倒産原因の全ては在庫過多売上げ創りはマイナー狙い

2010年06月28日

デフレ時代に於ける商い繁盛法

ITは価格破壊を進め、基本的にデフレを進行させる革命
政府がいくらお金をバラまいても社会構造上、絶対にインフレにはならない
なぜならITがムダを省く超高効率革命を進めるから
シンプル政治、シンプル経済、シンプル流通、シンプルライフが需要を減らし続け、
マーケットを縮小させて売上高を減らし続ける

そうした中で自社だけが「悠々と繁栄」を続けるには、
1にオンリーワン商品の開発で「価格破壊を避け」
2にオンリーワンサービスに徹して「価格破壊を遅らせる」

自社だけしかないオリジナル商品の開発とは
1.生命力の強いギャルテイスト、2ギャル素材、3ギャルトレンドのいち早い導入
オリジナル性が強いと言っても時流に合っていなければヒットはしない
時代のトレンドはギャルから発信されるから
ミセス商材であっても、ギヤルテイストとギャル素材の導入は欠かせない
そしてトレンドを何処よりも早く市場に出せばもう「立派なオンリーワン商品」

価格破壊を遅らせるオンリーワン・サービス商法とは
1.高品位接客、2.固定客商法、3.リ・サービス商法の3条件を満たすこと
始めてのお客様には一期一会のおもてなしで「共感」を呼び
お買い上げいただいたお客様には行き届いたサービスで「感動」させる
リ・ペア、リ・フォーム、リ・サイクルのリ・サービスに徹して「感激」させる

オンリーワン商品の開発が困難なら、オンリーワン問屋さんを探して結び付く
見つからなかったら私に聞く、アレコレ悩むより聞いちゃった方がハヤイ
でも「共感」「感動」「感激」を呼ぶオンリーワンサービス商法なら
その気があれば今からどのお店であっても実行可能

この二つが無理ならどちらか一つを採用する
それが価格破壊時代に於ける「繁盛商法の基本のキ」です。

shoebag_mizukai at 14:57│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
倒産原因の全ては在庫過多売上げ創りはマイナー狙い