連続ドラマを演ずるのが繁盛店リピーターを増やして繁盛店

2018年05月07日

難しい道を選んで繁盛店

靴小売店がこの20年間で、3分の1に激減したのはラクをして売っていた商いが原因。
その一は安物靴売り、ファッション知識が無くても売れてしまう。
二っ目は定番靴売り、在庫をアテにした売り方で、在庫過多で値下ロス拡大して赤字経営化
第三はラクして売れるSC(ショッピング・センター)への出店、これが集客力を失った原因
商いはラクをしたら没落するのは当たり前、。この三つの横着商法が靴小売店激減の原因。

ファッション知識が不要ならばアホ販売員でも勤まるし、店に来るのはファッション無知なアホ客
ナイキやニューバランスなど定番靴は、在庫さえあれば誰でも売れる。アホ販売員で間に合う。
集客力のあるSCに来るのもアホ客、そんなことはないと言い切るのなら
SCの飲食店は手軽に食べられる、ラーメンやピザ屋ばかり
有力セレクトショップや、美味しいコース料理を出す和食レストランがあるのかね。

巨大モールの越谷レイクタウンで靴はケミカル店が目立つ、靴専門店はリーガルショップのみ
靴専門店でもトラッド靴は売るのは簡単、サイズを切らさなければ誰でも売れちゃう
大型モールの春日部イオンは、衣料は安物、靴はケミカル店ばかりじゃがな
横着商法をしていれば、ネット通販に食われてしまって激減するのは必至じゃろ。

じゃあどーする。扱う靴は売るのが難しい、ファッション・トレンドの高額靴を扱う。
トレンド靴を売りこなすには、ファッション知識とコーディネイト知識がいるし
高額靴を売るにはフィッティング知識と、語彙の豊富な知性が必要。
少ない在庫で売るには、代替品を売る接客力と、在庫管理の知識が求められる。
集客は販売スタッフ自ら、メール販促と手書きのDMを駆使して、お客を集めるもの。

店と販売員は、商品とお客様から磨かれて繁盛するもの。
磨き込めば客様から愛されて、お得意様になっていただけますし
お得意様がお客様を連れて来られて益々繁盛する。これが繁盛商法の極意

繁盛を目指したい方は、弊社6月21日(木)開催の「人財セミナー」へ
繁盛靴を集めたたい方は、8月29日(水)の「靴MDセミナー」を。
究極の繁盛商法を知りたい方は、11月14日・15日の「戦略セミナー」を受講されたい。
お金を払うのは嫌だと言う節約家は、ダダで教えてあげますからご来社ください。
そんな面倒なことはしたくない方は、お取引先へ迷惑を掛けない内に潰れて下さい。


shoebag_mizukai at 07:41│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
連続ドラマを演ずるのが繁盛店リピーターを増やして繁盛店