販売員個人売上高は無限三つのセンスを高めて繁盛店

2017年11月26日

店舗売上高も無限

前回販売員個人売上高は無限と申し上げたが、今回は店の売上高も無限に伸ばせるとお話
店では何処でも売上げデータを取っているが、データは見るものの殆どは活用されていない。
きっと活用方法が解らんのではないかな。データには額と率の二種類がある。
額とは売上高や利益高のこと、率とは売上伸率や売上構成比率、売場面積比率など%のこと。
額は予算組みを図るデータで現場が使用する。率はトレンドを知る管理者データ
額ばかり見ているから売上や利益が伸ばせないのじゃよ。

売上高伸率推移でファッショントレンドを知る。テイスト別やブランド別の前年対比伸率から
メンズはトラッドの売上伸率は前年比97か98、ブランドではリーガルが昨対割れ
一方、モードの売上伸率は上昇中、ブランドではフープディドゥやオロビアンコは二桁アップ
ファッショントレンドはトラッドからモードへ、移行中なのが手に取るように解る。
メンズやレディスなどの部門、テイストやブランドなどのスタイルはモードへのシフトを急ぐ
増やすのは伸率の2倍、減らすのは減少率の10倍が基準、リーガルは現状の2割減へ

売上構成比率の推移で、ライフスタイルトレンドを知る。
レデイス・メンズ・スニーカーなど商品部門別構成比率や
レディス内のパンプスやカッター、スポーツなどのスタイル別の構成比率を見る。
現状はレディス微増、メンズ2%増、スニーカー6%減
レディス内ではパンプス4%増、カッター8%増、スポーツ11%減
ライフスタイルはエレガントへ移行、カジュアルスタイルは減りつつある。

売上構成比率の変化に合わせて、売場面積比率を合わせる。
商品部門別構成比率の高低によって売場のゾーニングを決める。
3月下旬からGWまではスニーカーを一番良い位置へ、GW過ぎたらレディスへ転換
スタイル別構成比率に合わせて売場面積を、テイスト別の売上構成比率に陳列比率を決める。
主役は常に変るので、それに見合った位置・面積を取るのは当たり前じゃろ
リーガルやコンバースが何時も同じ所に並べられているのではない。

バイヤーは売上高伸率推移から予測を立ててバイイングを行い
店長が商品部門別伸率からゾーニング(売場位置)指示
販売スタッフがスタイルやテイストに合わせて売場面積や陳列面積を決める
チームワークによって、売上高や利益高は伸ばせるものだ。

この売場面積の拡縮は、月別から週別、日別や時間別へ短サイクル化毎に劇的に伸ばせる。
一変に行うのは無理なので、始めは.掘璽坤麒未ら月別へ、慣れたら週別に変化。
売場生産性の平均は、,両豺臟250万円、△愨弍すると350万円、C奮で500万円超
更に日別や時間別に、売場を変える毎に売上高は急上昇、面白くなって止められない。

ナルホドと思う方はタダで教えてあげます。データと売場平面図ご持参の上ご来社ください。
そんな甘い話はないと思われる、猜疑心の強い方はそのまま野垂れ死にしてください。


shoebag_mizukai at 17:19│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
販売員個人売上高は無限三つのセンスを高めて繁盛店