楽しいドラマを売るのが繁盛店連続ドラマを演ずるのが繁盛店

2018年04月22日

楽歴を積んで繁盛店

工業時代は学歴が求められました。大学まで進学して高学歴の人が出世しました。
知識を積む学歴が重要視されましたが、ITゃAI時代は知恵を積む「楽歴」社会です。
知識をいくら持っていても、知恵のない人は役立ちません。
知識とは勉強してよく知っていること、知恵とは行動して積み上げた力

頭でっかちで何もしない人が知識人、失敗してもめげつに挑戦を続ける人が知恵人
何もしなければ失敗もしないのでラクチンだが、失敗しないように挑戦するのはどーする?
それが「楽歴」、IT・AI時代のマーケティングは「楽しさ」が経済の源泉
工業時代の「効率」追求社会と違うのです。「快楽」が売上げ源なのね。

じゃあ「楽歴」の積み方。前回申し上げたように
エレガンス担当のバイヤーや販売員は、お客様とパーティの「楽歴」を重ねる。
お客様の誕生パーティ、クリスマスやダンスパーティもお勧め。
初めは地域の公民館を借りて誕生パーティ、次はレストランを借り切ってクリスマス
慣れたらホテルでゴージャスなダンスパーティを開催

アウトドア担当の方は、お客様を自宅に集めて、ガーデンバーベキュー
ファッショナブルなガーデンサンダルをたくさん用意
次はキャンピングカーをレンタルしてキャンピング、おしゃれななサンダルやトレッキングを提案
慣れたら、手ぶらキャンプを楽しむ、グランピングへグレードアップするが私の流儀
自分の「楽歴」は高まるにつれ、商品・売場・売り方に説得力が高まるでしょう。

「カネもヒマもない、冗談はよしてくれ」と言われそうだが、「楽歴」は自分への投資
投資をせずに、カネとヒマが出来ると思っているのかね。カネとヒマは創るものです!
お客様へカネとヒマを与え続けている、「サービス精神旺盛」な方は
カネとヒマの方が自然と寄って来て、カネとヒマに苦労しない。

「そんなウマイ話は裏が有る」と、猜疑心の強い方は私の事務所へいらっしゃい
指導料2時間5万円で教えてあげます。
「そうかやってみるか」と素直な方は、「楽歴」の付け方を懇切丁寧に、タダで教えてあげます。

shoebag_mizukai at 17:24│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
楽しいドラマを売るのが繁盛店連続ドラマを演ずるのが繁盛店