ブログランキング参加中、
クリックしてね♪




 

今年も龍馬コンクールに出品していましたが、
本日、審査結果と賞状が届きました。

このコンクール、年々出品者数が増えている
ようです。昨年から出品料が無料になったことが
理由のひとつではないかと思います。
それでも昨年は約1000点出品された中から
1名特別賞をいただくことができました。
今年はさらに増えて1500点以上だったとか。
当教室からの出品は20名、その中で7名…
約1/3の生徒さんが入選いたしました。

小2 H.S君
小2 T.A君
小3 A.Sさん
小4 K.Aさん
小5 M.Tさん
小6 M.Aさん
中1 Y.H君

BlogPaint


全国各地、大きいものから小さいものまで
書道コンクールは本当にたくさんありますが、
出品者全員に何らかの賞がつくものから
上位の作品にしか賞がつかないものまで
様々です。
学校から出品する場合は、学校内で書くという
一発勝負のことも多々ありますね。
清書用紙を数枚配られて、時間内で仕上げるとか。
しかも、クラスで1点のみとか、学年で1点のみ
しか選ばれないという超狭き門のことも多いです。
選ばれるためには当然のことながら
普段の努力が必要になってくるわけですが、
「努力も才能のうち」だと私は思っています。
書く力+努力=結果…だと。

努力の結果がなかなか出なくて辛くなったり、
イヤになってやめてしまうこともあるでしょう。
書道に限らず、何にでもいえることですが、
やめてしまったらそこで終わりなんですよね。
なかなか結果が出なかったとしても、
コツコツと努力を積み重ねていくことが
上達への一番の近道だと思います。