2013年05月

2013年05月27日

繁盛店はトレンド読みの達人

トレンド読みとは時流読みのこと。時流を外したらいくら頑張っても報われない。
時流とはファッションのこと、時代の気分は売れる商品に現れるから
景気の良い時は躁の気分、元気になって郊外の一軒家に住み大型犬と散歩
不況時は鬱になって都心のマンションを購入、小型犬と室内遊びをしてエスプレッソを飲む気分

昔バブルの時、リクルーターはTシャツにGパン、スニーカーを履いて会社訪問
でも今のリクルーターは、スーツを着てビジネスやパンプスを履いている。
不動産は都心のマンションが売れていてるのを見ると、実態経済は相変らず厳しい
今の気分は「躁と鬱が交錯」している、と解釈するのが正しいトレンドの見方

アベノミクスにの効果により、これからは躁の気分に突入
気分は高揚してアクティブ感が強まり、モダン・スポーツファッションが台頭
トレンドは未来感覚へ、スポーティでカジュアルな気分が強まる。
だから時流はナチュラル、ヴィンテージ、クラシックじゃあないのね。

トレンドは若い女性、お金持ち、元気持ち、高額品の順に現れる。
ギャルと女性、健康でゆとりのあるお年寄りは、これからトレンド感覚へ移行
一方、忙しく働くビジネスマンと、ビンボーで病気勝ちの人はトレンドと無関係
しかも低額品は、トレンドのコピーだから時流を外し勝ち

トレンドを読める経営者は打つ手が早い。読めない人は売れる商品の後追いに終始
経営者やバイヤーが安物を扱うのは、トレンドが読めない証なのね。
年々躁鬱のサイクルは高速化、トレンド追いを続けていたら間に合わない。
だから商品投入のタイミングが遅れ、ロスが急増して潰れてしまうのね。








shoebag_mizukai at 07:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月19日

富裕層向けMDを組んで繁盛店

アベノミクスを背景に個人消費が動き出した。
景況の浮揚感から「ぜいたく品」がよく売れている。
車ではBMWやレクサス。それも500万円以上の高価格帯が好調だ。
最近は高級品だけでなく、衣料品販売も回復し始めた。

だからと言ってボリューム・プライスが売れているワケではない。
ここ2〜3ヶ月は、中心価格の2割アップのベター・プライスの動きが良い。
ケミカルでは5900〜8900円、革の18000〜25000円ゾーンに山が出来ている。
円安や生産地の賃金アップによる価格上昇の影響は受けていない。

反面3900円以下の動きは鈍いが、当たり前の話だ。
低所得に甘んじる靴業界人ですら履きもしない靴を、富裕層が買うハズはない。
他の業界(年収平均550万円)は、自分達が想像もしないほど豊かなのだ。
自分の生活レベル(年収350万円)を基準にして、MDを組むのは止めて欲しい。

私は靴屋の生まれだが、戦前〜戦後混乱期の靴屋は上流階級だった。
お客様はハイヤーや人力車で来店され、母は運転手や車夫にチップを渡していた。
靴の値段は大卒初任給の7掛け、今から考えると信じられないほど高価
敗戦後の超不況期にも生活は困窮しなかった。豊かなお客様に助けられたからだ。

富裕層は好況時に高額消費が旺盛、不況時でも消費を落とさない。
貧乏層は好況時に通り過ぎ、不況時は真ともに直撃を受ける。
今からでも遅くない。ケミカル価格アップを図りながら革の比率を高めよう。
これがアベノミクスの追い風を受け、アベノミクス失速時に安定軌道へ乗せるコツ

それが繁盛店への道程なのね。




shoebag_mizukai at 15:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月12日

文化型専門店を目指して繁盛店

商いには文明型と文化型とある。
文明型とは他の店の売上を略奪しながら、大きくなろうとする量販店のこと
文化型とはお客様を喜ばせるモノとサービスを売る専門店のこと
我が店の隣に、店が出来ると売上が減るのが文明型、逆に増えるのが供与型

ファッションを心温まるサービスで、豊な生活提案をする店が文化型
私どもの関係先で、安定的に業績を向上させているのは文化型靴専門店
一方消滅した店は、量販店のマネをしていた文明型靴専門店
これは大手であっても同様です。

ダイエーは多くの零細食品店を潰しながら、日本一になったものの、いま見る影もない
ウォルマートは世界最大のSMだが、ダイエーと同じ道を辿るのは間違いない。
ユニクロも同じ、略奪すれば必ず「略奪されて滅ぶ」のが世の掟
世界の四大文明も、他の文明に略奪されて滅亡したでしょ。

なぜっ?って略奪側は略奪された側の怨念を、背負いながら生き続けているから
元気な内は怨念を払い退ける力があるが、衰えはじめると他の略奪企業の餌食化する。
200年以上の歴史をもつ企業は世界で約7000社、誇るべきことは日本だけで3113社
長寿の共通項は文化供与型企業だけなのね。

靴専門店は安売り量販を止めて、ファッション文化を売る靴専門店を目指したいものです。








shoebag_mizukai at 11:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月06日

本を読まなきゃ繁盛店になれない

オーナーはもとより、幹部・現場スタッフの不勉強ぶりにはただただ驚くばかり。
とにかく本を読まない。小説どころか実務書さえもナシ。あるのはファッション雑誌のみ
それも靴の掲載写真ばかり眺めて、何が売れるかチェックしているだけ
靴専門店は、あらゆる分野に興味を持たなければ経営はとても成立しない。

何故って?靴は、品格+ファッション+医療+財務会計の総合科学産業だから
小説は人生をあと押ししてくれるもの
ファッションはこれからどんな時代が来るか、ライフスタイル・トレンドを知るた鏡
経営は収支を合わせるため、財務・会計力を付ける知識が求められる。
プラス、足の基本的な構造を身に付けて売らなければ、お客様へ提案は出来ません。

あなたの会社、店、社員宅にどれだけ本があるのかな。
あなたの本棚の写真を見せていただけば、繁盛しない理由が一目で分かる。
品格は歴史小説の主人公から学ぶ。司馬遼太郎さんあたりかな。
ファッションや経営実務書は繊研新聞社やエフワークス社から購入

大切なのは自らお金を払って購入すること
タダは眺めるだけで、ちゃんと「観ない」、知恵が付かない
本はあなたを助けてくれないが、本から繁盛させる最短距離を歩むコツは得られる。
少なくても想定外の事故には遭わないですむからね。





shoebag_mizukai at 11:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)