|仮名の事柄|
漢字を交ぜないで、かなだけで書くことを
 「総仮名」という。漢字の草体とひらがなと
の中間の字体のかなを「草仮名」という。
l 168

読み方は〝かりな〟から〝かんな〟〝かな〟となったという。
〝名〟は〝文字〟という意味で漢字から仮(か)りた字ということ
から、〝かな〟と呼ばれた。漢字の一名〝真名〟(まな)に対
するいい方である。〝仮名〟は〝平仮名〟をさすこともあるが
〝片仮名〟を合わせたもので、広義には〝万葉仮名〟も入る。
                       
にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
◆さいたま市内・東京都北区内の書道クラブ・サークル等へ ~ 出張教授 致します。
|書法研 究【聿 修 會】 ⇒ 本格書道を学ぶなら増田艸亭の書道教室人気ブログランキングへ
|緒風書道教室| 
⇒  さいたま市浦和区(増田艸亭門下の書道教室)若手の女流書家。