字を習おう ~那覇の齋藤書道教室です~

那覇市の齋藤書道教室のブログです。

沖縄県那覇市の齋藤書道教室です。
毛筆・硬筆の指導をします。

★ひらがなを書き始めた5才前後のお子様
★学校の書写の授業で毛筆が始まる前の年齢のお子様
★学校の書写の時間にうまく書けないというお子様
★字を書くことが好き、または字を書くことが苦手なお子様
★ひらがな、漢字の書き順の間違いが目立つお子様
★字が雑だと指摘されるお子様

バランスのよい美しい字の書き方、
ゆっくり書く方法を
わかりやすく丁寧に指導します。
まずはやさしいひらがなから習ってみませんか。
いつでも見学できます。

お問い合わせはブログ内の『メッセージ』からどうぞ。
いただいたメッセージの送信元へメールでお返事いたします。
ご確認ください。
教室の住所・場所はブログに載せておりませんので
こちらも『メッセージ』からお問い合わせください。

6/20現在の募集状況・ブログからのお問い合わせについて

人気ブログランキング参加中!
1日1回、
下の「育児(習い事)」のバナーの
クリックをお願いしますm(__)m






2018年6月20日現在、
5名の方にお待ちいただいております。
7月から順にひらがな集中講座の指導を
していく予定です。

ブログで当教室に興味を持たれて
お問い合わせをいただくのは
大変ありがたく、
感謝の気持ちでいっぱいです。
小規模な教室で1人で指導しているため、
希望される方すべてを
受け入れられないことについては
心より申し訳なく思っております。

以前ブログに教室の場所を載せたことが
あるのですが、まぁ色々ありまして
現在は「那覇市」のみにしております。
那覇市も広いですから、
「教室はどちらにありますか?」
というお問い合わせは多いです。
おけいこ日・時間・指導料、
見学や体験ができるかどうかなど…
お問い合わせいただいた方には丁寧に
お返事をしているつもりです。

例えば自宅から遠かった、
おけいこ日や時間が合わない、
などの理由で
入会を考えてみたけれどやっぱりやめておく、
という方はもちろんいらっしゃいます。

満席でも少しお待ちいただけたら
お受けできます、という場合も、
すぐに習わせたい・習いたいのなら
別のお教室をお考えになるのは
当然のことだと思います。

そんな時でも一言返信いただけると
嬉しいです。

当教室の生徒さんからのご紹介を含め、
基本お問い合わせいただいた順に
ひらがな集中講座、
小3以上は場合によっては(字を見て判断)
ひらがな講座をやらずに入会
ということにいたします。

なお、夏休み中はコンクールの指導で
慌ただしくなりますので、
ひらがな集中講座はお休みをいただき、
夏休み明けから再び指導いたします。

2015年~2017年の実績

人気ブログランキング参加中、
1日1回クリックをお願いしますm(__)m





ブログを始めてからの分ではありますが、
1年間の実績をまとめていなかったことに
今さら気づきました
2015年、2016年、2017年の3年間分を
まとめて掲載します。



2015年

第83回全国書画展覧会】
 ★教室からの出品★ 
    特選 9名
    金賞 3名
    銀賞 8名
 ★中学校からの出品★
    特選 4名
    金賞 2名

【第2回全国龍馬書道コンクール】

   特選『坂本龍馬賞』(最高賞) 
       高2 S.Oさん 
   函館市長賞  
       小5 Y.H君
  
   入選 小4 M.Aさん 
      小6 N.Kさん
      小6 K.Yさん
   優秀団体賞
      齋藤書道教室

【第62回全国少年新春書道展】
  ★半紙・八つ切りの部★
    入選 小6 N.Kさん

【第60回毎日全国学生競書展】
  ★
自由課題の部★
    金賞 小5 Y.H君
       中1 M.Uさん
    銀賞 4名
    銅賞 3名

  ★規定課題の部★
    金賞 小5 H.Tさん
       高2 S.Oさん
    銀賞 4名
    銅賞 5名


【全沖縄児童生徒書き初め展】
  
  金賞 5年 Y.H君
    銀賞 1年 A.Sさん



2016年

【第51回高野山競書大会】
 特別賞◎

 審査委員長賞 中3 S.Gさん

 南山賞     中2  M.Uさん

 高野山書道協会賞 小6 Y.Hさん

 ★本賞★
 特選 4名
 準特選 7名
 金賞 9名


【サンデー毎日学生書道コンクール】

 ◎推薦◎ 小6 Y.H君

【第3回全国龍馬書道コンクール】

 ◎入賞◎(特別賞)
 
北海道新聞社賞 
 小6 Y.H君

 ★入選★   
   5名

【全国学生比叡山競書大会】

 特別賞◎

 大津市議会議長賞  小6 Y.H君

 一隅を照らす運動会長賞 高1 Y.Hさん

 特賞 中3 K.Hさん

 特賞 中2 M.Uさん

 ★本賞★
 金賞  8名 
 銀賞  9名
 銅賞  9名


【第84回全国書画展覧会】

 ★学校からの出品★

 筆都大賞  中3 K.H さん

 特選    中3 S.Gさん
 金賞    中2 M.Uさん
 金賞    小5 M.Aさん

 ★教室からの出品★

 特選     中3 S.Gさん
 特選     中2 M.Uさん
 特選     小6 H.Tさん
 特選     小6 N.Kさん
 金賞     12名
 銀賞     8名


【全琉児童生徒図画作文書道コンクール】
    
 ★書道の部★

 優良賞  小2  A.Sさん 
 優良賞  小3  K.Mさん
 優良賞  小6  H.Tさん



【第61回毎日全国学生競書展】

 ★毛筆規定課題の部★
◎特別賞◎
 毎日新聞社賞
  小6 H.Tさん

 金賞 4名
 銀賞 10名  
 銅賞 9名

 ★毛筆自由課題の部★

 金賞 6名
 銀賞 12名
 銅賞 12名

 ★硬筆規定課題の部★

 金賞 3名
 銀賞 7名
 銅賞 7名


【第5回葛飾柴又帝釈天全国書道コンクール】

 ◎特別賞◎
 葛飾区長賞   小2 A.Sさん
 日本書写技能検定協会理事長賞 小6 H.Tさん
 審査委員長賞  小1 Y.Hさん

 帝釈天コンクール奨励賞  4名
 特選              1名
 秀作              14名
 佳作              14名



2017年

【第52回高野山競書大会】
 ◎特別賞◎  
 南山賞       
小5 M.Tさん
 高野山書道協会賞  中1 Y.H君
 高野山書道協会賞  中3 M.Uさん
 推薦        高2 Y.Hさん
 推薦        中1 H.Tさん

 
★本賞★
 特選  8名
 準特選 4名


【第4回全国龍馬書道コンクール】
 
★入選★ 
   7名

【第59回大東文化大学全国書道展】
 ◎特別賞◎ 
   推薦 中3 M.Uさん

 特選  5名
 金賞  9名
 銀賞  14名
 銅賞  12名

【第56回伊勢神宮奉納書道展】
 ◎特別賞◎
  伊勢神宮崇敬会賞 中1 Y.H君
 神路山賞 
3名
 五十鈴川賞 6名
 金賞 9名 
 銀賞 3名

【第85回全国書画展覧会】
 
★学校からの出品★
 筆都大賞 小2 Y.Hさん
 
金賞 5名 
 銀賞 1名

 ★教室からの出品★ 
 
特選 8名 
 金賞 5名 
 銀賞 7名

【第62回毎日全国学生競書展】
~毛筆規定課題の部~
 ◎特別賞◎
  毎日新聞社賞  中3 M.Uさん
    
 金賞 3名
 銀賞 9名
 銅賞 8名

~硬筆規定課題の部~

 
金賞  2名
 銀賞  5名
 銅賞 4名

~毛筆自由課題の部~


 金賞 4名
 銀賞 9名 
 銅賞 8名

【全沖縄児童生徒書き初め展】
 金賞 小3 Y.A君
 銀賞 小1 N.Iさん
 銀賞 小2 K.N君
 銀賞 小3 W.N君
 銀賞 小4 K.Aさん
 銀賞 小6 M.Aさん
 銀賞 中1 Y.H君
 銅賞 3名

【全日本書初め大展覧会】
(公募の部)
 日本武道館賞 M.Tさん
  特選 8名 
  秀作 4名
  佳作 4名
  努力賞 1名

【第6回葛飾柴又帝釈天全国書道コンクール】
~毛筆の部~
☆帝釈天コンクール奨励賞☆
         4名
☆特選☆
         2名
☆秀作☆
         11名
☆佳作☆
          2名

~硬筆の部~
全日本書道教育協会賞
     小2   Y.Hさん

☆帝釈天コンクール奨励賞☆
         2名
☆秀作☆
         2名
☆佳作☆
         4名

     
ピンク色の賞は表彰式に呼ばれる、
作品が特別な場所に展示されるなどの
特別な扱いをされる、まさに【特別賞】です。
生徒さんみんなの憧れであり、目標でもあります。


私は欲張りなので、
まだまだチャレンジしたいことが
山ほどあります。
でも、体を第一に考えなくてはいけないことも
重々承知していますので、これ以上手を広げ
すぎないようグッと我慢します。
上記のコンクールに加えて
ひらがな集中講座の指導もしていますし、
月例課題の毛筆と硬筆の指導もあります。
多くのことにチャレンジしていますが、
これからもひとつひとつ丁寧に
指導していきたいと思います。

硬筆の添削指導

人気ブログランキング参加中!
カテゴリーを「育児(習い事)」にまとめました。
1日1回クリックをお願いしますm(__)m


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

習い事ランキング


人気ブログランキングのカテゴリーを
「育児(習い事)」の1つにまとめました。
3日程1位をキープ中、ただだだ嬉しいです♪
だから何?なんて言わないでくださーい

Screenshot_2018-06-11-09-06-00.jpg


励みになりますので、これからも1日1回クリック、よろしくお願いいたします


月に何日か沖縄を離れているのですが、その間
硬筆だけは自宅で練習してもらい、保護者の方にその画像をLINEで送っていただきます。
私はそれを1文字ずつ丁寧に見て、小さなホワイトボードで添削してLINEで送る。
添削されたものを見ながら、生徒さんはまた自宅で練習する。
そんなやりとりをしております。

例えば小1の生徒さん向けには…
1528677097005.jpg

1528677146496.jpg

生徒さんひとりひとりのクセや直したい部分を中心に、わかりやすい言葉で表現しているつもりです。

最初は硬筆の添削指導なんて無理だと思ったんです。添削指導がうまくいくならユー○○○などで誰でも上達するだろうに、そんな話はほとんど聞かない…まず長続きしないんですよね。
まぁあれは通信教育ですけど。

私の教室の生徒さん達や保護者の方々に
聞いてみると、みなさん「わかりやすい」と言ってくださいます。そして次に書く時は気になって添削した字が直っているんです。
そして競書誌の月例課題で学年最優秀賞をいただいたり写真版選ばれる生徒さんが増えています。
私と生徒さん・保護者の方々は普段直接指導する、指導を受ける間柄で、私の表現が理解できるんですよね。そして信頼関係があるからこそできるんだと思うんです。
ご協力くださる保護者の方々には感謝の気持ちでいっぱいです

もちろん直接指導が1番いいに決まっていますよ~
それができない時に工夫しています、というお話でした。

コンクールの出品準備

人気ブログランキング参加中
下のバナーをクリックしてね♪
(参加カテゴリーは育児(習い事)の1つにしました)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

習い事ランキング


ご無沙汰しております。

こちらでは気候のせいもあるのか、風邪が大流行しています。
私もしっかり風邪を引いて寝込み、おけいこをお休みしてしまいました
生徒さん達には申し訳なく、今回は油断したなーと反省中です。

お休み中にはコンクールの出品準備を黙々とやっておりました。コンクールによって出品名簿、出品票、作品そのもの(裏の場合、表の場合それぞれあり)に教室名、学校名、氏名、学年、都道府県名を書いたり、インターネットからエントリーしたりと1つ1つ違うので、思い込みでやってしまわないよう何度も何度も確認しながら作業をします。
学校単位での出品だと学校名の印や生徒1人1人の名前の印があっていいなぁと思っていたら、作業途中でうちの教室にも教室名の印があることに気づき、教室名だけは印で楽をしました。
切ったり貼ったりの作業もあり、今回はある保護者にお手伝いをお願いし、郵便局まで行っていただき大変助かりました!
ありがとうございましたm(__)m
無事出品完了です

お手本書きも指導もとっても楽しいんですが、出品準備は正直面倒です
でも、そんなこと言ってちゃいけませんね!
生徒さん達の大事な作品ですからもちろん心を込めて作業しますし、それぞれの作品を見ながら指導中のやり取りを思い出して次の課題や目標を見つけ出したりする機会でもあるんですよ。
でも楽できるところはしたいから、何種類か印を作ってしまおうかなーと考え中…。

5月中には夏に向けてのお手本を大量に書き終えています。油断せず身体に気をつけて、夏に向かって取り組んでいきたいと思います。

ひらがな集中講座 小1女子編

「育児(習い事)」
「習い事」
ブログランキングに参加中。
2つのバナーのクリックに
ご協力をお願いします。









小学校入学後にひらがな集中講座を受講した
1年生の女の子の、受講前後のひらがなを
公開します。

BlogPaint

小さかったひらがなが、
マスの大きさに合わせて
大きく書けるようになりました。
書き順の間違いがほぼ直りました。
そして、
はねやはらいが力まず自然にできるように
なりました。
とても上手になったね
よく頑張りました
この変化と、やり終えた生徒さんの笑顔を
見る瞬間がたまらなく好きです。
この後は入会いただくことになりましたので、
さらに安定した字になるよう、毛筆も含めて
指導していきます。


この春小学校に入学したばかりのお子さま達。
学校でも自宅でも、毎日ひらがな学習を
されていることと思います。
「ひらがなは書けるけど、形を直される」
「丁寧に書けなくて注意される」
「はね、はらい、とめが理解できていない」
など、宿題を見ているお母さま方のお悩みを
この時期よく聞きます。
案外、当のお子さま本人は
なぁ~んにも悩んでいないことが多く、
それがまたお母さまがイライラする原因に…。

当教室に興味をお持ちのお母さま、
ブログでお問い合わせをいただいた
お母さまにお聞きすることがあります。
「いつ頃、どのようにしてひらがなを覚え、
書けるようになりましたか?」

それに対するお答えは、次の4つのいずれかに
なることがほとんどです。

★学習系の習い事に通って覚えた(K・Gなど)
★幼児向け通信教材で覚えた
★いつの間にか書けるようになっていた
★お母さまが教えた

最初から書道教室などで正しい形・書き順で
ひらがなを覚えたお子さまは少ないと
思います。
私の教室に来るまでの間に
どれだけ書いていたか、
どんな風に覚えたか…は指導の参考になります。
早い時期からひらがなを書き、
小1で学年を超えた漢字を書いている場合、
字を教える立場から見ると要注意なのです。
知識があるのは非常によいことだと思いますが、
そのような学習はスピードを求められたり
学習量が多かったりしますから、
どうしても急いで書く=雑になってしまいます。

早いお子様は年少さん(3~4才)位から
お手紙のやりとりをしていますね。
特に女の子。
それを見て、
「うちの子はまだ書けないわ」
「字に興味も持たない(持ってくれない)」
と焦るお母さまの多いこと!

ひらがなに興味を持つ時期・
書けるようになる時期は
個人差がとても大きいです。
「字を読む」ことだけで言えば、私の息子は
2才でひらがなすべて、
3才でカタカナをすべて読めました。
教えたことはなく、看板や絵本などで
自然に覚えました。
でも書くことには興味を示さず、
年長さん(5才半ごろ)の時
同じ幼稚園のお友達15人程に集団指導することに
なった際、ついでに一緒に教えるまで
書こうとしませんでした。
息子は不器用だったので、
小1の最初のひらがな学習では
「なぞる時に1ミリでもはみ出したらバツ」
という厳しい担任の先生の指導だったため、
毎日泣きながら宿題をしていました。
私なら多少はみ出してもマルにするのになぁと
思いながら宿題を見ていたので、
今の時期のお母さま方の大変さが
痛いほどよくわかります。
小1を受け持つ先生方の「最初が肝心!」という
思いはもちろん理解できますし、大事なことでは
あります。

そんな息子でしたが、お勉強は大好きで
喜んで学習系の習い事に通っていました。
(学年を超えて進まないところです)
毛筆は他の生徒さん達と一緒に私の教室で
やらせたので割と上手になりましたが、
硬筆はなんとも…。
まぁとにかく雑で汚く見えていたのが、
小6でやっと丁寧に書くようにはなりました。
丁寧に書くようになったきっかけは、
頑張ってやった宿題を担任の先生に
「これは人に読んでもらう字ではありません!」
とノートに赤で書かれ、
見てもらえなかったこと。
親として、その時の先生には
心から感謝しています。
鉛筆の持ち方にしても、字の書き方にしても、
本人が「直そう」と思わないと
周りがどんなに言い続けても変わりません。

本人が興味を持たない時期からひらがなを
教え込もうとしたり、
丁寧に書けない子にしつこく注意し続けたり
するのは、本人が苦痛に感じるだけで
何もいいことはありません。
余計に字を書くことが嫌いになってしまいます。

字を書くことが楽しくなる、
楽しくなくても苦痛が減る、
ゆっくり丁寧に書くことができるようになる、
そしてほめられる→もっと頑張るようになる…
そんなきっかけを作る教室でありたいと
私は考えています。

ひらがな集中講座 5/9現在の募集状況

「育児(習い事)」
「習い事」
のブログランキングに参加中。

2つのバナーのクリックに
ご協力をお願いします。



 





昨日梅雨入りした沖縄ですが、
雲は多いものの、現在は晴れています

下の画像は梅雨入り前の空港近くのビーチ♪
真夏は肌を刺すような強すぎる日差しと
まぶしさが苦手で海に行けないので、
すいている平日にちょっと寄ってみました。
DSC_0291.jpg


小1のお子さまが学校でひらがな学習が始まる
時期なこともあり、ひらがな集中講座の
お問い合わせをよくいただきます。
通常のおけいこは数人での指導ですが、
ひらがな集中講座だけは個別指導をしております。
そのため、1日で多くて3名の指導が限界です。
ひらがな集中講座は
基本的には月曜日~木曜日までの2時~5時まで、
1時間ずつの指導ですが、ご希望があればそれ以外の
時間でもご相談に応じます。
5/9現在、5月末頃まで予約が入っていますので、
これから受講をご希望される場合は
6月初旬からお受けいたします。

小1のお子さまは学校でひらがなを習い、
ご自宅でも宿題でひらがなを書く毎日ですよね。
丁寧になぞる、お手本と同じように書く…
大人には簡単にできることですが、
小1のお子さまにとっては
大変難しいことなのです。
もちろん器用なお子さまもいますが、
そういうお子さまはごくわずか。
そういうお子さまとご自分のお子さまを
比べてはいけませんよ~

毎日お子さまの宿題を見ながら
怒っているお母さま。
泣きながら、または反発しながら宿題をする
お子さま。
この時期、ご家庭の雰囲気が悪くなるという
お話もよく耳にします。

小2以上のお子さまのお母さま方からは、
字が雑、ノートが汚いというお話を
よく聞きます。
普段いつでもゆっくり丁寧に、
をお子さまに求めてはいけません。
大人だって無理です。

「ゆっくり丁寧に」
と言われても子どもには分かりません。
どのくらいゆっくり書くのかがわかると
「ゆっくり丁寧に」
もできるようになってきます。

現在幼稚園年長さんがひらがな講座を
受講中ですが、急いで書いてしまう
お子さんでした。
この子に目の前でゆっくり書いて見せ、
「車はスピードを出しすぎると
 スピード違反でつかまる」
「字を速く書いたら
 スピード違反で先生につかまり、
 先生の家にお泊りしてひらがな練習」 
とお話ししてみたら…
ゆっくり書くようになってきました。

色々なお子さまがいますので
なかなかうまくいかないかもしれませんが、
ご家庭ではお母さまが
ゆっくり丁寧に書いて見せると
お子さまにも理解できるかもしれませんよ。

今年のゴールデンウィークは…

人気ブログランキング参加中、
下の2つのバナーをクリックしてね♪









ゴールデンウィークも終わり、沖縄はそろそろ
梅雨入りでしょうか?
かなり蒸し暑くなってきました

今年のゴールデンウィークは、
ひらがな集中講座を含めて1日も休みなしで
指導しました
世間はお休みなのに、時間を作って
おけいこに来てくれた生徒さんたち。
お疲れ様でした!

さて、明日から大量の作品整理をします。
先生はまだまだ頑張りますよ

ひらがな集中講座 小2男子編

人気ブログランキング参加中、クリックしてね♪








今日は小2男子の
ひらがな集中講座についてです。

男の子ですが、もともとゆっくりていねいに
字を書くお子さんでした。
そして漢字が大好きということだったので、
一部やさしい漢字のみですが
ひらがなの成り立ちも一緒に
指導してみました。

BlogPaint

右が受講前、左が受講後のひらがなです。
右のひらがな、一見「これでいいのでは?」
と思われるかもしれませんが、
とめ・はね・はらいが不完全で
書き順が違っているものがありました。

受講中は
形だけでなく、とめ・はね・はらいを
意識させながら指導を続け、最終的に
左のひらがなに変化しました。
素晴らしい
名前は隠してありますが、
何も見ずに、とても美しいひらがなで
書くことができましたよ~

本人も
「きれいに書けるようになった!」
と満足していて、私も嬉しかったです♪

ずっと書いてきたひらがななので、
受講後も以前のクセが出ることが
まだあります。
この後入会することになりましたので、
その辺を注意深く見ながら
指導していこうと思います。

小2以上のお子さんが
ひらがなを習うことについて…。
小2以上ですから学校でのひらがな学習は
もちろん終えています。
新出漢字も小1の頃に比べて複雑になり、
習う数も増えます。
学年が上がるにつれてさらに多く、
難しくなります。
漢字…もちろんとても大事です。

でも!

その前に、
ひらがなは正しく書けていますか?
とめ・はね・はらい・書き順は
大丈夫ですか?

ひらがなで
とめ・はね・はらいできていないと
漢字でもできていないことが
ほとんどなんです。
ひらがなの元は漢字ですから、
成り立ちを考えながら(見ながら)書くと
とめ・はね・はらいや
形の理解につながります。
ひらがなで理解できると、漢字を書く時も
感覚的にわかるようになってきます。
 
余談ですが、ひらがなの書き順の間違いが
多い場合、漢字の書き順間違いも
非常に多いです。
「漢字なんて書ければいいじゃん?」
いやいや、そんなことはありません。
小学校で習う漢字に関してですが
正しい書き順は
整った形の字を書くために
理にかなっているなぁと、
私は常々思っています。

小1のお子さま、今週あたりから
ひらがな学習が始まる学校が多いと
思います。
ご自宅で宿題を確認されるお母さま、
是非ひらがなの「とめ・はね・はらい」が
できているかどうか、見てあげてください。
最初が肝心ですよ

スイッチが入る時

人気ブログランキング参加中、クリックしてね♪








おけいこの方法は教室によって様々で、
これが正しい、こちらは間違いというのは
ありません。
当教室では、生徒さんの席まで
私が直接指導に行きます。
生徒さんの筆づかいも観察して…
といっても、じーっと見られていると
緊張して手が震える生徒さんもいますから、
そこはそれぞれの性格を見極めて
「こっそり」、でも「しっかり」見ます。

いつまで、と決めているわけではないですが、
習い始めてしばらくの間は1枚書くたびに
見てアドバイスしています。
慣れるまでは生徒さんと向かい合って座り、
目を離しません。

そういう指導の形なので、
最初は書いたものをすべて先生に見てもらう
ことになります。

☆生徒「書けました」
☆先生「指導」

この繰り返しです。
そのうち、

☆お手本と違う
☆先生に言われたことがまだできていない
☆うまく書けなかったから恥ずかしい
☆自分で納得がいかない

などの理由で、すべての作品を
先生に見せることに抵抗を感じるように
なってきます。
(当たり前ですよね、私だっていやですから)

と同時に

☆もっと上手になりたい!

という気持ちが芽生えます。
うまく書けなくて悔しくて、涙が出てしまう
生徒さんもいます。
あ…
私が怖い指導をしている訳ではないですよ~

生徒さんが書いた直後、生徒さんの席に行くと
私に作品を見せてくれない…
「どうしてこれを見せたくないの?」
とたずねると、書いた作品のここがどうとか
もっとこうしたいなどと言う。

これが私が嬉しくなる、
「スイッチが入る時」
なのです。
スイッチが入ってから上達は早いですよ~
おけいこに取り組む姿勢が
がらりと変わります。
自分からどんどん書くようになり、
わからないところ、うまくできない所を
積極的に質問するようになります。

このスイッチ、
早い子は小1の頃に入ります。
小6で入る子もいます。
個人差が大きいです。
書くことが好きか嫌いか、
書くことに興味があるかないか、
もともと自主的に動くか
指示待ちが多いか…
そんなことも影響していると思います。

どんな理由で入会した生徒さんであっても、
私の教室でおけいこを始めてくれたからには
このスイッチが入るよう、
指導していきたいです。

そろそろゴールデンウィークですが、
今年は休みなしでおけいこします!

ひらがな集中講座終了 その後

人気ブログランキング参加中、クリックしてね♪







4月初めにひらがな集中講座の受講が終わった
生徒さんのお母さまから、
ご家庭でのひらがな練習の様子を
メールで教えていただきました。

BlogPaint

tn.jpg

市販の教材を使用していますが、
ひらがな集中講座で使用したひらがなのお手本を
見ながら書いています。
講座で学んだことを思い出しながら、
自分で納得がいくまで消して書き直しているとか。
報告いただき、とても嬉しく思いました。

この子はひらがな集中講座の受講のみでしたが、
受講しっぱなしではなく、その後もこのような
練習をすることで、きれいな形を保つことが可能
です。

そろそろ新1年生のひらがな学習が始まりますね。
当教室でも、
連日ひらがな集中講座をやっております。
新1年生だけでなく、幼稚園年長さんもいます!
年中さんの受講希望もあります。
ゴールデンウィークも指導予定…
頑張ります!

ひらがな集中講座 4/7現在の募集状況

人気ブログランキング参加中、クリックしてね♪
(1日1回、下の2つのカテゴリーのバナーを
ポチッとしていだだけると嬉しいです)








ブログからのお問い合わせ、
受講された生徒さんの保護者からのご紹介、
当教室の生徒さんからのご紹介などから
ひらがな集中講座についてのお問い合わせを
いただいております。
講座を受講された生徒さんのお母さまからは
大変ご好評をいただいております。
私自身も、ひらがな集中講座受講後に
当教室に入会し、毛筆と硬筆のおけいこをして
どんどん上達していくのを見て、
ひらがな集中講座では
ひらがなの形だけではなく、
お手本を見る力と集中力も身についたのだと
実感します。

2018年4月7日現在、申し込みが多く、
ゴールデンウィーク辺りまで
予約が入っています。
小1のお子さまの入学にあたり、
すぐにひらがな学習が始まるため
不安になられる保護者が増える時期です。
学校でひらがな学習が始まってからでも、
終えてからでも、ひらがな集中講座受講は
大変役に立ちます。
学校で習った後に講座を受講する方が
理解が早いというお子さまもおります。
このブログ記事をご覧になった保護者の皆様で
ご心配の方、まずはご相談ください。
少しお待ちいただくことになりますが、
指導いたします。
(募集は継続しますので、
予約を入れていただく形になります)

お問い合わせは、このブログ内にある
「メッセージ」欄からお願いします。
※コメント欄ではありません※
スマートフォンの場合はホーム画面
(一番上にある家のマーク)をクリック後、
画面をスクロールしていただくと
下の方にございます。
パソコンからの場合は、
画面右側にメッセージ欄がございます。
メッセージをいただいたら、
Yahoo!メールにて
タイトル「齋藤書道教室です」
でメールいたします。

image
↑↑↑講座で使用するテキストです

ひらがな集中講座 最近の様子・その2

人気ブログランキング参加中、クリックしてね♪






前回に続き、ひらがな集中講座の
受講前と受講後の画像を掲載します。
(画像をクリックすると拡大します)
3名分あります。


☆Yちゃん
左が受講後 右が受講前
BlogPaint

ゆっくり時間をかけておけいこしました。
はねやはらいなどが大変きれいになりました。
自分の言葉と感覚で理解して習得できたので、
記憶に残りやすいでしょう。
もちろん、これを維持するには練習が
必要ですが。




☆Sちゃん
左が受講後、右が受講前
BlogPaint

けがで1ヶ月ほどおけいこを中断しましたが、
なんとか3月中に終えることができました。
ものすごい変化に驚きます!
書き順も仕上げの時には完璧でした!
お引越し後も是非おけいこを続けてください。




☆S2ちゃん
受講前
BlogPaint


受講後
BlogPaint

ゆっくり丁寧に書けるお子さんでしたが、
書き順の間違いはたくさんありました。
受講後のひらがな、美しいですね!
でも、まだあやしい書き順の字が
ちらほらあります。
鉛筆の持ち方も直す必要があります。
お引越しされるので私はもう指導できませんが、
この字を維持するために、
是非お近くの教室に通っていただきたいです。


今日で3月も終わり。
なんとか今年度の指導を無事終えることができて
ホッとしています。
4月以降入会が決まっている生徒さん、
ひらがな集中講座の受講や入会の問い合わせが
このところ増えており、嬉しい限りです。

自分の体を大事にしながら、
新たな気持ちで、4月からも頑張ります!





ひらがな集中講座 最近の様子

人気ブログランキング参加中、クリックしてね♪





今週でひらがな集中講座が一段落します。
どの子もよく頑張っていますよ~
来週から新たに受講開始する生徒さん、
先生と一緒に頑張りましょうね!

さて、ある生徒さんの
講座受講前と講座受講後の
ひらがなを比較してみます。


受講前
1522237569044.jpg


受講後
BlogPaint

もともと丁寧にゆっくり書ける生徒さんですが、
『お』や『む』のなどの最終画が抜ける、
書き順が違う、とめとはらいが逆になるなど
気になることはたくさんありました。

しかし、おけいこを進めていくと、
お手本の字を見る力がつき、
字のバランスの取り方も上手になりました。
受講後のひらがなの美しいこと
まだ6才、小学校入学前のお子さんですよ
きれいですね

書き順に関してはまだちょっと怪しいものも
ありますが、この生徒さんはこの後
入会することになりましたので、
何度も繰り返しおけいこして完全なものに
していきたいと思います。
この生徒さん、おけいこがとても楽しくて
毎日でも通いたいと言ってくれているそうです
これからは鉛筆だけじゃなくて筆の練習も
していこうね!もっと楽しくなるよ



もう1人、あと1回で講座が終わる生徒さんの
ひらがなを掲載します。
BlogPaint

この生徒さんもまだ入学前ですよ~
苦手な字もありますが、一生懸命おけいこに
取り組んでいるところです。

まだしばらくは続く、ひらがな集中講座。
私も指導頑張ります

第6回葛飾柴又帝釈天全国書道コンクール

人気ブログランキング参加中、クリックしてね♪





1520122425518.jpg

BlogPaint



3月4日(日)、
第6回葛飾柴又帝釈天全国書道コンクールの
授賞式に行ってまいりました。


今年は硬筆の部で1名特別賞をいただいて
授賞式対象者となったため、
生徒さんとご両親、私の4名での参加と
なりました。


昨年は時間に余裕がなく、
生徒さん全員の作品を見ることが
できませんでしたが、
今年はじっくり見ることができました。
そして、全国各地から出品された
素晴らしい作品をたくさん見ることができ、
大変勉強になりました。
特に硬筆の部(自由課題)があるコンクールは少ないですから、課題の選び方や字体なども大変参考になり、遠くから行ってよかったなぁと思った次第です。


当教室の結果は次の通りです。

【毛筆の部】
☆帝釈天コンクール奨励賞☆
4名

☆特選☆
2名

☆秀作☆
11名

☆佳作☆
2名

【硬筆の部】
全日本書道教育協会賞
小2 Y.Hさん


☆帝釈天コンクール奨励賞☆
2名

☆秀作☆
2名

☆佳作☆
4名


昨年はこの授賞式の後で体調を崩したので、
今年もまた参加することができるなんて
本当に夢のようです

今年度の各種コンクールの結果は全て出揃い
ました。
今年初めて憧れの賞をもらえた生徒さんもいれば、昨年よりちょっと下の賞でがっかりした生徒さんがいるように、いつでもとびきりの評価をもらえるとは限りません。
でも1つ言えるのは、どちらの生徒さんもたくさん練習したことは全て力になっているということ!
評価(賞の種類)を気にするためだけにコンクールに出品しているわけではありません。
コンクールに限らず、競書課題の練習の中で今までできなかったことができるようになったとか、そういうことがとても大事ですから。


今は次のコンクールに向けての練習を、
競書の月例課題も練習しながら頑張っています。

春から進級、進学で環境が変わる生徒さんも多いですが、教室では普段通りに先生が待っていますよ。
これからも落ち着いておけいこ頑張りましょう!

授賞式や賞状の写真は、後日追加予定です

ひらがな集中講座受講 1年後&2年後

人気ブログランキング参加中、クリックしてね♪








今シーズンのひらがな集中講座は、
3組が親子で、1人は子どもさんだけ
受講されています。
1文字ずつ丁寧に進めているため予定より少し
遅れ気味ですが、1番大事なひらがなですから
スピードを上げることなく、理解を確認して
ゆっくり指導していくつもりです。

1昨年の1月からひらがな集中講座を
始めました。
現在の2年生から、入会前に必ずこの講座を
受講してもらっています。

ひらがな集中講座って何?と思われる方へ、
参考までに…
受講1年後の小1の生徒さんと、
受講2年後の小2の生徒さんの字の変化を
掲載したいと思います。

★1人目★
1年前(幼稚園年長の冬)・受講前
BlogPaint

       ↓     

受講1年後
BlogPaint


★2人目★
1年前(幼稚園年長の冬)・受講前
BlogPaint

      ↓

受講2年後
BlogPaint

2人とも、競書誌で学年最優秀に選ばれて
います。
教室だけでなく、自宅でも(週1枚だけです)
保護者のご協力のもとで練習を積み重ねた
結果ですが。

この変化はこの2人が特別なのではなく、
個人差はもちろんありますが
どの生徒さんも見違えるほど上達しています。

ひらがな集中講座受講後、ほとんどのお子さんが
当教室に入会されていますが、
保護者の方々からは、

「学校の掲示物の字が他の子と比べてきれい」
「ひらがなは自分より子どもの方が上手」
「自分の子どもにひらがなの形を注意される」
「ノートの字がきれいだと学校でほめられる」
「1年生になってすぐ始まるひらがなの学習が
楽だった」

などという声が聞かれます。

ひらがなは46文字。
1文字ずつじっくり習ってみませんか?

image
ギャラリー
  • 硬筆の添削指導
  • 硬筆の添削指導
  • 硬筆の添削指導
  • ひらがな集中講座 小1女子編
  • ひらがな集中講座 5/9現在の募集状況
  • ひらがな集中講座 小2男子編
  • ひらがな集中講座終了 その後
  • ひらがな集中講座終了 その後
  • ひらがな集中講座 4/7現在の募集状況
最新コメント
メッセージ

教室や入会についてのお問い合わせはこちらへどうぞ。

名前
メール
本文
記事検索
プロフィール

shodo2004akko

アクセスカウンター
  • 今日:

QRコード
QRコード
字を習おう
  • ライブドアブログ