2016年12月12日

適正在庫を守って繁盛店

売上高対経常利益率5%の利益を確保する適正在庫高は
商品回転日数47日、1日売上高の47倍、約1.5ヶ月分の在庫高が適正値
商品回転数にして年間7.7回転を守れば適正利益を出せる。
年商1億円の場合の売価在庫は1,299万円、原価換算にして650万円の在庫高で回せば
利益はきちんと500万円確保出来る。
今回は、そんな少ない在庫で回せるハズがない、と言われる方えのお答え

.売場にある陳列在庫だけを売る。一般的に売場1坪(3.3)当り年間売上高は250万円
陳列在庫高は50万円が平均値だが、この在庫では多すぎるので30万円に抑える。
売場1坪は陳列面に換算して間口は1.8m、陳列棚5段の場合1段の陳列量は6万円
1万円の靴なら1段6足陳列が基本、それでは売場がスカスカだと思われる場合は
POPやショウカード、嵩のあるファッション雑貨のバッグやストールを合せて飾るとサマになる。
ディスプレイやコーディネイトの勉強になるし、小物が売れたらコーデが上手くなった証拠

.販売員は現在並べてある靴だけを売る。来店されたお客様の足元からサイズを予測
お客様の目線を追い、目線先の靴がサイズ切れしていたら、代替品を探す。アプローチは
「お召しのお洋服とのコーディネイトされるのなら、この靴がベスト」と試し履きへ持ち込む
今ある在庫の中から、お客様のお気に入る靴を探し出すのは、中々難しい接客技術だが、
お客様から言われる前に、販売員が似合う靴を先に用意してお薦めするのがコツ
お客様から「この靴で私に合うサイズない」と言われてから見付けるのでは
在庫は幾ら有っても足りません。

.ファッション品の追加発注は一切無し。モノは希少価値があるから欲しくなるのであって。
何時でもある靴は生活必需靴。お客様はもとより販売員も飽きて売る気力を失う。
ユニクロ服、しまむら服が好きな人に、おしゃれな方は居ないでしょ
それでもいいやと思われる方は、量販店であって専門店ではありません。
靴チヨダさんとABCマートさんと、どっちが好業績なのかお解りでしょ。

´△呂修鵑淵Ε泪は辰呂覆い噺世錣譴詈は、来年6月弊社主催の人財セミナーに受講下され
は3月28日の靴MDセミナーで勉強されたい。
意欲のある方はタダでご招待しますから、私のメールアドレスからお申し込み下さい。
タダほど怖いものはないと思われる、猜疑心の強い方は2万3千円お支払い下さい。











shoebag_mizukai at 11:47│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字