すには虫に訪花してもらう必要があるはず。でも、こんな地味な花が虫を効率的に呼び込むとは思えません。

12時頃山頂に到着、昼食を摂る。

下山中、ネコノメソウの仲間(ネコノメソウ属)がいくつかみられました。

ヨゴレネコノメ

ヨゴレネコノメ

ヤマネコノメソウ

ヤマネコノメソウ

「ネコノメ」ソウとはいいますが、この見た目から猫の目を連想するのは容易ではないよね、と観察中に話題になりました。

ところで、ネコノメソウ属には多くの種や変種があります。下記のページはそれぞれの特徴を分かりやすく比較しているので愛用しています。
"ネコノメソウの仲間(完全編)". いがりまさし.

地味ながら気になったのが、この植物。

Carex sp.

これはカヤツリグサ科というグループに属する植物です。カヤツリグサ科には似たような見た目をしたものが多く、僕はこれまで何度か同定を試みましたがことごとく挫折しています。結論から言うと今回も挫折しました。今回得られた教訓は、カヤツリグサ科は花が咲いている時よりも実がなっている時のほうが同定しやすいようだ、といったところ。ちなみに今回はカヤツリグサ科の中のスゲ属、さらにスゲ属の中でもヌカスゲ節に属する何かのようだ、というところまでは特定できました。

ほかにもスミレを何種類か観察しましたが、これまた同定が大変なので割愛します。ひょっとしたら誰かが追記して解説してくれるかも。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shock324/1878483