王将戦

郷田王将防衛

今回の郷田真隆は全般的に決断がはやくて、しかも冴えた手を指す事が多かった。やはり本格派の格調高い将棋で美しく正々堂々と戦って防衛した感じである。
郷田流の長考もたまにはあったけれども、本当にポイントになる大事な局面が多くて、以前のような「なんでここでそんなに考えるの?」というのはあまりなかったように思う。
当然若い頃とは郷田も随分違ってきていて、わりきるところはわりきって指していて、勝手に考えすぎで時間が切迫してしまって自分で自分を追い込んでしまう事がなかったと思う。
封じ手も結果的には全部羽生がしたが、郷田が難しい局面でも決断よく、しかもよく検討するととても優れた手を指していた。ニュー郷田スタイルをちょっと感じた。
最終局の封じ手の一手前の△6一飛も、一見ボンヤリしているようでいて素晴らしい手だったそうである。
羽生は藤井と王座戦でこの形を後手で指していて、▲6四馬以下の順を試してみたかったようだが、この△6一飛で既に苦しかったようだ。角と銀を使って桂得したものの、飛車ににらまれていて角銀が身動きできない悪形になってしまっている。こういうセンスのよい手をさほど考えずに指せるのが郷田の才能なのだろう。
それと、今回の郷田はよくなってからの勝ち方が切れ味抜群だった。妥協のない組立で羽生に全く抵抗する余地を与えなかった。将棋ウォーズなら、「さすがの腕前じゃのう」というところである。あれっ、腕前じゃなくて切れ味だったっけ。忘れてしまった。
羽生の方は今回は作戦がうまくいかない事が多すぎた。
最終局もそうだし、第四局の角換わりでとてもシンプルな仕掛けを試したが郷田に的確に対応されてしまった。羽生は複雑な曲線的な指し方が得意なので、本来ああいう仕掛けはしないけれども、研究で敢えてそれでもいけると考えて決行したのだろう。だが、当初想定した進行に誤算があったようである。
恐らくプロレベルだと攻めがちょっと単調で細いという感じの攻めで、羽生らしくなかった。
大事なところで意表の四間飛車穴熊を採用したのは、それはいつもの羽生のペース、スタイルだから別に問題ない。しかし、ここでも銀冠穴熊で対抗した郷田の構想が優れていて、以下難しい変化はあったようだけれども、やはり後手が大変な将棋でお世辞にも作戦がうまくいったとは言えないだろう。
全般に序盤の作戦が羽生にしては珍しく低調だったが、大事な名人戦にむけて悪い膿を全部出してしまったのだとファンは考えたいところである。
中終盤については、羽生は絶好調とはいえないにしても普通だったと思うが、郷田の方はとても状態が良くて冴えていた。
となるとこういう結果もやむをえないだろう。
この二人に期待する終盤のギリギリのせめぎあいが結局一局もなかったのが少し残念である。どちらかが抜け出して、最後は一方的になる将棋ばかりだった。二人の良くしてからきちんと勝ちきる技術の高さゆえだろうが。

今回は有料中継で、初日は解説がなくて終日対局室を映し続けていた。それもかなり新鮮だった。二人の表情やしぐさを、まるで対局室にいる観戦記者のように観察できた。しかも、こちらは対局室にはいないので緊張せずに、対局者といっしょにくつろいでおやつを飲み食いしながらなので申し訳なくもあり天国でもある。
坂口安吾が将棋の観戦記を書いているが、安吾は囲碁はかなり打てるが将棋は指せなかった。今でいうと「観る将」である。
そして、木村と塚田の観戦記などでは、ずっと対局室にはりついて二人を観察して、その様子を書いていた。今はしようと思えば安吾と同じことを我々もできてしまうというわけだ。
 塚田五四銀、五六銀、とノータイム。ちよッと考へて四四歩。
 木村十一分考へて、極めて慎重な手つきで、五八金、パチリとやる。合計木村六十三分。
 三一王、七九王。
 塚田は自分の手番になつて考へるとき、落ちつきがない。盤上へ落ちたタバコの灰を中指でチョッと払つたり、フッと口で吹いたりする。イライラと、神経質である。二年前の名人戦で見た時は、むしろダラシがないほど無神経に見えた。午前中ごろは木村は観戦の人と喋つたり、立上つて所用に行つたり、何かと鷹揚らしい身動きが多かつたのに、塚田は袴の中へ両手を突つこんで上体を直立させたまま、盤上を見つめて、我関せず、俗事が念頭をはなれてゐた。今と同じやうにウウと咳ばらひをしたり、ショボ/\とタバコをとりだして火をつける様子は同じであるが、それが無神経、超俗といふ風に見えた。今日は我々にビリビリひゞくほど神経質に見えて、彼は始めからアガッてゐるとしか思はれない。木村が次第に平静をとりもどしたにひきかへて、塚田の神経はとがる一方に見えた。
 塚田八分考へて、七三桂。消費時間、合計三十一分。
 木村、十六分考へて、八八王。
 茶菓がでる。木村すぐ菓子を食ひ終つて、お茶をガブガブとのみほしてしまふ。
(坂口安吾 勝負師 青空文庫より)

私も第一局ではもの珍しくてちょっとメモをとったりしていた。一部公開してみよう。
対局場はすごく鳥の鳴き声がうるさい。
太宰の「駆け込み訴え」みたいに。
虫がいたみたいで、郷田さんがよけた。渡辺さんだったら大変。
郷田さんが68玉というチャレンジをしてきたので、羽生さんが初日の午前中からすごい表情をしているのを観て、こちらが震えた。
羽生さんって、やっぱり普通じゃないよ。郷田さんはまだ余裕がありそうだが、羽生さんはもう「入っている」表情を既に時々見せる。
羽生は眼鏡を外した際に、時々人をあやめてしまいかねないような、すごい目をする事がある。
柳瀬さんが観戦記で対局室に入っていて、理由もないのに羽生さんに睨みつけられて驚いたという話を思い出した。
郷田がさかんにため息をもらす。対局室には子供の声が聞こえてきて、記録の門倉さんが声の方をみやる。二人は我関せず。
羽生、ゆっくりと味わうようにお茶を飲み、郷田、何やら自分を納得させるように頷く。
室外は風が強いようで、木々が揺れている。
羽生、郷田の長考中に、記録係の門倉に棋譜をもとめる。
自分が考えている際の「はいった」ようすではなく、後輩の門倉に対して「すみません」と丁寧な普通の口調で。
郷田、ポットからお茶を注いで飲む。長考中の一休み。
羽生、ちょっとすごい表情になったかと思えば、扇子に口を当ててあくび。
おやつが届く
羽生、無造作に紅茶か何かを放り込み、ショートケーキを食べだす。ごくごくフツーである。
郷田も目薬をさして鼻をかみ、眼鏡をふく。
羽生、大クシャミ。
郷田、一瞬ビクッとする。
郷田、背中を孫の手でゴシゴシやる。
羽生、うつむい顔にてをやって熟慮。
枝雀のいう、「緊張と緩和」である。
本当に鳥がギャーギャー鳴いていてうるさい。あれで集中できるのだろうかというくらい。
羽生、門倉に時間をどれくらい使ったかを尋ねて、頭をかかえる。悩んでいる様子。
羽生が席をはずすと、郷田それを待っていたかのように、
「そっかぁー。そっかぁー。」
今度はヘリコプターの音。地獄の黙示録のように。
意外に対局室には色々な音が聞こえてくる。
きりがないのでもうやめるがこの二人の密室のドラマは見ていて飽きないのである。

スポニチさんの勝者罰ゲーム写真は相変わらず健在だった。昨日の深浦康市と内田記者の解説を聞いていたら、罰ゲーム経験のある深浦によると、あの罰ゲーム写真、何とプレートかパネルにして対局者に手渡すそうである。
羽生の安木節も果たして渡されたのかが、とても気になってしまったのである。

王将戦もう一つの激闘 スポニチ勝者罰ゲーム?

王将戦第五局は渡辺明の快勝。羽生善治が渡辺の飛車を捕獲しにきたところを、一瞬の隙を突いて猛攻を決めて押しきった。渡辺らしい鋭い切れ味が遺憾なく発揮された将棋だった。
羽生は他にも攻め筋があるところを△8六歩と工夫した。以下8七に歩をたたいて▲同金ならこの飛車を捕獲する筋で先手は飛車を渡すともろい形なのでいかにも指せそうで、その先は深く読まず、他の筋を深く読んでいたのかもしれない。しかし、仮にそうであるにしても渡辺の切り返しは見事で油断も隙もあったものではない。
本局は▲3五歩という周到な研究からの鋭い踏み込みと渡辺の強さが出た。一方、羽生はそういう渡辺の緻密な序盤の組み立てと鋭い踏み込みに対して、意表をつく大局観や独特の終盤センスで対抗する。一つ間違えばすぐどちらかに傾いてしまう張り詰めた緊張感があり、また両者の異なる個性的な棋風のぶつかりあいもあり、やはりこの二人の将棋は抜群に面白い。

しかし、今日私が語らなければならないのは王将戦におけるもう一つの大勝負についてである。別に誰かに頼まれたわけでもなく、また語る必要性も全然ありはしないのだが。
王将戦を主催しているスポニチさんは、対局後に対局者にコスプレなどをしてちょっと変わった写真をとるサービスをずっと続けている。この王将戦名物の企画、誰がそう呼び始めたか、称して「勝者罰ゲーム」。今までどれだけ幾多の棋士がその毒牙の餌食になってきた事か?(スポニチさん、ごめんなさい。いつも楽しませていただいていまーす。)
今回の王将戦でも、今までだけでもこんなのがあった。

第1局を制した渡辺王将(中央)は、伊賀の忍者にお茶を入れてもらい祝福される
王将戦第一局を制した渡辺王将は、徳川家康に扮し掛川城を背に雄叫びを上げる
第4局の青森へGO!と笑顔でかごに乗る羽生3冠
勝って2勝2敗とした羽生3冠は、弘前市七夕会のメンバーと担ぎ太鼓を叩く
2勝2敗のタイに持ち込んだ羽生3冠は雪かきにチャレンジ
王手をかけた渡辺王将は、元湯陣屋の名物「陣屋まんじゅう」で女将・宮崎さん(左)らのねぎらいを受け笑顔を見せる
露天風呂につかった渡辺王将。自身の勝利を報じたスポニチ本紙を手に笑顔
(以上全てスポーツニッポンさんのウェブページから。)

さて、ここでの二人の勝敗はどうだろう。
渡辺明は全てにおいて周到な戦略家である。封じ手にも最新の注意をはらうし、当然この勝者罰ゲーム対策も考えているはずだ。このスポニチの写真がなせ罰ゲームになるかと言うと、写真を撮られる側の棋士が当惑して微妙な表情を見せてしまうからである。そうなればもうスポニチの思う壺だ。変なコスプレをさせられた上に、表情もおかしなことになっている極上の勝者罰ゲーム写真が一丁あがり。
なので、渡辺明はこう考えた。(と私が勝手に考えた。)写真を変にいやがったりするからいけないのだ、そうだ、もう思いきりエンジョイしてしまえばいいではないか。そうすればもう全然罰ゲームにはならない。
鎧兜をつけて雄叫びを上げる渡辺を見るがいい。ただひたすら楽しそうな棋士がそこにはいるだけ。全然罰ゲームになっていない。スポニチの担当者が頭をかかえたかどうかをは私は知らないが。
もっとも、実際のところはもしかすると渡辺明さんはこう言うかもしれないけどさ。「えっ、だって面白いじゃないっすか」と。
さて、一方の羽生善治。実は渡辺のようにそういうところまで事前にプランをたてて戦略を練るタイプではない。むしろ、その場においての自由な即興性を楽しむ。
だから、スポニチさんのリクエストにも言われるがまま、そのまま無防備に構えずとりあえず応じてみる。その結果出来上がった傑作が、「笑顔でかごに乗る羽生3冠」。かつらまで着用させられている。あのまごう事なき天才にして最高の頭脳の持ち主、日本の宝と言っても過言ではない羽生がこのようにまるで志村けんのバカ殿のようになってしまっているではないか。スポニチさんのほくそえむ姿が私にはクッキリと見えた。
羽生もさすがにこの写真を後で見て感想戦で反省したのか太鼓をたたく姿ではマジメな顔をしている。しかし、それまでも何だかおかしな事になっていて、単に雪かきをする姿までスポニチさんの思うがままになっていると言わざるをえない。しかし、そうして結果的には完璧無比な罰ゲーム写真を作成する事に見事に協力しているわけで、羽生は実はそこまで計算しているのである。(そんなわけないわっ。)
さて、そこでスポニチさんはこう考えた。(と私は勝手に考えた。) あとは、あの渡辺明をなんとかしなければならぬと。もうこうなったら、中途半端なことではダメだ、もっと過激にいかないと。
そうしてできあがったのが今朝公開の写真である。しかしながら、渡辺だって剛のものである。ここまでさせられても、まだ楽しそうだ。それどころか、ブログでも告知して自分でも楽しみにしていた様子である。スポニチさんがガックシとうなだれる姿が私にはハッキリと見えた。
今のところ、渡辺明の一人勝ちである。でも、こののまま黙って手をこまねいているスポニチではあるまい。このもう一つの王将戦からも決して目を離すことは許されない。

角を銀のように使った羽生善治

王将戦第四局では何と言っても羽生の▲7九角が印象的だった。
羽生陣は6八と5七に金がいて、角を7九に引いても二重に角道が止まっていて活用の目途が立たない。
しかし、終盤で結果的にこの7九の角は後手の攻めが詰めろになるのを防ぎ先手玉が左に逃げていく余地をつくっていた。
例えば振り飛車の金無双では2八の銀を3九にひいて左の守りを強化しつつ壁銀を解消して玉の逃げ道を確保する方法は一応ある事はある。
しかし、今回は角である。ニコ生解説の深浦康市は「羽生さんは、角をまるで銀のように使っていました。前代未聞でしょう。」と驚きを隠せなかった。
厳密には▲7九角のあたりでは羽生の方が苦しめで、羽生自身も得意の表現で「つまらない将棋にしてしまった。」と感想を述べてていたようである。しかし、その後渡辺の方にもミスが出て羽生有利に逆転し、最後は使いようのなかった7九の角が受けにおいてちゃんと働いたから将棋は皮肉というかよく分からないものだ。
結果論になってしまうが、▲7九角は苦しいながらもいい辛抱で、逆転への道を開くことになった、という感じだろうか。
スポニチの今朝の記事でもこの▲7九角を取り上げていた。

羽生3冠タイに…マジック出た!渡辺王将の猛追振り切る
(「本紙観戦記者の加藤昌彦氏は「久保利明九段との王将戦で似た手を見た」と指摘した。この日、大阪・心斎橋のスポニチプラザ大阪で大盤解説会に臨んだ、ゴキゲン中飛車の第一人者で元王将の久保は覚えていた。
 「羽生さんとのこの戦型で出た手です。見た瞬間は理解しづらかった。▲7九角は名手だと思います」)

気になったのでその将棋の棋譜を調べてみた。第59期王将戦七番勝負第2局▲羽生vs△久保である。
将棋はやはり後手久保のゴキゲンに対して先手羽生が超速▲3七銀から二枚銀。本局と同じ。そして、後手の久保がやはり7六に銀を進出させて先手玉を圧迫。羽生はやはり▲7七歩と打ってあやまり、さらに8八の角を7九に引いている。
但し、この場合の羽生陣は6九金5八金の形で角道が通っている上に後手が△5六歩と5筋から攻めてきた局面での角引きだった。だからわりと自然な手に見えた。
それを恐らく羽生自身も覚えていて本局に応用したのではないかと思う。但し、今回は二枚の金で角道が二重に止まっていたのできわめて奇異な手に感じられたというわけである。
羽生は最近経験の重要性をよく説いているが、本局の▲7九角ではそれが出たのではないだろうか。それも、同じ手でも全く違う状況で頭を柔軟に使って。
この辺りが羽生の非凡なところである。だから、羽生将棋は単に強いだけでなく、観ていて抜群に楽しいのだ。


佐藤康光が10期ぶりに王将復位 2012王将戦第五局 

王将戦中継サイト
第五局棋譜

久保利明の終局後の感想。「エースで勝てなかったので」。結局これに尽きる。
久保のゴキゲン中飛車に対して佐藤康光は判で押したように超速▲3七銀。他の棋戦でも久保はここのところずっと超速としか戦ってなく、しかも苦戦続きである。ゴキゲンの天敵、超速。
藤井システムが隆盛期を経て見られなくなっていったように、ゴキゲン中飛車も「消えた戦法」になってしまうのだろうか。

本局で超速対策に久保が選択したのは、最近主力にしている△4四銀対抗型でも菅井流△4四歩でもなく、玉を美濃に囲っての△4二銀という前例の少ない形だった。定跡体系の網の目のスキを突こうとするようで、久保の現在の苦労・苦心が感じられる。
例によって佐藤が真っ向から叩き潰しに行くらしい展開に。用いている手段は最新流行の超速でも、その後は常に佐藤にしか出来ない個性的なゴキゲン退治方だった。
感想コメントを見ると、初日の段階で久保に工夫が必要だったそうである。しかし、二日目も(感想では苦しいとされているようだが)△5九銀では△6五銀の方が本譜よりはマシだったような気もするし、他にもまだしもという順があったようである。
久保は超速のプレッシャーのせいで、その後の勝負どころでもらしさがなかった。殺人的なスケジュールと、結果が出ないことが続いて、さらに状態が悪くなっていく悪循環だったような気もする。
しかし、佐藤の形にとらわれない指し回しと恐ろしい読みの深さがとにかくすごかった。本局の「佐藤の塔」も第一局の「天空の城▲5七玉」も第三局の「天空のシルバー・トライアングル」もどれも記憶に残りそう。
玉を穴熊等で偏りすぎるくらいにかためて、あとは細い攻めをつなぐという現代的な思想ではなく、盤面全体を力ずくで支配しにゆく発想が新鮮である。その佐藤の棋風がいきなり銀を繰り出してゆく超速の作戦とマッチしていたように思う。
誰もが超速を用いているが、それを勝ちにつなげるやり方が佐藤でも郷田真隆でも結局個性的なのが面白い。羽生善治もやはり違う。超速がゴキゲンのアキレス腱を突いているのは間違いないが、最後は各棋士の力がものをいうのだと思う。

久保はA級、王将戦と厳しい結果が続いて、棋王戦も追い込まれている。但し、次は先手でもし勝てば最終局も振り駒なので、「超速」と戦わずになんとか出来る可能性はある。勿論、本人はそんな言われ方をするのは不本意で今すぐにでも超速を撃破したいと思っているのだろうが。

一方、佐藤はなんと10期ぶりの復位である。中継ブログにも感極まる様子の写真がアップされていた。
王将リーグでは、豊島将之が先行して、佐藤は途中ではまだ陥落の可能性まで残っているところから勝ち続けてここまでこぎつけた。
広瀬王位誕生、渡辺竜王防衛、豊島王将挑戦あたりから、世代交代の流れが加速するかとも思われたが、今年になってからは佐藤の王将復位、郷田の棋王挑戦と、逆に羽生世代の逆襲が始まっている。
羽生世代の底力は本当に凄まじい。渡辺以外の若手は苦労し続けるという状況がまだしばらく続くのだろうか。

色々噂が飛び交っていた王将戦だが、連盟の棋戦のページを見ると、来期もスポニチと毎日新聞の主催で続行するようである。まずは一安心。
というわけで、明朝のスポニチ勝者罰ゲームもタイトル獲得を記念して大々的に行っていただきたいものである。

2012 王将戦第四局 久保王将vs佐藤九段

王将戦中継サイト
第四局棋譜

まずは、前局の「勝者罰ゲーム」を紹介しておこう。毎回力作揃いだが、今回もなかなかの出来であった。

スポニチ将棋 王手かけた佐藤九段 アウェー次局も「マイペースで」
王将戦中継ブログ うなぎ

さて、第四局。先手が久保利明で、後手の佐藤康光は石田流を受けてたった。
第二局では佐藤は相振りにしていたし、最近は二手目△8四歩として先手中飛車を誘導するケースも多い。
しかし、佐藤は最近の順位戦で先手久保の石田流に敗れていることもあり、三連勝していて少し余裕があることもあり、久保の石田流撃破を目指したのかもしれない。
久保の時間差の▲7六飛から▲4六角と先に角を手放して久保らしく積極的に動いていった。しかし、そのまま攻め続けるのではなく▲5六歩などじっと待っておく曲線的な指し回し。すぐに攻めがなかったからかもしれないが、このように辛抱もできるのが久保振り飛車の奥深さなのかもしれない。
佐藤も「やってこい」と言われて待つタイプではないので、△5七歩や△8七歩と歩を投資して角を打って馬を作ったが、久保にじっくり辛抱されてみると意外に手がなくそれほど成果があげられなかった。
局面が進むと、歩を投資したために、持ち歩が一歩で受けにくく、佐藤が苦しそうな局面に。
今度は久保が▲8三歩と垂らして攻めに行ったが、佐藤はじっと▲2六歩とされていると苦しいと感じていたそうである。確かに、それまでの進行を考えるとそれが首尾一貫していたのかもしれない。例えば、大山康晴ならそういう指し方をするのかもしれないが、久保も基本的には手がある時には動く棋風である。
しかし、佐藤も桂馬を△6五桂と跳ねるとなかなの迫力で、再び分からない感じに。▲7二とをきかせて△5一銀とさせたのが、後に▲6六桂が跳ねた後に銀あたりにならなくて良くなかったなど難しすぎる。
他にも色々選択肢があったようだが、佐藤は既に時間が切迫しており、思い切って大捌きに出た。佐藤も捌けるが、久保の方も思う存分捌けて、▲3三角成ときって後手玉を弱体化させた辺りでは、先手が勝ちそうにも思えた。
しかし、佐藤も△6九馬から△5九飛打ちと迫力満点に勝負に出たが、△3一金打と受けに回ってしてたために、久保に飛車と馬を次々に金で取られてしまって勝負あった。
以下、101手目の感想戦棋譜コメント
※「当然金打つしかなかったですね」(佐藤)。佐藤は△4八金に(A)▲5九金△3九角▲1八玉△3八金で勝ちだと思っていた。だから飛車を打って踏み込んだ。以下▲2一飛打△1三玉▲1一飛成△1二銀合でどうか。そう進めば確かに後手が勝ちそうだ。
検討の結果、△4八金に▲5九金ではなく(B)▲1三銀△同玉▲1四歩△2四玉▲1五金△3五玉▲5九金(▲4五飛以下の詰めろ)で先手が勝ちと結論づけられた。
久保は残り15分で対応できたかどうか。ともかくも、実戦的には△4八金が優ったか。
△4八金が予定だったが、佐藤も秒読みに追われながら、先手の▲1三銀の筋が見えてしまい、慌てて仕方なく読みをあまり入れずに△3一金打として分かりやすくなってしまったということだろうか。やはり時間切迫が響いた。ついでに言うと、久保レベルならばその局面になればきちんと勝ち筋を見つけたような気もする。
とはいえ、結果的には実現しなかったが、佐藤流の勝負手は大変迫力があった。大逆転した第二局といい、佐藤の終盤の状態は決して悪くないように思える。
久保の方も、中盤で辛抱して難解なねじりあいに持ち込んだのが結果的には勝因になった。二人とも大変腕力が強いせいか、派手な展開になることもあるが、お互いに力を消しあって大変複雑で難解なプロらしい将棋になることも多いと思う。
次局は久保の後手。久保ゴキゲンに対して、佐藤流の「天空の城▲5七玉」や「天空の銀トライアングル」が出て佐藤がペースを握っているが、もし久保が踏ん張って一番入れると、その次は久保先手で分からなくなる。3-1のスコアでも、それほど佐藤にも余裕はないのだろう。従って次の第五局も大変大切である。

佐藤は今回、トマトジュースを食事やおやつに連投し続けた。二日目の食事の写真を見ると、トマトジュースにトマトスープ、さらによく見るとサラダにもトマトつきでトリプル・トマトの念の入れようである。
これは鰻などを連投する加藤一二三へのリスペクトの現われだとか、いややはり同世代の丸山忠久のパパイア、マンゴに対する並々ならぬ対抗意識に違いないとか、いやトマトのリコピンが風邪予防にいいと聞いたのだとか、いや奥さんがトマト美容法に凝っていて今でも今でも佐藤家はアツアツなので奥様と同じことをしたくなったのだとか、いや佐藤の先祖がトマト農家に何か悪さをしてそのタタリだとか、様々な憶測を呼んだのだった?
これを見た、カゴメやデルモンテが佐藤をトマトジュースのCMに起用してくれないだろうか?いやいや、ただ待っていてはいけない。連盟はこの中継ブログの写真の数々を資料として添付して売り込みに行くべきだ。その際、参考資料として冒頭のウナギ写真も佐藤のサービス精神とプロ根性の証拠として提出することを決して忘れてはならない。



2012 王将戦第三局 久保王将vs佐藤九段

王将戦中継サイト
第三局棋譜

後手の久保利明のゴキゲン中飛車に対して、先手の佐藤康光は超速▲3七銀。久保は棋王戦でも採用したばかりの△4四銀対抗型。
佐藤の対策は穴熊ではなく、左銀も中央に繰り出す二枚銀だった。
羽生善治が、昨年の王位戦第三局で広瀬章人相手に採用しているし、NHK杯でも連採している。その他にも前例が多いそうである。
久保は将棋世界の連載で、この△4四銀型は先手に穴熊を許すが相穴熊でゴキゲン側も指せるのではないかという見解を述べている。△4四銀型は着実だがすぐに捌きづらいので先手に穴熊にする権利があるわけでゴキゲンはさの対策が当然必要だが、それに目途がついたら今度は二枚銀。様々な対策が居飛車側にあるのでゴキゲン側も対策を練るのが大変そうである。
もともと△4四銀で中央に備えているので二枚銀を繰り出してもいきなり△5五歩を取れるわけではないが、後手も捌きづらいのでじっくり押さえこんでしまおうという発想なのだろうか。
しかしながら、前例は多くてもその後の佐藤の展開は彼だけの佐藤ワールド全開だった。
まず▲9六歩では▲1六歩も多く、羽生もそうしていた。本譜の順で△1五角と飛び出すのをあらかじめ防ぐためである。
押さえこむという発想だとそれが普通だが佐藤は敢えて後手の捌きを挑発してそれで指せるという研究だったようだ。強気な佐藤流である。
久保も決してひかないタイプなので戸辺新手の△5六歩から気合よく動いて△1五角と出た局面は普通に考えるとゴキゲンにも不満がなさそうにも見える。
ところが、佐藤は馬をつくられても5筋をおさえこめば十分指せると考えていたようである。そしてその大局観が正しかった。考慮時間から見て▲5三歩あたりまでは想定範囲だったようである。
後の「天空のトライアングル」も目立ったが、▲1六歩の挑発から、やはり強気に▲4五桂と跳ねて力でおさえこんでしまう発想がいかにも佐藤流だった。しかし、▲6八金右と寄っておいて▲5八飛をつくっておくところなどは緻密流でもある。
以下、馬をつくられて攻められても、▲5三歩▲5八飛▲5四銀ととにかく5筋を死守する方針は首尾一貫していて合理的とも言える。
いかにも佐藤流の力強い指し回しだった。しかし、天空の城▲5七玉は真似しづらいかもしれないが、この佐藤流の対策は他の棋士も採用しやすい説得力があるようにも感じた。
久保の封じ手の△5六桂も結局取られてしまったので何か誤算があったのかもしれないが、佐藤は「天空のトライアングル」と中継で評されていた銀三枚の中央のスクラムで完全に後手をおさえこんでしまった。第一局の▲5七玉の「天空の城」に続いての珍形である。たまたま、控え室には両局とも「天空の城ラピュタ」マニアの神谷広志がいた。
以下、久保も必死にくいついたが簡単に攻めをきらされてしまう。プロ的には大差を通り越して将棋が既に終ってしまっていたようである。
これで久保は星的にも苦しくなったが、それ以上に佐藤の独自のゴキゲン対策に序盤で苦慮しているのが痛い。希望の星の△4四銀対抗型でも、この二枚銀への対策が至急必要になった。同時進行の棋王戦への影響も大きい。
という大変な状況だが、久保のスポニチ勝者罰ゲームも一度はみたいところである。
なお、本局の佐藤の勝者罰ゲームは明朝のスポニチ紙などで見られるはずである。

2012王将戦第二局 久保王将vs佐藤九段

王将戦中継サイト
第二局棋譜

後手の佐藤康光の作戦が注目されたが、なんと相三間飛車の相振り。
久保利明の石田流に対して、佐藤は△8五歩まで突きこす正面突破型の対策で応じることも多かったが、久保が▲7五飛などの奔放な指し回しで久保ワールドにひきずりこんでいた。佐藤も一歩も譲らずに対抗していたが、久保の土俵で戦っているという印象は否めなかった。
従って、今回は最近よく指されている▲7六歩△8四歩の出だしから先手中飛車を誘導するのではないかと予想していた。しかし、人真似が嫌いな佐藤なので、今回は相振りにチャレンジしたということなのだろうか。
とはいえ、久保は相振りも経験豊富である。相振りでも石田流の形から飛車を浮いて軽やかに組んで、佐藤に△8二銀や△7二歩といった辛抱をさせることに成功する。
先手は気分がいいが、佐藤も形にとらわれないで指すし独特の大局観の持ち主なので具体的にはこれでも指せるという目算があったのかもしれない。
二日目は傍目にはすごく分かりにくい将棋になる。左辺で桂馬取りになっている状態で▲3九金と△1九馬の交換をしたのは、まるで禅問答のようだった。二人とも手が難しい局面だったようだが、この二人は猛烈な突っ張りあいになるかと思うと、このような不思議な手の渡しあいにもなる。ある意味波長が合うのだろうか。
正月の特番で加藤一二三と米長邦雄の戦いを、羽生善治は「このお二人の将棋は意地の張り合いのようなところがあります。」と評していた。両巨匠の指し手に人間味が滲み出る名局を堪能したわけだが、久保と佐藤の将棋も「あまりに人間的な」ところがあるような気がする。
それにしても久保の飛車(龍)はよく動いた。2八→7八→7六→7五→7六→1六→1三→1五→1一→8一→8二→9一→9三→6三。文字通り縦横無尽の大活躍である。久保将棋らしさがよく出ていた。
終盤は久保が優勢で何度も決めるチャンスがあったようである。しかし、佐藤も攻めたり受けたり相手のプレッシャーになる指し方をしていた。中断玉で粘りに入ったかと思うとも開き直って攻めイヤミをついて先手を楽にさせず、かと思うと一転して受けに回り・・、という感じの繰り返しであらゆる手段を尽くしていた。
結局、久保がいくつか決め損なっているうちに佐藤玉が寄らなくなって先手玉を討ち取って逆転勝ち。
後で冷静に見ると、久保が優勢を勝ちきれずにミスを重ねただけに見えるかもしれないが、特に終盤を生で見ていると攻勢守勢が激しく入れ替わり刻々と情勢が変化する生きた将棋の迫力に圧倒された。それは、生で見ていた方なら納得してくださるだろう。
二人の人間が必死の思いで勝利をつかもうとしてもがきあえぐ執念が指し手にはっきりと伝わって表現されていたからである。だから、例えばソフトが棋譜の部分部分のキズを指摘できたとしても、棋譜全体の流れから受ける圧倒的な感銘には何ら変わりがない。
将棋ファンなら誰でもこういう将棋の感動を知っている。お互いに山ほど悪手を指していても、そういう将棋は間違いなく名局なのである。
そして、久保と佐藤の組み合わせはそういう種類の感動を呼び起こしやすいような気がする。

これで、佐藤が連続してスポニチさんの名物「勝者罰ゲーム」を受ける光栄に浴した。記念のためにリンクを貼っておこう。

第一局 
スポニチ 王将戦から一夜、先勝の佐藤九段「いいスタート切れた」
王将戦中継ブログ 掛川城平定

第二局
スポニチ 佐藤九段 久保王将に連勝も「苦しかった」
王将戦中継ブログマエストロ登場

いや、今回はクラシックファンの佐藤には罰ゲームとはいえないかもしれない。熱心なクラシックファンなら、一度は自室で「エア指揮者」をやってしまった恥ずかしい経験があるはずだ。
佐藤の指揮ぶりはどうかって?すごく上品で格調の高い「緻密流」の音がちゃんと聞こえてきましたよ(褒め殺し。

2012王将戦第一局 久保王将vs佐藤九段

王将戦中継サイト
第一局棋譜

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

さて、王将戦開幕。久保利明二冠が、佐藤康光、郷田真隆と純正羽生世代の連続挑戦を受けることになった。それぞれ、豊島、広瀬という若手代表格を負かしての挑戦。一時期は世代交代の流れが加速されるかとも思ったが、羽生世代の地力、底力には驚くばかりである。
二人とも逃げなくて独自の工夫のある居飛車党である。従って、久保振り飛車との真っ向からのぶつかりあいが予想される。
久保は先手石田流、後手ゴキゲン中飛車の黄金コンビで二冠を獲得したといっても過言ではないが、最近不調を囁かれている。その原因は、本人の調子以外に、特にゴキゲン中飛車に対する居飛車側の研究が徹底的に進んで以前のようにゴキゲンで自由奔放に指せなくなっているが大きいような気がする。
現在のゴキゲンを見ていると、かつての藤井システム同様に研究され尽くした爛熟期(人によっては末期と捉えるかもしれない)のようにも思える。但し藤井システムについては、それを支えるのが藤井一人で藤井大将が倒れればシステムも崩れるという状況だったが、ゴキゲンに関しては久保の専売特許ではなくてスペシャリストが何人もいる。だから、居飛車グループとゴキゲングループの共同研究の争いなのだが、やはり数的にも上位棋士の顔ぶれでも居飛車党が圧倒的に優勢で、一時期は居飛車党でもゴキゲンを採用していたが現在は本当のスペシャリストしか採用しない感じである。それも、藤井システムが辿った歴史と似ている。
久保もこうした現状を踏まえて、2月号の将棋世界でこのように述べている。
ゴキゲン中飛車に対する居飛車の作戦はいろいろあるが、最近は超速と居飛車穴熊の2つに絞られてきた印象だ。それだけこれらの戦法が有力と見られているわけだし、振り飛車側も対応が迫られているのである。
従って、佐藤の対策よりも久保がそうした居飛車研究にどう対抗して新機軸を打ち出すかが注目される。
本局で佐藤が採用したのは超速。それに対する久保の対策は菅井新手の△4四歩。将棋世界の久保講座「さばきのエッセンス」でも前述した言葉に続いてその「振り飛車側の対応」として紹介されていた。王将戦に久保がぶつけてきた最新対策である。
本譜のように激しいことになる形なのだが、佐藤がグィっと▲5七玉とあがったのが、そういう激しい流れを玉自ら出陣して受け止めて先手の歩得を主張しようという形にとらわれない力強い一手。
さすが、独創的な佐藤将棋、といいたくなるところだけれども渡辺明ブログによると、この手まで(酒の席ではあるが)研究されていたそうである。(但し△3二銀型)。本当に現代の研究はおそろしい。

渡辺明ブログ 王将戦とか。

但し、「誰かが「さすがに▲57玉はないよね」→酔っ払いの一同、笑う」ということだったようで、研究はしても実際にこれを堂々としかもタイトル戦で指せるのはやはり佐藤だけなのかもしれない。
控え室には宮崎アニメの熱烈なファンで「天空の城ラピュタ」を何度も繰り返し見ているという神谷広志がいた。以下棋譜コメントより。
記者「神谷先生は大変ラピュタが好きだとうかがっていますが」
神谷七段「ええ(笑)」
記者「▲5七玉は天空の城という感じがしますか?」
神谷七段「ラピュタねえ(笑)。最後は崩れるんですけどね(笑)」
神谷の軽口ではないけれども、さすがに先手がまとめるのは難しいというのが普通の感覚なのだろうが進行を見ると先手も指せるし、少なくともハッキリ悪くなるということではなかったようである。
その後も久保が銀得を果たすが、佐藤はその代償に2三にと金をつくって後手は歩切れという主張である。いかにも人間的な大局観だと思うのだが、ソフトのGPSや(私個人所有の)激指は▲5七玉の局面でも銀損したあたりでも互角か少し先手が指しやすいと捉えていた。
▲5七玉についてはソフトは「こわさ」を知らないので分かる気もするが、銀損の場面でも先手よしと判断できるのは、もはやソフトが駒の損得だけでは局面を把握していない証拠と言えるだろう。
とは言っても、まだまだ形勢は難しいように見えたのだけれども、局面が進むにつれてどんどん佐藤がよくなっていき最後は大差になってしまった。
佐藤の指し手を振り返ると、あくまで▲2三のと金をいかして▲2二歩から駒損を回復して相手をあせらせつつ、久保の動きに自然に対応しているだけである。ということは、やはり▲5七玉の構想が素晴らしかったのだろうか。
感想戦では、後手は封じ手のあたりまで遡って工夫するべきだったということである。つまり、その後別に後手に大きい悪手があったわけではなくて、▲5七玉の将棋のつくりがよかったかもしれないということだから驚きである。佐藤流の大局観が正しかったのだろうか。
久保も戦力を中央に集めて必死に迫り、我々のようなアマチュアなら慌ててしまいそうなところだが、あっさり▲7七玉とかわすのが冷静で勉強になるし参考にしたいところだった。最後も▲7四桂以下かっこよく決めて結果的には佐藤の快勝。
局後の感想で、佐藤は▲5七玉について「これしかないと思いました。」と言いきったそうである。佐藤の新手は有力でも誰も真似する人がいなくて本人も嘆くのだが、この天空の城流を真似する棋士は果たして誰か現れるのだろうか?

佐藤はおやつに好物のキウイのジュースを連投していた。どうしても竜王戦の丸山のパパイア、マンゴーを連想してしまう。もし、この二人がタイトル戦を戦う事になったら、思い切り二人に食べてもらうために南国の地で対局したらどうだろう。現地で果物を調達すれば経費節減にもなるし(なりません。

さて、王将戦名物のスポニチさんの勝者罰ゲーム、今年は前日から入念に準備されていたようである。

スポニチ 3連覇狙う久保王将 佐藤九段は「自分らしい将棋を」
王将戦中継ブログ 見参! 掛川城!

というわけで、私も恒例の?「写真でボケよう」を一応やっておこう。

新作映画「7人のオタク戦国武将」主演男優

明日の朝には勝者罰ゲームも公開されるはずなので、こちらも見逃せない?

久保二冠堅持 王将戦第六局vs豊島挑戦者 棋王戦第四局vs渡辺挑戦者

久保利明二冠にとっては、本当に大変な時期の防衛ロードになったが、見事な内容で難敵二人を退けた。現代的な将棋の風潮をまったく意に介さないかのような奔放な久保流の振り飛車が爽快だった。

王将戦中継サイト


王将戦第六局は、久保先手で石田流。豊島は、やはり本石田に組ませる作戦に出た。久保は第四局同様▲6五歩の仕掛けだが、前回は▲7八金型、今回は▲5八金型と常に微妙に形を変えてくる。何度か書いているが久保の振り飛車の研究は、同じ形を突き詰めて優勢にしようとする居飛車的な研究と違って、次から次へと指せそうな形を繰り出して、あとは力で勝負するというところがあるような気がする。きわめて現代的な振り飛車だが、伝統的な振り飛車の水脈と確実につながっているものがあるのだ。
本局では、▲9八銀の辛抱から、見事な捌きと辛抱とを組合わせた緩急自在な指しまわしで、いつの間にか振り飛車必勝の局面を築きあげてしまった。本シリーズを通じて、序盤研究では互角かあるいは豊島の方が少し深い、また終盤では豊島も久保と完全に互角に渡り合っていた。しかし、中盤のいわゆる棋士としての独創的な「大局観」が必要とされる局面で、他の棋士には決して真似することができない独特な感性を発揮して、その部分では完全にシリーズを通じて豊島を圧倒していたように思う。「捌きのアーティスト」の看板に偽りなしで、まさに久保にしか出来ない個人芸の世界で、さらに最近それが進化して達人の境地にまで至ったような充実振りだった。
豊島の局後の感想が、それを分かりやすく物語っていする。
(豊島は)「中盤のよくわからないところで差をつけられることが多かった」、と語っていた。久保王将の印象を聞かれると、「すごい強かったです」。あどけなさが残る顔で、さわやかに笑っていた。
そう、久保は「すごく強かった。」その通りである。そして、それをきちんと言える豊島にもなんとも好感が持てた。
久保の今回の震災についての言葉も素晴らしいので、ここに全文引用して記録に残しておこう。
(大震災後の対局について)「正直、ここで対局していいのかという思いもありましたけれど、対局をやると決まってからは、自分のできることをやるしかないので、粛々と対局に臨もうと思っていました」(久保王将)
「私も兵庫県出身で、阪神・淡路大震災の際には大変なことがありました。東北地方の方々には頑張っていただきたいなと思っていますし、私も何かできることがあればやりたいと思っています」(久保王将)

棋王戦中継サイト

久保もハードスケジュールで大変だったが、渡辺も東京在住で、大きな被害はなかったものの、様々な混乱や不安要素のある中、なかなか万全の調整というわけにはいかなかった筈である。勿論、本人はそれを言い訳にはしないだろうが。
後手の久保のゴキゲンに、渡辺は超速▲3七銀。快勝した超急戦を採用しなかったのは、自身の研究で何か不安があったのか、それとも具体的な問題ではなく研究だけで決まりかねない形なので、連採するのは避けたのか。
よくある飛車銀交換になる形になりそうだったが、渡辺が新研究を披露。以下、渡辺が▲5七銀の好手から快調に攻め立てたが、こういうところからの粘り方が現在の久保の一番の特徴である。王将戦でも述べたように、とにかく久保の中盤は一筋縄では行かない。
飛車交換に持ち込んだあたりでは、難しくなったそうである。しかし、渡辺も終盤戦の競り合いの強さを発揮して、妙手順ではっきり勝ちの場面にまで持ち込んだ。これも、竜王戦などで渡辺がみせつけていた強さであって、両者の持ち味が発揮された将棋になった。
ところが、最後に落とし穴。△7六玉が詰めろ逃れの詰めろで、劇的な逆転劇。無論、渡辺にすれば不本意きわまりないのだろうが、久保がなんやかやとアヤをつけて簡単には勝ちにさせなかったために生じた逆転劇とも言える。竜王戦で、羽生が渡辺を最後のところでうっちゃった将棋とも、ちょっと感じが似ていると感じた。
羽生と渡辺が現在覇権を争っているわけだが、久保も将棋の内容、強さで全然この二人にひけをとっていない。現に、「二冠」なのは羽生以外では久保だけなのだ。しかも、「振り飛車」という武器がある。そして関西。ますます、その存在感を増した二冠防衛だった。
そして、渡辺は相変らず、局後に正直だった。
(「(101手目は)ずっと▲7二龍で勝ちと思っていました。指す直前に▲6三龍もあると気付いたんですが、いろいろ考えるのはよくないと思って▲7二龍と指しました」(渡辺竜王)。逆転負けの心理を吐露。さすがのサービス精神だ)(中継ブログより)
普通なら悔しくて言えないようなことを、サラっと口にしてくれる。こういうところが渡辺の魅力である。

それにしても、今回の二つのタイトル戦での久保の将棋は本当に個性的で面白かった。魅せる将棋である。是非、プロ棋士の皆さんには深い久保将棋分析を期待したいところである。




王将戦第五局 久保王将vs豊島六段(追記あり)、C級2組 10回戦

王将戦第五局

王将戦中継サイト

第一日の感想はこちら

今終局した。明らかに終盤二転三転していたようである。田村断言解説がとても面白かった。但し、あの終盤の強い二人の対局者が、なぜ不可解な順を指したのか、何か深い読みがあったのだろうかとは思う。後で感想コメントが付加されたらゆっくり見よう。
一番分かりやすく疑問なのは、▲7六桂と受けたところで、田村指摘のように、なぜ△3七飛成▲7八玉△7七角成▲同桂△7六香▲9五角(詰めろ逃れの詰めろ)△7七香成▲同角△7六銀とやらなかったのかということ。ものすごく普通な攻め方である。
今、終局直後コメントが入ったが、久保は「そうやるんでしたか」と言っているそうである。ということは、何かいやな筋があったのではなくて、エアポケットになってこの筋が見えてなかったということなのだろうか。久保の超絶的な終盤力を考えると、ちょっと信じられないような気がする。
ちなみに、今日は観戦中は見るのを我慢していた(笑)GPSも、やはりこの筋で後手がいいと判断している。豊島は本当に運も味方にした感じだ。
それ以外にも、今日は随分と形勢が変化したと言われていた。▲5一飛成といったのが無理気味で久保が指しやすくなったが、▲4三桂成から竜をつくって攻めた辺りでは豊島がよくなり、攻めあぐねて逆に久保がほとんど勝ちになったが、久保が決め損ねて、最後についに豊島が逆転勝ち、という流れで解説されていた。
ただ、最後のところで最初に述べた順を逃してどうも久保が失敗したらしいのは間違いなさそうだけれども、それ以外の部分については、対局者たちはどう考えていたのだろう。
とにかく、本局は、二人とも多分後悔する部分が多い将棋だったのだろう。特に、最近の将棋では中盤から終盤にかけて冴え渡っていた久保が本当に珍しく不出来だったのかもしれない。豊島の方も、最後は定評のある終盤力できっちりり決めたが、一時期良さそうな局面でうまくリードを拡げられなかったようである。
とにかく、陣屋対局が実現したのはめでたい。次はお互いが納得できる名局を期待しよう。

(追記)感想コメントによると、最初に紹介した田村説について、両対局者は難解と考えていて「▲7七同角に△8五桂(▲9五角は△8六桂)▲5九角△7七銀▲8九玉で意外と大変か。」ということだそうである。さすがに、久保がこの筋を見えてないわけはなかったし、対局者は深く読んでいたというよくある結論である。私も、短気を起こさずに感想コメントくらい待つべきという教訓を学びました(汗)。但し、難解でも本譜よりはこの方が良さそうで、久保も手が見えすぎるゆえの悲劇か。

C級2組 10回戦

名人戦棋譜速報

▲横山(7-2)−△阿部健(7-2)
横山は勝てば昇級。先手横山の石田流の出だしに、後手の阿部は得意の△3五歩の相振り飛車。激しい攻めあいになったが、横山の端攻めが厳しく先手優勢といわれていた。しかし、横山が決め損ねたのか混戦となり、難解な終盤の大熱戦に。が、最後は阿部が穴熊の遠さをいかして勝ちきった。素晴らしい将棋だったが、横山にはいい将棋だったでは済ますことの出来ない痛すぎる敗戦だが、大変な若手実力者なのでまたすぐチャンスがあるものと思われる。

△稲葉(7-2)−▲佐藤和(6-3)
先手佐藤の仲飛車に後手稲葉の穴熊。中央から佐藤が動いたが、稲葉がうまく対応して穴熊の堅さをいかして攻め続けて快勝。横山が敗れたために昇級を決めた。稲葉は、若手らしい思い切りのいい豪快な攻め将棋。現代将棋では珍しいタイプで見ていて面白い。

▲佐藤天(9-0)−△西尾(5-4)
横歩取りで、後手の西尾が流行最先端の△8四飛プラス松尾流△5二玉。途中お互いの飛車と角が対峙し合う派手な展開になったが、佐藤が勝って全勝昇級をなしとげた。

▲糸谷(8-1)−△佐藤紳(5-4)
横歩取りの出だしから糸谷が横歩を取らずに▲2八飛と引いて、先手で横歩取りの後手のような形を指す趣向。糸谷が勝ったが、最後は御馴染みの連続ノータイム指しが炸裂したようである。

▲遠山(7-2)−△村田智(3-6)
先手遠山の中飛車に村田が右銀を繰り出しての攻め。遠山がうまく攻めをしのいで、後手玉にくいついて快勝。遠山は残念ながら頭ハネで昇級を逃したが、王位リーグ入りとあわせて実力を示した。


△菅井(7-2)−▲川上(3-6)
先手川上のゴキゲン封じに、後手の菅井は敢えて馬をつくらせる話題の?形。結局、馬が消えて相居飛車になったが、菅井快勝。居飛車でも強い。

▲西川和(6-3)−△瀬川(4-5)
西川のノーマル三間飛車に瀬川の居飛車穴熊。西川が左銀を繰り出して牽制して結局穴熊に組まれたものの、穴熊の急所の端から攻めて勝ち。こういうのを見ると別に穴熊に囲わせても十分戦えるように思える。

▲永瀬(5-4)−△村中(3-6)
永瀬の本組み石田流。守りの金をグイグイと進出させていったのが印象的だった。桂を犠牲に振り飛車が綺麗に駒を捌いて快勝。

△及川(5-4)−▲島本(2-7)
横歩取りで後手の及川が△8五飛プラス松尾流5二玉で△2三銀とする最新形。牛蒡記者の「2、3筋の金銀は相手の大駒を受け止める盾。中央の金銀は玉を守る鎧。8五の飛車は十字に斬る剣。中世の騎士を連想させる構えだ。」というコメントが面白い。

△小倉(4-5)−▲石川(3-6)
小倉得意の三間飛車に石川が金銀四枚の銀冠穴熊。飛車交換して居飛車が勝つパターンに見えたが、小倉がしぶとく受けて決め手を与えず、穴熊の金銀を一枚一枚丹念にはがす攻めが間に合って勝ち。見事に気の遠くなるような堅さの銀冠穴熊退治に成功した。

△阪口(4-5)−▲大石(3-6)
後手阪口の4手目△3三角から中飛車にする藤井流から、お互いに玉をかため合って大熱戦になって大石勝ち。大石は後半の連勝で降級点回避。中座戦の週刊将棋に掲載された順で勝った将棋が結果的にはものすごく大きな一勝になった。

△長岡(3-6)−▲室岡(1-8)
長岡が相振りの戦いを制して勝ち、自力で降級点を回避。大石といい長岡といい、この辺の若手でも降級点の危機になるのが厳しいところだ。

これで昇級は、佐藤天、糸谷に続いて稲葉が三枠目をゲット。
降級点は、岡崎、村田智、増田、淡路、上野、小林宏、島本、室岡。


結果的には関西から二人が昇級で、現在の関西の勢いを象徴する感じになった。糸谷は、稲葉の昇級をわがことのように喜んでいたらしい。とにかく、今回昇級した三人は評価の高い実力者ばかりなので、文句のないところだろう。

王将戦第五局第一日 久保王将vs豊島六段

王将戦中継サイト

後手の久保のゴキゲンに、先手の豊島は星野流超速▲3七銀。▲5八金右急戦で渡辺が▲1三竜の新手で久保に快勝したばかりだが、研究将棋なので後手に何か有効な新対策がでれば、それで終わりなので簡単に指すことは出来ないのだろう。
対して久保は美濃囲いにしてからの△3二金型。最新形でも少し前の形で、久保は美濃囲いにしない△3二銀型などを試していたが、A級順位戦でも、美濃にする直前での△3二金型だった。またこの形を追求しているのだろうが、微妙に△3二金のタイミングを変えている。どの型でも戦えると考えていて、相手に研究を絞らせない狙いがあるのかもしれない。
先手が▲7七銀と△5五の歩を狙いに行った瞬間に△5六歩と突く前例が多い形に。私が初めて見たのはNHK杯の▲丸山vs△羽生だった。その後、テレビ棋戦だけでも何度も見かけている。先手の居飛車党が研究しやすそうな形に久保が敢えて飛び込んでいった感じだろうか。
この形では銀河戦の▲糸谷vs△遠山が印象的だった。本譜の△5六飛の瞬間に▲5五歩と飛車を捕獲する前に▲2四歩を入れる。
以下▲2四歩△同歩▲3五歩△同歩▲5五歩△同飛▲同銀△同角▲2四飛△2三歩▲5四飛△1九角成▲6八銀△5五歩▲4一飛と進み、この飛車打ちが厳しくて糸谷快勝。
つまり、従来は△5五角に先手はどこかに自陣飛車を打つか本譜のように▲1八飛とするしかなかったのだが、2筋と3筋を突き捨てておくことで、飛車を走ってさらに5筋に転換して攻めに使おうという発想である。
この順は大変画期的で、もしかするとこの形の決定版なのではないかと思った。しかし、豊島は採用せず。これをタイトル戦でみたいと思っていたのでちょっと残念である。ちなみに銀河戦の感想戦では確か△5五歩で△4四香でどうかを検討していた。久保も、この形にしたからにはこの手への対策もあった筈なのでみたかった。
豊島の▲1八飛については「豊島将之の定跡研究」にも書いてある。但し、本譜の△2八銀に▲4六歩でなく▲6八銀とする変化で、それは先手自信なしとしている。そして▲1八飛打を先手の本線と書いてある。
つまり、本譜は本を書いた後に豊島が研究した最新手順である。ごく最近出た本と違う手を指すのは豊島も本意でもないのかもしれないが、それだけ現代将棋の定跡進化が速いということで、やむをえないところなのかもしれない。
この辺りまでは、特に豊島は研究範囲なのだろうが、とにかく最近の久保はこの辺りから後の中盤の独創的な指し回しが凄いので二日目の展開が楽しみである。久保流の捌きに豊島が、どう対応するのかにも注目しよう。

王将戦第四局第二日 久保vs豊島、B級2組 9回戦

王将戦中継サイト

今終わった。豊島挑戦者の鬼気迫る追い上げに控え室も盛り上がっていた。△2五銀とかドキっとする。久保がなんとか残していたようだ。終盤力が並外れた久保をこれだけ苦しめる豊島の終盤力はやはり大したものである。
ただ、我々人間の興奮をよそにGPSは冷静だった。△2五銀にも全然驚いてくれず、それどころか悪手だとおっしゃっていた。たとえギリギリの終盤であっても、勝ちが見えていればコンピューターは驚いてくれない。というか△2五銀が鬼手という感覚自体そもそもないのだ。
素晴らしい豊島の追い上げに興奮しながら、同時に横目でGPSに冷や水を浴びせかけられるような変な観戦をしてしまった。GPSは終わってからゆっくり見たほうがいいのかもしれない(笑)。
豊島の終盤は迫力があったが、全体的にはやはり久保が押していたように感じる。またしても相手に馬を作らせて、それを押さえ込みにいき、相手の動きに応じて機を捉えて踏み込む。さらに、良いと判断したら、大胆に思いきり良く決めに出で、そういう判断が全てうまくいっていた。
もともと久保は強いが、特に最近ますます独特な大局観に磨きがかかり、自由自在に押し引きして将棋を自分のペースにひきこんでしまっている。円熟の境地に達しつつあるといえるのではないだろうか。
深い読みや終盤力ではひけを取らない豊島も、久保の独特の感覚に翻弄されて自分のペースで将棋を指させてもらえていないという印象である。
終盤力は本局でも証明した通りなので、豊島としては互角な状態で終盤に持ち込みたいところだろう。
一方、久保は豊島の終盤力を発揮させないように、今まで通りに自分のペースの将棋にしたいだろう。
今までの感じだと、どうしても久保ペースになってしまいそうな気もする。豊島としては、渡辺が羽生相手の竜王戦でみせたような研究の秘策が欲しいところだ。

名人戦棋譜速報


B級2組 9回戦

▲橋本(7-1)−△先崎(3-5)
橋本先手で3手目▲6六歩から相振り飛車に。双方とも金無双になったのが今では珍しい。橋本が角切から相手の歩切れをついた機敏な攻めを決めて、先崎があっさり投了。橋本が一敗を堅持して昇級争い二番手の自力をキープ。

▲中川(7-1)−△佐藤秀(2-6)
先手中川で相掛かりに。中原流▲3七銀から飛車をひねり飛車に転換し後手に角を打たせたのに満足して飛車を右辺に戻し、以下順調に攻めて快勝。中川も一敗堅持で昇級争いのトップキープ。

▲阿久津(6-2)−△泉(4-4)
千日手指し直しで泉が先手に。後手の阿久津が角交換四間飛車。泉が9筋に駒を集中して端を突破したが、阿久津の△6四角からの反撃が厳しく勝ちきった。阿久津も二敗堅持で昇級争い三番手キープ。

△北浜(6-2)−▲飯塚(4-4)
後手北浜のゴキゲンで相穴熊に。北浜が角切から厳しく攻めて押切った。北浜は四番手キープで最終戦の相手が橋本なので昇級の希望がある。

△島(6-2)−▲野月(4-4)
後手の島の一手損角換わり。先手に9筋の突きこしを許して△7二金△9二香△9一飛から端を逆襲するユニークな構想。山崎が指したことがあるとのこと。端攻めが見事に決まって島快勝。


▲戸辺(6-2)−△窪田(4-4)
相三間飛車から窪田が快調に攻めて勝ち。振り飛車党対決を制した。

△畠山成(5-3)−▲南(4-4)
相矢倉から後手の畠山が急戦矢倉の渡辺新手△3三銀を採用。竜王防衛の原動力になったが、急戦矢倉をあまりみない。というかそれ以前に現在は後手で矢倉を指す棋士が限られている。

▲飯島(5-3)−△安用寺(3-5)
後手安用寺の4手目△3三角戦法から四間飛車。飯島がうまく指して攻め続け、安用寺も必死に粘ったが、なんとか飯島が勝ちきった。

△神谷(4-4)−▲堀口一(3-5)
後手の神谷の角交換振り飛車。神谷がと金をつくって小駒だけの攻めをゆっくり間に合わそうとしたが、自陣に引いた龍まで召し取られて、飛車角四枚全部を堀口が手する珍しいことになり、神谷投了。

△阿部隆(4-4)−▲田中寅(1-7)
先手田中の3手目▲6六歩に阿部は三間飛車。確かに3手目▲6六歩に振り飛車という将棋が最近多い。田中は居飛車から金銀を繰り出して思い切った仕掛け。激しい展開の将棋を田中が制した。

▲青野(3-5)−△桐山(2-6)
先手青野で横歩取り。▲3六飛とひかずに▲5八玉とする佐藤康光も得意にしている形を採用。桐山が桂得を果たし、青野も細かい時間差の歩突きなど工夫したが、早めの投了。

△土佐(3-5)−▲森下(0-8)
後手の土佐の一手損角換わり。早繰り銀と腰掛け銀の対抗形から、土佐が角を6四に据えて居玉で伸び伸びとした陣形で戦ったが、森下が攻める形をつくり玉形も大差で土佐投了。森下はようやく一勝目をあげた。

昇級争いは以下の通り。1敗の二人が自力。二敗の二人がキャンセル待ち。
【8勝1敗】中川(8)、橋本(15)
【7勝2敗】阿久津(3)、北浜(6)

2011王将戦第三局 久保王将vs豊島六段

王将戦中継サイト

予想通り後手の久保のゴキゲンに。早くから豊島が馬をつくり、その馬を久保が消し、再度豊島が馬をつくる展開に。久保の将棋では、居飛車に馬を平気でつくらせることが本当に多い。棋王戦第一局のの▲7六飛も馬をつくらせめことを覚悟している変化である。
女流名人戦第二局で後手の里見が清水のゴキゲン封じに対して馬をつくらせてもいいという指し方をした。そもそも、それも久保が指し始めたのだ。その将棋について書いたブログ記事に興味深いコメントをいただいた。
Posted by たんご屋
後手が馬を作らせる作戦とは意味合いが違うかもしれませんが、先手が3手目56歩で馬を作らせて向かい飛車にする作戦は大内九段も得意にしていらっしゃいました。王位に挑戦した第1局で大山王位に勝ったのもその将棋です。
大内九段はテレビの将棋講座の講師をなさっていたときに「自分は馬と持ち角の価値を同等だと考えている」とおっしゃっていました。
馬をつくらせる指し方は、いかにも現代風で久保などが始めたのかと思っていたのだが、実は大内九段もそういう考え方をされていたそうである。「自分は馬と持ち角の価値を同等だと考えている」と発言されているそうだが、久保もそう考えているのではないかという節がある。
現代の振り飛車は、従来の伝統的な振り飛車とはすっかり様変わりして、過去との断絶面ばかりに目が行きがちだけれども、大内先生の例ひとつとっても、過去の先駆者の発想を受け継いでいる面がある。そもそも、久保も今や現代的な振り飛車の代表格だが、原点は子供のときに読んだ大野源一九段の振り飛車本である。それが体にしみついていて、そういう伝統的な振り飛車がベースにあって、それを現代振り飛車にいかしているのだろう。
今月の将棋世界でも、勝又の講座で横歩取りをとりあげていたが、内藤九段の先駆性を述べていた。さらに、現代風の松尾流△5二玉も最初に指したのは内藤先生だそうで、やはり現代将棋も過去の伝統や先駆者の上に成立しているのだろう。

久保は最新研究も関西若手と精力的に行っている。但し、振り飛車党の研究と居飛車党の研究では性質を異にするところがあるようだ。週刊将棋で片上が次のようなことを述べていた。
居飛車の研究は、とにかく手を狭めていくという印象がある。一方振り飛車の研究は、どうすれば手広いか、そしてどうすれば「良いパターン」の終盤戦に入っていけるかを競うようなところがある。
本局も第一局と同じ豊島の超速▲3七銀に対して、久保がわりと早い段階で変化した。久保の序盤を見ていると、同じ形を突き詰めるというよりは、次から次へと多彩な変化球を繰り出してくるというイメージだ。居飛車の角換わりのように、直線的に場合によっては詰む詰まないまで研究するのではなく、ある程度の局面まで感覚的に振り飛車が指しやすい模様を確保するための自由度の高い研究という気がする。「こうやってみたらどうやろ、まあまあこんな感じになればまずまずちゃうの?」とでもいうような。(私は東京人なので関西弁の使い方がおかしかったらごめんなさい。バカにしているわけじゃないです。振り飛車独特の自由な感じの研究を表現したかっただけです。)
本局も、それなりに難しかったようだけれども、基本的に久保のほうが勝ちやすそうな局面に持ち込むことに成功したように思える。

もっとも、将棋は多少指しやすくなっても、その後勝ちきるのが大変だ。そこで登場するのが、久保の「捌きのアーティスト」ぶりである。本局でも、▲8六に馬をつくられても、△4四銀から△4六歩をみせて十分させるという大局観。自身の捌きについて、久保はNHK杯の解説をした際に次のように述べている。
駒の損得で将棋を捉える棋士もいるが、自分は仮に駒を先に損したとしても駒の効率がよければ局面が成り立つのではないかという考え方から「捌く」という言葉を意識するようになった。先に駒損するので、数十手先まで読まないと「捌く」というのは、やりにくい。従って、どうすれば捌けるのかと聞かれても答えるのが難しい。駒損よりも駒の効率を重視するのが、とにかくポイント。居飛車党は駒の損得を重視する傾向が強い。居飛車党で駒を「捌く」という表現を使うことは少ない。「捌き」は振り飛車党の専売特許のようなところがある。居飛車同士の戦いで捌こうとすると軽くなるので、やはり駒得重視で手厚く指した方がよいことも多い。
馬をつくらせるというのも駒の損得の話ではないが、先に馬という強力な駒わつくらせるという点では「損」だが、持ち角を自分は自由に使えて、その後の展開で捌ければいいという発想なのかもしれない。
さらに、じっと△1八馬引きするなど、久保の中盤の緩急自在の意表をつく自由度の高い指しまわしは見ていて楽しい。「アーティスト」というのが、大袈裟でなく本当にピッタリくる。
そして一度よくなったら逃さない終盤力。感想コメントを見ると、玉が右辺に逃げ込んで△2四歩とついてあるので詰まない変化まで読みきっていたらしい。恐ろしい。純粋な終盤力でも、羽生や渡辺とも互角にわたりあっているのが納得できる。

まとめると、序盤の現代的な研究に裏打ちされていながら、局面の捉え方に振り飛車特有の大局観があり、狭く局面を突き詰めるというよりは自由に捌く将棋で、なおかつ関西伝統の力の強さがあって終盤力も圧倒的、ということである。
ゴキゲンや石田流は、力戦になりやすく、同じ研究でも例えば藤井システムのような居飛車的につきつめる研究とは恐らく質が違って、実は関西の従来の力戦振り飛車と通じるところもあるのかもしれない。そして、中終盤は結局力で勝負と。将棋世界のインタビューによると、久保は純粋な振り飛車党が絶滅するのではないかと危惧しているそうである。そして、自身を「魂から振り飛車党なんです。」とも。
従来の振り飛車の感覚、関西特有の力将棋をうまく現代に融合させながら、久保は骨の髄まで振り飛車党なのである。

今回は、久保のいいところばかり出た将棋になったので、「久保論」のような記事になってしまった。次は「豊島論」を書けるような将棋に期待しよう。

こういう会心譜だったので、久保はスポニチさんの要求にも気持ちよく応えて「ゴキゲン」だったことは言うまでもない。

2011王将戦第二局 久保王将vs豊島六段

王将戦中継サイト

初日の感想はこちら
初日は、いきなり豊島が△1五桂と跳ねてすぐ開戦するのかと思いきや、お互いに間合いをとりあって終了した。その意味が難しかったのだが、二日目に入っていきなり開戦。これは、具体的な指し手の根拠があってのことなのか、単に初日は慎重に攻めるのを躊躇したのか知りたいところである。
久保が7筋から攻めてペースを握ったようである。やや強引な感じもするが、その後の少し苦しめになってから▲6六歩から強引に桂を跳んだ強烈な攻めでの巻き返し方、意表の▲1三桂など、自由自在に奔放に指していて久保の指し手は面白い。「捌きのアーティスト」と呼ばれるが、なぜ捌けるかというと普通に指すのではなく、ひねったちょっと他の人には思いつかない筋で迫ってくるからなのだろう。
久保は、絵画が人を感動させるように、棋譜で見る人を感動させたいと常々述べている。久保の描く絵は、ピカソのように、ちょっと感覚が常人とは異なるが本人は当り前だと思っているのかもしれない。
一方の豊島の指し手は、基本的に自然で着実だ。久保が7筋から攻めかかってきたのに対して、反発する指し方もあったようだが、堂々と△6三金と受け止めに行った。指し手の善悪ではなく、こういった指し方に豊島のスケールの大きさを感じた。
久保の、ややトリッキーな▲1三桂に対しても、一本△1六歩を入れてから冷静に△2四香と逃げたのがうまかったそうである。久保の奔放な指しまわしに、激しく反発するというより、自然に堂々と受け止めているのが、若さに似合わず大物という感じがする。
しかし、単にゆっくり指すのではなくて△1九金のように、鋭い寄せも逃さない。見ているときにはちょっと驚いたが、もしかするとプロが冷静になって考えれば見える筋かもしれないが、タイトル戦で当り前のように指したのが見事だった。ちなみに、久保は▲4九同金とやった瞬間に△1九金が見えたそうで、そういう指した瞬間に気がつくというのはプロもアマも変らない所があるようだ。
二転三転した将棋だったようだが、内容は濃くて面白く、高いレベルで競いあっているという印象である。久保の力は羽生との名勝負続きだったタイトル戦で証明済みだが、豊島も過酷な王将リーグを抜けてきたのがフロックでないところを証明した将棋だった。二人は将棋の個性も全然異なるようだし、面白いタイトル戦になりそうである。
ちなみにGPSはツイッターで、当然のように△1九金を読んでいた。これは手の狭い終盤の寄せの手なのでそれほど驚かない。しかし、久保の▲1三桂まで読んでいたのには驚いた。そっぽに打つ桂なのでコンピューターらしいと言えばらしいのだが、昔のように筋悪で指しているのでなく、現在のレベルだと盤面全体を見て読んでいるという感じがしてしまう。
加藤一二三立会人は、控え室でも元気一杯だったようで、ダジャレをとばしたり、解けない謎のままの「謎掛け」を連発したり、「そんなの関係ねえ!」と小島よしおになっちゃったり、お得意の「うひょー」が飛び出したりしていたようだ。加藤一二三専用のustカメラの設置を、ここに強く要望する。
スポニチ恒例の「勝者罰ゲーム」写真は、わりと控えめだった。(写真だけリンク貼るのは悪いので記事リンクはこちら)。翌日編に期待しよう。いや、実は今回のでも十分変っているんだけど、もう神経が麻痺してこれくらいでは満足できなくなってぃまったのだ。ハードルをどんどんあげているスポニチさんがいけないのだ。
さて、その豊島挑戦者。第一局で負けた翌日も残って子供将棋大会に久保王将と仲良く?出ていたようである。その際、子供たちに対する挨拶の中でなかなかの名言を発している。狙って言ったのではなく、豊島らしく訥々と述べたのではないだろうか。
将棋は本当に楽しいです。昨日負けた私が言うのですから、間違いないと思います。

王将戦中継ブログ ジュニア大会 より

2011王将戦第一局ー久保王将vs豊島挑戦者

王将戦中継サイト

今回は何と言っても過酷な王将リーグを勝ち抜いて若干二十歳での挑戦を決めた豊島将之挑戦者が注目される。

王将戦中継サイト システィナ・ホールにて

恒例となったシスティナ・ホールでの対局。壁や天井一面に描かれた「最後の審判」を見上げる豊島の姿は「その澄み切ったまなざしの先にキミは一体何を見つめているのか」と、くさい下手なキャッチコピーをつけたくなってしまうくらい清新である。そして、同じく二十歳で名人に挑戦した加藤一二三先生が絵を見上げる後姿。ちょっとした映画のワンシーンである。
その豊島が挑戦を決めた際の週刊将棋の特集記事もなかなか面白かった。一問一答形式のインタビューによると、ファッションにも興味はなく、酒タバコギャンブルもしない等々、見事なまでに将棋だけに没頭している姿が浮かび上がっていた。
タイプは違うが、若き日の谷川浩司もちょっと似たようなところがあって、物静かで超俗な個性のなさとでもいうか、将棋界の大物たちの若き日に共通する特有の臭いが豊島からは感じられる。羽生善治も、中原誠先生も若いときはそういう感じがあった。ただ、歳をとると全員強烈な個性が表に出てくるのだが。谷川が、早くから豊島を必ずタイトルを獲る棋士と高く評価していたのも、何か理屈でなく感じるものがあるのだろう。
二日目の朝には、豊島の頭には見事な寝癖があった。何もそんなところまで将棋界の伝統を踏襲しなくともと思うのだが、やはりこれも全く将棋のことしか考えてないことの表現とも解釈できるだろう。
将棋は、後手の久保利明王将がゴキゲンに、豊島の対策は玉を6八まの位置で右銀を進出する流行の超速▲3七銀型。それに対して、久保が珍しい△3二銀という形で対応したのが波乱を呼んだ。
豊島が▲5八飛としたのが新感覚と言われた手。本来金の位置に飛車が行って形は悪いが、本譜のように左銀を進出して相手の5筋の位を奪還してしまおうという意味である。その際、久保は△3二銀としているために位を確保するためには本譜のように守りの右銀を中央に進出させなければならない。ある意味、相手の欠陥をついていて現代的な合理的な考え方といえるのかもしれない。
それに対して、現場にいた羽生世代の歴代王将の反応が面白かった。現地にいたchikatusさんのツイッターのつぶやきから紹介させていただく。
#Kifu 豊島-久保 23手 ▲5八飛 歴代王将トークショーに、立会いで遅れていらっしゃった谷川先生が、面白そうに「いきなりですが、皆さんに先ほど指されたこの手についてうかがってみたいです」とおっしゃいました。私のうろ覚えですが…続
続)羽生サマ「へー、はー、考えたこともありませんでした。これが新しい感覚の将棋なのでしょうか」 みっくん「考えたことはあります。でも自分が考えることは大抵変なので、大丈夫かなぁ?この局面での最善手ではないと考えて実際指したことはありません」
ちなみに、みっくんは佐藤康光の愛称である。
いきなり若い豊島の新感覚ぶりが発揮されて本局のハイライトだった。先手は結局飛車を振り直さないと使えないし、出て行った銀もバックさせられるので手損を重ねる。その代わりに、相手は守りの銀が離れる上に、玉の周りがスカスカになって気持ち悪い。通常、若い世代ほど、玉の堅さを重視したり、あるいは最近の作戦の傾向のように手損を厭わない傾向があるので、確かに現代風な感覚といえるのかもしれない。
しかし、本局では形にこだわらない久保の力強し指し回しが光った。豊島の▲2四歩の突き捨てで手に入れた歩で端攻めして、豊島の疑問手▲1八角に乗じて一気に攻め込んで寄せきってしまった。豊島は得意とする終盤力を発揮することが全く出来ないまま終わったのである。一方、久保は円熟の充実しきったベテランの将棋という印象だった。いつの間にか久保もそういう表現をしたくなる年代に入ったのである。
豊島は現在47キロと痩せているが、やはり食事類も昼食はサンドイッチなど軽めでおやつもケーキなどなく飲み物だけだった。去年の竜王戦で、渡辺明が昼食で肉類をしっかりとり、場合によってはケーキを2個注文していたのと対照的である。いつの日か、二人がタイトル戦で戦って、渡辺がケーキを二つ平らげるのを、先のシスティナ・ホールでみせたような視線で豊島がみつめるという図を妄想してしまった。
豊島にとっては残念なタイトル戦デビューとなったが、将棋の面でも人間的な個性でも、やはり注目される存在である。楽しみなタイトル戦になった。
なお、スポニチさんは、相変わらず久保をモナリザに変身させたりしている。こちらからも目が離せない。

久保利明が「トリプル・ルッツ」で王将位奪取ー2010王将戦

今、棋王戦の第四局で久保棋王が勝利して最終局に勝負の行方がもつれこんだところである。よかった、「二日天下」で終わらなかったので、王将奪取記念記事が書きやすくなった。
さて、第六局は、最後のところで羽生さんが詰むと思ったのが詰まないという結末だった。しかし、よく話を聞くと、あの不詰みはほとんど芸術的な順だったらしい。棋譜解説より。
※「3連続限定合駒(△7三銀合、△5三銀合、△8五角合)が実戦で実現するとは奇跡的。トリプルルッツです」(行方八段)
(王将戦中継サイト 棋譜コメントより)
これを、かなり前から読んでいた久保が今回は凄かった。勿論羽生にすれば不本意だろうが、少なくとも分かりやすい錯覚、ポカということでは決してないようである。
控え室もGPSも、ほとんど先手勝勢を疑わずにいたところ、△5九金から△6九金の詰めろで迫る順を狙っていた久保が冴えていた。もし、逆に羽生がこの順を指していたら間違いなく「マジック」と呼ばれていただろう。
ゴキゲン中飛車の▲5八金右急戦は、最近振り飛車が良いのではないかといわれていた。順位戦の谷川vs藤井で後手の藤井が快勝して、なおさらその流れは強まっていたように思えた。それを、羽生が敢えて採用。しかも、少し前に羽生の久保の二人で意地のように戦って羽生が全て勝っていた因縁の形。しかもカド番で。いかにも羽生らしかった。しかも、また本譜は、少なくとも先手が良いか互角に戦えそうな分れだった。
それを、久保が終盤に絶妙の指し方で逆転。第五局で羽生がしたことを久保がやり返したわけで、タイトル獲得にふさわしい名局だったといえるだろう。
この二人は明らかに将棋がかみ合う。どの将棋も実に面白い終盤になった。高い実力同士でも、うまくかみ合わないで一方的になるケースもままあるのだ。全体を通じて文句なく名シリーズだったと思う。

―――本シリーズを通して、先手では石田流、後手ではゴキゲン中飛車というスタンスでした。
久保「日程的に結構ハードだったので、自分の相棒に頼ってしまったということもあった。いろんな将棋も指せればいいなと思っていたが、最後は頼ってしまった部分もある。違う将棋もこれから指したいと思っている」
(王将戦中継ブログ 共同インタビュー より)

「相棒」という言い方に、石田流やゴキゲンに対する愛着を感じる。現地に行かれていた勝又六段のtwitterによると、こんな発言も飛び出したようである。
「ゴキゲン中飛車はですね。プロ野球で言えばダルビッシュです。ようやく出てきたエースピッチャーですね。」BY 新王将。
かっこいいですね。

さて「相棒」と言えぱ(なんてベタな展開)、このお方も久保ファンだそうである。

久保新王将誕生に水谷豊も「おめでとう」(スポニチ)

他にもスポニチは精力的に興味深い記事を提供してくれている。
局面を見た瞬間にセンサーが作動する、感覚だと、理屈ではないことだけは、はっきりしている。まさにアーティストだ。
久保新王将 さばけるか否か“センサーで感知”(スポニチ)
かっこよすぎるが、実際に久保流の捌きは他のプロは真似できていないので、単なる読みではない一種の嗅覚的直感が働いているのは間違いないだろう。人間の指す将棋の面白さである。

王将戦スポニチ写真は最後まで独特だった。

「これは皆からのプレゼントの駒だ。向こうでは趣味の将棋もホドホドにね。」「ハイ」(本社栄転営業課長 34歳)

「けっ、ああは言ったけど将棋をやめる気なんて全くないぜ。東京に行ったら将棋を指しまくらせて、神様お願い。」(無頼派営業課長 34歳)

最後にtwitter将棋クラスタで話題になっている久保さんの似顔絵イラストと久保テーマソング?を紹介しておこう。おじさんは知らなかったが宇多田ヒカルの「ぼくはくま」が元歌だそうである。

ぼ く は く ぼ

王将戦2010第五局の最終盤でGPSが指摘していた簡明な勝ち方

第五局は名局になった。久保が▲6五銀という意表の手で見事に捌けば、羽生が飛車取りを放置しての△7八馬というそのまま次の一手問題になりそうなマジックで返すという、両者の持ち味が存分に出る展開になった。
ところが、局後に最後のところで久保が▲3五桂としておけば、難解だった事が判明。一応よく調べると羽生勝ちという事の様ではあるが、十分に検討した結果分かる難しい変化で、実戦の時間のない中で、もし指されていればどうなっていたかは分からない。
しかし、私がここて紹介したいのは、その少し前のところでGPSが指摘していた読みである。(私自身が気付いたのでなく青葉記者のtwitterのつぶやきでこれを指摘している人がいたことを知った。)
GPSのtwitterより。
gpsshogi [(102) △3六桂] -3029 ▲1八玉△7九飛▲4三飛成△1三玉

2010王将5局a100310103手

本譜は▲1八玉に対して羽生は△2八金と清算する順を選んだ。ごくごく自然である。しかし、GPSは-3029の評価値で分かる通り、△7九飛と打っていれば、ほとんど終了級でしたよと主張しているのだ。
△7九飛は次に△3九飛成が詰めろなので、先手は詰めろで迫らなければいけない。▲4三飛成は▲3二竜以下の簡単な詰めろだが、なんとここで△1三玉の絶妙の早逃げ!
2010王将5局b100310106手


つまり、▲3二竜とすると、竜の横ききがなくなるので、後手が△2五桂と跳べるので先手玉が詰んでしまう。また、▲3二角成が後手玉への詰めろになっていないのだ!(一応ソフトにかけて確認した.)かといって先手に持ち駒がないので適当な受けもない。ということで、簡明に後手勝ちというのがGPSの主張である。これは、ある意味▲3五桂の変化よりもショッキングなのではないだろうか。GPSおそるべし。



王将戦2010第四局 羽生vs久保

羽生王将が終盤に犯したミスに対して、久保棋王が臆することなく踏み込んで鮮やかにきった将棋だった。
結果的にはあっけなかったわけだが、そのプロセスには色々と面白いところのある将棋だったともいえる。
羽生王将は、今回の事前インタビューで、積極的に行きたいと発言していたが、その通りの指し方である。意表の▲2三角から、終始常識的にはこれで成立するのかという強気な指し手を敢行し、それをよく検討してみると実は良い手だと判明する状態が続いていた。このままうまく収束できれば、羽生王将が新境地を開拓したとも言われそうな将棋だった。
最後の▲3三馬が勢い良すぎたようだが、その後の検討で▲7七銀と手を戻しておけば先手勝ちだったかもしれないとのこと。それを、両対局者ではなく、ネット観戦していた銀杏記者が指摘したらしい。まだ、よく分からないので専門誌などで正確なことが判明するのだろうが、一度▲3三馬といっておいて▲7七銀と戻す時間差的な指し方は、かなり感覚的に違和感がありそうで、もしそれを選んで勝っていたら羽生マジックといわれそうな順ではある。

驚くことに羽生王将も、もう40に近い。朝日杯で優勝した際も、若手有利といわれる時間の短い棋戦で勝てて自信になった、という意味の発言をしていて、ちょっと驚かされた。羽生さんも、そんなことを言う年齢になったのかと。当然、年齢を加えていくに伴って、若い時のように力ずくで読んで終盤を寸分の間違いもなく指すやり方が難しくなっていくというのはあるのかもしれない。賢明な羽生王将のことだから、どのように自分のスタイルを変化させていくべきかも考えているのではないだろうか。今回、着地には失敗したが、羽生王将の指し方には、自分の従来のスタイルに安住しないで変革していこうという意志のようなものを感じた。といったら、いつもの私の勝手な深読みに過ぎないのだろうか。

将棋世界の勝又六段の連載で、中原先生の相掛かり取り上げられていた。中原先生にしか出来ない、良くこれで攻めがつながるものだという、先生だけの独自の世界だったようである。3月号で、中原相掛かりについて、羽生善治や佐藤康光が興味深い感想を述べている。特に、佐藤九段は中原先生が30代で劇的に棋風や考え方を変えた理由に興味を持っていた。それについて、中原先生は、意識的に棋風を変えた、防衛戦が続くと、どうしても受身になる、それで意識的に積極的に行ったと言われている。
今回の羽生王将の指し方を見ていて、まさしく中原先生と同じような時期に差し掛かり、同じようなことを考えているのではないだろうかと感じた。現在の羽生王将の心境を、一番的確に分析できるのも中原先生なのかもしれない。


さて、自分で言うのもなんだが、こんな素晴らしい分析を書いてしまった後でイヤなのだが、恒例なので仕方なくスポニチさんの名写真の紹介もしておこう。

尚、会場の皆様にお知らせがございます。私の帰りのかばんには、しじみ以外にもまだ若干の余裕があります、林屋利平でーす。(分からない方は林家こん平師匠のウィキを参照のこと)

いやぁ、レイルウェイズの中井貴一やぽっぽやの高倉健よりかっこいいだなんて、そんなことないっすよ、もぉー、でもそうですか、ええぃもうヤケだ、出発進行!


(写真の下の方に記事へのリンクもあります。)

王将戦第二局 羽生vs久保、女流名人戦第二局 清水vs里見

さて、まずスポニチの写真を紹介するという至上任務を完了させてしまおう。

この方は一体どこの南の国の王子さまなのでしょうかと。

山下真司や松岡修造の「くいしん坊!万才」ですかと。

いやはや、これだけされるがままの羽生さんにも滅多にお目にかかれるものではありません。
ついでに、過去の名写真も紹介してしまおう。

何が見つかった? 永遠が。海と溶けあう太陽が(ランボー)

わけの分からないタイトルをつけてしまったが、この写真は偶然できたのだろうが、まるでゴダール映画のワンシーンのようにアヴァンギャルドしてしまっている。
(ちなみに、この写真のことはitumonさんのtwitterで知りました。)

王将戦中継サイト

すっかり読者諸賢の読む気力を奪ってしまったような気がしないでもないが、そういうことは一切気にせずに一応王将戦のことにもふれておこう。
久保のゴキゲンに対して羽生が選択したのは注目の流行形▲3七銀急戦。勝又先生の「最新戦法の話」の中でも、羽生はたびたび重要な最新形に登場して、研究にケリをつけた上で結果も残して去っていくことが紹介されていた。こうしてタイトル戦を戦いながら、最新研究も兼ねてしまうのが羽生流なのかもしれない。
一方、久保の先手での石田流、後手でのゴキゲンは、一時の藤井システム程とはいえないにしても、猛威をふるっているわけで、現在の居飛車と振り飛車の最高峰の戦い、最先端の研究成果の発表の場に今回はなっているともいえる。特に久保は関西の精鋭の若手たちと徹底的な共同研究をしているそうで、居飛車の対策に受身で応じるというより、振り飛車側から新しい指し方をどんどん試していて面白い。(その際たるものが、升田幸三賞を受賞した石田流▲7五飛である。)
それにしても、この二人の終盤は常に壮絶である。現地中継には、屋敷さんがいたのだが、あまりに難解だったために、形勢判断が何度も変わり、最後は一観戦者のように、分からないと正直に告白したり感嘆されたりしていた。いかにも、屋敷さんらしい率直で飾り気がなくて明朗快活な様子が伝わってきて、おかしくて仕方なかった。言うまでもなく、屋敷さんの終盤力というのはプロの中でも半端じゃないし、むしろ難解な局面からすっきりとポイントを探り当てる達人だと思うのだが、あの屋敷にしてわけが分からない難解無比なすごい終盤戦だったということなのだろう。
中継で詳細に解説されていたが、△6三玉と中段に自然に逃げ出した手が敗着で、△8四歩としておけば難しかったそうである。久保も両方ともかなり読んだが読みきれずに選んだ第一感の手が裏目に出たというのだからツキがないとしか言いようがない。結果的には、指しにくい手が正解だったところに「羽生マジック」を勝手に感じてしまったりするが、無論マジックではなく、常に一番本線の本来あるべだが難解な手を積み重ねていく羽生の正確な終盤力が、まるで魔術を使っているような印象を結果としてもたらすということなのだろう。将棋の終盤は間違わずに正しく指すと、どこまで行っても難しくて「均衡の美」を保ち続けるということなのかもしれない。
最後に青葉記者の中継コメントより。
王将戦や名人戦など、多くのタイトル戦で名記録係として活躍してきた鵜木三段も、残念ながら年齢制限で奨励会退会が決まってしまった。本局が最後の記録係だという。控えめな好青年で、仕事ぶりがしっかりしているところから、関係者の間では人気があった。この先の人生に幸多かれと願うばかりだ。
銀杏記者もtwitterでこんなことをつぶやいていた。
個人的なことですが、中継を担当していてうれしいときというのは、将棋の内容が大熱戦になった、ということももちろんあるのですが、一番は棋譜用紙を見て、記録係の奨励会員が昇級しているのを知る瞬間です。文字が前よりも堂々としていたりして(笑)。悲しいときはといえば、その逆ですね…。


女流名人戦中継サイト

第一局に続いて里見さんの名棋譜が出来上がった。勿論ここ数年の女流王位戦を見ても、追い込まれてから真骨頂を発揮する清水さんのことだから、勝負はまだまだ分からない。
開始早々に清水さんが里見さんのゴキゲンをさせない工夫をしたわけだが、これについては疑問を呈するブログ記事を既にいくつか目にした。どんな作戦を採用するかは勿論各棋士の自由だし、清水さんの真意が分からないので勝手なことを言うのは慎むべきなのだろうが、私も一ファンとして感想をメモ書きしておく。
あの指し方は、A里見さんの指し慣れて得意なゴキゲンの形にさせないBそのかわり角交換して後手に△4四歩をつかせてしまうので手損して先手の権利を放棄してしまう、ということである。
Aについては、そもそも堂々と里見さんのゴキゲンを受けるべきとの考えもあるかもしれないが、相手の好きなように指させないというのは基本的にはプロの考え方してはアリなのではないかと私的には思う。
問題は、この指し方だとBのように、手損という代償を払うということだろう。現在ややっこしいのは、一手損角換わりのような手損をいとわない指し方が全盛なことだが、もっとも、それには飛車先を保留したいという一応の言い分名目がある。それと比べると、今回の指し方はこの形に持ち込む合理的根拠が見当たらないので、どうしても単に里見さんのゴキゲンを避けたという印象を持ってしまうというわけだ。もっとも、△4四歩と突かせることで、ゴキゲン特有の銀が3三から4四へ進出してくる指し方を防止したのだという見方も強引には出来るかもしれない。あまりそうは思えないが、繰り返しになるが清水さんの真意は分からないのでその辺は何ともいえない。ただ、原理原則論としては、相手の得意の作戦を防ぐのはプロとしてはおかしくないが、そのための指し方に合理的根拠のようなものがあって欲しいとは思う。今後、観戦記等で清水さんの考え方が分かるかもしれない。
結果的に、里見さんは角交換ながらも、どちらかというとクラシカルな感じの構えになったが、そのおかげで振り飛車らしい指し回しを存分に見ることが出来た。
3三の銀を組み替えて4三に持っていき、相手の動きを渋く受け止め、さらに一度上ずった金も落ちついて二手かけて好位置に戻し、相手の手に乗ってさらに銀を玉に近づけ、丁寧に受けて相手に攻めさせるだけ攻めさせておいてから、頃合いを見計らって反撃、最後は分かりやすい一手勝ちに持ちこむ、と第一局に続いて振り飛車の指し方講座のような手順になった。
里見さんの指し方を見ていて「大山」の名前が浮かんだファンも多いのではないだろうか。伊藤四段が解説チャットを担当して、精力的な書き込みをしていたが、金の立て直し方に大山先生を感じさせると指摘していた。
里見さんは現代的な振り飛車を指すけれども、もともと大山先生の振り飛車に憧れて来たそうである。そういえば、倉敷藤花を獲得した頃のご自身のブログ記事時に、大山先生の像との嬉しそうなツーショット写真があったことを思い出した。

キラリっ娘のそよ風日記 倉敷藤花

大山先生も、もしかしたら自分の後継者は男性棋士ではなく、里見さんだと考えているかもしれません。うかうかできませんぞ、男性棋士諸君。

王将戦第一局2010羽生vs久保雑感

王将戦中継サイト

久保が完全に優勢な将棋を、羽生が久々にマジック全開であの手この手で迫って猛烈に追い上げて盛り上がった。羽生相手に一勝するのがいかに大変なことなのかを思い知らされる将棋だった。
ところが、羽生が勝つときは実に簡単にやってのけてしまうのだ。昨日のNHK杯でも先崎が何気なく突いた端歩をとがめて圧勝。あれを見ていた人間は、何て先崎さんはダメなんだろうと思ってしまったたはずだ。ネット上でも結構きついことを言われているのをいくつか目撃した。実際、先崎の序盤に問題があったのは確かで、その問題点を解説の森下が実に誠実に合理的に説明していたのでその印象に輪をかけたのだが、それでも羽生だからあれだけ見事に容赦なく勝ちきったという側面もあるだろう。良くなった将棋をいかに単純に分かりやすい方向に持っていくか。その技術が実に自然で簡単そうに見えてしまうので(多分そう見えるだけだ)、相手棋士は「よえーなー」と思われてしまうのだ。いい災難である。
それにしても、森下先生の解説は面白い。微塵のかけらも悪意も悪気もなく毒舌・酷評をかましてくれる。御本人にすれば、単に将棋を正しく解説しようとする一心なのだろうが、結果的には相当きついことを言っていて、しかも嫌味がない。人徳としか言いようがないだろう。感想戦でも、あくまで正直に誠実に先崎の指し手の問題点を指摘し続け、先崎もつい苦笑という感じでおかしかった。
王将戦に話を戻そう。
△5九飛成がいかにも派手な羽生マジック第一弾。現地中継もtwitter将棋クラスタも騒然としていた。感覚的にハッとさせられる驚きの手なので無理もない、人間だもの(みつお)。
ところが、またしても人間のように驚かないのがソフトである。GPSは第二候補にあげ、激指にいたっては第一候補にあげていたそうである。また、GPSはこんな手が出ても久保良しの評価をほとんど変えず冷静そのものだった。ソフトには羽生マジックが通じにくいのかもしれない。少なくとも驚いたり動揺はしてくれない。しかも、こうした「妙手」の類もごく当たり前のように読むようになりつつある。おそろしいことだ。
第二弾のマジック△6五金もGPSは読んでいた。もっとも久保も想定していたらしい。そうはいっても、久保優勢の将棋がどんどん複雑化していく。△6五金も、善悪よりも局面をよりわけの分からない方向にもっていくという効果があるのだろう。勿論、羽生の場合、そういう怪しげな手を、ハッタリでなくきちんとした読みの裏づけで指せるのが凄いのだろうが。但し、ここでも人間ならば「複雑でよく分からない局面」というのはプロからアマチュアに至るまで何となく感覚的に理解できるのだが、コンピューターの場合は単に数値でよしあしを判断するだけなので、「うーん、難しい局面だ」といって悩んではくれないのである。逆に言うと、人間のように「悩む」能力がない。
終盤も結局ギリギリの将棋になって、我々見ている人間はハラハラドキドキし通しだった。特に最後の久保の▲4四角あたりなど、果たしてそもそも詰めろなのだろうか、さらに羽生が飛車を7八や5八に打ったら詰めろ逃れの詰めろになるのではないかと、絶叫したくなるような局面である。仕方ない、人間だもの(みつお)。
勿論、そうしたところで冷静沈着なのがソフトである。即座に詰むか詰まないか、相手の詰めろ逃れの手まで最近のソフトなら読めてしまうようだ。
これを味気ないというべきか。そんなことは無いだろう。分からなくてハラハラドキドキしたいというのきは人間的な欲望に過ぎない。実際には正しい答えかどうかだけのことである。それをソフトは惜しげなく教えてくれるだけのことである。将棋の最後の詰みの部分が、ソフトの計算能力で対応できてしまうというのが将棋というゲームの性質というだけのことだ。
だからといって、最後の詰みの部分を必死になって読むプロ棋士の姿が尊くないということでは決してない。むしろその逆である。あの限界状況の将棋で、決して簡単とはいえない詰み手順を短時間で見事に読みきった久保も、足りないと分かっていながら一番紛らわし5八に飛車を置いた羽生も、我々アマから見れば文句なく神である。そういう分野はソフトに適性があるのは事実だが、生身の人間が脳をフル稼働させて正確に読もうとする姿は文句なく素晴らしい。

ところで、幣ブログでも例年紹介しているスポニチさんの「独特な」写真記事は今年も健在のようである。

1勝のポーズがわかりやすすぎるゾ久保棋王の図

そこまでスポンサーに献身的に協力するか、えらいゾ久保棋王の図

ものぐさ将棋観戦日記 3/30(月)−王将戦、NHK杯、銀河戦、詰将棋解答選手権

久保棋王の誕生を見届けて、これを書いている。タイトル挑戦五度目にして、念願の初タイトル。おめでとうございます。そう言えば、関西所属のタイトルホルダーも、何時以来なのだろう。
一方、佐藤さんは七年ぶりの無冠である。佐藤九段、森内九段。羽生世代のタイトルホルダーは、もはや羽生名人だけ。B級1組にタイトルホルダーが三人、A級はゼロ。今年の、将棋界はどうなっていくのだろうか。


毎日jp−将棋

王将戦はフルセットの末、羽生王将が防衛に成功した。
最終局は難しい将棋だった。素人が見てもそうなのだが、羽生王将も局後のインタビューで、やはり難しかい将棋だったと語っていた。また、本シリーズ中一番印象に残る将棋だったとも。
△8五飛戦法は、最近復活しつつあるが、羽生さんがタイトル戦のきわめて大切なところで採用したことで、さらにその傾向が本格化するのだろうか。横歩取りの将棋は、すぐにでも技がかかって一方的に成りそうなのに、お互いベストを尽くすと均衡が取れていて、きちんと囲ってないのですぐにお互いの玉に手がつくが、密閉型の囲いでない分、玉の逃げ道があり、また盤面全体を使った攻防手もでやすい。弱い素人には、そもそも形勢判断が難しい将棋なのだが、本局は指しているプロにとっても難しい将棋だったようである。プロ棋士ブロガーたちも、「週刊将棋を待つ」と口をそろえているので(笑)、素人には分かりっこない。
封じ手前後でも、特に深浦王位側に、もっと激しく行く順もあったのだが、珍しく自重していた。当然深い読みの裏づけがあってのことなのだろう。感想戦のポイントは、中継ブログによるとここだそうである。説明を聞いても、どう「難しい」のかもよく理解できないのが素人の悲しさだが(笑)、あそこまで進んでもまだベストを尽くせば難しい均衡のとれた局面だったということに少し驚いた。その後は、羽生良しになったそうだが、感想戦のコメントを読むと、なぜ別の手を選ぶと駄目なのか、両対局者がきちんと読みきれているのも凄いと思った。いつも以上に、本局では、プロがとても素人の及ばないレベルの具体的読みで指していることを痛感させられた。
何時だったか、深浦王位が「羽生さんと私は、読みは意外と合うのですよ」と言われていた。本局を見ていると、実際そうなのかもしれない。トッププロの力量にほとんど差がなくても、棋士ごとに指し手の個性、読みの傾向や癖にはそれぞれ違いがあるはずだ。それが対局の相性となって現れるのだろうが、この二人の場合、基本的な読みの室が合致していて、それがかみ合った上でのギリギリの勝負になっているのではないかと勝手に想像するのだが、どうだろうか。深浦王位が、羽生名人相手でも、一歩も後に引かない気合で指しているという精神面もあるかもしれないが、基本的に読みが合うので余計なことを心配しないで勝負に没頭できるという面もあるのではないかと感じた。
王位リーグの展開を見ていると、またしても今年もこの二人の組み合わせになる可能性も十分あるだろう。
そういえばスポニチさんの写真のことを忘れていた。これを紹介することが、私にとって最大の責務なのでであった?

あと1勝ながら蒲郡名物みかんワインの宣伝も忘れない律儀な深浦王位の図
羽生さんと深浦さんは映画ETですかの図
金目鯛と女将さん?に囲まれてご満悦の羽生王将の図

NHK杯は、女流枠の出場者決定戦だった。タイトルホルダー四人が登場したが、里見さんが初お目見え。テレビの映像で指すのを見るのは初めてなので、決勝でじっくり見たかった。などといったら、LPSAファン失格の烙印を押されるだろう(笑)。決勝は里見さんを破った石橋さんと、清水さんを破った矢内さんの組み合わせに。ここは、LPSAファンとして猛省して(笑)、石橋さんを応援して見ていたのだが、矢内さんの内容が素晴らしくて、快勝だった。
解説は森内九段、聞き手は中井さんだったが、特にどちらに肩入れすることもなく、また話術も巧みで楽しく見ることが出来た。最近になった改めて気付いたが、中井さんは本当に聞き手としても名手中の名手である。とにかく人柄が抜群に良い。感想戦でも、矢内さんと中井さんが話している様子は、とても雰囲気が良くてよかった。甘いといわれるかもしれないが、決してあの雰囲気は嘘や取り繕ったものではないと思う。もともと、そんな険悪になるような人たちじゃないのだ。そもそも、現在のようなことになってしまっているのがおかしいのである。


囲碁将棋チャンネル(銀河戦のページで棋譜閲覧可能)

Dブロック 長沼七段VS片上五段。後手長沼ゴキゲンで、後手片上丸山ワクチンの形に。後手がうまくやったように思えたが、片上五段が決断の角切りからうまく攻めをつないで勝った。聞き手の千葉さんが、番組冒頭あたりで片上さんをこのように評していた通りの展開になった。
形勢が苦しくなっても、細々と攻めを続けてきて、いつまでもしぶといという印象ですね。
相変わらず千葉さんはうまいことを言う。


詰将棋解答選手権 速報ブログ

宮田五段が、ただ一人の全問正解で完全な優勝。「絶対王者」の看板に偽りなしだった。広瀬五段が、第一ラウンドで解答時間で宮田五段を上回る健闘を見せたが、第二ラウンドで惜しくも一歩及ばず。里見さんも、初出場していたが、第一ラウンドでは全問正解と、こちらも大健闘だった。何人かの男性プロよりも、その時点では上回っていた。やはり、詰将棋を解く力、それと関連する終盤力が女流では傑出しているのだろう。
出場選手に、成績の上下がつくのは仕方ないが、そもそも出ているブロたちは自信もあるし実際並外れて詰将棋を解くのがずば抜けて速い人たちなのだろう。渡辺竜王(夫妻)が正直に書いてくれているので(笑)、とにかく出ている人たちはその時点で無条件にリスペクトすべきなのだと理解できる。
今回は、ブログで大会の模様を中継するという初の試みをしていた。なんだか、学校のテストを実況中継しているようで面白かった。あの谷川先生も、ご覧の通り、学生のように大人しく机に座ってテストに取り組むのである。

ものぐさ将棋観戦日記 3/12(木)―王将戦、順位戦C級2組

毎日jp 将棋

王将戦は羽生王将が勝ち、またしてもこの二人のタイトル戦は最終局までもつれこんだ。後手の深浦王位が△3三角戦法から、飛車を4筋から5筋へ振りなおすというかなり斬新な構想を見せた。思い切った手をどんどん出してくるのは、羽生相手にある程度は意図的にしていることなのだろうか。
将棋自体は、またしても片方に形勢が大きく傾いたまま終局を迎えるという、この二人の最近のお決まりのパターンに。序盤か中盤の入り口にかけて、双方とも全く妥協せずに厳しく主張をぶつけ合うので、こういう展開になりがちなのだろうか。本当に厳しくて遊びのない感じのする将棋である。
感想戦で、「△4四角と打てないのは悔しいと思った」と深浦王位。とあるのを見ると、深浦が羽生相手でも全く気合負けせずに強気に指しているのがよく分かる。こういう、少しもひるまないところが、羽生相手に対等に戦えている秘訣なのだろうか。
最終局も、厳しくてスリリングな将棋になるのだろう。今までは一方的な将棋が多かったが、なんとなく最終局だけは最後までもつれる大接戦になるような気がしてならない。

名人戦棋譜速報

順位戦C級2組は、大平、田村、戸辺の三人が昇級を決めた。ブロガー棋士が二人。棋士の中でブログをしている人間の割合を考えると、全般的にブロガー棋士の活躍が目立つ。だから、プロ棋士の皆さん、成績を上げるためにも、どんどんブログをしましょう(笑)。
大平五段は、自身も前例のある将棋を延々と辿り、本当に終盤の段階で手を変えて、それがうまくいって直後に勝った。大平五段のブログを拝見していると、将棋以外にも、お馬やら小型船舶やら自転車やら中国伝来の牌遊びやらにも興味関心があり造詣も深いようである。何となく今回の将棋の内容は、最後の手の変え方など、そういうところを感じさせるもののような気がした。というのは悪い冗談です。将棋自体は、本格派正当居飛車党の大きい将棋ということである。おめでとうございます。
田村六段は、なぜまだC2にいたのかという先生で、あがるのが遅すぎたくらいだった。とにかく早見え早指しで腕力抜群の、いかにもプロらしい将棋である。変な比喩だが、仮に私がプロに六枚落ちで教わるとして、さすがにいくらなんでも羽生さん相手でも勝てるような気がするが、田村さん相手だと下手すると負かされるかもしれないというようなタイプの棋士である。意味不明だが、力でねじ伏せる豪腕の将棋指しという程度の意味です。田村六段の場合、クラスがどれだけあがっても相手に力負けすることはないだろうから、これからも楽しみである。
戸辺四段(五段に昇段)、ラス前で痛い一敗を喫したが、その悪い流れを断ち切って見事逆転昇級。現代将棋を象徴するような力戦振り飛車の申し子で、ブログも書き普及活動も熱心という、新しいことにチャレンジしている新しい世代の棋士である。昇級の将棋は普通の振り飛車になったが、相穴熊の将棋を完全に受けきって不敗の態勢を築き上げて勝ちきった。ブログによると「沢山のコメントありがとうございます。読んでいたら、嬉しくて涙が。」ということだそうである。最近戸辺さんの本を紹介したので、昇級祝いに買ってあげたらいかがでしょうか(笑)。
しかし、なんといってもあの日の主役はあくまで有吉先生だった。当日には、中原先生の引退という寂しいニュースも飛び込んできたが、73歳の有吉先生が、素晴らしい内容の将棋を指して勝ち、引退を回避した。アッバレである。

毎日jp将棋:名人戦C級2組 有吉九段が降級免れ現役続行
有吉九段は「最後の1局になるかもしれないので一生懸命指した。将棋が好きなので、あと1年指せるという喜びは大きい」と語った

有吉先生のこのはちきれんばかりの笑顔。
名人戦棋譜速報にも詳細なインタビューが掲載されていて、指す相手は子供どころか孫の年齢だとか、体力的には限界が近づいているがまた一年頑張るとか、いちいち泣かせる。
しかし、渡辺竜王の言うように、「C級2組での降級点回避を快挙と扱うのは有吉先生に失礼なのかもしれませんが」というのも全くその通りである(笑)。めでたいのでつい忘れてしまうが。
さらに、将棋界の尾張の美濃姫も、有吉先生に胸とききめかしていたようである。いや、表現が適切でない。あくまでも有吉先生の将棋に対してである、まあ別にそれ以外でも別に構わないのですけれども。
世のプロ棋士の皆さん、ベテランも中堅も若手も、とにかく将棋は一生懸命指さないといけません。どこでどんな乙女がひそかに胸ときめかしているか分かりませんぞ。

ものぐさ将棋観戦日記 2/27(金) −王将戦、女流名人戦、LPSA1day、週刊将棋

毎日jp−将棋

王将戦、思い切って先手中飛車を採用した深浦王位が王将奪取に王手。何度もいうが、深浦は本当にやることなすこと思い切りがよい。好きなように指しているという感じである。羽生ファンとしてはちょっぴり悔しい。竜王のブログテクニックを真似してみました。
途中、先手が5筋を破ることが確定したあたりでは、全然後手がダメなのかと思いきや、羽生王将が△1五歩と端に手をつけるタイミングが絶妙だったそうである。プロの将棋を見ているとよく、ここで端に手がつくのは急所ですね、とか言うが、弱い素人にはものすごく感覚的に分かりにくいところなのだ。玉側の端を攻められるのは常に嫌味なことは理解できるのだが、果たしてそれがどの程度の重要度で影響があるのかが分かりにくい。しかし、プロにはそういうことは一目瞭然らしく、渡辺竜王も1筋をどちらが制するかがポイントだというコメントをしていた。
実際、感想戦によると、△3六歩のところで△2五銀と端を制圧しようとする手ならば、後手がよかったそうである。いやはや、端は恐ろしい。
それにしても、羽生の終盤のアッサリした負け方はちょっと意外だった。一時期鬼神のような強さで勝ち続けていた頃と比べると、今シリーズを通じて全体的に万全の調子という感じには見えない。ああいう名人達人でも、その時その時の調子の波を完全にはコントロールするのが難しいのだろうか。やはり、人間のすることですからね。

スポーツ報知―将棋・女流名人戦

こちらは本当に両者の実力が拮抗している感じで、二対二のタイに。第四局は、矢内さんが快勝、やっと短手数のすっきりした将棋が始めてあらわれた。お二人とも本当に粘り強いですからねえ。
ところで、第三局の清水さんの指し方は本当に面白かった。ああいうイメージはないのだけれど、力があるのでちゃんと指しこなしてしまうのですね。

LPSA1dayカップ中継サイト

”きさらぎカップ”は蛸島先生が1day初優勝。同期の山下、さらに実力者の船戸、北尾を連破しての優勝である。一日三局を、ごく当たり前のように指されている。素晴らしいとしか言いようがないです。おめでとうございます。

週刊将棋ではマイナビの観戦記を遠山四段が書いている。ブログとはまた違うスタイルで立派な観戦記である。以前、ブログより喋り向きかもなどという失礼なことを書いたが、前言撤回しないといけない。しかし、プロ棋士の皆さんは文章もきちんとこなしますね。やはりブログをしている大平五段も、ブログではかなり軽い書き方なのだが、将棋世界の観戦記では、実に堂々とした立派な書きっぷりでちょっと驚いたことがある。
プロ棋士になるというのは、本当に狭き門中の狭き門であって、それを通過できるのは本当の天才たちだけなので、やはり他の面でもポテンシャルの高い人達なのかもしれない。
なんだか、上から目線の物言いになってしまった、無論私にそんなことをえらそうに言う資格もないのだが、常々プロ棋士の方々は皆さん器用に文章書くなあと思っているもので。

名人戦棋譜速報

今日は、順位戦B級2組で、朝日杯とのスケジュールの都合で、優勝した阿久津さんと加藤一二三先生の対局のみ一局行われています。
加藤先生は最近色々食事を変えられているのですが、本日はうな重という正攻法の切り札のようです。朝から、二人ともネクタイを直しあったりしている様子を、写真つきで烏記者が入魂の実況をしてくれています。
この有料中継について、私は一般ファンなので宣伝するのにはものすごく抵抗があるのですが、「一日会員」というのもあるので、興味のある方はどうぞ(笑)。

ものぐさ将棋観戦日記 2/12(木)―王将戦、順位戦C級1組、天河戦、将棋世界

王将戦は、深浦挑戦者が勝利。見ていてどこで形勢が傾いたのかよく分からなかったのだが、王将戦サイトの棋譜に対局者の感想がのっている。やはり途中まではどちらもはっきり自信があるという感じではなかったようだが、控え室でも指摘されていた△2二銀とする手(タイミングは二度あった)が良かったそうである。本譜では羽生側の,2、3筋に駒が密集する形になってしまい、後は深浦がはっきり良くなって押しきったということのようだ。
結果的に考えると、玉から遠いところにああいう凝り形をつくったのは、羽生らしくないと感じる。どうもやはり深浦との相性ということを言いたくなってしまう。一方、良くなってからの深浦の指し回しは全くゆるむところがなく完璧で、羽生につけ込む余地を与えなかった。
本局を見ると「深浦さん、つえ―なー、おい」と素直に思う。しかし、羽生さん相手だと冴えに冴えている印象を与えるが、順位戦など他では結構苦しんでいる。将棋世界の企画でも糸谷五段に平手で敗れていた。そういうところが、私のような羽生ファンにとっては、ちょっとばかりフラストレーションのたまるところなのだ。なぜ、羽生さんばかりにそうも強いのですか、何か恨みでもあるのですかと(笑)。
とはいえ、実は深浦はあの佐藤康光相手にも、現在連勝を続けている。タイトル挑戦が増えてきたのも、常に立ちはだかって来た佐藤という高い壁を越えたのが大きい。要するに本来強いということなのである。
何となく、また第七局までもつれそうな気がしてきた。

順位戦C級1組ラス前の結果、昇級争いは次の通りに。(カッコ内は順位)

8勝1敗 安用寺(1)、広瀬(6)
7勝2敗 窪田(3)

安用寺が昇級を決めた。前回が次点、今回も現時点でトップと堂々たる成績である。二期連続でこれだけの成績をあげれば、文句のつけようがないだろう。
一方、二枠目は、広瀬が自力で勝てば昇級。窪田勝ち、広瀬負けの場合は、窪田昇級、両者負けなら広瀬昇級である。但し、広瀬の最終戦の相手が宮田敦と難敵である。しかし、広瀬は恐らくもっともっと上を目指す棋士だと思うので、こういう強い相手を打ち負かしてきっちりあがっておきたいところだろう。

安用寺と塚田の昇級を争う直接対決はドラマティックだった。塚田が形勢を良くして駒得を重ね、安用寺は辛抱が続いたか、慎重になりすぎたのか、いつの間にか逆転。しかし、終盤に一瞬安用寺玉に詰みかあったのを塚田が逃してしまい九死に一生を得た。本当に、どちらに振れるか分からない運命の針がたまたま安用寺に傾いたという感じである。残酷な世界だけれども、その代わり見ている者にとっては受け取る感動も大きい。
一方、降級点を二回とってC級2組に陥落が決定した棋士も何人かいる。ベテランではなく、若手中堅なのが、厳しい現状を物語っている。
その中で、長手数のゴチャゴチャした将棋を見事勝ちきった田中魁、勝って降級点を消した小林健二など、ベテランが元気なところを見せている。順位戦で、ベテランが踏ん張っているところを見るのも、うれしいものである。将棋世界のプレイバック2008でも、有吉先生か佐藤天相手に0時過ぎまで戦って勝った将棋があがっていた。

LPSAの天河戦では、中井さんも決勝進出を決めた。これで成田女子アマ王位との決勝三番勝負となる。将棋の場合は、かなり実力差があっても一発勝負なら弱い方がパンチを入れて勝つこともあるので、一発勝負だったらかなりスリリングだったと思う。さすがに三番勝負なので、中井さんも落ち着いて戦えると思うが、成田さんがどういう内容の将棋を見せてくれるか楽しみである。大盤解説会も実施するそうである。

将棋世界3月号は渡辺永世竜王特集。相変わらず、渡辺竜王が率直に感想を語っている。羽生のことを、まだまだ高い壁とも率直に認めている。しかし、「一番になるための」壁とも言っており、自己を客観視して現状を認めたうえで、さらに上を貪欲に目指すという姿勢である。羽生と渡辺の物語は、これから始まるのだ。ただ、二人にとって厳しいのは、現在は他にもほぼ遜色のないレベルの棋士が多数いることだ。それでも、個人的にはこの二人の対決が中心になっていって欲しいと思う。
梅田望夫氏も寄稿している。その中で、渡辺竜王のことを、アメリカの一流大学に留学してくる、主に科学分野の俊才たちと雰囲気が良く似ていると言っている。
彼らは、自信にあふれ、合理的なものの考え方をし、鼻っ柱が強くて、頭の回転が速く、早口でよくしゃべり、開放的で、思ったことをどんどんオープンにしていく。
まるで、渡辺竜王個人について語っているようではないか。
恒例のプレイバック特集では、年間ベスト対局第一位に竜王戦第七局があげられている。誰しも異論がないだろう。まさしく、かかっているものと内容の両面において歴史に残る一局になった。個人的には第5位に入っている棋王戦第一局が忘れられない。特にあの終盤戦。派手な手の応酬を、公開対局で一分将棋の中でやってのけた羽生と佐藤は、二人ともスーパーマンとしか思えなかった。



王将戦第五局第二日 羽生王将防衛

第57期王将戦中継ブログ第五局

感想戦の動画にアクセスが集中しているのか、フリーズしまくりで、ちゃんと見た気がしない。元の動画投稿サイトの視聴回数を見ると、まだ終局間もないのに既に1000アクセスをはるかに超えている。本当にたくさんの将棋ファンが見ているのだなあ。また後でゆっくり見ることにして、とりあえず書き始めている。
今回の王将戦では文句なく随一の名局だろう。いや、久保さんにとっての名局になるはずだった。△7四桂に対して、▲7六玉でなく▲7五玉と逃げてしまったのが痛恨。と、あちこちのブログで扱われることになってしまうのだろうなあ(笑)。
a

しかし、魅入られたように詰み手順に自ら飛び込んでしまった久保さんだけでなく、羽生さんも△7四桂と打った時点で詰みだと思っていたそうである。すごくドラマティックではあるが、トッププロ同士としては実に珍しい。羽生さんは、棋王戦第二局の最終盤でも大錯覚したばかりなので、ファンとしてはちょっとばっかり心配になる。
将棋の内容は、二日目は最初から最後まで、見るからに色々深い変化がありそうで、とてもちょっと見ただけでは分かりそうにもなく、観戦記等を楽しみに待つしかない。
感想戦動画で、羽生さんは、手を作るのが難しくなって、作戦的にはあまり満足できなかったようなことを言っていた。藤井システムにおいて、▲4六歩を早く突くのをとがめるための急戦として、鷺宮定跡系を選択したのだとも考えられるが、なかなかそううまくはいかなかったし、実際、さえた作戦という感じには、あまり思えなかった。なんかえらそうな言い方になってしまったけれど、まあ弱いなりに振り飛車を指す身としては、こりゃ困るなあ、という感じには思えなかったという程度のことであります。
封じ手の久保さんの▲7五歩が、強烈で目が覚めるような手だった。
b

なんとなく、振り飛車がじっくりためて指して居飛車の手を殺した方が、展開的には困りそうな気もするが。しかし、久保さんらしく、これでいけるという強気の捌き。一方、羽生さんの、飛車を見捨てて△7七歩成りと金を作ってバランスをとろうとする大局観も、やっぱりすごいなあ。
c

その後も、羽生さんが銀捨てから飛車銀両取りをかけたりして、派手な手順だったが、この辺もどうなっているのか難しそうですよねえ。
羽生さんの△6三金がハッとする勝負手。
d

しかし、あっさり馬を切られて▲5一飛と打たれてしまって、果たしてよかったのかは不明。このあたりは、中継で言われているように久保さんが少し余している流れになったのかしら。
その後の終盤、はっきり久保さんが勝ちのように見えて、よく調べると結構アヤがあることに検討陣が気づいていくあたりのくだりは読んでいて面白かった。それでも、ちゃんと気づいたのはさすがで、木村、中座の解説陣は、かなり正確だったのではないだろうか。
このあたりの、羽生さんがワナを仕掛けまくってベストを尽くすのに対して、久保さんがそれらをことごとくかいくぐって、しっかり勝ちに結びつけていったあたりの攻防は、さすがトッププロ同士という感じである。▲1七香と払ったのも正解、△1九角を入れたのも正解、ということらしい。
e

本当にすごく深くよく読んでいるものだなあ。
久保さんは、終盤もメチャクチャ強いのを証明したということなのでしょう。
なので、画竜点睛を欠くという感じになってしまったのは、本当に惜しかった。それだけ、羽生さんがプレッシャーをずっとかけ続けていて、精神的疲労がたまっていたということなのかもしれない。
それにしても、やっぱり急戦の将棋って面白いですねえ。ネット将棋の、加藤一二三先生と千葉さんの将棋も、実に見ていて将棋の内容自体が楽しかったし。
ということで、このように言って終わりにしよう。

「急戦で振り飛車を堂々と打ち破ろうとする、男の中の男のプロ棋士、でてこいやあ!!」
(高田延彦の口調で。)

王将戦第五局第一日 羽生王将vs久保八段

昨日の将棋丸ごと90分は、鈴木八段がゲストで、棋王戦第二局を解説していた。あの気になる終盤、やはり羽生さんが良くて、佐藤さんの▲1五角というのは、かなり苦しい感じの手らしい。
羽生さんの問題手第一弾は、△8七歩。▲9七玉とかわされて、かえって寄せにくくなってしまったとのこと。しかしその後に出た△6四銀が好手で、優勢を維持した。
一番の問題は、やはり△8七銀が▲同金ととられて詰まなかったこと。ここは、△7六銀でも△7六金でも△7六角でも勝ちだったとのこと。うーーん、羽生さんには本当に珍しいことが起こってしまったようである。

第57期王将戦中継ブログ第五局

先手の久保さんが第三局に続いて四間飛車、後手の羽生さんは居飛車で△5三銀の急戦。本当に羽生さんは何をやってくるか分からないが、それにしても珍しい。
藤井さんの「四間飛車の急所2」の鷺宮定跡の部分をちょっとのぞいてみた。まず、この本は後手番振り飛車の本だし、藤井システムの出だしで書かれているわけではないので本局と比べにくいのだが。コメント欄の中座さんの解説と合わせて、ごく基本的なポイントを整理してみる。
まず、藤井システム風の出だしでは、必ず早めに▲4六歩をつくことになる。鷺宮定石に対しては、この歩を先についてしまうと、居飛車の仕掛けが成立する。
鷺宮定跡に対しては、▲4六歩をつかずに、▲9八香と待つのが有効な対策。その場合、居飛車の仕掛けは成立しない。(以上振り飛車後手の場合。)
ただ、(先手)藤井システムの場合は、先に▲4六歩をついてしまっているので、後手が△7二飛とした場面で▲9八香としても、それでも△7五歩▲同歩△6四銀の仕掛けが成立する。(と中座さんが言っている。)
a

したがって、先手は▲7八飛と手堅く受けるしかない。
それに対しては、居飛車も、△6四歩から△6五歩と仕掛けることになる。
b

ということなのでしょうか。よく分からないのだが。
実戦例で、振り飛車側を櫛田さんが持ってうまく指した例があるそうである。羽生さんの△7三桂は、その実戦進行を避けた順なのか。
c

ということなのだが、ズバリ、現局面でどっちがいいのか全然分かりません(泣笑)。
さすがに初日に大勢決してしまっていた今までとは違って、今回ばかりは二日目の(最初のほうの)進行がポイントになるのではないだろうか。


オヤシュ

眞鍋かをりの影響なんか、いい年して受けているんじゃない、っていう話ではあります。でも、なかなかどうして、これが洒落たいい響きでねえ。

王将戦第四局 羽生王将vs.久保八段

一週間ほど更新しなかったが、その間に何をしていたかというと、実はデベソの矯正手術を受けたら主治医から一週間の禁酒を命じられた。その一週間を有効活用して、現代将棋を集中的に勉強しようと思い立ち、朝から晩まで将棋本と格闘し続け、谷川浩司の初詰将棋集も全て解き、LPSAの日めくりカレンダーも既に年末分まで解いてしまった。
・・ってなわけがない。そんな梅田望夫のようなことが凡人に出来るわけがない。単に、更新タリいなあ、と思ってサボっていたら、あっという間に一週間経ってしまっただけなのだ。それにしても、どうせ嘘つくならば、いきなり「デベソ」とかすぐバレるようなことを書かなきゃいいのにと我ながらあきれるのだが。
数日前だったか、朝、家の外に出たら、空気がかすかにだが、しかしはっきり春めいていた。雲ひとつなく穏やかな日が射し注ぎ、かなたに見える残雪をたたえた山々の稜線も澄んだ空気の中でくっきりと見えた。春の空気というのは、人をどこかおかしくするもので、たまらない気分になった。こうして、冬が去りゆき春の息吹を毎年感じとり・・。って、オレは詩人かよ。
でも確かに歳とってくると、その種の自然の変化に妙に敏感になってくるのは確かだ。もう、女性などという生々しい生き物よりも、美しい自然をめでているほうが良くなってくる。
・ ・ってなわけがない。我ながらつまらないウソをついてしまったものだ。
このままサボり続けていたら、もう更新しなくなるかもしれないと思って、今日は無理やり書いているのだが、こんなつまらないジョークを連発して、読者諸賢の心胆を寒からしめている(意味違うし)ようでは本当に申し訳ないことである。
さあ、将棋のことを書こう。といっても、またも王将戦は一方的で、夕方までもっていなかった。両者とも一時間近く持ち時間を残している。
後手の久保八段が、頑固なまでにゴキゲンを採用。またしても、▲5八金右型の超急戦になるのかと思いきや、羽生王将は、穏やかな丸山ワクチン佐藤新手型を採用。そういえば、NHK杯の対長沼戦で、敗れたとはいえ、▲6六角の名構想で、完全に作戦勝ち、勝ち形になったのが記憶に新しい。あの戦いに手ごたえを感じとっていたのだろうか。あるいは、勝負には負けてしまったので、この形で勝って結果を残したいと思ったのだろうか。
様々な推測が可能だが、羽生善治の作戦選択というのは、すごく読みにくいような気がする。意図的に、相手に作戦を読まれないようにしているようなところがある。かつて、大山はうまくいった作戦でも、ほとんど続けて使わなかったそうだが、羽生には大山とは違った種類の駆け引き術があると思うのだが、どうだろう。
将棋世界の三月号で、羽生に浅川浩が例によってレベルの高いインタビューをしている。その中で、「自分を勝負師と思うか」という質問をしていて、羽生は「思いません」とはっきり答えている。しかし、私には、現在の将棋界の中で、一番勝負師としての資質のようなものを感じるのは、羽生善治か、あるいは、渡辺明なのだ。羽生が、どの程度インタビューで本心を言うタイプなのかも不明なのだが、正直に答えているのだとするならば、ほとんど無意識の内に勝負師としての資質を生まれつき持ちあわせているように感じるのだが。
羽生論を始めるとキリがなくなるのでやめるが、いはゆる古いタイプの勝負師でもなく、かといって盤上の唯一の真理のみを追求する合理主義者でもなく、「第三の道」を羽生は模索しているのではないかという気がする。多分、本人の意識では単純な「勝負師」というような考えは全くないのだろう。結果的に、一種勝負師的に見えるだけで、本人はまったく別のことを考えているのかもしれない。
とにかく興味の尽きない存在である。しかも、それを安っぽいハッタリ人生哲学としてではなく、実際に誤魔化しのきかない将棋の世界で常に高い内容と結果を残してプロやファンをきちんと納得させながら、将棋を芸術的哲学的にまで高めているのが、すごいところだ。
具体的将棋の内容については、第57期王将戦中継ブログ第四局を見れば、全て分かる。松本博文が、例によって精力的に取材してくれている。しかも、ブログ内で動画が見られる新兵器も導入して。やはり、ポイントは、△4二金の挑発的勝負手?に対して、羽生王将が▲2四歩と踏み込んでいったところなのだろう。一見シロウトっぽい攻めなので、プロにはやりにくそうな気もするのだが、そういうことに一切とらわれないのも羽生流である。将棋世界のインタビューでも、「先入観を持たない」ことが何より大切だといっていたばかりなのである。
a

以降、久保八段も、△6一の金を4一まで持っていって、また6一まで戻すという関西流振り飛車流の秘術を見せ、右辺の遊び駒を一掃するという、「部分的なさばきのアーティスト」ぶりを発揮した(但し結局2四の銀は残って、坂田三吉流に言うならば泣いていたが)。残念ながら、局面全体に結びつくものではなかったようである。
中継ブログの動画には、地元のヒロイン里見香奈も登場していた。しかし、なんとも恥じらいがちな姿であった。今時珍しいタイプなのである。ああいうのを見たら、そりゃおじさんたちはたまらないだろう。
って、ハイ、そうですワタシがヘンなおじさんです(by 志村けん)
どうだ、古すぎてわかるまい・・。

王将戦第三局第ニ日 羽生王将vs久保八段

昨日の記事中で「傷口に毒を塗る」とやらかしましたが、無論「傷口に塩」の誤りです(訂正済)。文章を書くことだけは好きなのですが、あまりに言葉を知らなすぎるし正確な表現が全く出来ないのが悩みの種です。不思議なもので、今朝目が覚めた瞬間に、考えもしないのにいきなり「傷口に塩」って頭に浮かびました。どうも、人は無意識に色々なことが分かっているようです。こういう場合は、去年の大晦日のダウンタウン特番で知った、現在ブレイク中らしい小島よしおという芸人のギャグをパクってごまかしておくことにします。

傷口に
ウィ~~
塩じゃなくて
ウィ~~
毒を塗ったら死んじゃうよ
でもそんなの関係ねえ!
でもそんなの関係ねえ!
はい!オッパッピ~~

すみません。電車の中で頭の中で考えたら、おかしくって笑いを一人でこらえるのに必死でしたが、書いてみたら全然面白くありませんでした・・。
さて、何でこんなことから書いているかというと、今日の王将戦の棋譜を見ると、なんか狐につままれたようだったからです。

第57期王将戦中継ブログ 第3局

昨日の封じ手局面を見たかぎりでは、私の頭の中では、久保さんが必死に攻めをつなぎ、羽生さんが手を尽くしてしのぎ、最後は一手違いのギリギリの攻防、王座戦第三局のような名勝負というのが妄想されていたわけです。
ところが、ほとんど久保さんが一方的に攻めているじゃないですか。しかも、手順を見ると、特別な何かをやっているというわけでなく、ごく普通の手で攻め続けているだけという。羽生さんも、必死に守って、最後はややアヤがありそうにもなっていましたが、最後ははっきり久保さんに読みきられていた感じでした。多分、プロ的には大差なのでしょう。
▲2四歩から2三に何度も金銀を打ち込まれると、穴熊ももろいですね。
もしかすると、初日の封じての△5五歩や、さらにその前が問題だったということなのでしょうか。
プロの人たちは、初日の時点で久保さんがよさそうだと理解していたのでしょうか
次々に疑問が起こります。
羽生さんも、二日目には何か悪手を指したようには思えないのですが。
どうせ飛車に成られるのなら、△4四歩のところで△2四角と歩を払っておいたらどうかというのは素朴にありますが、これだって無条件に飛車が成られてしまっては、とてもよいとも思えませんし。
やっぱり、初日の後半の手順にポイントがあったのかなあ。藤井システム健在ということなら、まあ振り飛車党としては大歓迎です(笑)。

でもよく分からないし、今回もやっぱり終局が早かったので、今日は将棋世界の三月号でも読むことにしよっと。

王将戦第三局第一日 羽生王将vs久保八段、順位戦C2他

第57期王将戦中継ブログ 第3局

藤井システムになりました。しかし、ありそうで既に前例のない形になっているそうです。本当に将棋というのは、手の幅が広くて、だから私は定跡なんか覚えても無駄だと思っちゃうんですよね(笑)。
久保さんは▲5六銀型を採用。
a

この形で、△7四歩と▲4八玉の交換が入っていない形、つまり振り飛車が居玉の場合には、居飛車側から、△8六歩▲同歩△4五歩、あるいはいきなり△4五歩の仕掛けが有効とされています。何ヶ月か前の将棋世界でもこの形が取り上げられて、居飛車を持ちたいというトッププロが大勢でした。しかし、この場合は振り飛車は居玉をあらかじめ避けているのが大きくて、多分居飛車側からのこの筋での仕掛けは無理、あるいは損なのだと思います。(あんまり、ちゃんと分かって言っているわけじゃないんですが。)
さらに、羽生さんの△2四歩も、居飛車側の常套手段。
c

▲2五桂といきなり跳ねてくるのを防いで、振り飛車が▲2六歩から2四まで歩を進める間に、居飛車穴熊に囲って△2ニ銀のハッチを閉めてしまうというやり方。はっきり言って、振り飛車側からするとイヤです。ずるいです(笑)。思いついた人は頭いいと思うけど。
さかのぼって、棋譜解説でもふれてられていましたが、羽生さんが△7ニ飛とした瞬間に▲2五桂と跳ねてみたら、どうなんでしょうか。
b

久保さんが▲7八飛と受けたので、振り飛車側の攻撃力が落ちたのを見越して、羽生さんが居飛穴に囲いに向かったという意味合いもありそうです。藤井システムの思想原理としては、▲2五桂といっちゃってもらいたかった気がするんですけどね。藤井さんならどうしたのだろうか、ということをどうしてもすぐ考えてしまいます。実際、封じ手図まで進むと、とにかく玉形の差は明らかなので、私レベルなら。気分的にイヤーな感じになっちゃいそうなんですけどね(笑)。
とはいえ、トッププロでは話は全く別。まだまだ、これから難しい戦い、ねじりあいが続きそうなので、明日も楽しみです。少なくとも、前二局のようなことはないでしょう、・・と信じたいです。

C2順位戦では、村山五段が早々に昇級を決めました。当初から本命と目されていての昇級なので見事です。かつて村山聖さんが「終盤は村山に聞け」といわれていたのに習って、村山慈明五段は「序盤は村山に聞け」と言われているわけです。しかし、いうまでもなく、中終盤の力がなければ、こんなに勝てるわけはなくて、派手さはないけれど着実で正確な指し方で、順位戦も危なげなく勝ち進んできたという印象があります。ケレン味がない分、力がつけば取りこぼしも少ないタイプでしょうし、どんどんあがっていくんじゃないでしょうか。
「最新戦法必勝ガイド」という本を書いていて、私も買いました。例によって拾い読みで、まだ全部は読んでませんが(笑)。少し前に渡辺新手が話題になって振り飛車党まで指すようになった角換わりとか藤井システムあたりに目を通したのですが、とにかく淡々と指し手の変化を述べていく、これまた正統派のハードボイルドな一冊です。本の書き方ひとつとっても、なんというか実に堂々としているのです。藤井さんの例一つとっても、そもそも序盤研究といっても、要は力がないとちゃんとした手順を考えることが出来ないわけで、序盤をきちんと体系化できる時点で、将棋の総合力がすごいということなんじゃないかと思います。
一方、遠山四段は痛い一敗。昨日は、遠山先生が負けた時点で、ヤケ起こしてすぐにネットを切ってしまいました(笑)。しかし、そんな浅はかなファンをよそに、ご本人は、しっかりと事実を受け止めていたようです。
そう、本命と目されてあがるくらいじゃないと、上にいってから苦労するというのは、本当にその通りだと思いました。例えば、あの深浦さんでさえ、C2に長くくすぶっていたことがあって、本当にプロの順位戦というのは厳しい世界なのだろうと思います。しかし、深浦さんは、結局着々と力をつけ続けてタイトルまで取ったわけです。まあ、今のところ深浦さんと遠山さんを比べてしまったら、深浦先生には失礼かもしれませんが(笑)。とにかく、ご本人がこれだけしっかりした考え方をされているのだから、ファンとしても気長に応援したいと思います。
といいつつも上位者がバタバタ負けたんで、まだ昇級の目があるのですか。ファンとしては、まだ全然諦めていません(笑)。

そういえば、女流ネット最強戦では名解説を聞かせてくれました。
将棋は凄まじいを通り超えた内容でしたが。私が一番ビックリ仰天したのは、千葉さんが入玉して勝とうとしたところでした。(ただ、遠山先生は、それで勝つのが一番早いかもしれないと言われていましたが。)多分、お二人にとっては、不満足もいいところの内容だと推察されるので、傷口に塩をすりこむような行為は避けないといけないとは思うのですが、正直に言うと、これじゃ私が24でとんでもない逆転負けくらうのとあんまり変わらないじゃん、と思ってしまいました。でも、矢内さんの決して折れない心というのは本当にすごいものだとも思いました。言うまでもありませんが、お二人のレベルがこんなものだとは、誰も考えていないでしょう。タイトル戦でぶつかって、いい将棋をみせてもらいたいものです。
遠山先生の「マシンガン・トーク解説」(笑)は、本当に良かったです。正直、あんなに笑わせてもらえるとは思いませんでした。「ファニー」の名に恥じません(笑)。この棋戦は、全部を見てはいないのですが、私の知る限りでは最優秀解説賞を、勝手に授与させていただきます(笑)。

王将戦第二局 羽生vs久保、銀河戦 中座vs広瀬、女流ネット最強戦 中井vs早水、マイナビ女子オープン 山田vs千葉

第57期王将戦ブログ 第二局

最近の、羽生vs久保戦で、三局も出ているゴキゲン中飛車の▲5八金右型の超急戦に。本局同様、激しく進んだのが二局、久保さんが▲2四飛に△3ニ金と穏やかに対応したのが一局。結果は全て先手の羽生さんの勝ち。
ということで、この王将戦でも一度は出るだろうと予想された形でしたが、二人とも、というか久保さんも意地でもこの形で勝ちたいところでしょう。
久保さんが用意していたのは、▲5五桂に対して△5四歩。
a

今年の棋聖戦第四局で、佐藤さんが指した手。結果、佐藤さんが勝ったのですが、いつもの佐藤新手の通り?、なぜか真似する人がいませんでした(笑)。(この対局については渡辺竜王の「頭脳勝負」で、心理面に深く踏み込んだ自戦記が読めます。)
しかし、直前のC2順位戦で、遠山四段が、糸谷戦で採用して快勝しています。(遠山四段の自戦記はこちら。)当然、両対局者とも、知っているし、研究していたはずです。羽生さんの用意していたのは、▲9六角。
b

これがほぼ、本局を決めてしまったようです。調べれば、難しい変化もあるのでしょうが、久保さんが▲6六香を馬でとらざるをえないのでは、私でも多分苦しいんだろうなと分かってしまいます。そして、二日目は、ただ羽生さんがきれいに勝ちきる手順を見守るだけの日になってしまいました。というか、夕方までもたずに、既に終わってしまっていました。
王座戦のときは、久保さん相手に苦戦続きでしたが、ここのところは完勝が続いています。現在、羽生さんはとても充実しているようです。

囲碁将棋チャンネルHPの銀河戦Aブロック

ということで、ちょっと物足りないので、今日は複数局紹介。まず、銀河戦、順位戦C1でもトップを走る注目の広瀬五段が登場。最近、アマ強豪の遠藤正樹さんとの共著で、「とっておきの相穴熊」を出して評判になっています。先手の中座さんも、居飛車穴熊が得意なので、本局でも相穴熊になりました。こういう方は結構多いんじゃないかと思いますが、振り飛車穴熊を指したいと思っても、居飛車にも穴熊にされると、もうそれだけでブルーになるので(笑)、私はやりません。
本局も、広瀬さんが、一直線に勝てそうにも思えるところでも、馬をしっかり作って、より負けにくい形を作ったりして、やはり、相穴熊の指し方に慣れているな、ツボを知悉しているという感じで、終盤はっきり勝ちになったように見えました。しかし、中座さんも、すごい勝負手を出して、▲7一銀△同馬としてからの、▲8三歩!
c

感想戦がなかったので詳しいことが分からないのですが、後手玉を8三に呼んで、▲5六角で△7八成銀を抜いてしまうのを含みにしているようです。銀を捨ててここに歩を打つというのは、すごくかっこいい手筋です。実際、広瀬さんも、さらに△7三銀と受けに回らざるをえなくなり、次の局面では、中座さんの勝ちになっていました。
d

本譜は、▲7三歩と打ったので、後手玉が詰まなくなりましたが、今打ったばかりの銀を▲7三銀と成り捨ててから、▲5一角と打つのが、詰め将棋の手順のように鮮やかで、ピッタリ詰んでいました。終局直後のチラッと映った映像では、広瀬さんが、すかさずこの筋を指摘していました。やっぱり、終盤力にはすごいものがあるようです。
聞き手の山田久美さんが「なんとなく広瀬さんの指す手の感じが分かってきました。」、と最後に言っていましたが、広瀬さんは、とにかく自玉に王手や詰めろがかからない形になるように、あるいは、何手すきの争いで自分が一手勝ちになる手順を、瞬時に見抜いて、相穴熊にあう指し手を見つける嗅覚があるようです。まさしく、相穴熊のスペシャリストで、さらに本も売れることでしょう(笑)。
Aブロックでは、櫛田さんが三連勝しているので、決勝に出てもらいたいのですが、なんとなく広瀬さんが、とんでもない連勝をするような気がしてなりませんが、どうなることでしょう。

大和証券杯ネット将棋 公式ホームページ

女流ネット最強戦。先手中井さん、後手早水さんで、角換わりの将棋に。△8三歩の保留型がいき、また△6九角が厳しくて、速水さんがかなり良くなったそうです。中井さんは、ただひたすら紛れを求めるような苦しい展開になったのですが、▲2五歩で、一気に視界が開けて逆転模様に。将棋は怖いです。以下、自玉の堅さを生かして、しっかり勝ちきりました。
e

LPSA内の棋戦では、出場した大会には(多分)全て優勝している中井さんですが、やっと対外的にもいいところを見せてくれました(笑)。しかし、今度の日曜に早速対局があって、しかも里見さんが相手なのですか。このところ、二度ほど大切なところで痛い目に合わされているので、きっちり勝ってもらいたいのですが、何しろ里見さんの場合、ネット将棋がホームグラウンドですからねえ。どうなるのでしょう。とにかく楽しみな組み合わせです。
ちなみに、解説の阿久津さんは、かなりネアカな性格のように感じられました(笑)。

マイナビ女子オープンHP

マイナビ女子オープン。先手が千葉さんで、後手の山田さんが無理矢理矢倉に。千葉さんが激しく先攻しましたが、山田さんが機を見て反撃。△4五桂が実に気持ちのよさそうな手。先に、△5七歩を入れておいたのが効いています。本譜もそう進みましたが、▲同飛に△3六角と準王手飛車をかけ、以下きっちり勝ちきりました。
f

これで、山田さんがベスト4入り。トーナメント表を見ると、彼女以外に残っているのは若手ばかりです、ってこういう場合、他にどういう言い方をすれば適切なのでしょうか(笑)。
とにかく、私としては、この棋戦に限らず、やっぱり中井、山田あたりに、頑張っていただきたいなどと思っている次第であります。
コメントを承認制にさせていただいています。反映まで時間がかかりますが、お気軽にどうぞ。
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ