【 書道-書に心寄せて 】

|<書家:増田艸亭> 掛け替えのない書との出合い、生涯かけて古典に立脚した「馥郁の書」と他愛のない「自由詩」を求めて ・・・| -伝統文化のひとつ書の道を育む-

三昧境 / 凩(木枯らし)

|三昧境|
一つのこと心を集中して雑念に
みだされない忘我の境地。 ・・・
b 171a

|凩(木枯らし)|
凩の字は国字、木枯らしは、木を吹き枯らすものの意、
秋の末から冬の初めにかけて吹く、強く冷たい風。 ・・・
bc 068

人気ブログランキングへ          にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ

辺陬(へんすう)

|辺陬(へんすう)|
何気なく静々として、
 辺陬の地を歩きたい。
b 170

人気ブログランキングへ          にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ

戒。

|戒|
望蜀の人、放擲する。
b 168

人気ブログランキングへ          にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ

忘我。

|忘我|
物事に熱中して、われをわすれる。
b 167a

人気ブログランキングへ          にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ

篤志。

|篤志|
あつい志を持って進もう。
b 165

人気ブログランキングへ          にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
ギャラリー
  • 三昧境 / 凩(木枯らし)
  • 三昧境 / 凩(木枯らし)
  • 辺陬(へんすう)
  • 戒。
  • 忘我。
  • 篤志。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ