いやー、こういうテーマって、やっぱり面白い。番組の出来も良かったし、プログラムの思考内容にも、ある程度踏み込んでくれていたので、とても面白かった。以下、断片的な雑感を。

「全幅探索」と「選択探索」について。しらみつぶしに全てを読むのが「全幅探索」で、手を絞り込んで読むのが「選択探索」である。そういえば、カスパロフとディープブルーの特番を見たとき、確かに「全幅探索」方式だったのを思い出した。ボナンザ考案者の保木さんは、そのチェス方式を将棋にも導入したのだという。その結果、いきなりソフト選手権で優勝するという快挙を成し遂げる。 
逆に、従来のソフトは「選択探索」中心型だったらしい。理由として推測されるのは、1将棋は持ち駒制のためいつまでも選択手の候補が多いために、「選択探索」じゃないと対応できない。2将棋ソフト考案者が、当然ある程度将棋の心得があるために、「選択探索」を用いて自分のスタイルで効率的なプログラムにしたがる、といったところか。
しかし当然「選択」すれば、読みから抜け落ちる部分も大きくなる。それが従来型ソフトの弱点だったところを、ほとんど将棋が分からない保木さんだからこそ自分の判断を信用したりしないで「全幅探索」を導入したのが死角をついて成功したのだろう。
この事実は興味深い。つまり、ソフト制作者がどんなにアマ強豪だとしても、プロでも、まして渡辺竜王のようなトッププロでもない。だから失礼な言い方すれば「結局はプロの将棋を分かってない人間が考えた」ソフトということになる。その点、保木さんは自分の将棋能力に全く頼ってないために、完全にコンピューターに任せたために成功したといえるだろう。これは、今後将棋ソフトを強くするための「コロンブスの卵」的なターニングポイントになるのかもしれない。

但し今回のバージョンアップに当たって、「全幅探索」に加えて「選択探索」を付加させるのに成功したらしい。そのため従来の「角銀交換を喜んでする」という弱点の修正に成功したとのこと。但し、保木さんの場合は、無論自分で「選択」の方法を考えるのでなく、「選択」の方法自体のコンピューターに任せきっているのだろう。現在のコンピューターはまさしく「人工知能」なわけだが、やはり少し怖い話ではある。だって、「どの手を読むか」まで考えるというのはかなり「人間らしい」行為であって、単純な「全幅探索」とは全然は質が異なるのだから。まさに。人間の知能に近い性質を有する「人工知能」と人間の知能が対決する時代に突入したということだろう。

ただ、コンピューターがどういう形で「形勢判断」を行っているのかは、この番組では分からなかった。「将棋プラス」の羽生三冠と松原教授の対話によると、ボナンザの場合その「形勢判断」もコンピューターに考えさせているらしい。 これもやはり結構ショッキングな話である。一度既に書いたが、人間が形勢判断を考えてコンピューターに指令して計算させるというのなら「人間優位」は保たれるが、それもコンピューターがするとなると、まさしく「人間の出番はなくなる」わけだから。

竜王の3九龍を、ボナンザが軽視していたことについて。番組でボナンザの数値化した形勢判断を、全て公開してくれていた。3九龍の直前でも、指された直後でも、そのあとしばらくも、ボナンザは自分が完全に有利だと判断し続けていた。これは一般的に「コンピューターは終盤に強い」というイメージからすれば意外でもあり、渡辺竜王もその点が今回の収穫だったと感想を述べていた。
なぜそうなるのかの理由として推測されるのは
1時間制限内に読もうとすると、コンピューターは「短時間の読みでの精度低下」を恐れて、読みを早めに打ち切り読みぬけが生じる。これは番組中で、瀧澤氏が指摘していたし、松原教授も同様のことを羽生氏との対談で述べていた。
2将棋の場合、持ち駒制のため終盤になってもチェスとは違って、選択可能手の数が減らない(どころか増えるのかな?)ために、「全幅探索」の難易度は序盤と変わらない。その上終盤の場合は一手の誤りが致命的なために、コンピューターの読み落としが目立つことになるというもの。
1は、今後技術的に改善可能な気がするが、2の方は本質的である。羽生三冠が「将棋の場合は、ゴルフで言うグリーン周りがえらく難しいという印象がある」と対談で述べていた。羽生三冠の意見は、無論感覚的なものでなく、たぶん数学的に確率を計算しても正しいのではないかという気がする。つまり、多数の選択肢の中から、全くミスのないひとつを「選択」する難しさは、人間にもコンピューターにも変わりはないということだ。
「詰み」の読みについてはコンピューターはオールマイティだが、「必死」とか「二手すき、三手すき」といった概念をコンピューターに伝えるのは結構難しいのかもしれない。また、保木さんが今回導入した「選択探索」が、この終盤では裏目に出たという可能性も考えられる。
また、終盤においては「形勢判断」でなく「勝ちか負けか」を判断しなければいけない。人間の場合、いくら弱いアマでもそれは可能だが、コンピューターに両者の区別をつけさせるのがむつかしいのだともいえる。単なる数値化した形勢判断以上の「勝ちか負けか」をコンピューターが実行できるようにできるかが、今後の課題なのかもしれない。

コンピューター側のことばかり書いたが、渡辺竜王もやはり見事だった。ソフトの特性を徹底的に事前研究し、「7一角」を打たせようとする戦略。この種の戦略は、カスパロフもディープブルーに対して行っていたと記憶する。また、「6四歩」の「スジ悪の無筋の手」を、軽視しないでしっかり読んで、その手の意味を即座に見抜く対応力、柔軟性。終盤で、コンピューターの強さの幻影におびえず、正確な着手を続ける精神的なタフネス。やはり、大したものだし、今回は並みの棋士がやっていたら、本当に負けていたかもしれないと思う。それにしても「2七香ならボナンザ勝ちだった」という渡辺竜王の感想には、やはり素直に驚かされてしまった。

一方の保木さんも、なかなか魅力的な人物である。最後に述べていた言葉がとてもよかった。
「ボナンザは一秒間に四百万局面を読むが、それを軽く渡辺竜王の脳が凌駕していて、訓練された人間の脳のすばらしさを認識し、やはり人間の知性は素晴らしいと思いました。」
ソフト開発者が言うからこそ、重みもあるし感動的である。
これも以前書いたが、究極的に「計算可能」な将棋というゲームでは、ソフトが人間の名人より強くなる日もいつかは来るだろう。しかし、そのこと自体はゲームの性質上、人間にとっては決して恥ではないのだ。
むしろ、コンピューターの冷徹かつほとんど無限な計算力に、一瞬の直感等の能力をフル稼働して対抗する人間の脳の神秘、人間の能力のすごさを思う存分楽しみ、誇りに思えばよいのだと思う。