2016年09月

2016年09月25日

マイナスをプラスに変えるのが繁盛店

世の中の出来事にマイナス面は在り得ない。マイナスは全てプラスだから

「立地が悪いから売れない」と嘆く店長がいるが、立地の悪いところへ上層客が来店される。
通行量何万人の東京銀座通りは下層客ばかり、下層客が来るからユニクロが出店したのでしょ
大型SC(ショッピングセンター)はもっと下層客、靴はケミカルの安物ばかりが売れてしまう。
通行客が減ってヒマになったら、商品力と接客力を学び、教える時間が取れると考える。
立地の悪化は、店長を賢くするプラスなんですよ。

次は販売員のため息、「売れ筋が無いから売れない」マイナス面をプラスに変える法
売るのが難しいから「接客力が付く」と考える。バカでも売れる売れ筋は販売員をアホにする。
かって憧れだった銘店、レディス衣料の「鈴丹」や、メンズスーツ専門店の「高久」など
SCへ出店してアホでも売れたため、フツーの店に成り下がったケース
高額品を売るには知性が、ファッショントレンド品を売りこなすなら感性が要求される。
難しい商品を売ることは、販売員を賢くするメリットなんですよ。

極め付けは経営者の嘆き節、「儲からない」は「儲け」技を学ぶチャンスと捉える。
儲からない原因は、売上高より仕入高がオーバーして在庫過多に悩み
粗利高より経費高を余計に使って、赤字を出すからでしょ。
この二つを解消して、黒字化させる経営のバランス感覚が学べると考えましょ。

マイナスをプラスに変えられない人は、プラスでさえマイナスにする。
世の中すべて真っ暗闇にしてしまう、不幸な人たちなのです。
それを幸せに変えるのが私の仕事、理解できない方は自店の問題点を携えて
私の事務所へいらっしゃい。目からウロコが落ちる解決策を、タダで伝授します。

来たくない方は、社員・お客様・お取引先を不幸の巻き添えをしないうちに廃業して下さい。





shoebag_mizukai at 11:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月18日

少ない在庫で売る方法

靴専門店の倒産原因は100%が在庫過多による値下げロス
商品回転数が年5.5回転が損益分岐点在庫高なのに
靴小売店の平均在庫は年3.5回転、この回転だと売上高の10%の赤字を垂れ流している。
そこで年5.5回転以上の回転数を上げるには、どうすべきかが今回のお話

回転数が低いのは、,△凌佑發海凌佑砲眷笋蠅燭い里嵩じて、客層が絞られないのが原因
不特定多数客を対象としていると客筋が見えない。だから売れ筋も見えない。
バイヤーはもモノの弾みで靴選ぶから、とんでもない靴を仕入れて来る。
ティーンがいないのにギャル靴を入れたり、ミセスが多くいるのに、シルバー靴を選ぶ
先ずは我が店の立地は、どの客を対象とするか売る層を決める。分からなかったら私を呼ぶ。

,魴茲瓩燭蕁↓△里匹離テゴリーを扱うか品種を定める。
レディスなのかメンズなのか、スニーカーなのかシューズなのか
これは自分の好きなライフスタイル上に求める。
スニーカー好きの人は、ドレスブーツのことは余り詳しくない。分からない靴は扱わない。

更にセンスの問題。センスの悪いバイヤーはトレンドが見えない。
結果、ド定番ばかり仕入れて店をダサくする。そこでファッション品に手を出して残す。
値下げロスが怖くなるとバイヤーは、コンフォートかケミカルの安物に走る。
コンフォートは値下げロスは少ないが、年寄りじみた靴は年寄りも買わない。
安物のケミカルは、爆買い中国人も避けて通るから売上げを下げ続ける。

そこで解決方法、,竜卅悗鮃覆襦Jからない人は私を呼ぶ、交通費だけでタダで診る。
次は◆⊆分の好きな分野は何か、何時も履いている靴種に絞る。
,鉢△絞られれば、のセンスは自然と上がる。分からない人は弊社のMD講座を受ける。
17年秋冬MDセミナーは来年3月28日、意欲のある人はタダで招待してあげる。

私に教わるのも、セモナーに受けるのも面倒な方は、潰れないうち廃業してください。


shoebag_mizukai at 17:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月12日

儲けを重視するのが繁盛店

経営は楽をして儲けるのが基本、といつも申し上げているが、楽とは横着するのではなく
繁盛させるのに最短距離を歩むと言う意味。回り道をしないことがポイント
どうでも良いことを延々と続けているから、経費ばかり嵩んで繁盛店になれない。
楽をして儲けるには優先順位を間違えない。売上ばかり重視せず利益重視に変える。
売上ばかり気にしているから儲けられない。ハヤイ話経営者は欲張りなのですよ。

売上高は在庫高で決まるのではなく、仕入力と接客力で決まる。
バイヤーと販売員は在庫高を増やすほど、売上高は増えると勘違いしている。
売上高に対するコストは、|猷璽蹈肯┌横亜鵝↓⊃遊鑒駑┌隠機鵝↓2板体┌掘鵑平均値
現実は最終粗利益率は35%位だから 銑だけで既に42%、これだけでもう大赤字
楽をして儲ける優先順位を間違えているから、靴小売店の73%が赤字体質なのだ。

優先順位一位の「値下ロス率追放」から、手を付けるのが繁盛店化への近道
営業利益率と値下ロス率の関係は、商品回転日数(在庫高)で決まる。
計算式は値入率−営業経費率÷1日当りの値下ロス率
値入率が50%、営業経費率32%、1日当りの値下ロス率は0.274%が平均値
50−32÷0.274≒66日が損益分岐点商品回転日数
1日平均売上高の66倍の在庫で抑えられば、赤字を出さないで済む在庫量

年商1億円の店の最高在庫量は、365日÷66日≒5.5回転の1818万円
これは売価、値入率50%の場合は半値の909万円が原価
現状の靴小売店平均在庫量は、商品回転数年3.5回転の1429万円(原価)の在庫を持つ
在庫高を909万円に抑えても、利益はプラマイゼロなのに
その5割増しの在庫を持てば、赤字になるのは当然じゃろ。

年間商品回転数と営業利益率(経常利益率に近い)の関係は
年5.5回転の場合の営業利益率は0%、7.8回廻せば利益率5%、12.5回転なら10%
靴小売店の年間商品回転数の平均値3.5回転の場合、10%強の赤字をたれ流しいてる勘定
それに気付いていないのは、在庫高を仕入当時の原価で評価しているから
在庫は1日あたり0.274%減価しているのを知らない。
今日1万円で仕入れたブーツは、明日には0.274%減価して9972.6円
100日後には2740円下がって7260円、半年後には半額処分しなければ売れない計算。

次回は、少ない在庫に抑えて売る方法を伝授します。





shoebag_mizukai at 10:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月04日

過剰在庫と下手クソ販売員が店を潰す

店を潰すのは、〆澹鵬畭燭砲茲訝猷爾殴蹈垢
¬鞠夙稜箘による人件費過多が赤字化に陥る、この二つが倒産原因
,郎澹砲倭やすほど、売上げが増えると勘違いしているアホバイヤーの仕業
△郎澹砲和燭い曚蒜笋襪里ラクなので、アホ販売員を増殖させる。
尤もこの´△老弍勅埃身、社員にキチンと教えられないのが最大要因で
ハヤイ話、「アホバカ集団で店を潰しっこ」しているのが靴業界の現状

そこで,療正在庫量を守る、適正商品回転日数の算出方法、
適正商品回転日数=(値入率−営業利益率−営業経費率)÷値下げロス率
値入率が50%、営業経費率32%掛かるの場合、業利益率を5%確保するには
値下げロス率は1日0.274%だから、商品回転日数=(50−5−32)÷0.274≒47日
適正な商品回転日数47日とは、商品回転数に直すと365日÷47日≒7.8回転
年商1億円店の適正在庫量は、1億円÷7.8回転=1282万円
1282万円は売価なので、原価換算すると641万円が適正在庫量なのじゃよ。

次に◆▲▲枷稜箘を知的販売員に変える教育方法
先ずファッション知識とコーディネイト手法を教育、これで個人売上高は年間4千万円。
次にフィッティング(足あ合せ)とアジャストメント(微調整)ワーク教育、これで年間6千万円
極め付けは、顧客カードと顧客ノートを元にした固定客作り
顧客コミュニケーションを密にすれば、販売員個人売上高は年間1億円を越える。

´△どうしても分からん経営者は、私の事務所へおいでください、タダで教えてあげます。
出前教育の場合、アホバカ集団を知衆化集団に変えてあげます。料金は3日間60万円
工業時代は靴を売る社会だから、社員はワーカーでも務まった。
IT時代は知衆化社会、社員はクリエーターであることが欲求される。
それどころか、AI(人工頭脳)時代が近い。早く相談しなくちゃあ、とても生き残れません。

shoebag_mizukai at 18:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)