2008年07月12日

ドリアン発芽したZE☆

こんにちは。eichanでっす。

御嶽ルポ書くとか言って全然書かないでこのヤロゥとか思ってる方々、すいません。追い打ちをかけるけれど、また全然関係ない話題で。

タイフェスで買ったドリアン、種をもらって帰ったのが芽を出した。
R0014146こんなん



そういえばこの間、沖縄の国際農林水産業研究センターで栽培しているドリアンが初めて開花したたしい。

 

ドリアンの開花は通常11月〜1月ごろの雨季から乾季入る時期。この時期での開花は珍しいそうだ。研究者は水の調節を行うなど人工的な乾燥ストレスにより、花芽誘導されたものだと考えられると言っていた。タイやベトナムでは接ぎ木を定植してから5年、樹高5メートルを越えるようになると結果し始めるという。石垣島のドリアンはまだ3年と若い樹で、樹の先端を紐で横に伸びるよう固定しているため、樹高も2メートルほどらしい。

さすがに花や実とかは期待してないけど、ちゃんと育ってくれると嬉しいなぁ。


comment by eichan  

Posted by shock324 at 19:20Comments(1)TrackBack(0)

2008年07月09日

御嶽山行ってきました〜

7月6日 東京は奥多摩の御嶽山へ行ってきた。鳩ノ巣なんかと比べると、まだ観光地っぽい。
参加者は会長とAちゃんと僕の3人。なんだか濃いような面々。

明け方から空がどんよりとしていて、大丈夫だろうかと心配したけれど、昼頃から日が差してくる。それどころか気温と湿度が上がってきて、汗がにじんだ。

やはり時期が時期なので目立つ花はないが、かえって普段は注目しない木本や、シダなんかにも目がいく。そんな植物たちの間を進みつつ、会長が解説を加えていく。

「さあこれは何?」

僕はさして記憶力がよい方ではないが、会長はそんなことお構いなしに、クイズを出してくる。

「実習はこんなもんじゃないよ」

いやはや。それでも主立った植物はだいぶ見分けられるようになったから、まあ良しとしてほしい。なんだか会長に植物屋魂なるものを見せつけられたような一日だった。真面目に観察してるっぽい写真 ヤブカンゾウ


オレンジ色がまばゆい。ヤブカンゾウ。雄しべが花弁に変化してるんだとか。









猫も酔う


マタタビ。よく枝を切って猫のオモチャにしているが、今の時期は白い花が咲く。キウィフルーツと同じ仲間なんだそうだ。

このほかにも、ウリノキ、タマアジサイ、コアジサイ、ヤマアジサイ、ミヤマハハソ、アブラチャン、オオバイノモトソウetc・・・の名前が印象に残った。それについては後日。


comment by eichan  
Posted by shock324 at 22:32Comments(2)TrackBack(0)