商品単価と客単価を上げ続ける店が繁盛店好奇心を持ち続けるのが繁盛店への道

2013年12月31日

繁盛店になる心構え

今日は大晦日、一年を締めくくって繁盛店を目指す心構えをお話し。
一に「好奇心「、二は「行動力」、三が「継続性」、この三っが大切。

店に立つと不思議なことばかり起る。今日はどうしてヒマなんだろう?っという、ギモン点
休日に比べて平日は閑散としているのはどうして?
2月は12月の半分しか売れないのは何故?
午前中はお客様が少ないのは?、ず廼瓮┘譽ンスが不調でカジュアル好調な原因は?
売れない日だって売上げはゼロではありません。
来店手段、品目、商品単価、客単価、客層など調べれば、色々なことが分かって来ます。

先ずは「好奇心」、,竜抛に比べて平日がヒマな背景は
平日の来店手段は普通車や大型車比率が高く、平日は軽か小型車中心
品目は平日ファッション靴の衝動買い比率が高く、休日は必需靴の計画買い比率が多い。
平日の商品単価は休日の1割高、同じく客単価は2割アップ
このデータから見れば、平日に来店されるのは上客で休日は下客
平日の売上アップを図る行動は、上客を増やせば良いことが分かる。

次に「行動力」、平日はトレンド品のVPスペースを増やし、ファッション品の陳列比率を高める。
平日の接客時間を十分取り、サービス力を高め、お買上客の名簿を作り
お得意様の買上履歴を基に、手がきのDM、電話のサービスコール、メール販促などを駆使
これを45日サイクルで実施して、何年も続ける「継続性」がポイントね。

売れない現象は毎日、際限なく起きているのに、
現場は何の不思議と思っていないのですよ、だから永遠に繁盛店になれない。
◆銑い世韻任覆、売れない理由の全ては、売る理由に変えられる。
分からない方は、麻布か春日部の事務所へ相談にいらっしゃい。タダでお教えします。


shoebag_mizukai at 15:31│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
商品単価と客単価を上げ続ける店が繁盛店好奇心を持ち続けるのが繁盛店への道