【 書道-書に心寄せて 】

|<書家:増田艸亭> 掛け替えのない書との出合い、生涯かけて古典に立脚した「馥郁の書」と他愛のない「自由詩」を求めて ・・・| -伝統文化のひとつ書の道を育む-

源氏物語

源氏物語・奥入解題の一部分。

源氏物語・奥入解題の一部分|
-大橋寛治蔵本 / 監修・日本古典文学会-
奥入は、源氏物語の簡単な注釈で、藤原定家の撰にかかる。
a 1189

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
◆さいたま市内・東京都北区内の書道クラブ・サークル等へ出張教授 致します。
書法研 究【聿 修 會】 ⇒ 本格書道を学ぶなら増田艸亭の書道教室
人気ブログランキングへ

源氏物語。

|源氏物語|
日本文学全集 (1巻~5巻) 明治23年11月27日:出版。
 発行所:博文館、発行者:大橋新太郎、校字者:大宮宗司、
 正価:25銭。1巻あたり分厚い本です。・・・・・・・・・・・・・・・・
明治時代注釈と現代注釈は相違点があり、興味深い。・・
a 955

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
◆さいたま市内・東京都北区内の書道クラブ・サークル等へ出張教授 致します。
書法研 究【聿 修 會】
 ⇒ 本格書道を学ぶなら増田艸亭の書道教室
人気ブログランキングへ

源氏物語を読みて。

|源氏物語を読みて|
 約千年前の長編物語、紫式部の原作、帝と貴族関係の背景を織り成す。
 主人公 光源氏の関わる生涯の取り巻きの政治的な描写の見事さに驚か
せる。紫式部の才知ある この物語は現代社会にも生き続ける日本文化
  の美意識の高さが窺える。 平安貴族の雅や複雑なストーリー性を巧みに
   捉え、男女間でおきる「垣間見」「ゆかり」で綴り次々と展開してゆく人間模
    様の姿、登場人物が どう繋がってゆくかの情けが興味を引き込ませる。そ
   してどんでん返しがあったり、兎に角も絵巻とともに詩情豊かな物語で心
 に 刻みつけられる。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
a 914a


にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
◆さいたま市内・東京都北区内の書道クラブ・サークル等へ出張教授 致します。
書法研 究【聿 修 會】
 ⇒ 本格書道を学ぶなら増田艸亭の書道教室
人気ブログランキングへ

源氏物語(第一編)

|源氏物語(第一編)|
-紅葉賀・苞宴-
明治二十三十一月二十七日出版 (発行所:博文館)
a 908

明治時代注釈と現代注釈の捉え方、歴代の
  相違点があり。古典文学解釈の難しさがある

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
◆さいたま市内・東京都北区内の書道クラブ・サークル等へ出張教授 致します。
書法研 究【聿 修 會】
 ⇒ 本格書道を学ぶなら増田艸亭の書道教室
人気ブログランキングへ

古典文学。

|古典文学|
古代 中古 中世 近世文学などを学びし、
その古典文学を書の道に活かしゆく。・・
a 881


にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
◆さいたま市内・東京都北区内の書道クラブ・サークル等へ出張教授 致します。
書法研 究【聿 修 會】
 ⇒ 本格書道を学ぶなら増田艸亭の書道教室
人気ブログランキングへ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
ギャラリー
  • 貫く。
  • 下衆。
  • 一字書。
  • 四字句。
  • 二字句。
  • 五字句。
月別アーカイブ
プロフィール

shodo_itusyukai

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ