2018年08月

2018年08月27日

トレンド感性を身に付ける

安倍バブル時の好況期には、アクティブスポーツ感覚が持て囃されて、
スニーカーを売っていればコト足りていましたが、安倍バブルが崩壊すれば
ファッショントレンドは一転、スポーツからエレガンスへ移行、
スニーカーからシューズへ変るので、スニーカーを売っていたら売上げ不振は免れない。
スニーカーならコーディネイトなんて知らなくても、売れちまうから販売員はバカでも務まる。

そこでコーデネイト・レッスン、今は好・不況の中間期にある。コーデネイトには4種類
\茲困魯好織ぅ螢鵐哀魁璽妊ネイト、服のシルエットと靴の型を合わせる。
未だボリュームシルエットが残っているので、靴型はラウンド、底は厚底やヒールはチャンキー
⊆,縫ラーコーデネイト、服にブライトやモノトーンカラーが多いので靴も同様に合わせる。
は素材コーディネイト、色トレンドをキレイに魅せる素材を選ぶ、
メタリックやエナメルなど、ツヤ素材が好まれている。
最後はい離謄ストコーデネイト、モダンなカッターやマニッシュなパンプスを売りましょ。

これが不況になったらどーなる。トレンドはクラシカル・ロマンティックへ移行
〃し燭論萓蹐蠅離撻鵐轡襦Ε肇Δ悄↓▲ラーは淡いペール、はヌバックやスェードに注目
い離謄ストはティーンズにロマンティック、アダルトはクラシックに変る。
問題はぁ△客様のファッション・レベルが初心者なのか、ベテランなのかじゃよ。
初心者なら 銑ち管凜襦璽訥未蝓▲戰謄薀鵑覆薛 銑を合わせてい世嘘阿
その外し方が、販売員の感性なのです。

そこで日頃から、ファッション感性を磨きましょう。磨き方は
a.トレンド服を身に付ける、b.住まいのインテリア、アウテリアにトレンドを取り入れる
c.バーゲンに近付かないバーゲンをしない、a〜cの三原則を守る。
どーしてバーゲンはだめなの?、旬のファッション服や靴はバーゲンしないでしょ
バーゲンになるのは、旬を外したビンボー服や靴、身に付けた人はビンボーになるだけ。

ファッションなんてどうでも良いと、考えている方はどうでも良い人生を送る。
トレンドなんてどうでも良いと、考えている企業は生き残れません。
卑弥呼さん、シンエイさん、オギツさんのような有名企業だって、トレンドを外せば潰れる。
全国で有名百貨店が大量閉店しているのは、みんなトレンド外しが原因なんですよ。
どうもこの頃売上不振が続いている店は、潰れてしまわない内にご相談ください。
ちゃんと親切丁寧に、タダでお教えしますよ。



shoebag_mizukai at 11:18|PermalinkComments(0)

2018年08月19日

不況になるとモードな靴屋が繁盛する

好況時に売れるマニッシュ・アクティブ感覚
マニッシュの代表的なのはトラッドドレス、ブランドならリーガル
アクティブはアメリカンカジュアル、代表的なのはナイキやニューバランスのスニーカー
売れる価格はリーガルでもせいぜい3万円止まり、スニーカーなら1万円前後

ところが不況時になるとエレガンスへ移行、スニーカーではなくシューズへ
ドレスは、モードなアルフレッドバニスターやランバンオンブルー
カジュアルも、モードなピコリノスやフープディドウ
売れる価格はドレスやカジュアルも3万円超、特にカジュアルが高価格
ウチはそんな高い靴は売れないと言われる方は、いずれネットに取られ消滅

安倍バブル時はスニーカー店絶好調、靴専門店は絶不調、靴業界全体では昨対割れ
これから安倍バブルが崩壊して不況になると、高額靴が売れるので靴専門店が浮上
なぜ安倍バブルが弾けるかって?、当たり前でしょ
景気を良くしようとして、お金を印刷しまくってバラ撒いても、好況になるハズはないもん。
好況=金融緩和じゃありません。好況=需要増なのね。安倍さんは重度の認知症。

でも靴業界にとっては靴が売れる大チャンス、高単価化によって売上増が期待できる。
それは総理府統計局の、家計調査報告書の消費金額でも明らか
1992年好況時のスニーカー消費金額は6174円
不況時1997年のレディス靴消費金額は9482円その差35%
そこで不況到来による売上アップ対策を考えたい。

,蝋皺然焚修鉾えて、売り方のグレードアップ。店・売場・演出のエレガント化
△魯屮薀鵐匹僕蠅蕕覆と梁ァ何もしなくても売れたスニーカーと違い、
ネットとリアルなど含めた、オウンドメディアを駆使した販促を展開
は接客力強化、馬鹿でも売れたスニーカーと違い、コーディネイト提案は必須
この三っの対策が万全なら、売上げ二桁増は間違いナシ。

でも自信のない方は弊社の事務所へご相談あれ、懇切丁寧タダでお教えします。





shoebag_mizukai at 18:02|PermalinkComments(0)

2018年08月06日

不況になると靴屋が儲かる

前回「安倍バブル崩壊で靴業界は売上アップ」と申し上げましたが、
今回は分かりやすく、新・たとえ話「不況になると靴屋が儲かる」編

●安倍バブル加熱を抑える
●金融緩和が縮小
●株価を下げて不況になる
●仕事が減り首になる人が増える
●失業率が上昇
●就職活動する人が増える
●キチンとした身なりで面接を受けないと就職できない
●スーツが売れる
●スーツに合わせたドレスシューズが売れる
●靴の販売単価が上がる
●売上高が増える
●利益高が増える
●靴屋が儲かる。と言う具合なのね。

ウソだ!って信用しない方は、政府統計の家計調査報告書を見なさいよ
平成バブル崩壊時の1992年に、男子靴の消費金額はピーク
更に不況が深刻化した5年後の1997年、婦人靴は史上最高の消費金額を記録
ただし安物はダメ。1997年当時の婦人靴消費金額の平均は6012円
ケミカル靴中心の品揃え店はベターケミカル靴に振る
革靴中心の専門店は単価アップを続けたいもの

しかし某ケミカルチェーン店は、中国人の爆買いから外されたので、
国産革靴へシフトしましたが売上高は失速
店舗・演出・接客力を強化しながら単価アップを図るのが、売る・儲けるコツなんじゃよ。



shoebag_mizukai at 10:41|PermalinkComments(1)