【 書道-書に心寄せて 】

|<書家:増田艸亭> 掛け替えのない書との出合い、生涯かけて古典に立脚した「馥郁の書」と他愛のない「自由詩」を求めて ・・・| -伝統文化のひとつ書の道を育む-

義援金

調和体(諺)

k 055<調和体:諺>
親思う心に、まさる親心。
親をいたわる子の心より、子を思う
親の愛のほうが はるかに大きいと
いうこと。

高松誌-月例 ・当番審査で本部に行く。
東日本大震災の義援金を拠出しました。

|書法研究【聿 修 會】| ⇒ 本格書道を学ぶなら増田艸亭の書道教室。

少字書 / 稽古日

<陸游詩>
i 432

(とき)(たい)らかに壮(そう)(し)は功(こう)(な)くして老(お)
(きょう)(とお)く征(せい)(じん)(ゆめ)の帰(かえ)る有(あ)り。

◇大宮教室(木曜クラス)稽古日です。

読売書法会を通して僅かですが災害義援金を醵出しました。
何時、起るか分からない巨大地震、歴史的検証データーを
基に予測し各原発は十分な安全対策を講じて欲しい。・・・

|書法研究 【聿 修 會】| ⇒ 本格書道を学ぶなら増田艸亭の書道教室。

調和体 / 言葉(書の原理)

◆ 同じ意味内容の言葉を二通り書きました ◆

<題名:書の原理>
i 410

原帖の不自然や疑問を模倣しては ならない。
書の原理を以て臨書すべし。 
自詠:増田艸亭|

i 409
不自然な 原帖の字形や文章を、そのまま 書くのでなく
疑問が 生じた時は、補筆と修正を行い、見誤りの ない
正しい見識と認識を以って臨書すべし。  
書の原理と臨書」

◇所属する書道団体を通して災害義援金を醵出しました。
◇大型連休明け、今日の勤めはやや疲れますね! ・・・・・

|書法研究 【聿 修 會】| ⇒ 本格書道を学ぶなら増田艸亭の書道教室。

公開審査。

<公開審査風景>
i 406
i 405i 407
高松書道会、第68回一般漢字部昇段級試験~当番審査。

◇書道団体経由で災害義援金を醵出しました。

|書法研究 【聿 修 會】| ⇒ 本格書道を学ぶなら増田艸亭の書道教室。

花中書展。

i%20334<出品作品・ほか3点>
    =花中書展=
会期 2011年4月12日~約1ヶ月間
会場 サンエフジ(埼玉県さいたま市)
増田艸亭-4点(硝子加工書作品)出品協力しました。
作品売上の一部を東日本大震災・義援金に充てます。

|書法研究 【聿 修 會】| ⇒ 本格書道を学ぶなら増田艸亭の書道教室。 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
ギャラリー
  • 趣。
  • 一字書(聲)
  • 二字句。
  • 印譜。
  • 印譜。
  • 短歌(自詠二首)
月別アーカイブ
プロフィール

shodo_itusyukai

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ