集客はトレンド力、売上は営業力店舗売上高も無限

2017年11月18日

販売員個人売上高は無限

販売員個人の年間売上高の平均は2千万円、年商1億円の店は5人で売っている計算
給料は通常売上高の10%だから、年2千万円売っていれば年収は2百万円
月給に換算すれば月15万円ちょっとだが、サラリーマン平均給与の35万円に遠く及ばない。
販売員は自分の所得から売る商品を見ているから、低所得の人は安物しか売り切らない。
だから安物のケミカルやスニーカーしか売れないのね。人並み給料を取るにはどーする。

売上高=商品単価×売上点数だから、先ず商品単価を上げることに挑戦
商品単価=商品知識+ファッション知識+知性と教養度
商品知識とは、素材と製法、お手入れとフィッティング知識のこと
安物を売っている内は必要ないが、商品単価1万円を超えると素材と製法知識は必須
2万円超えればフィッティング技術が求められる。
3万円超の商品を売りこなすにはファッション知識は不可欠
ファッション知識とはお客様を素敵に変える、トレンド知識とコーディネイト知識のこと
更に5万円を超える超高級品を売るには、知性と教養が欠かせない。

併せて磨くのは売上点数アップ。1人のお客様へ1点売るのではなく、数点・数十点売る技術
これはお客様の生活背景を知らなければできません。
例えばビジネスシューズを売るのに、ただ売るだけなら1足止まり
お客が営業マンで、訪問先が真面目な企業ならトラッド靴、おしゃれな商社ならモード靴を提案
更にスーツで訪問するのだったらオールデン、ジャケットならオロビアンコをお薦め
お客様を営業のヒーローに変える、提案をすれば数点売りが可能

何も知らない販売員がビジネス靴を売れば、ケンフォードの9800円1足がやっと
オールデンやエドワードグリーンなら1足13万円、クロケットジョーンズやパラブーツなら6万円
サクセスストーリーを語れる販売のプロなら、インポート靴を数点まとめて売上高数十万円
靴は服以上に人格を現すもの、知性と教養を表現すれば、高価格靴の数点売りが可能
プロ販売員の個人売上高は、無限大だということがお解かりかな。

なるほどと思われる方は、タダで教えてあげますから私の事務所へお出でください。
そんなこと有り得ないと思う猜疑心の強い方は、指導料2時間5万円ご用意ください。






shoebag_mizukai at 14:49│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
集客はトレンド力、売上は営業力店舗売上高も無限