2013年06月

2013年06月30日

新人類ギャルを取り込んで繁盛店

品揃えを構成するとき旬は何なのか、ファッション雑誌を参考にされていると思うが、
今の主役は女ウケするKERA、Zipper、Sweetの青文字系誌へ変わりました。
赤文字系のJJ、ViVi、CanCanの、男ウケ誌ではないのね。
背景はトレンドがコンサバ系から、アニメ系へ変わったのが原因。

アイコンギャルはAKBではなく、「きゃりーぱみゅぱみゅ」
頭にデカリボン、ツケマにカラードヘア、タトゥーストッキングに厚底スタッズ靴
全身奇抜なアイテムや色使いで、「遊んで盛る」が基本のキ
それが大人たちと子供たちに波及して、ボリューム化するのが現代

よく「ウチにはギャルなんかいない」、と言われますが勘違いしないでね
初代サーファーギャルは既に50歳、ジュリアナギャルだって45歳になっている。
今のママはもとより熟年ミセスも、昔はギャル世代だったのですよ。
ファッション業界は、レディスファッションの8割はギャル層なのに気付いていない。

70年初頭に創刊された人気誌an.an、ono-noが忘れられつつあるのは
編集者が平成ギャルの、超高速トレンドに付いて行けなかったんだろうね
アベノミクスが進める政策によって、低賃金・格差社会を招くと言う現実にめけず
消費に旺盛なギャルが、経済成長の柱になるのは間違いありません。

これは靴専門店にとって、叉とない大チャンス!
量販店バイヤに、「きゃりーぱみゅぴみゅ」のファッションなんて、解かりっこないし
やったところで、大怪我するのは間違いないから



shoebag_mizukai at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年06月24日

繁盛店を目指す店舗・演出

繁盛させる6割りは品揃えだが、店舗演出は品揃えをサポートする役割を担う
その時々の旬の生活と、旬の商品を表現するものがディスプレイ

今は梅雨末期、―乎羚覬時の仕事と買い物シーンを想定して店頭・店内演出を考える。
梅雨明け直後は海浜リゾート、それも海外リゾートから始めて9馥盂ど優螢勝璽箸悵楾
猛暑日が続く日7月末にはす盡業鮟襯螢勝璽函△盆が近付いたらサ⊂淵螢勝璽箸悗
週毎にVP(ヴィジュアルプレゼンテーション=生活提案演出)を変えよう。

,魯蓮璽匹聞覬日向けにレインブーツやレインブーティ
△砲魯ΕД奪献辧璽襪離汽鵐瀬襦Ε屐璽帖↓の時にはベタのカリプソサンダル
い魯汽沺次Ε屐璽帖▲ープンタイプのウェスタンやソフトワーク
イ縫魯ぅ謄スニーカーの新作を提案
ポイントは夏物ではなく、夏に履く秋物、つまり夏デザイン・秋色バーシーョンを売ろう。

現場指導で驚かされるのは、売り手に何を売るかの主張が見られないこと
外装や店頭は、その店は何を売り物にしているかの主義・主張の表現
店頭・店内のショウウインドやテーブルディスプレイは、旬の生活提案(VP)場
売場は旬のティストを紹介する場、今ならフレンチ、ジュート巻きサンダルかマリーンエスパ
お客様の目線の移動を意識して、魅せて売るのが基本のキ

それと匂いの違うティストは離す、似たもの同士は近付ける
吃驚させられるのはパンクと間逆な、ロマンティックが隣同士と言うことことさえ見られる。
スタッフは入荷商品を何も考えずにただ並べている様子
1980円の安物だってちゃんとティストを分けて並べたい。

これではお客様はいま何が旬なのか、選びようがない
売り手と買い手が、分からない同士で商いをしているから、安物しか売れないのね。



shoebag_mizukai at 15:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年06月17日

経験と歴史(データ)を駆使するのが繁盛店

「愚者は経験から」学び、「賢者は歴史(データ)から学ぶ」とよく言われていますが、
人類は経験はもとより、歴史からも全く学んでいないのではないかと思う。
福島原発事故やチェリノブイリ、スリーマイル島の事故を忘れ
安倍さんは、歴代自民党政権のバラマキ政策の失敗を、性懲りも無く続けている。

これは靴業界も同様、MDの失敗で毎年数千億円の在庫ロスを出し
収入を上回る支出を続け、メーカー・卸の半数、小売の7割近くが赤字企業という惨状
歴史(データ)は過去の経験の蓄積なのですよ
データを取っていないのか、取っても見ていないか、見ても分からないのか
この状態でよく経営を続けられるものだと不思議に思う。

売上データがあれば売れない理由が良く分かる
月・週・時間別や晴雨・気温別の商品データで売るアイテムを確認し
同じように商品単価の推移によって、刻々と客層の変化を把握する。
これ等のデータを駆使してMDに活かせば、ヒマ日を一年中繁忙日に変えることも可能

財務データは儲けられない要因を発見する。
びっくりさせられるのは、元帳や試算表を会計事務所で付けせている店の多いこと
帳票は日々記帳する課程で、現在の問題点が把握出来るのに
他人に付けさせて、しかも忘れた頃に試算表や決算書がでたのでは事故っても間に合わない。

弊社は創業以来、記帳から決算まで全部自社処理です。
経理担当者の実力は簿記3級の腕前ですが、コンピュータソフトが自動的に作表してくれる。
当月の仮試算表は〆日10日前に、〆日夜には試算表や決算書は仕上がっています。
事故る前に回避できるから、想定外の赤字を出したことはありません。

売上データはPOS、財務データを会計事務所に付けさせている内は
何時まで経っても実態は分からない。だから緊張感を失うのだろう。
データはあくまで現場が作るもの、POSや経理事務所に依頼していたら
経験や歴史(データ)から学ぶことができない。延々と失敗を繰り返すだろうな



shoebag_mizukai at 15:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年06月10日

無限の売上げに挑戦するのが繁盛店

この頃妙に、縮こまっていて「売上げは有限」と勘違いしている人が多い。
「客数が少なくなった」や「商圏が縮小した」だの、その上「お客様の所得減」が原因など
評論家同様、売れない原因をよく探し出すものだと、感心するばかりです。
経営者が日頃口に出しているのを現場が聞いて、したり顔で喋っているいるのに違いない。

経営者がこの様じゃあ売れないのも当たり前。挙句の果て今はボランティア社会だから
「売ろうとすれば返って売れない時代」、と妙に「納得」している人がいる。
モノを売っているからでしょ、モノは有限だが幸せなコトなら無限
幸福物語を提案すれば、売上高に限界はありません。

「お金」や「売上」は、欲しそうな顔をしていなければ寄っては来ません。
ひょっとしてそれを「卑しい」ことと、思っているのではないですか、だからお金が逃げちゃう
接客教育の指導の際、「何故1足しか売らないの?」と聞いたら
販売員曰く、『だって沢山売ったら悪いもん』だって、モノを売り付けているからです。

前にブログで、豪華客船に乗って100日間世界一周されるお客様方へ
52足お売りしたお話しをしましたが、帰国後大感謝されました。
お客様は「私って毎日ヒロインでした、次のクルーズにはバッグを沢山売って欲しい」
お年寄りは、私たちが想像している以上お金持ちなの

お金を使いたくても使う場がない、それが今の日本の現状なのです。
勘違いしないでね。





shoebag_mizukai at 16:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年06月03日

ストーリーを売らなきゃ、繁盛店にはなれない

今、売れないのは靴専門店はモノだけを売っているから。
お客様はクローゼットの中に、靴が入り切れないほど抱えているか
何を買って良いか分からない、新社会人かシニアのいずれか
欲しいのは、楽しい時間を送れるエンターティメント性と、ヒーロー、ヒロインになれる物語性

例えばバカンスを楽しみたいお客様なら、単に歩きやすい靴を売るのではなく
紺碧の海に彩られた砂浜に映える、カラフルなリゾートサンダル
壮麗な大聖堂や、伝統的な美術館巡りの石畳を、快適に歩き廻るアウトドア靴
夜はレストランに集うセレブと、ひけを取らないドレッシィでセクシーな淑女靴
極上のリゾート旅を提案しなけりゃあ、財布の紐は緩みっこない。

リクルート靴を売る場合も同じ、就活サクセスストーリーを提案しなけりゃ売れません。
伝統的な百貨店へ訪問する場合は、優しいフェミニンなパンプス
真面目な商社から好印象を受けるなら、きちんと感のあるトラッド靴
憧れのアパレルを攻略する、旬のモードなブーティ

何の提案もないから、無難なマニッシュパンプス1足しか売れないのね。
これって靴店が、いかに勉強していないかの証拠
洋服の青山やアオキも同様だけど、アパレルは靴がセット売れるだけマシ
リクルーターが同じ格好をして、歩いているのを見て可哀相と思いません?

殆んど靴店は商品単価=客単価、一人のお客様へ1点しか売っていない。
お客様の生活シーンは無限、だからストーリー別に提案すれば売上も無限
これからの靴専門店の売上は、上質の生活をグレードアップする物語性にある。
商品単価<客単価の差を、更に大きくする努力を続けたいものですね。





shoebag_mizukai at 16:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)