2012年09月21日

八丈旅行 (2日目)

syok5
キャンプ場の朝

syok6
この日の目的は三原山登山。しかし、レンタカーがないために登山口までの足を探す必要があった。
副会長の機転でジャンボタクシーを頼んで中腹まで運んでもらうことに。結果的にレンタカーのように登り始めた場所に戻る必要がなくなり、行動に自由が生まれることになった。


syok7
登山道沿いに数多く見られたハチジョウアザミ。



syok8
中腹まで運んでもらったので間もなくNTTの中継所に到着。八丈富士、八丈小島を望む。 
ここまでは舗装路。しかしこの先の道は狭い階段状となっていて藪こぎすることもしばしばとなった。


道の状態は悪くなったが、植物観察には面白い環境となった。
syok10
1年のH君はランに詳しい。葉っぱだけのランを次々と見分けていった。これはシュスランの仲間。(ハチジョウシュスランだっけ・・?)

syok9
僕(fe)が見つけたのはヒナノシャクジョウ。5センチにも満たないような小さな腐生植物である。

syok11
トウゲシバ。普通の被子植物のような外見をしているが、シダ植物の一種。

syok12
モウセンゴケ。湿った場所に数多く見られた。

syok13
ハチジョウギボウシ


syok14
登り始めてから1時間半ほど。見晴らしの良い頂で記念撮影。頂といっても三原山山頂ではなく650メートル地点と呼ばれる場所らしい。


650メートル地点からは延々と尾根伝いに歩く。
syok15
尾根を藪こぎしながら歩くこと30分、三原山山頂(700.9メートル)に到着。


syok16
山頂から少し降りた場所で昼食。周囲にはハチジョウオトギリ、ナンバンギセル、モウセンゴケなどが数多く見られた。


その後は延々と舗装路を下って行った。

しばらくしてH君のテンションが上がった.

syok18
ムカゴトンボというランである。緑色の地味なランである。よく見つけるものだ。 地味、と書いたが、近づいてみるとなかなか面白い形をしている。

その後、唐滝を目指そうとわき道に入ったが失敗。そのまま道を下り樫立集落に到着。
商店で買い物をした後、ふれあいの湯という温泉に入った。(ここら辺の写真がない)

温泉のすぐそばに路線バスが来るのでそれに乗ってキャンプ場に戻った。本来、バス停はキャンプ場から少し離れて場所にあるのだが、運転手さんのご厚意でキャンプ場入口の目の前で下車させていただくことになった。


syok19
この日もH君中心に釣り。残念ながら成果はなかった。

syok21
荷物番をする3年M君。


夕飯後、再び昆虫観察へ。
ナナフシ(トゲナナフシ、ハチジョウナナフシ)や、サツマゴキブリが数多く見られた。
インパクトが大きかったのが
syok20
アマミサソリモドキであった。ただし八丈島のものは移入されたものである。
サソリモドキは危険を察知すると尾端から酢酸を噴射する。勇気をだしてM君がピンセットでつまみあげると、しばらくして液体を霧状に噴射し、辺りには酢の臭いが立ち込めた。



  

Posted by shock324 at 22:40Comments(0)TrackBack(0)

2012年09月20日

八丈島旅行の報告(1日目)

8月27日〜30日に八丈島旅行に行ってきました。メンバーは1年生2人,2年生1人,3年生3人,4年生1人,+1人の計8人でした。

8月27日 22時20分 東京竹芝出港
syo1


沖縄近海にあった台風からのうねりで東京湾を抜けたあとはかなりの揺れになった。気分が悪くなってしまった人もいるようで・・・


syo2
28日5時頃 三宅島寄港。


syo3
三宅島出港後まもなく日の出を迎えた。

このあと、本来ならば7時ごろに御蔵島に寄港する予定だったが、海が荒れていたために寄港せず、船は八丈島へと向かった。(御蔵島の港は外洋に面しているためか海の状態によって寄港できないことが結構あるそう)

syo4
9時過ぎ 八丈島到着。港近くの底土キャンプ場へ。

その後、途中まで歩いてからバスで植物園へ。植物園近くの食堂で昼食をとってから植物園内を散策したり、ビジターセンター内でアイスクリームを食べたりした。syok17
園内で見かけたウスベニニガナ。

植物園を出て、バスに乗ってスーパーへ行き食材を購入した後、キャンプ場へ戻り、夕飯作り。
メニューはキャンプ定番(?)のカレーライス。1年のH君が港近くでコチと謎の魚(メバル系?)を釣ってきてそれも入れたので、シーフード風カレーに。長時間煮込んだせいか魚は骨を残して溶け去り、魚の姿はないのに時々骨が口に刺さる少々デンジャラスな代物になってしまった。

Tさんは早めに就寝。他の7人はキャンプ場周りで灯火に集まる虫を観察したりした後、23時ごろ就寝。
テントの中は少々せまく、蒸し暑かった。外の方が快適だろうということで、H君は果敢にも芝生の上にシートをかけて寝ようとしたが、蚊と夜露の猛攻に耐えきれずテントの中に戻ってきた。  
Posted by shock324 at 22:58Comments(0)TrackBack(0)