またかよとそろそろ将棋ファンに見捨てられそうですが、熱しやすく冷めやすい性格なんですぐ飽きるはずです。もう少しだけご辛抱を。
ちなみに、昨日羽生さんが郷田さんにど完敗をくらったので現実逃避しているわけではありません、念のため(うぅぅ…..

アルファ碁のディープラーニングによる、感覚、勘、直感による認識と着手については、やはりとても気になる。
将棋(チェス)ソフトの場合は、とにかく機械がたくさん読むのが基本原理である。そういう面で人間が機械にかなわないのは当たり前だ。ハイハイ参りましたとすぐ頭を下げることが出来る。
ものすごい数の具体的な読みがあってそれを評価関数で判断して指し手を決めている。評価関数の方は色々な工夫をほどこしてとても優秀になってきたけれども、一応人間の融通のきく感覚的直感的判断と比べれば劣るはずだ。(もっとも最近はその辺りも自信がなくなってきているけれども。)
現在の将棋ソフトは単に強いだけではなくて、プロの将棋に具体的な影響も与えている。人間がつくった定跡をソフトが覆す事も多い。有名な例をあげると、Ponanzaが指した手を名人戦で森内俊之が採用して羽生善治に完勝したことがある。その他にもたくさんある。
また、終盤についても単に安定して間違わないだけでなく、とても意外な人間には思いつきにくい妙手を指す。そういう意味で、人間がソフトから色々学ぶ段階まで将棋界でも達しているのだ。
但し、定跡についても、定跡の流れというよりは、その中のある一手についてソフトが優れた発見をするという条件付きである。ある程度駒がぶつかってソフトが考えやすいところでそういう新手を見つける。
そして、駒がぶつかる前の点ではなく流れとしての構想をソフトが見つけることはできない。例えば、藤井猛や佐藤康光や古くは升田幸三のような構想力はまだ人間の特権である。ソフトの原理からいってそういう構想力を持つのはそもそも無理である。
また、将棋全体としてはいまだに人間から見るとかなり違和感があったり、「美しく」なかったりする。もっとも、「美しさ」というのは人間の主観や先入観もかなり入っているので、人間より強いソフトの将棋の方が「美しい」のだと言われたら反論できないのだけれども。
ただ、将棋のソフトの原理を考えると、基本的にはコンピューターが人間とは比較にならないくらい物量的に多く読んで、それをやや単純な評価関数の弱点を補っているとも言える。つまり、人間を質的に上回っているのではなくて、「量」の優位で凌駕しているのだと人間は言い訳できるのだ。
ソフトの定跡の新手の発見や終盤についても、それはソフトの感覚が優れているというよりは、ソフトが先入観なく色々な手を量的にたくさん読むので見つけることが可能だという側面が強いと思う。
もし、将棋の強さでも「美しさ」でも完璧な将棋の神様がいて今の状況を見たら、こう言うかもしれない。
――人間はもうソフトに強さでは負けてしまっているなぁ、でも今のソフトの方向性では絶対にワシのところまでは届かん、人間はもっと頑張らないとダメだが、少なくともワシの将棋の「美しさ」を理解する能力はちょっとはあるので、ソフトより素質だけはあるかもしれんな。
将棋のソフトの原理を考えると、少なくともこういう言い訳を将棋の世界では言える。

ところが今回のアルファ碁の場合は、随分事情が異なる。
まず、モンテカルロ法は、具体的な指し手を読むのではなく、無作為に終局までたくさん並べて勝つ確率の高い手を選ぶ方法だ。きちんと読んでいるわけではないので、将棋のソフトと比べると条件は悪い。
実際かなり健闘しているが、それでもプロに何目か置いてもらって勝つあたりが壁になっていた。
アルファ碁がここまで強くなったのは、このモンテカルロをものすごいでかいハードを使って作業したおかげだとまず仮定してみる。
しかし、まず将棋でもそういう大きいハードを使うソフトがあって実際ある程度強くなったが、それほど飛躍的に強くなったわけではなかった。
それに、アルファ碁は去年の10月と現在を比べると、セドルに二目置いてもらって勝てる程度と言われていたのから、セドルに完勝するところまで短期間で飛躍的に伸びている。ハードはさらに大きくなったようだが、やはりそれが原因とは考えにくくて、原因はディープラーニングで自己対局を続けたのが原因と考えるのが自然だろう。また、棋譜もアマチュアのでなくプロのものを使用する変更も加えたとのこと。
とにかく、恐らくディープラーニングが強さの秘密だ。
そして、ニューラルネットワークを用いたディープラーニングというのは何度か書いているように、まるで人間のような感覚、勘、直感的な認識着手をするのが特徴である。
こういう能力は人間の特権とされてきたものである。将棋だと量では負けるが感覚ではまだ負けていないというような言い訳、あるいは負け惜しみも可能だけれども、このアルファ碁の場合は困ってしまう。
但し、前回書いたように人間の感覚と似ているだけで実際はかなり違う気がする。
アルファ碁のニューラルネットは、そもそもプロの膨大な棋譜やパターンを全部完璧に記憶していてそれをすぐに取り出して、現局面と比較してパターン認識して最適手を選択するのだろうか。
しかし、人間の場合はそんなにたくさん記憶するのは無理で、必要な棋譜だけとりだせる記憶として残して、あとはパターンを何らかの形で認識として残しておいて、局面をみてそれと無意識にパターン照合した結果直感として手が浮かぶというやり方なのかもしれない。
どちらも推測で書いてしまっているのだが、要するにやり方が違うのだけは間違いないと思う。
そもそも感覚というと漠然としているが、それを全て物質の動きとして還元しようとすることも一応可能だ。
人間の場合は記憶力に限界があるが、コンピューターは全部覚えているので、プロの棋譜から抽出した数限りないパターンをもとに現局面を認識することが出来るはずである。つまり、人間が意識せずに感覚や直感としてやっていることを、アルファ碁は感覚的な動作を、目に見える形に還元して実行する実験とも言えるだろう。
そして実際にこれだけ強くなってしまったわけである。「感覚」でも人間にひけをとらない作業ができてしまった。
これは人間にとってショックである。もっと感覚は神秘的で機械には簡単には把握できないものだと人間は思いたいけれども、少なくとも囲碁というゲームではそれをなしとげてしまった。
さらに、囲碁のプロの場合は、感覚や直感だけで打っているわけではない。長い持ち時間を使って具体的に読みふける作業を行う。
一方、アルファ碁の方はモンテカルロで計算はしているが人間のように具体的には読めない。さらに、ディープラーニングの着手は基本的に感覚、勘、直感である。
それでトッププロに勝ってしまったのはやはり信じられない出来事だと思う。
人間の感覚や直感について考えさせられてしまう。その程度のものだったのかと。
しかし、そもそも人間はその潜在能力のごくわずかしか使っていないとも言われる。
現にイ・セドルも、渾身の一手でアルファ碁を負かした。あれはモンテカルロの弱点が出ただけとも言われているが、素晴らしい一手だった事は間違いない。それが、極限状況に追い込まれた人間が、直感や感覚能力をフルに発揮した例だと考えてみたい。
アルファ碁は自己学習することで、感覚や直感をさらに高める事もできているようだ。人間もまだ全然十分には発揮できていない能力があるはずなので、これをキッカケに感覚や直感を再開発して欲しいしまた可能だとも思う。
但し、これは囲碁というゲームでの出来事である。無限に近いけれども有限でルールも決まっていて、究極的には定量可能な世界での出来事である。
もっと自由度の高い、例えば詩を書いたり音楽を作曲するといった芸術などの創造的な人間の営為ではまた話は別である。(と書きながら現代音楽のある種の動向を思い出してちょっと憂鬱になっているのだが、ここではその事はふれないでおこう。)
とにかく、アルファ碁には色々考えさせられるのである。
(念のためお断りしておきますが、私は囲碁でも人工知能でも完全など素人であって、色々推測で楽しんで書いているだけなので決して鵜呑みにしないでください。この後出てくるであろう専門家たちの意見を参照していただきたい。私もそういうものを読むのが楽しみです。)

さて、イ・セドルがアルファ碁に勝ったのを受けてあの柯潔はどう言ったのだろうか。
当初、アルファ碁はオレには勝てない、勝算が七八割と言っていたのが、第三局の後には勝率5%にまで下がってすっかりしおらしくなってしまっていたのだが。
「『アルファ碁』は私に挑戦する資格がまだない」
(人間対AI:世界ランク1位中国人棋士「私も勝つ自信が生まれた」 より)
勝率どころか、もう対局の相手にもならないってさ。何とも痛快な十八歳ではないか。