高売りが繁盛させる近道倒産原因の全ては在庫過多

2010年06月14日

信用高=粗利高

売上高は安売りすればある程度作れますが、
お給料は売上高から払われるものでなく、粗利高から払われるもの
だから粗利高を増やさない限りお給料は増やせません。

そこで粗利高を増やす方法
1、価格をきちんと守る
  バーゲンが一番ダメなのは、お客様が価格に対して信用しなくなる。
  昨日までプロパー価格、「今日から何割引き」位お客様をバカにした話はない
  正直者をコケにする行為をして、お客様から支持されるハズはないでしょ
  それで一時的に売上げを増やせても、不信感を持たれるから信用は大失墜
  倒産街道まっしぐらです。

2、高額品を扱う
  低額品を高く値付けするのは困難
  低額品を求めるお客様は価格にシビア、百円差、千円差を巡って他店と比較します。
  ところが高額品になるほど、お客様はお店を信用するから買い回わらない
  1万円台の靴は2〜3割高、5万円以上の靴は5割高の価格設定をしても
  売れ足のスピードはさほど変わらない
  低額品は価格と量にお客様が付きますが、高額品はお店と販売員にお客様が付く

3、高品位サービスを心掛ける
  お客様は靴をモノとして買うのではなく、豊かな生活を期待して靴を買う
  お客様をコーディネイト技術で美しく、ヒロイン・ヒーローに仕立てる
  フィッティングとアジャストメント技術を駆使してお客様を安心させる
  お売りした後アフターサービスで、お客様の靴を何時まで経っても忘れない
  その行為にお客様が感激して、粗利高をプレゼントしていただけるのです。

信用高=粗利高=繁盛高 
不信高=倒産高であることがお解かりかな。

shoebag_mizukai at 17:13│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
高売りが繁盛させる近道倒産原因の全ては在庫過多