【 書道-書に心寄せて 】

|<書家:増田艸亭> 掛け替えのない書との出合い、生涯かけて古典に立脚した「馥郁の書」と他愛のない「自由詩」を求めて ・・・| -伝統文化のひとつ書の道を育む-

2010年10月

妻の実家滞在。

i 076<山居倉庫>
----------------------------------------------
明治26年(1893)に建設された米の
保管倉庫。12棟が立ち並ぶ。

i 073<本間家旧本邸>
----------------------------------------------
妻の実家滞在。
 
気晴らしに酒田市内の山居倉庫、 本間家
  旧本邸、本間美術館を見学する。 みなと
                      市場で美味い海鮮料理を食べる

                     <午後5時納棺>
寂しさがつのりました。

|書法研究 【聿 修 會】| ⇒ 本格書道を学ぶなら増田艸亭の書道教室。

妻の実家滞在。

i 071<妻の実家>
----------------------------------------------
◇妻の実家滞在。
  葬儀の段取りであわただしい一日でした。

|書法研究 【聿 修 會】| ⇒ 本格書道を学ぶなら増田艸亭の書道教室。

自由詩(自詠)

i 064<自由詩>
|題名:雨がしとしと|
雨がしとしと降る夜長、墨を磨り
      筆を手にとる、至福のひと時。
               
=自詠 :艸亭=
----------------------------------------------

◇午後2時、義母の葬儀で鶴岡へ向かう。










|書法研究 【聿 修 會】| ⇒ 本格書道を学ぶなら増田艸亭の書道教室。

少字書 / 添削

i 063<廼賢詩>
----------------------------------------------

◇通信教育の添削です。

◇雨降りで肌寒い日ですね。















|書法研究 【聿 修 會】| ⇒ 本格書道を学ぶなら増田艸亭の書道教室。 

調和体(漢詩の読み下し文)

i 062<白居易詩> 漢詩の読み下し文を書く。
石を弄し 渓に臨んで坐し 花を訪ね
寺を繞りて行く時々鳥語を聞き処々
是れ泉声。
----------------------------------------------


















|書法研究 【聿 修 會】| ⇒ 本格書道を学ぶなら増田艸亭の書道教室。

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
ギャラリー
  • 一字書(聲)
  • 二字句。
  • 印譜。
  • 印譜。
  • 短歌(自詠二首)
  • 体裁 / 石和温泉一泊ドライブ旅行。
月別アーカイブ
プロフィール

shodo_itusyukai

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ