現在、ネット上では日本将棋連盟会長の米長邦雄氏とLPSA所属でネット中継記者の松本博文氏が激しいやり取りをかわしていて、話題になっています。
お互いに主張点がそれぞれ存在します。具体的内容については、もはや一ファンがとやかく言えるような範囲をはるかに逸脱してしまっており、何も言うことも出来ませんし、ただ静かに見守るしかありません。
具体的論点についてではなく、ファンとして一般的に感じていることを率直に書いておこうと思います。
現在指されている将棋の世界というのは、まさしく黄金期にあって、羽生さんをはじめとして、素晴らしい棋士たちがきわめて高度で芸術的な将棋をファンにみせてくれていて、我々は彼らの戦いに酔いしれています。また、どの棋士も皆、人間的にも大変魅力があります。そういう素晴らしい人たちだから、素直に将棋を楽しめるのです。
それに対して、一度将棋界の方に目をやると一体どうでしょうか。ファンが気持ちよく応援しようとすることが出来るような明るい話題が果たして少しでもあるでしょうか。それどころか、ファンの神経を逆なでするような発言や出来事を次々に目にして、気持ちがさめてしまうことばかりです。
私自身、囲碁将棋チャンネル、将棋世界、週刊将棋、名人戦棋譜速報、将棋書籍等で、ささやかながら将棋界に対してお金を使っています。しかし、正直に申し上げて、個人的にはそれは将棋連盟という組織に対してでは決してなく、良い将棋を見せてくれている現役棋士たちのためだけにそうしています。気持ちとしてはそういうことです。
我々ファンは、将棋界のことに多少興味を持ってはいても、いちいちどうこう言ったりはしません。また、そんな資格もないでしょう。しかし、何も言わなくても、将棋界で起こっていることに、何も感じないで唯々諾々と従っているということでは決してないのです。不愉快だとしても、言っても仕方ないことなので黙って我慢しているのです。
一ファンとしては、ただ、プロ棋士たちの将棋を楽しむことができるのと同じように、気持ちよく見ていることが出来る将棋界になって欲しいと願うばかりです。
一点だけ、二人の論争について具体的に言及することをお許しください。先程述べた通り、二人にはそれぞれ主張点があり、どちらが正しいのかは、私のような外部の人間には勝手に判断できません。ただ、米長氏が、信頼の置けないネット中継者を使ってよいのか各新聞社に打診すると言っているのは、どんなものなのでしょうか。仮に(あくまで仮に)米長氏の主張していることが全て正しいとしても、絶大な権力を握っている人間が、圧倒的に弱い立場の一ネット中継記者に対して、公の文章でそのようなことを言うのは、果たして人として正しい行為なのでしょうか。とてもではありませんが、私には好感がもてません。率直に言って、少なくとも私には単なる弱いものいじめにしか思えません。
松本博文氏は、現在のネット将棋中継を創成期から支えてきた貢献者であり、現在も素晴らしい中継でファンを楽しませてくれています。間違っても、彼の居場所がなくなるような事態にならないよう、一ファンとしては願わずにはいられません。