<徳川家康公の書>
i 401

人の一生は重荷を負て、遠き道をゆくが如し、いそぐべからず。 不自由を常と
おもへば不足なし。 こころに望おこらば困窮したる時を思ひ出すべし。 堪忍は
無事長久の基。 いかりは敵とおもへ。 勝事ばかり知てまくる事をしらざれば害
其身にいたる。おのれを責て人をせむるな。及ばざるは過ぎたるよりまされり。


|書法研究 【聿 修 會】| ⇒ 本格書道を学ぶなら増田艸亭の書道教室。