NICE TIME 〜 Jamaica Vintage Record & Reggae Music 〜

Jamaicaの古き良き音楽。Ska,Rock Steady,RootsRock,レゲエ,etc...集めたレコード等を勝手に紹介。

「Hornsman coyote - horns movement」
2015.Roots factory label.

IMG_1306

IMG_1309



この曲は真ん中から後半で聴けます。
stepperなhorns instです。
思わず身体が動き出してしまいます。
最近お気に入りなHornsman coyoteさんです。
いいかんじの曲いろいろやってます。
前にアップした、
jah millitant recordsでも紹介してます。
そちらは今年もやってくるJah shakaもかけてます。
去年来日した時にもかけてたやーつです。
ことしも面白そうだけどいけないなー。。。

そんでもって、
とっても悲しい出来事が。
自分が1番好きなレコード屋さんの
「Up Down Records」が実店舗を閉店するそうです。
とってもショックで、泣きそうでございます。
自分のオリジナルレコードを集める原点となったお店なので
思い入れも相当あり、あの空間を味わえなくなるのは
とっても残念。
ほんとうにいいお店だし、Yo-jiさんにもかなりお世話になりました。

そんなお店での思いで小話を。
「Up Down Records」でゲットした1番の思い入れのレコードの話。

東京に住んでいた頃は週に2〜3日にはお店に通っていました。
何わともあれとにかくお店に居座り色んなレコードを聴き、
レコードのはなし、サウンドのはなし、レーベルのはなし、
jamaican musicの歴史のはなしなどなど、いっぱい教えてもらいました。
ネットショップには無い、これはお店に足を運ばなければ出来ないことです。
そんな中で、お店が終わったあとは飽き足らず、
Treasure Isle!!こと、Yo-jiさん家にいってコレクション観賞。
そのときも本当に凄いなーと思っていたけれど、
レコード集めて十数年。その凄さが改めてわかるようになりました。
そしてTreasure Isleには、お店に並べる前のレコードボックスも。
夜な夜なクリーニング前のレコードをあさりながら、
「今日は自分の中で最高のRocksteadyの曲を知れました」なんて
話していた時、「このRocksteadyでもこの1枚はとっても珍しいよ」と。
ターンテーブルの横に山積みされていたレコードの中から、
1枚とってかけてくれました。
「おぉぉ〜」「何だこの曲は!!!」初心者だった自分は全く聴いた事も
見た事もないレコード(ブランク盤だけど)
その日自分の中で最高のRocksteadyの曲はあっさりと更新されて、
その曲は思い入れもあり、いまだにその記録は更新されていません。
ちなみに最近D&BレコードからもリリースされたSam Cartyさんの
たぶんファーストレコーディングと思われる1枚。
このレコードは今まで他には見た事はありません。
ちょっとした自慢です。

その他にも色んな良いレコードを紹介してくれた
Up Down Recordsがなくなるのは本当に残念です。
まだWeb Shopは引き続きやっていくそうです。
実店舗がなくなるなんて。。。。メソメソです。

でも東京に行った際は、yo-jiさんに会いにいきたいです。
またあのTreasure Isleにも。。

最高のレコードショップであるUp Down Recordsに
最高の敬意と尊敬を!!
Nuff Respet Up Down Records & Mr Yo-ji.




最後にイベントの告知です

image1


もちろんUp Downでゲットしたレコードもプレイします。
その他にも、レコードコレクター、マニアのみんながいいレコードをプレイしてくれます。
よろしくです。



    mixiチェック

image1


全開でいきます。
たぶん皆60〜70’sくらいまでをセレクトすると思います。
レア盤がいいってわけじゃないけど 、なかなかお目見え、お聴き出来ない
ものがいっぱいかかります。
なんで、久々にダンスホールでもと思っているけど、
やっぱりRootsをとも。
でもでも近年のリリースものもなー。

なんにせよ東京とかの都会の人もびっくりするような曲聴けると思います。

明後日くらいもブログ更新します。
レコードのっけます。

 

 いい音で作られてるし、映像も面白い↓



 
    mixiチェック

またもや久々のupとなってしまったのですが、
最近はDubwiseにどっっぷりdeepなので、
そんな感じでいきます。

なんでか、写真が逆になってしまう。
普通にもどせない。

「Twilight circus Dub sound system - Dub plate selection」
1998.M record label.

IMG_1305

IMG_1310

IMG_1311





全曲とおして、安心して聴ける1枚。
作業するときなんかにだらだらーともかけられそうな気が。
スペイシーな感じもありつつ、キリリとしまる何とも心地いいものとなっている。
じっくり聴きたいDubwise selectionです。
そしてタイトルも「Dub plate selection」って何か特別感が。
 Twilight circusの中でピカイチ。そんなこんなな1枚。



    mixiチェック

このページのトップヘ