2016年12月26日

繁盛店の適正規模は1店舗年商4億円

繁盛店とは店とお客様の関係は、親類・親友同士、FtoFの絆で結ばれているのが必須条件
店と客の関係、つまりBtoBは価格破壊に晒され、ネットに敗れて破綻するのは確実
だからと言って、小さいから良いものでもない。繁盛店には適正規模がある。

適正規模とは、お客様へ満足を与え、スタッフの所得は人並み以上の年収5百万円
店自体も経常利益を売上高対5%を確保する規模を指す。
商いは一店舗あたりの規模によって、経常利益率が違う
夫婦二人で賄う生業店の場合、1店舗年商4千万円が下限
家族一族で営む家業店は6千万円、他人の正社員を使う企業店は8千万円が下限
この数値以下でも運営出来ないワケではないが食うのがやっと、とても繁盛店とは言えない。

一店舗あたりの売上規模と経常利益率の関係は、
年商1億円の場合売上高に対して1.5%、2億円になると2.2%、4億円売ると5.1%、
8億円を達成させると経常利益率は7.6%と、大手上場企業並みり利益を挙げられる。
さらに年商を倍にすると、経常利益は1.5倍へ跳ね上がる。その理由は人件費にある。

年商5千万円であっても、交代要員を含めれば3人は必要
それが倍の1億円売り上げても4.5人、2億円では6人、4億売るのに9人で済む
8億円売るのに15人いれば間に合う。つまり大型化するほど効率は高まる。
ただ年商8億円でも10店舗では儲からない、1店舗で売り上げる工夫をする。
極小店で1億売ったら増床して2億を狙う。2億達成させたら更に増床を繰り返す。
利益は全て増床につぎ込む。最終的には売場面積250坪、年商8億円を目指すのがベスト

コンフォートショップなら最初はウォーキングからスタート、次はスニーカーにチャレンジ
次にコンフォートパンプスやカッターを扱う、此処までで売場面積40坪・年商2億円
そこで諦めない。コンフォートバッグとファッショングッズを付加して年商4億円
更にレザーパンツ・レザースカート・レザーブルゾンやコートまで拡げて年商8億円を狙う。
小さい店をチマチマやって、小さい支店をちょこまか出しても儲かりません。

現在、年商数千万円、数百万円を売っていても、ネットに取られて生き残れません。
沢山売るほど、お客様との関係が希薄になって、売りっぱなしの薄情売りに変わる。
大きい店をどーんと構え、しっかり固定客商法に徹してしっかり儲ける。
これが繁盛店化の極意、分らん方はタダでお教えするからご来社ください。
勉強されるのが嫌な方は、格差商業の底辺に甘んじて下さい。


shoebag_mizukai at 11:01│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字