銀河戦

第二十期銀河戦決勝 羽生二冠vs阿久津七段

囲碁将棋チャンネルHP
(将棋の銀河戦のページで棋譜閲覧可能。)

阿久津先手で普通の角換わりに。羽生が後手の角換わりでよく用いる形に。今年の名人戦でも出ていた。先手が▲2五桂と跳ねて▲2八角と打って後手が飛車をきる展開になることが多い。
しかし、阿久津が流行の最新形を避けて▲2五歩として▲4五歩と仕掛ける形に。解説の島朗によると、かつて村山聖と羽生が20年前に指した形だそうである。
阿久津も手段を尽くして攻めるのだが、△4六歩と飛車角の焦点に垂らして受けたのがいかにも感触が良い。まだ優劣不明だが、受けている羽生の方にらしさが出ている。
阿久津の攻めがつながるか、羽生が攻めをきらせてしまうかという展開になったが、羽生がテクニックを使って巧みに正確に受け続けて、阿久津が攻めさせられていて、常に攻めがきれるのを心配しないといけない展開になった。
じっと△1四歩と香車を取りにゆく手など、とにくあせらずにじっくり受ける方針が徹底していた。
阿久津も角をきって香車を取っての田楽刺しで王手馬取りをかけてハッとさせる。しかし、羽生もその角を打って冷静に受けられてみるとなかなか攻めがみつからない。どこまで行っても、羽生の懐の深さに阿久津が手を持てあましている感じだった。
阿久津も自爆せずに▲6四歩と手を渡したが、羽生も負けずと△9二飛の得意の手渡し。阿久津が何をしても羽生が山のようにドッシリと構えて動じてくれない。
結局、島朗によると「阿久津さんが本来一番やりたくない俗筋の」▲6三角で迫る。しかし先手も必ずと金が出来るので後手も具体的にどう受けるか難しそうなところだ。
ところが、ここも羽生も再度の△4六歩と先手の飛車を近づけての△4三香。これがピッタリの受け、かつ攻めにもなっている。下手に攻めると香車が飛車にあたってきてしまう。羽生らしいセンスのよい受けで阿久津は参ってしまった。
とにかく本局は羽生の受けの強さと冷静さが光った。島の言うように、最近の羽生の将棋にはますます凄みのようなものが出てきていると思う。
将棋は満を持して羽生に攻める番が回ってきた。あとはどう攻めるかという感じになったのだが、島が特に感心していたのが△8六桂。
直前に△6七歩と叩いたので当然△5五桂と思いきや、こちらに桂。
島「この一手ほどレベルの高さを感じた事はありません。△5五桂より△8六桂が速いと分かると将棋はどれだけ楽しんでしょうね(笑う)。将棋って楽しいと思いますよ、これ分かっていると。(笑うしかないという感じで笑う。)」
以下、ゆるむことなくきちんと寄せて羽生勝ち。終ってみれば羽生の快勝譜である。最近の羽生の勝ちっぷりは、ちょっとこわいくらいである。
文中に何度も登場したように島朗の名解説ぶりが素晴らしかった。矢内も相変わらずの安定の聞き手ぶりで、島も気分良さそうに乗りに乗って喋っていた。
最後に特に印象的だった島による羽生分析、将棋分析を紹介しておこう。
「羽生さんの凄いのは、七冠の頃と比べるとタイトル数は減りましたが全然衰えてない事。むしろ、最近の方が凄みがあります。
今でも若手と最新形を指して、なおかつ競りあって勝つ凄みがあります。
羽生さんが40代になっても衰えないのは、知識の棚卸とでも言いますか、知識の更新が凄いと思うんですね。
知っている事を復習して、さらにその精度を高めているという気がします。単なる研究というよりは、自分の知識の整理が今までの棋士になかったと思います。特に記憶力の落ちてくる年代になって、それを集中的にされている印象があります。」
「類似形のある局面について。チェスの実験でも分かっているが、レーティングの高い棋士ほど、新しい局面としては見ないです。レーティングの低い棋士ほど新しい局面として見てしまう。
専門技術というのは、そういう技術を結びつけるという事。知識のネットワークの結びつけの強い人が勝ちます。情報をバラバラにしているだけでは結びつきません。」

棋王戦第三局 久保vs渡辺、銀河戦 小林裕vs阿部健、NHK杯 羽生vs渡辺


棋王戦中継サイト


先手久保で▲7六歩に後手渡辺△8四歩。石田流を回避した。渡辺としては、第一局がああいう負け方だったので気分的にはもう一度指してリベンジしたいところだろうが、ここは冷静にということだろうか。もし佐藤康光ならば、もし負けていてもこういう場合は絶対に石田流正面撃破を狙うのだろうが。と、こういう場合にいちいち佐藤の名前を出して申し訳ないが。
それにしても、久保振り飛車は最近ますます面白くなってきた。端歩つき越し形の穴熊。突っ張った指し方である。渡辺はバランスをとってまずは銀冠。二人の態度が対照的で面白い。
さらに、久保は端からの逆襲を防ぐために、銀冠穴熊に組み替えるが、なんせ金銀二枚で心細い。
さらに、渡辺が7筋から動いてきたのに対して▲3七桂と早々に穴熊のパンツを脱ぐ。形なんかどうでもいいんですよという自由奔放な指し回しである。段々、久保振り飛車が本来力戦の「関西」の血に目覚めつつあるとでもいうか。
一方の渡辺は、しっかりした陣形から穴熊への組み換え。堂々とした王道の現代将棋である。久保と渡辺の将棋思想が正面からぶつかりあっているかのようだ。
普通に考えれば渡辺作戦勝ちなのだが、久保は▲6三銀打ちからもたれて渡辺の大駒を押さえ込みにかかる。するといつの間にか久保も指せる。あるいは良いくらいに。こういう久保マジックを何度も目撃する。盤面全体の捉え方の感覚が常人とは違うのだろう。なにか将棋を指す上での悟りを開いたような独特な指し方である。▲6三銀のもたれ打ちは、なんとその後もう一度現れる。
しかし、渡辺も強靭な受けで決め手を与えない。今日のNHK杯の羽生相手の受けもそうだったが、守勢というよりはちゃんと攻めないと許しませんよという迫力のある受けなのだ。
そして、一分将棋になった渡辺が意を決して攻めに出た5七金▲以下の同飛△6六角▲5八飛△5七歩▲6六角△5八歩成の過激というかわけのわからない順。しかし、進んでみると久保優勢になって一気に以下寄せてしまったので、渡辺に何か重大な誤算があったのだろか。感想コメントを待とう。
色々あったが、全体としては久保の自由奔放、変幻自在、異常感覚、天上天下唯我独尊とでもいうべき個性的この上ない将棋が印象に残った。久保に挑戦中の、渡辺、豊島といった本格的で真面目な居飛車党が久保台風に巻き込まれてしまって、全然自分のペースで指せていない様にも思える。
ところで、チャット解説の佐藤紳哉は、随所にらしい小ネタをちりばめながらも、将棋の手自体は真面目に熱心に解説していた。私などが、つい色々ツッコミたくなってイライラすることなども、きっと織り込み済みなのだろう。

囲碁将棋チャンネルHP(棋譜閲覧可能)

小林先手で相矢倉模様から、後手の阿部が△3二銀型の工夫。急戦をみせて先手の小林も早めに▲2六歩として飛車先不突き矢倉ではなくなる。さらに、阿部が右銀を△5三から△4四へ盛り上がると見せかけて、小林が早囲いにしたのに反応して△6四銀から攻め合いに。早囲いの玉を直撃する狙いである。定跡形ではない力戦矢倉になった。
この辺の駆け引きが大変面白かった。かつての矢倉は定跡手順を課題局面までたどってその後どうかというところがあったが、阿部は独自の工夫をして、相手の出方をみて柔軟に対応しいてるとうに思えた。「なるべく形を決めずに相手の出方に応じて自分の作戦を決める。」という現代将棋勝又テーゼの考え方の実践である。そもそも一手損の思想というのが究極の「形を決めない」思想なのだ。
阿部は研究家として知られているが、いわゆる定跡形をそのまま指すのでなくて、定跡を全て研究した上で、そこにどういうオリジナルの工夫を加えられるかという考え方で指すタイプだと思う。そこには、同門の兄弟子で研究相手でもある藤井の影響も大きいのだろう。
この矢倉でなく高美濃の形のまま攻めるのは、藤井が深浦相手に去年の王座戦挑決で快勝したのが印象的だった。一昨日のB2順位戦いでも後手が高美濃の形で攻めようとする将棋が二局あった。その形自体は昔からあるのかもしれないが、最近採用が増えているのには藤井矢倉の思想の影響が大きいのではないだろうか。
藤井は藤井システムで振り飛車の世界に根本的な革命を起こしたが、矢倉の世界でも、その本質的な思想の洗い直しを惹起させ、激しい地殻変動をひきおこしているような気がする。
というわけで、今年の升田幸三賞には「藤井矢倉」がふさわしいのではないかと個人的には考えている。
将棋自体は激しい攻め合いになり、両者とも感想戦で「自信がない」という難解な戦いになり、双方に後悔する手も出たようだが、最後は阿部が小林玉に必死をかけて勝ち。
早指しの強さに定評のある小林も破って阿部は破竹の6連勝。早くも決勝トーナメント進出を決めた。

NHK杯HP(棋譜閲覧可能)

竜王戦以来、待望の再戦。テレビの前でドキドキして見てましてた。やはり、現在ではこのカードがスペシャル中のスペシャルです。

まず、解説に郷田を持ってきたことを褒めたい。この二人の角換わりを解説するのは、郷田か丸山しかいないから。但し、渡辺2手目△8四歩でなりかけたが、羽生の選択したのは矢倉。
インタビューでは二人とも、「準決勝だから。そして相手が渡辺さんだから、羽生さんだから」と同じことを言っていた。まさしくライバルである。ちなみに、名人と竜王は同格だが、駒箱を開けていたのは羽生。渡辺が譲ったのだろうか。それとも何か細かいきまりとかあるのかな。
対局開始前に、羽生がフゥーーとため息をついて気を落ち着けている。気合十分で、そういうのが自然に出るのが羽生流。
それにしても開始からのノンストップでの進行ぶりはすごかった。いくら定跡形だとは言っても常軌を逸しているくらいに進んだ。かつて、この二人が朝日杯で戦ったときも角換わりで同じくらい猛スピードで進んだことがあって、その時私は堀口一史座と堀口一史座が戦っているようだと表現したのだけれど、今回は糸谷哲郎と糸谷哲郎が戦っているようだといっておこう。
とにかく、この二人が戦うと確実に何かが激しくぶつかりあう。ものすごい緊張感である。かつて色々なライバル関係があったが、こういうはっきりとお互いに譲らない感じはあまりなかった。谷川をはじめとして基本時に皆紳士ということもあったし、あの大山も若き日の中原にはあまり激しい闘志を燃やすという感じではなかった。となると、この二人の関係に近いのは、さらに遡って、大山vs升田とか木村vs升田ということになるのかもしれない。
勿論、羽生も渡辺も、古き時代のライバルのように表だって口でやりあったりはしないが、そのかわりに、指し方や指し手に黙って表現されるものに、私はそれと同等の激しさを感じ取ってしまうのだ。
しかもだ。なんと竜王戦第二局と全く同一手順をたどり続ける。わずか数分間で、竜王戦第一日の棋譜を並べ終えてしまった。

(参考)竜王戦中継サイトより 第二局棋譜

あの将棋は、先手羽生の▲4六銀・▲3七桂型に対して後手の渡辺は△9五歩型。先手が▲6五歩の宮田新手という定跡手順から、羽生が「コロンブスの卵」といわれた▲1五香の新手を出して、先手がよくなったが、渡辺の端歩攻めが鋭く、羽生も対応を間違え、渡辺の逆転勝ちだった。
と言われているのだが、渡辺は実は逆転勝ちではなくて、この将棋は私の方が本来よい将棋だったと主張しているわけである。羽生が新定跡を発見してよくなった、というところから全否定にかかっているのだ。もし勝てば往復ビンタである。しかも、注目の集まるNHK杯で。渡辺もこわい男である。
本譜の▲6四銀で、竜王戦では▲1三桂成だった。つまり、羽生の方から、この方がよりよいと修正してきた。
竜王戦の際も、この順は検討されていて、以下▲6四銀△同歩▲3五飛△2四銀▲1一角で先手も指せるとされていた。しかし、羽生はここでも▲1一角成ではなく、このタイミングで▲1三桂成。
当然▲1一角とするとどうなるかが気になるのだが感想戦で種あかししていた。▲1一角△3一玉▲3二飛成△同玉▲2二歩△2五成銀▲2一歩成△3三銀上に▲3七桂△3六成銀▲2五桂△同銀▲1三角成△2一玉▲3三角成△同金▲3一金。で、きわどいながらも先手の攻めがが切れていると。
羽生が手順を主導していたが、渡辺もこの順は把握していたようにも見えた。渡辺がこの形を採用したからには、当然この変化でも指せると考えていたはずだ。それを羽生が看破していて変化したわけである。渡辺の恐ろしい罠。
この辺は、二人が事前にお互いにどういう研究をしていたか真相はよく分からないが、ものすごくスリリングだった。
以下も、羽生の攻めがつながるか、あるいは切れたりぬるくなって、その瞬間に持ち駒豊富な渡辺が△8六桂などと反攻して後手勝ちになるか、最後まで緊張感のある局面が続いた。
結局、羽生が細そうな攻めを緻密に芸術的につなげて勝ち。投了図だけみると先手が一方的に攻めて終わったように見えるが、そこに至る過程に実にみごたえがある将棋だった。
郷田の言っていたように「羽生さんの名局」である。
そして、既に少しふれたが感想戦が実に濃密だった。一番のポイントは▲7一馬に一度△8三飛と逃げて▲7二馬とさせて馬の位置をずせたらどうかということだったようである。
感想戦でもギリギリの攻防が繰り広げられていた。二人とも、言葉も表情もやわらかかったが、まだ戦い続けていたようにも思えた。
渡辺としては、NHK杯ではまだ優勝がないので、羽生の三連覇の可能性を自分でとめたかったところだろう。一方の、羽生も竜王戦の結果を受けているので、ここで負けると王者交代のイメージを持たれかねないので特に負けられない戦いだったと思う。
というわけで、竜王戦の借りを羽生が少しだけ返した。しかし、竜王戦をみても今日の戦いを見ても、お互いに勝ったり負けたりのハードな戦いが当分続くような気がする。しかも、この二人の場合、大変シビアな妥協のない戦いになる。見ている側にとってもしんどいが、やはり現在一番魅力的なカードであることは間違いない。
今回の名人戦でみたかったような、やっぱり後回しになってよかったような複雑な心境である。

女流ネット最強戦 里見vs矢内、天河戦 石橋vs中井、銀河戦 広瀬vs糸谷、NHK杯 丸山vs三浦

大和証券杯ネット将棋公式ホームページ

先手里見で中飛車。後手の矢内は居飛車の意思表示。最近ゴキゲンを多用しているが、相手にゴキゲンをされた場合の対策も兼ねているのかもしれない。
後手の金銀四枚の銀冠穴熊に対して先手は片銀冠。玉の硬さだけだと大差だ。普通に見れば先手作戦負け。
矢内が千日手のゆさぶりをかけたが、里見は千日手にはせず。
どうするのかと思ったら里見が▲8四角から▲7四歩で手をつくりにいき、攻めるのでなく龍を自陣にひきつける「大山流」。
苦しそうながらも粘り強い振り飛車らしい指し方だ。龍をしっかりひきつけると後手の穴熊も駒が片寄りすぎているようにも見える。
矢内が玉頭から攻めかかる手もあったようだが、龍を4七に回られて攻めにくくなってしまったようである。
さらに強気にいったりしっかり受けたりの緩急自在な指しまわしで、いつの間にか優位に。なんとなくだが、攻め合わないで受けに回りがちな矢内の棋風を見透かしているようにも思えた。これも、大山流?
但し、普通に△6五銀と打っておけば居飛車も指せてまだ難しかったようである。
本譜は▲7七歩で後手の馬を働かなくさせ。後手のガチガチの穴熊にと金攻めを間に合わせてあっという間に穴熊崩壊。
うすい片銀冠が、ガチガチの銀冠穴熊を退治してしまった。振り飛車党ならこういった穴熊退治に憧れるだろう。
前回の上田戦といい、薄い玉形で芸術的に指して居飛車穴熊を負かした。玉の堅さ絶対主義の現代将棋の風潮に一石を投じた、といったら大袈裟か。
里見は大山将棋に憧れているそうだが、この穴熊退治の仕方はちよっと大山を連想させる。本当に里見は見ていてワクワクさせてくれるし、ゼニの取れる将棋を指してくれる棋士だ。

NTTル・パルク杯 第3期天河戦中継サイト

先手の中井の▲2六歩に対して後手の石橋は△7二飛。個人的には、こんなのをネット対局でされたらカッとなりそうだが、中井は大人の対応で飛車先の歩を交換したことに満足して引き飛車にして普通に組んでいた。ところで、この△7二飛を具体的にとがめようとしたら、どうすればいいのだろうか。引き飛車にしないで浮き飛車、あるいは突っ張って▲2五飛にしてみるとか。角道がつけないので引き角にするとか。私にはよく分からない。
中井が相掛かりの棒銀のような構えから右銀を細かく動かして玉に寄せ、石橋は横歩取り△8五飛の松尾流△5二玉で構えるという、ちょっと不思議なお互いわが道をいく展開に。
お互いに馬をつくりあったが、と金が出来た分石橋がポイントをかせいだのだろうか。さらに金桂交換になり駒得を重ねて先手玉に厳しく迫って優勢に。中井も必死の勝負手で迫ったが石橋が冷静にかわして勝ち。
変った石橋の序盤を中井がうまくとがめることが出来なかった感じである。具体的に中井のどこが問題だったのだろうか。駒組の構想からしてうまくなかったのだろうか。

囲碁将棋チャンネルHP(棋譜閲覧可能)

広瀬先手で▲7六歩△8四歩の出だし。糸谷の△8四歩は珍しいが広瀬相手で振り飛車を想定して引き角をやりたっかたということか。若い世代ほど合理的あるいはシビアにこだわりなく指し手を選ぶという印象。例えば、谷川あたりなら相手をみてというのはやらないところだろう。
その後駆け引きがあって、角交換で広瀬の中飛車に。広瀬が穴熊で糸谷が右辺の位をとって盛り上がり、広瀬は8筋に飛車を転換して仕掛けて飛車交換に。そのあたりで△6二桂と一見ただ受けるだけのような桂を平気で打っていたのがらしいと思った。ベテランには打ちにくそうな感じの手だが若い棋士はこういう手に抵抗がないような気がする。
糸谷の飛車打ちからの攻めの方が厳しそうだったが、広瀬が▲1六角や▲7七飛といった流石の工夫の勝負手を披露して迫力ある終盤に。
糸谷が穴熊に厳しく迫ってすぐ終わりそうに見えたが、ここもさすがに穴熊スペシャリストで▲6九飛の自陣飛車で粘って簡単には土俵をわらなかったが、糸谷が一度は受けに回って勝ちを決めて逃げ切った。
少し苦しめのところから、気がつきにくい勝負手を連発した広瀬の終盤力もさすがだったし、それに苦しめられながらもきちんと勝ちきった糸谷も強かった。さすがに二人とも終盤力が高くて、それを広瀬は王位戦でも証明していたが、糸谷も互角に渡り合っている感じだった。将来タイトル戦でこの組み合わせになっても全然不思議ではないだろう。と思わせる二人の強さだった。
感想戦によると、広瀬のひねった▲7七飛が問題で、▲5三と△同金▲5一飛△4二銀▲7一飛成として糸谷が穴熊を攻めきれるかどうか難しかったようである。感想戦でも二人ともさすがに手の見え方が違うと感じた。

NHK杯HP(棋譜閲覧可能)

丸山先手で横歩取りに。後手の三浦が△8四飛と引いて中住まいにする少し古い形に。解説の深浦によると、かつては後手から角交換して△3三桂から△2五歩として駒組みして一局という将棋だったが、三浦が角交換しなかったのが工夫ということである。現代風の形を決めない発想なのだろうか。研究家の三浦らしく入念に準備したのであろう意表の作戦を短い時間の将棋でぶつけてきた。
その場で対応しなければならない丸山も大変だったろうが、自然に3筋を伸ばすなど、無理なく対応していた。三浦が両方の桂馬を跳ねて飛車も5四に回って、先手が玉だけで守っている玉頭を狙っているあたりではいかにも先手が気持悪そうにも見えた。
しかし丸山も▲5六角と受けて3筋の桂頭を攻めるのをみせ、一方三浦も飛車を細かく何度も動かして桂頭のピンチをしのいでおさめた。この辺の攻防は、さすがにA級同士だけあって見応えがあった。
三浦から攻めに出たが、やはり丸山が的確に受けて決め手を与えない。三浦が事前に丸山相手だと攻めきるのが容易ではないといっていたのが正直な感想なのだなと感じる展開に。
さらに三浦が守りの金を繰り出して攻めに行ったが、その際の丸山のカウンターが厳しすぎて、先手がよくなったようである。以下、丸山らしく激辛で受けきると見せて、さいごは思い切って踏み込んできっちり勝ちきった。この将棋を見る限りでは、三浦の攻めを丸山が柔かく巧みにうけとめてしまって、二人の対戦成績でも丸山がリードしているのが何となく納得できてしまう内容だった。
三浦は終局直後に集中しすぎていたためか丸山が話しかけても言葉が出てこない。
「いやいやいや・・。うーん?いやいやいやいや・・。えーーーっと。えーーーっと?」
やはり加藤一二三の後継者は三浦弘行しかいない。



銀河戦 真田vs金井

囲碁将棋チャンネルHP(棋譜閲覧可能)

金井先手で相矢倉。先手▲4六銀▲3七桂戦法に、後手真田の△8五歩型から、先手が穴熊にして後手が△6四角と牽制するという数年前にはよく指された形。今のゴキゲン超速▲3七銀とおなじくらい流行したが、今や後手が矢倉にするのが珍しい、そもそも二手目△8四歩に決断がいるという時代になってしまった。本当にここ数年で将棋の戦法の根幹が様変わりした感じで、我々ファンは今を見ておかないとプロ将棋が訳わからなくなってしまうだろう。別の言い方をすると野次馬「観る」ファンとしては楽しい時代である。
金井が矢倉らしく飛車を見捨てて猛攻したが、真田が入玉含みで受けて、途中からは完全に真田玉がつかまらなくなってしまった。飛車を見捨てずに、じっと▲2九飛と逃げておけば、後手も指し方が難しく先手もやれたという感想だった。また、一度飛車を逃げたために△3八飛と打たれたのもまずかった。飛車を打てて真田は手ごたえを感じたそうである。さらに▲6四歩がぬるく、まだしも▲5六桂と厳しくせまるべきだったとのことである。
最後は真田らしく入玉もせずに意地悪もせずにサッパリ決めて勝ち。
解説の櫛田が、金井は礼儀正しくて謙虚で今時の若手には珍しいタイプだと言っていた。納得。
斎田によると、企画で金井は中村太地と「王子対決」なる将棋をやったそうである。これについても櫛田が「なんで二人が王子様なんですか?よくわからないですね。そうですかね。」とごくごく正直な感想を述べていたのであった。

NHK杯 羽生vs佐藤康、女流ネット最強戦 甲斐vs中井、銀河戦 脇vs大平

大和証券ネット将棋サイト

後手の甲斐のゴキゲンに先手中井の超速▲3七銀。空前の大流行と言いたくなる(笑)。
後手が3筋から動いて戦いに。少し中井が良さそうながら、難しそうな局面からさすがにお互いに筋のはずさない手で均衡を保ってレベルが高いと感じた。
中井が、▲5五成銀から▲4五成銀と受けに回ったのが巧みで優勢になったように見えた。だが、その後も受けに回るのでなく、桂香を拾って攻めあい、甲斐もと金攻めで迫り、中井も少しあせらされる感じに。但し、甲斐は攻めが細くて悪いと感じていたそうである。
中井は受けに金を使ってもらってよくなったと感じたそうである。その後も中井が攻め続けて最後もきわどそうだったが後手玉を見事に詰まして一手勝ち。
最後解説の西尾が△8二玉で詰まないのではと聞いたら、二人から即座に詰み筋の答が返ってきたのがおかしかった。女流もしっかりしていてレベルが高いということを、西尾さんが身を持って証明してくれる形になりました(笑)。
中井は三連覇に王手。

囲碁将棋チャンネルHP(棋譜閲覧可能)

脇先手で相矢倉。後手の大平が、本家の脇システムを受けて立った。勿論私は脇システムの定跡など知らない(自慢することじゃありません。)ものすぐい勢いで進んだが、感想戦によると△4六馬に▲3七銀としたのが新手で、そこまで前例があったそうである。だからほとんど止まらなかったのか。
脇の攻めを大平が角と金銀の二枚換えをして入玉含みで受ける展開に。入玉を阻止するのが難しそうで大平が良さそうに見えた。大駒三枚持っている脇は相入玉を目指す方法もあったと思うが、大平玉を必死に捕まえに行った。この辺は棋風なのだろう。結局大平が完全に入玉して脇投了。

NHK杯HP(棋譜閲覧可能)

すごい将棋だったので、記事のトリに持ってきました。
後手佐藤のゴキゲンで、相穴熊に。解説の加藤一二三先生が「対局前に羽生さんは最初から緊迫感のある将棋になればといっていましたが、そうはなっていませんね。」と、ごもっともなツッコミをして和ませつつ、じっくりとした展開に。
佐藤が△2五桂とはねたのに対して、羽生は左辺から動いていき、角を切って金と交換して後手の穴熊を弱体化させたが、佐藤も△8七歩のたたきをいれつつ4四角のにらみを利かせて攻めを見せる。羽生も端攻めから露骨な金の打ちこみと実戦的な迫り方をしたが、素人目にも振り飛車がよさそうに見えた。
しかし、羽生の▲7五歩を手抜いて佐藤も△7六歩、さらに▲7四歩△7七歩成▲7三歩成と何回お互いに手抜けば気が済むのだという加藤先生もビックリ?の過激な順で局面が一気に緊迫。
しかし、結局お互いに手を戻して、羽生が▲9八玉と詰めろを解消しながら逃げて佐藤が△9四香と打ったところでは佐藤勝ちになったように見えた。そして問題は▲9五歩△同香となった局面。普通に▲9六歩だと△7九龍で困る。羽生絶体絶命か?
以下文字で再現してみよう。
羽生▲9六金!!!!!!!!!
加藤 ああぁ!うわぁーーっと!驚きました。いやぁーーー!ひやぁーーー!もう、大変な驚きの一着で。うーーーん、こんな手がありましたか。
さて、この驚きの一着がでまして▲9六金。ひやぁーー、いやぁーーー。これは、うわぁーー、にわかに、うわぁーー。これ、うなりれましたね。うわぁーーー。
加藤先生、あなたは擬音語のデパートですか。加藤先生、あなたはかつての長嶋茂雄ですか。うわぁーー(私までつられた)。
録画を何度も巻き戻してみたら、佐藤も指された後に一瞬間があって、目を見開いて驚いていたようにも見えた。
金をただ捨てすることで、先手玉の上部脱出が可能になり、風前の灯だった先手玉が一瞬にして全然簡単にはつかまらなくなってしまったのだ。
以下も、佐藤も粘りに出て長い戦いが続き、佐藤がもしかしたら再度逆転かというところまで追い込んだが、羽生が逃げ切って勝ち。
但し、感想戦がなっかたので対局者二人の対局中の形勢判断はよく分からない。
とにかく、▲9六金は目の覚めるような一着だった。
今年はNHK杯の60回記念大会。そして、羽生の伝説の▲5二銀をくらったのが加藤一二三。羽生の新たな伝説の▲9六金を解説したのが加藤で、何か因縁めいたものを感じずにはいられなかった。
また、羽生が中川に大逆転勝ちした将棋を解説していたのも加藤。加藤が羽生の将棋を解説すると何かが起こるのだ。


女流名人戦 清水vs里見、NHK杯 鈴木vs糸谷、銀河戦 遠山vs長岡

女流名人戦は里見さんの会心譜だった。
清水さんの仕掛けに問題があったらしく、うまく対応した里見さんが優位に立ったのだが、その後はまるで振り飛車はこうやって勝つものだという講座のような展開に。清水さんがこんな負け方をするのも珍しい。
まずは、相手の攻めを丁寧にいなして封じ込めて自玉の美濃は鉄壁。相手が馬を作って粘ろうとしても許さず、飛車で桂香を悠々と拾って、▲2六香。この香車を打って▲2三香成から▲4一竜を狙うというのは舟囲い攻略の基本中の基本で、それがこのように綺麗に実戦で実現したのも珍しいのではないだろうか。
振り飛車党なら、▲2六香の瞬間に「打つ、打つ!」と一斉に唱和してしまったのではないだろうか。「クイズ100人に聞きました」の客のように。と、たとえが古いのは大盤解説担当が豊川先生だったこととは特に関係ない。
豊川先生は和服でビシッと決め手相変わらずファンサービスに努められていたようである。棋譜解説でも「タラちゃん」という相変わらずのダジャレが飛び出していた。ここをご覧の将棋ファンの方ならすぐ理解できるかもしれないが、もしかすると初級者の方はわからなかったかもしれないので、念のために説明しよう。
豊川先生が指摘していた▲7二歩のように。敵陣などに歩を打って次にと金を作ったり駒を打ち込むのを狙うのを「垂れ歩」と呼ぶ。その歩を「垂らす」を「タラちゃん」とかけたというわけである。
このようにダジャレを解説するというのはそもそも反則攻撃であり、ただでさえオヤジギャグ気味なのにその面白さをさらに半減させる行為だと承知はしているが、あくまで将棋の解説のために心を鬼にして申し上げたのでなにとぞご了承いただきたい。

さて、(何がさてだ)NHK杯。糸谷流対振り飛車右玉の記念すべきお披露目の舞台となった。糸谷のデビュー当時に大変話題になったのだが、私もそうだがなかなか実際に見る機会がなかった人も多いのではないかと思う。
確かに組みあがってみると、振り飛車の飛車と対面して自玉が位置しているが、金銀が密集していて右辺から振り飛車が攻めたり捌いたりするというイメージがわかない。本局でもそうなったが、結局振り飛車の玉がある左辺が戦いが起こる事が多いのかも知れず、一見奇異に見えるが実は理にかなっているのかもしれない。
それにしても糸谷の指し手は止まらない。解説の片上六段がさかんに言っていたが、時間をかけないと勝ちを読みきれないし普通なら読みたくなるようなところも、本当にヒョイヒョイ指してしまう。片上分析によると、これが糸谷流の終盤で、どんどん指しても決して大きなミスは犯さず勝ちきってしまうそうである。その話を聞きながら、それってちょっと現在のソフトの終盤み たいじゃん、と思ってしまった。
感想戦も面白かった。糸谷は鈴木の早い玉あがりをみて穴熊かと思ったそうである。
鈴木 後輩には穴熊を組まないのを知らないんですねえ。
糸谷 あっ、そうなんですか。
鈴木も最近糸谷流は指してないのであまり研究していなかったとのこと。二人ともマイペースである。
鈴木の△4五歩を糸谷が▲同桂と堂々と取ったのがポイントで、鈴木は普通なら取るべき香車をとりきれず、後はひどい目に会った。
鈴木 (香車を)取ったらすごい(自分が)良さそうな顔をして取れなかったね。取れるもんじゃないという顔で取られて。
片上 どうだって顔していましたもんね。
糸谷恐縮。確かにライブでも糸谷がそういう顔をして鈴木を見ているのをカメラが捉えていた。まっすぐな糸谷流である。
鈴木 こんなにうまいとは思わなかったですね。糸谷流はやられたら何とかなると思っていたら何ともならないなあ。いい戦法ですね。
がしめの言葉だった。鈴木先生も人がよい。

やはり片上解説だった銀河戦の遠山vs長岡がとても面白い将棋だったことを思い出したのでそれについても少々。
先手長岡で後手の遠山がゴキゲン中飛車。先手の長岡が早めに▲6六歩を突いて向かい飛車にするのを牽制する研究手順を採用。結果として先手がほとんど無条件に馬をつくることに成功して優勢に。ゴキゲン党としては少し対策が気になる順だった。
しかし、それ以上に驚いたのはゴキゲン側の粘り方だった。結局先手が金銀と桂交換のものすごい駒得になり、なおかつ先手陣は馬つきの金銀四枚で、普通に見れば将棋が終わったように見えた。しかし片上解説によるとそうでもないということである。ゴキゲン側は最近は御馴染みの片銀冠。これが予想以上に堅いのを発見したのは鈴木八段だそうで、金にヒモがついていて、変な表現だが玉にもヒモがついていて堅く、上部も厚くて自分の方から端攻めも可能。本局では、遠山陣はその片銀冠に飛車と角がくっついていて、残りの右辺は完全に焦土状態という構えだが、それでも十分戦えるという。そういう一種現代風ともいえる局面の捉え方・考え方に何より驚いた。囲碁将棋チャンネルの銀河戦Eブロックで棋譜を閲覧可能なので、興味のある方はご覧になられると良いと思う。
とはいえ、さすがに駒得が大きくて厳密には居飛車有利だったようだが、最後は遠山に次々に桂を跳ねて詰めろ逃れにするいかにも気持ち良さそうな手順が生じて勝った。
現代風の振り飛車では、悪くなってもこのように指せばよいという感覚が参考になる一局だった。

銀河戦 神吉&櫛田旋風吹き荒れる

ちょっと大げさにタイトルをかましてしまったが、神吉さんは現在四連勝中で、櫛田さんは昨日の放映で豊島五段に止められたがそれでも四連勝した。
櫛田さんは特に早指しでは滅法強くて、もうこれくらいでは驚かない。特に相手が居飛車を選択して四間飛車に振ることができた時は、ほとんど作戦勝ちしている。ノーマル振り飛車の危機が叫ばれて久しいが、多分櫛田さんに言わせば「ヴァージニア・ウルフなんてこわくない」ならぬ「居飛車穴熊なんてこわくない」であって、実際に結果を残しているのが凄いところである。
特に有望とされる若手相手にも格の違いさえ感じさせる堂々たる勝ちっぷりで、昨今若手が基本的に強いなどと言われるが、本当なのかなあと思わせてくれて、オジンファンとしては快哉を叫びたくなるところである。
昨日の豊島戦は決勝進出のためにも重要な対局だった。普通四連勝もすればほぼ決まりだが、豊島の場合は軽くもっと連勝しかねないので、櫛田にすれば直接叩いておきたかったところだろう。
櫛田はいつもの様に初手をすぐには指さずに時間をとって精神を集中してから△7六歩。こういうちょっと古風なところも櫛田の魅力である。その間、豊島はいつもの通り飄々とした様子で、櫛田がなかなか指さないのを怪訝そうに見つめている。「一体このオジサンは何を考えているんだろう」・・、と思っているわけでは決してないのだろうが。
そして間髪いれず△3四歩。櫛田▲6六歩に対して、豊島、やはりサラリと△3二飛。
クッシーファンならば、「なんだよー」と声を出してしまっただろう。豊島君だったら、櫛田さんの四間飛車を堂々と受けてくれると思ったのにと。勿論、作戦は作戦である。またこのように割り切って考えるのも現代的な豊島らしいのかもしれない。でも、やっぱりちょっと残念だった。
将棋は豊島がさすがの終盤の切れ味を見せて快勝だった。
そういえば、NHK杯でも丸山九段が櫛田の四間飛車を受けずに、変則的な相居飛車に持ちこんで勝っていた。こうして強い棋士たちが避けていることこそ、櫛田の四間飛車が認められている証拠といえるのかもしれない。しかし、やはり特にトッブの居飛車党には、櫛田の四間飛車に居飛車穴熊で堂々と対抗して欲しいもらいたいものである。かつて米長永世棋聖が「横歩を取れないような男に負けては、ご先祖様に申しわけがたたない」と挑発して、対戦相手の南九段が横歩を取って応じたことがあった。
私としては、「櫛田さんの四間飛車を避けて通るようなトップ棋士はご先祖様に申し訳がたたない」(意味不明)といいたいところである。もし決勝トーナメントに進んでトップ棋士に当たるような時のためにね。

一方の神吉さんは、現在も連勝中である。
3六の歩を早めに突く神吉流三間飛車で快進撃を続けている。角を5九から3七に転換しようとする狙いである。最新の対戦相手は研究熱心な金井四段で、神吉の三間を予想してしたそうである。そして解説の佐藤紳哉六段に「6一の金を動かさずに指すので見ていてください」と事前に宣言していたそうである。しかし、実際は神吉さんがうまく相手の守備網を食い破って圧倒的優勢を築き上げ、さらに良くなってからは、一転して憎いほどの冷静沈着な指し回しで完勝だった。もともと早指しには定評のある先生だが、それにしても強い。さらに、感想戦では金井流の△6一金型居飛車穴熊に対しても、「それは三間飛車としては嫌なところもあるけれども、その金の位置だとまたバランスが悪くなるという意味もある、こちらも何百局と経験があるから」、と貫禄の発言をしていた。実戦経験の豊富な三間飛車なのだろう。櫛田流の徹底的に研究してある四間飛車とはまた一味違う、実戦で鍛え上げた関西流の力戦三間飛車。
そして、将棋以外にも、勿論パフォーマンスもおさおさ怠りない。駒を並べている時から相手に話しかけ、前局の山本さんなどは完全に笑わされてしまっていた。飛車を振るときにも、「これでいこう」とか何とか言っていたし。
聞き手は山口さんで、金井さんが本格的で堂々とした将棋ときいて「じゃあ横綱相撲ですね」というと、解説の佐藤紳哉六段は、その絶好球を受けて「いや、横綱はどちらかというと神吉さんですね。」と基本に忠実にセンター返しで答えたりしつつ、番組は和やかに進行して行くのだった・・。
感想戦でも神吉さんはサービス満点。ハッシーが時折カメラ目線をチラリとにやるが、神吉さんの場合はもう堂々たるものである、カメラをしっかり見据えて視聴者に話しかけてしまうのである。神吉さんだから許される業と言えるだろう。
それにしても、金井四段も近来稀に見る好青年である。負けても悪びれることなく話し、佐藤に「ひどい順を選んでしまったね」といわれると「そんな言い方はないっすよー」と。神吉さんがその場にいるだけで何かおかしくなのだろうか。
神吉さんはファッションも徹底していて、毎回原色系のど派手なスーツ。さらに眼鏡、ハンカチ、靴下の色まで同色でそろえてコーディネート。今まで、ピンク、黄色、紫、オレンジで次回もお楽しみにとのこと。
前回の対局で、聞き手の山口さんが「じゃあ、決勝まで行ったら金色ですね。」と。なるほどね、そりゃ分かりやすくていいや。

ものぐさ将棋観戦日記 1/26(月)-銀河戦 糸谷vs宮田敦、A級順位戦

落語に「長短」というのがある。ものすごく気が長い奴とものすごく短気な奴が登場して、その対比を楽しむという噺である。柳家小三治師匠などで聴くと絶品だ。
銀河戦の、宮田敦vs糸谷は、まさしく「長短」だった。宮田が序盤から慎重に一手一手考えて時間をどんどん消費していく。一方の糸谷は、宮田が指すとほとんどノータイム。宮田が考慮時間も使いきったときに、糸谷はまだもともととの持ち時間を3分しか使っていなかった。極端すぎる。
また、宮田が考慮に考慮を重ねた末に、一体どんな手を指すのかと思うと、それがごくごく平凡な普通の手なのだ。ちょっとした加藤一二三の再来である。
それに対して、糸谷は、まさに間髪いれずに応対。本当に「長短」の落語みたに、「ええぃ、じれってい」とばかりに。糸谷は江戸っ子じゃないけどね。
結果は糸谷快勝だったのだが、あまりに早く終局して、感想戦が終了しても、まだ9:03だった。いやはや。

A級順位戦は大変な混戦になった。よく言われるように誰が挑戦するかよりも、誰が陥落するかの方が興味をひいてしまう。私を含めた人間の悲しい性なのだが、まあそういう意味では理想的ではある。とはいえ本当にビッグネームガともしかするとという可能性もあり、応援している人間の身としてはたまらないだろう。
七回戦も面白い将棋が多かった。得にA級の場合、速報の棋譜解説も懇切丁寧なので、全てきちんと読むとある程度のことは分かる。とはいっても郷田vs森内戦など、解説を読んでいても形勢判断などがなかなか出来ない難しい将棋である。特に相居飛車は分かりにくいのが多い。そういう将棋を森内相手に勝ちきった郷田には、やはり地力を感じる。現時点では自力挑戦の目がある。
藤井Vs丸山は、ちょっとした角を打つタイミングで形勢が傾き、丸山はその辺の折衝で既に自信がなかったそうである。勿論漠然と私が見ているとまだまだ全然分からない局面なのだが。プロの将棋は厳しい。
鈴木vs深浦は、深浦側が居飛穴なのに、鈴木は敢えて強襲をかけさせて、強気に指していた。実際その大局観が優れていたらしい。パッと見、穴熊がそのまま残っていて、振り飛車は金一枚しか残っていなくて大丈夫かと思えるが、実ははっきり振り飛車が良いという場面に鈴木は局面を導いていた。素直にプロの読みや大局観はすごいと思う。

銀河戦 準決勝 森内九段vs三浦八段

棋譜は囲碁将棋チャンネルの銀河戦のページにて

三浦さんの工夫で話題の一局ですが、録画ミス等諸々あって、やっとこさ見ることが出来ました。
csa12手
図で△2三歩と受けたのが、解説の森下九段言われるところの「二十年ぶりくらいに見た手」。三浦さんは横歩取りの将棋でも、常に独自の研究をしていて、主流の△3三角ではなく△3三桂を用いたり、あるいは一時期は相横歩取りを多用していました。そして、ついに超レトロな定跡に挑戦。定説では先手良しとして長らく「消えた戦法」になっていた△2三歩です。
csa17手
この▲3二飛成は、私が本当に将棋を始めたころに読んだ定跡の基本書でなんとなく覚えがあります。正確な表現は覚えていませんが、「角を打たれて困ったようですが、こうして飛車金交換してしまうのが好判断で、後手の馬つくりを阻止してしまえば先手が良いのです。」とか何とか。無論初心者の私は、ははぁーと感心したものです。いやはや、懐かしい。
しかし、それは初心者レベルの話で、プロレベルでは、もっと突っこんだ研究が行われています。古くは花田長太郎や山田道美が、後手番を研究していたこともあるそうです。
図の▲1六歩が森ケイジ先生の新手で、これで先手良しが決定づけられたとのこと。一方、後手では当時室岡六段が詳細に研究していたと森下解説。
csa21手
△1四歩でなく△4四歩だと▲6五角に△3一飛と受ける一手で、飛車を自陣に打たされて後手不満と。△1四歩以下、定跡変化では、▲3五金(もし△3四角なら▲7七角で後手困る)△1六角!▲同香△1五歩と強襲する順があり、結構難しいらしい。
しかし、森内さんは感想戦で言うにこの変化は「記憶がおぼろげで」(笑)、▲3五金でなく▲6八玉。
csa23手
ここで、三浦さんは△2四歩としましたが、ハメ手のような変化の一例としては△4四銀として▲5六角△5五銀▲2三角成△4七角成で、取ると△2八飛で王手馬取り、というような派手な手順がひそんでいるそうです。知らないと指せない定跡で、これを早指しでぶつけられた森内さんも、やはり困ったのではないでしょうか。
以下猛烈な攻め合いになったのですが、最後は三浦さんがはっきり勝ちになりました。森内さんは、▲3四角成では▲1一馬とする方が良かったかと。あるいは△4八歩に▲5八金として、桂馬を持ち駒に残すほうがまだ良かったと言っていましたが、それでもやはり先手苦しそうということです。ちなみに、▲8一金には△4二飛とぶつけられて自信なしとのこと。
あと、森下九段が、米長氏の本で知ったというエピソードが面白かったです。
かつて木村義雄名人が、この戦形の先手を持って花田町太郎などを相手に勝ち続けた。しかし、木村が、途中でこうされると困る、こうやられたら自信がない、といつも言っていた。後手の棋士も、名人がそう言うんだからといって、後手でこの形を採用し続けたが、どうもいつまでたっても勝てない。ようやく、おかしいな、この形は実は後手が悪いのではないだろうかと気づいた。そうしたら、木村は、最初からこの形では先手で自信があったと言い放ったそうな。
昔の棋士はすごいです・・。

銀河戦決勝トーナメント 島九段vs櫛田六段

棋譜は囲碁将棋チャンネルの銀河戦のページにて

櫛田さんは、予選では伊藤、戸辺、山本という若手を全て完勝で三連破したものの中座さんに惜敗し、決勝進出は微妙と思われましたが、大きい連勝者も出ず、決勝へ。
なんと言っても、若き日のNHK杯での優勝が有名ですが、また今度は時を経ての銀河戦での優勝も期待したいところです。というのは、ちょっと気が早すぎますが。決勝トーナメント一回戦の相手は島九段。NHK杯の決勝で負かした因縁の相手でもあります。
解説は、居飛車矢倉党の藤井さんだったので、櫛田さんの四間飛車をちゃんと解説できるのか、とても心配でした。・・、というのは悪い冗談です。
戦形は、先手の島が居飛車穴熊、後手の櫛田が四間飛車△4四銀型という予想通りの形に。櫛田さんが△8三玉と一手待ったところ。
櫛田島aaaaa08Sep0446手

島さんが、序盤早めに端歩を突き合う工夫をしてから▲2六角と展開する定跡形に。居飛車の飛車が4筋や7筋に移動した瞬間に、△4四角とぶつけるのですが、端歩を突きあっている関係で、後手が何か待たなければなりません。また、本譜の展開でも、△8五桂と跳ねてきたときに、いきなり端に成り捨てることも出来ません。この辺は、島さんも櫛田さんがやることが分かりきっているので、十分対策を練ってきたのでしょう。
図の△8三玉は違和感がありますが、当然ながらこの辺までは櫛田さんは経験があったようです。但し、島さんがいきなり▲2四歩と仕掛けて行ったのは、「あまりやってくる人はいない」と感想戦で言っていました。
以下、島さんが7筋から迫り、櫛田さんも強気に応じてこの図。
櫛田島bbbbb08Sep0467手

後手玉も相当気持ち悪いのですが、放っておいても▲6三桂成△同玉で意外に後続が難しいとのこと。本譜は当然△8七桂と打っていきましたが、桂も渡さずにじっと△3六と金と引くか、あるいは△7九桂成としてからと金を引いておいた方が良かったそうです。
でも、普通桂打ちますよね。それよりも、その後△6二金と逃げたのが、玉を孤立化させて問題でした。島さんが8九の桂馬まで攻撃に参加させ、櫛田玉が完全に露出した状態に。
櫛田島ccccc08Sep0480手

腕に自慢の方は、ここからどう簡明に寄せればよいかを考えてみてください。といっても、私自身が全然ちゃんと寄せられないわけですが。本譜も、島さんが寄せそこなうのですが、感想戦で色々つついても、こうすれば明快というのは解説の藤井さんを加えても、すぐには出てきませんでした。
一応さかのぼって▲6五桂でなく、▲7六金△6七角▲6五金△7三玉▲7四桂△8一銀▲6四銀△7二玉▲6二桂成△同金▲5三銀成とやれば、先手玉も危ないが詰まず勝ちだといっていました。但し、サラッと並べていただけなので、正確には分かりませんし、こわい勝ち方です。
他にも色々調べていたのですが、不安定極まりない後手玉が、なかなか簡単には捕まりません。明らかに、ここでは先手の島さんに勝ちがあるはずなので、なかなか明快な勝ち手順を見つけられず、島さんもすこしだけアツくなっていました。
本譜は、島さんが少しもたついて、開き王手を狙ったところに△7八歩と、とんできて、はっきり逆転したようです。
櫛田島ddddd08Sep0488手
▲同飛しかありませんが△6九角と打って、開き王手をしてきても飛車を抜くことができます。以下、豊富な持ち駒を使って一気に島玉を即詰みに討ち取って、櫛田さんが逆転勝ち。櫛田さんとしては、分かれは必ずしも満足とはいえない展開でしたが、中終盤のしぶとさや力も見せつけました。この後も楽しみです。

矢内理絵子、女王になる、片上五段銀河戦決勝へ

すみませんね、なんかいきなりスポーツ新聞の見出しみたいで。でも、これを称号に選んだってことは、やれって言われてるも同然だし。素直に釣られてみただけだし。せめて「私を女王様とお呼び」っていうベタなのをやらなかっただけ、よしとしてもらわないと。
矢内ファンにひっぱたかれる前に、そそくさと将棋の話に戻そう。
戦前、甲斐さんの将棋をネットで立て続けに見て、これは矢内さんもちょっと危ないんじゃないか、と思っていた。実際、随所随所にはよい手もあったけれど、シリーズ全体としては、やはり矢内さんが圧倒していたという印象が強い。経験値の違い以外に、将棋一局を組み立てていく力で、甲斐散がどうこうというより、矢内さんが非凡なところを見せていたと思う。
本局でもそうだが、現代風の、よく言えばスピード感があって鋭い、悪く言えばこせこせした棋風とは正反対の行き方である。ものすごく、ふんわりとした感じのスケールの大きい将棋である。本局でも、▲6六銀が賞賛されていたようだが、盤面全体を大きく制圧するような手が目立つ。ここは攻めるだろう、というところでも、ひとつためたり、相手の攻めを事前に察知して受け止めてしまう二枚腰の指し方をしたりする。女流ということに関係なく、そういう個性がはっきりしているのが魅力的だ。
無論、詳しいファンはそういうことを以前から知っていたのだろうが、私自身を含めてそんなに熱心に見ていたわけではないファンにとって、このマイナビ女子オープンが、熱心なネット中継等でファンの関心を引いた功績も大きいと思う。「女王」の称号を、おちょくったりしたらバチが当たるだろう。
現代将棋においては、序盤作戦において、流行でダメとされている作戦は、ほとんどの棋士はすぐ回避する。しかし、矢内さんは、全く避けない。本局も、対後手ゴキゲンで、ほとんど惨敗の内容で連敗しているにもかかわらず、基本的には同じ作戦。相手の甲斐さんが先に手を変えていた。
第三局でも、定跡本には必ずのってはいても、いまやほとんどプロの実戦では見かけない△6五歩早仕掛けを決行。急戦に対しては、振り飛車の対策もかなり徹底して整備されているので、居飛車は持久戦がどうしても中心になる。しかし、本来この早仕掛けだって、はっきり振り飛車が良くなるというわけではなく、難しい互角の変化は結構あるはずなのだ。実際、甲斐さんの指し方に問題があったらしいにしても、矢内さんは控え室を上回る読みで快勝した。流行でない戦形のなかには、はっきり悪くなるというより、ただ何となく指されていない形がたくさんある筈だ。最新の流行形ばかり指すのでなく、そういうのをつつくブロがもっといてもいいのではないだろうか。そういう意味でも、矢内さんは、女流ということをこえて、貴重な存在といえそうである。
ところで一番女王の称号が似合いそうだと思うのは、個人的には山田久・・、もう、やめろっ。

銀河戦、片上五段が杉本七段に勝って、決勝トーナメント進出を決めた将棋を遅ればせながら見た。先手ゴキゲンの杉本さんがうまく立ち回って、後手片上陣はバラバラで、相当先手がよさそうに見えた。しかし、杉本さんが端から攻めて▲1三歩成と成ったタイミングに問題があったそうで、一気に片上ペースに。
解説は中田功さんで、こういう対抗形の端攻めの関係を知悉している人なので適任者だった。「こういう端の関係ひとつで、勝敗が決まってしまうことがある。」「居飛車に桂をも渡した時には常に注意が必要、その場合、居飛車が何枚歩を持っているのかがポイント」「振り飛車側から端攻めして端を破ると、相手玉を寄せるということ以上に、入玉がのぞめて自玉が寄らなくなるのが大きい。」等等、実に勉強になった。
まあ、基本的には美濃囲いの振り飛車側から端を攻めることはまずないのだが、本局のように逆に攻める展開になることだってある。ただ、本局も結局その端を逆用されて、一気に杉本さんは苦しくなってしまった。やはり、振り飛車側からいく場合は、相当成算がないとダメだということも学べた一局だった。
片上五段も、粘り強く指して、一瞬の間隙をついて体勢を入れかえ、最後は手堅くまとめたのが見事だった。これで二年連続決勝トーナメント進出。例年通り相変わらず勝ちまくっているようなので、今年こそは決勝でも勝ち進んで、さらに大きい飛躍をはたしたいところだろう。

銀河戦短評

今日はtwitterに載せるか、このブログに載せるのかで迷ったので、両方にアップしてみよう。なので、なんというか、twitter文体です。

ネットは人を短気にする。好きな時にパソコンを開いて、次々に好きなだけページを開き、つまらなそうだったら読まず、気が向いたらサラッと読み、疲れたり飽きたらさっさと終わらす。そういうスピード感が命のネット閲覧行為に慣れてくると、唯一つのチャンネルを、気長に眺める状態に拘束されるテレビがうっとうしくまだるっこしくなってくる。
銀河戦だって、一時間半以上じっと将棋を見ていなければならないのだ。最近HDDに録画したまま、なかなか見ないという悪習がすっかりついてしまった。昨日は夜更かしして、二局まとめてみた。

青野vs片上戦。片上自身によると、「自分の棋士人生の中でもおそらく最大の大逆転勝ち」だそうな。確かに、青野にとってはたまらないであろう将棋だった。将棋は本当に勝ちきるのが難しいゲームだ。逆転が生じるために出来ているようなゲームだ。

神谷vs豊島戦。豊島は連勝を重ねて既に決勝トーナメント出場を決めている。しかし、神谷が、完全に受けきりできらせてしまい、豊島をひどい目に合わせた。最後は指し続けるのがつらそうなくらいの将棋になった。
解説のハッシーによると、神谷は若手キラーらしい。いかにも、若手相手でも、弱気になったりせず、闘志満々でぶつかっていきそうなタイプだ。ハッスルの高田総統が「たじろぐがいい、おののくがいい」といっても、絶対たじろがないタイプだ?
豊島は近い将来タイトルを取るかもしれぬくらいの大器だが、そういう若手をベテラン神谷が木っ端微塵にしたのは、やはり快哉を叫びたくなる。将棋ファンは、常に年齢が上のほうの味方だ。逆に、若い方が勝つのがあまりに普通すぎるからである。

銀河戦 飯島五段vs豊島四段、NHK杯決勝生放送

NHK杯の決勝は生放送でした。NHKさんも、先日A級最終局を、計7,8時間は放送してくれて、録画を見るのも大変なくらいでした。なおかつ、今日もなんと約4時間の生放送。すごい。こういういいことは毎年やっていただきたいものです。
しかし、生放送中に届いていた、あのファックスの数というのはすごいものですね。一部の将棋マニアしか見ていないのかと思いきや、ファックスだけであの数なのだから、実は馬鹿にならない数の人間が見ているのかもしれません。あまり将棋が分からない層も含めて。
なんだかんだ言っても、やっぱりまだテレビの影響力というのが強いのですかねえ。私などは、もはや、ネットのほうが中心になっています。昔なら、手持ち無沙汰になったら、とりあえずテレビをつけてみるという感じでしたが、今なら、気がつけばネットをのぞいています。テレビの方は、はっきり見たい番組がある場合だけ。実感として、テレビよりもネットのほうが中毒性ははるかに強烈だと思います。まあ、ネットというのは、究極の多チャンネルなんで、気ままに色々見てみるのには最高ですから。最近は、無意味にネットを彷徨う時間をどう抑制するかを考えているくらいなのです。
さてと、肝心の将棋なのですが、後手の鈴木さんが、佐藤流の一手損角換わり向い飛車を採用。▲1六角が、ポイントだったようですが、佐藤さんはいつもは自分がやられて、どう対応するかを考える側なのだといっていました。
なんとなく、佐藤さんの快勝に見えましたが、感想戦では、鈴木さんは意外に形勢を楽観していたようです。実際、色々調べると、難しそうなことを言っていましたが、結果的には、佐藤さんがきっちり押し切る展開になったようにみえました。佐藤さんというと、どうしても、あの順位戦最終局のすごい表情を思い出してしまいますが、今回は、わりと落ち着いて指していました。まあ、いつもあんな感じで指していたら、心身ともにとても持たないでしょうけど。
余った時間で、今年の回顧をやっていて、長沼さんの画もたくさん映っていました。先週の佐藤戦は、あまり力が出せないまま終わってしまったのは少し残念でした。でも、あの松尾戦とか羽生戦とか、ほとんどすぐ寄せられてしまいそうなところをひたすら受けめき、しのぎぬいて、最後体を入れかえて勝った将棋のあの爽快感と感動は最高でした。言ってみれば、大石蔵之介が、ひたすら耐え難きを耐え忍び難きを忍んで、最後には討ち入りして憎っくき吉良の首を討ち取るようなカタルシス感というか。ハイ、お分かりの通り、この比喩、完全に間違っています。
長沼さんの、あの独特の人柄のよさもあって、やはり、今回を盛り上げた最大の功労者でしょう。もし、あの羽生戦が決勝だったとしたら、きっと大反響だったと思うのですが、まあ、なかなかそうはうまくいかないものです。


囲碁将棋チャンネルの銀河戦Hブロックのページで棋譜閲覧可能。
銀河戦は、四連勝中の期待の大型新人豊島四段が登場。前回の銀河戦で旋風を巻き起こした飯島さんとの注目の対局でした。
将棋は、後手の豊島さんがゴキゲンを採用。飯島さんの対策は、丸山ワクチンから、▲5八金の「飯島スペシャル」(解説の橋本七段命名)でした。
a

意図は、簡単に言うと、危険を伴いながらも、場合によっては穴熊に組むことも狙うということだそうです。その後、飯島さんが5筋に飛車を振って銀交換したのが機敏で、さらに、▲5二歩がいきなりパンチが入ったような感じ。
b

△同飛なら▲6三銀。他にどう受けても、味が悪すぎるので、豊島さんは△6五歩ともアヤを求めてきました。はっきり飯島さんがいいのは明らかなのですが、豊島さんは動じた様子を全く見せません。さらに進んで、一方的にと金が出来たのですが、△3二銀としぶとく受けて、なかなか決め手を与えません。
c

実は、この後逆転するのですが、解説の橋本七段も、そのポイントが対局中には把握しきれなかったようです。勿論、私になどは、分かるはずがありません。さらに進んで、先手が銀得の場面で、△5二銀と、3二からではなく受けていました。
d

それに対して、飯島さんが▲5一金と捨てて飛車を5五に捌いたのが、よさそうに見えて実際はどうだったのか。後手が駒損を回復して△9五角と出た場面では、既に妙なことになっているそうです。さらに進んで、豊島さんが△5一歩と底歩で受けたのがかたすぎて、もはや優劣不明。この辺の豊島さんの指し回しは、やはり得体の知れないすごいものがあります。豊島さんが△7三角と当てた場面で、橋本七段は「これは逆転しましたね」と言い出しました。橋本解説は、とてもストレートなものの言い方で分かりやすいです。
f

本譜もそうなったのですが、▲同角成△同桂の後の△6五桂がメチャクチャ厳しい。実際、豊島さんがはっきり勝ちになったようなのですが、このあとは飯島さんが腰の重さ、受けの強さを見せて、延々と戦いが続いて、飯島さんが入玉したのにも驚きました。しかし、豊島さんは、最後は自玉を完全に安全にして、攻めに回る、若いのに似合わぬ落ち着いた指し回し。厳密には、他の寄せ方もあったのかもしれませんが、とにかくあわてません。最後は、こんな投了図になりました。
g

豊島さんは、将棋まるごと90分にゲスト出演した際に、出来れば十代のうちにタイトルを取りたいと、堂々と言っていました。実際、豊島さんは、谷川さんとか羽生さんの若い時のような、超然とした大物感が漂っています。将棋界においては、いんにも大物になりそうなキャラクターの持ち主だというか。これで、決勝進出が決定。本当に楽しみな棋士が、また一人出てきました。
しかし、ハッシーこと、橋本七段は、ファッションだけでなく、解説者としても、かなり現代風です。将棋界の一番長い日にも解説で出ていましたが、行方さんが、朝ヘッドフォンを着用して、将棋会館に入ってきたのを見て、
「行方さんは、ロックが好きですからね。気分は、ロックンローラーというところでしょうか」
とキメ台詞的に言っていました。なかなかコピーライター的なコメントをいう才覚があります。他にも「やっぱり、藤井さんには四間飛車がよく似合う。」とも言っていました。太宰治の「富士には月見草が良く似合う」を意識しているのかどうかは分かりませんが。
今回も、最後に、豊島四段を評してこうキメてくれました。
「(勝勢だった)飯島さんの具体的などの手が悪かったのか、私にも全く分かりません。(豊島さんは)本当に恐ろしい強さです。もう、バケモンですね。」

王将戦第二局 羽生vs久保、銀河戦 中座vs広瀬、女流ネット最強戦 中井vs早水、マイナビ女子オープン 山田vs千葉

第57期王将戦ブログ 第二局

最近の、羽生vs久保戦で、三局も出ているゴキゲン中飛車の▲5八金右型の超急戦に。本局同様、激しく進んだのが二局、久保さんが▲2四飛に△3ニ金と穏やかに対応したのが一局。結果は全て先手の羽生さんの勝ち。
ということで、この王将戦でも一度は出るだろうと予想された形でしたが、二人とも、というか久保さんも意地でもこの形で勝ちたいところでしょう。
久保さんが用意していたのは、▲5五桂に対して△5四歩。
a

今年の棋聖戦第四局で、佐藤さんが指した手。結果、佐藤さんが勝ったのですが、いつもの佐藤新手の通り?、なぜか真似する人がいませんでした(笑)。(この対局については渡辺竜王の「頭脳勝負」で、心理面に深く踏み込んだ自戦記が読めます。)
しかし、直前のC2順位戦で、遠山四段が、糸谷戦で採用して快勝しています。(遠山四段の自戦記はこちら。)当然、両対局者とも、知っているし、研究していたはずです。羽生さんの用意していたのは、▲9六角。
b

これがほぼ、本局を決めてしまったようです。調べれば、難しい変化もあるのでしょうが、久保さんが▲6六香を馬でとらざるをえないのでは、私でも多分苦しいんだろうなと分かってしまいます。そして、二日目は、ただ羽生さんがきれいに勝ちきる手順を見守るだけの日になってしまいました。というか、夕方までもたずに、既に終わってしまっていました。
王座戦のときは、久保さん相手に苦戦続きでしたが、ここのところは完勝が続いています。現在、羽生さんはとても充実しているようです。

囲碁将棋チャンネルHPの銀河戦Aブロック

ということで、ちょっと物足りないので、今日は複数局紹介。まず、銀河戦、順位戦C1でもトップを走る注目の広瀬五段が登場。最近、アマ強豪の遠藤正樹さんとの共著で、「とっておきの相穴熊」を出して評判になっています。先手の中座さんも、居飛車穴熊が得意なので、本局でも相穴熊になりました。こういう方は結構多いんじゃないかと思いますが、振り飛車穴熊を指したいと思っても、居飛車にも穴熊にされると、もうそれだけでブルーになるので(笑)、私はやりません。
本局も、広瀬さんが、一直線に勝てそうにも思えるところでも、馬をしっかり作って、より負けにくい形を作ったりして、やはり、相穴熊の指し方に慣れているな、ツボを知悉しているという感じで、終盤はっきり勝ちになったように見えました。しかし、中座さんも、すごい勝負手を出して、▲7一銀△同馬としてからの、▲8三歩!
c

感想戦がなかったので詳しいことが分からないのですが、後手玉を8三に呼んで、▲5六角で△7八成銀を抜いてしまうのを含みにしているようです。銀を捨ててここに歩を打つというのは、すごくかっこいい手筋です。実際、広瀬さんも、さらに△7三銀と受けに回らざるをえなくなり、次の局面では、中座さんの勝ちになっていました。
d

本譜は、▲7三歩と打ったので、後手玉が詰まなくなりましたが、今打ったばかりの銀を▲7三銀と成り捨ててから、▲5一角と打つのが、詰め将棋の手順のように鮮やかで、ピッタリ詰んでいました。終局直後のチラッと映った映像では、広瀬さんが、すかさずこの筋を指摘していました。やっぱり、終盤力にはすごいものがあるようです。
聞き手の山田久美さんが「なんとなく広瀬さんの指す手の感じが分かってきました。」、と最後に言っていましたが、広瀬さんは、とにかく自玉に王手や詰めろがかからない形になるように、あるいは、何手すきの争いで自分が一手勝ちになる手順を、瞬時に見抜いて、相穴熊にあう指し手を見つける嗅覚があるようです。まさしく、相穴熊のスペシャリストで、さらに本も売れることでしょう(笑)。
Aブロックでは、櫛田さんが三連勝しているので、決勝に出てもらいたいのですが、なんとなく広瀬さんが、とんでもない連勝をするような気がしてなりませんが、どうなることでしょう。

大和証券杯ネット将棋 公式ホームページ

女流ネット最強戦。先手中井さん、後手早水さんで、角換わりの将棋に。△8三歩の保留型がいき、また△6九角が厳しくて、速水さんがかなり良くなったそうです。中井さんは、ただひたすら紛れを求めるような苦しい展開になったのですが、▲2五歩で、一気に視界が開けて逆転模様に。将棋は怖いです。以下、自玉の堅さを生かして、しっかり勝ちきりました。
e

LPSA内の棋戦では、出場した大会には(多分)全て優勝している中井さんですが、やっと対外的にもいいところを見せてくれました(笑)。しかし、今度の日曜に早速対局があって、しかも里見さんが相手なのですか。このところ、二度ほど大切なところで痛い目に合わされているので、きっちり勝ってもらいたいのですが、何しろ里見さんの場合、ネット将棋がホームグラウンドですからねえ。どうなるのでしょう。とにかく楽しみな組み合わせです。
ちなみに、解説の阿久津さんは、かなりネアカな性格のように感じられました(笑)。

マイナビ女子オープンHP

マイナビ女子オープン。先手が千葉さんで、後手の山田さんが無理矢理矢倉に。千葉さんが激しく先攻しましたが、山田さんが機を見て反撃。△4五桂が実に気持ちのよさそうな手。先に、△5七歩を入れておいたのが効いています。本譜もそう進みましたが、▲同飛に△3六角と準王手飛車をかけ、以下きっちり勝ちきりました。
f

これで、山田さんがベスト4入り。トーナメント表を見ると、彼女以外に残っているのは若手ばかりです、ってこういう場合、他にどういう言い方をすれば適切なのでしょうか(笑)。
とにかく、私としては、この棋戦に限らず、やっぱり中井、山田あたりに、頑張っていただきたいなどと思っている次第であります。

銀河戦 櫛田六段vs山本五段

棋譜は囲碁将棋チャンネルの銀河戦のページで。
竜王戦の日に放送があったものを録画しといたものを、クッシー党としては今日気合い入れてみました(笑)。結果は櫛田圧勝。
櫛田さんは、藤井システムを使わず穴熊に囲わせても十分に戦えるという信念の持ち主。藤井システムは実際に指しこなすのはとても難しい戦法なので、アマチュア振り飛車党としては勉強になります。
本局も、先手の山本さんが穴熊に。早めに▲6六銀と出る工夫をしましたが、櫛田さんはすかさず△6五銀とぶつけました。感想戦では、経験があるといっていました。さすが。
△6五銀まで
a

その後、交換した銀を敵陣に打ちこんで、金に変え、角に変えと、わらしべ長者流?の指し回しで優位をジワジワ拡大。
飛車交換になりましたが、金銀が浮いた居飛車と比べて、なんと振り飛車の高美濃が固く見えることよ(笑)。7九の金が、一連の折衝で銀に変わってしまっているのも、居飛車には痛すぎます。
△3三桂まで
b

山本さんは、全く攻める糸口が見つけられないまま局面が進んでいきました。でも、7四に桂を打つことだけが一縷の望みだったのですが、そこで出たのが△7四金!厳密にはいい手なのかは分かりませんが、「絶対負けないよ」という手で、こんなの打たれたら居飛車は泣きたくなるでしょう。
△7四金まで
c

自玉を全く寄らない状態にして、満を持しての飛車切りから寄りきり。強すぎます。
投了図
d

これで三連勝。しかも、どれも完勝。もう、こうなると並みの若手にはクッシーをとめられそうな気がまったくしません(笑)。どこまで連勝を伸ばすか楽しみです。

NHK杯 木村八段vs橋本七段、銀河戦 菊地七段vs遠山四段、女流棋戦の解説

NHK杯、ハッシーが二回戦に登場。数年前に初登場した際は、そりゃもう大騒ぎで、ハッシー祭状態でした。懐かしいなあ。もう、二三年たったのか。でも、こう改めてみても、やっぱり絵になる男です。ファッションも、今回はいかにもハッシーっぽかったし(解説の深浦さんが、近くで見ると服がキラキラ光っていたといってました 笑)、対局中の表情とかしぐさが、いかにも勝負師という感じでねえ。それこそ、渡辺竜王の「頭脳勝負」での名言「プロ野球やサッカーを楽しむように将棋を楽しんで欲しい」というのに、うってつけのキャラクターです。
肝心の将棋の方も力強いです。角銀交換の純粋駒損になってしまいましたが、深浦王位も感心した△7五歩などの鋭い攻め筋で、一時は逆転模様に。でも、この将棋では木村さんの▲6七玉が一番印象的でした。
▲6七玉まで
a

△6六香をくらうのが目に見えているのですが、▲5七玉に△6八香成と進んだときに、▲3五桂が、詰めろ逃れの詰めろになっている。こうして後から落ち着いて振り返ると、分かりやすいといえば、分かりやすいのですが、あのゴチャゴチャした訳分からない終盤で、しかも秒読みで、こういうコワい感じの手をきちんと指しきるのは、やっぱりA級棋士ということなのでしょう。
顔面受け的な玉上がりは、いかにも「木村流」です。木村さんも、なんかすごく生命力のある将棋を指しますよねえ。ちなみに、落語がお好きなそうで、なるほど、あの面白話術のルーツはそんなところにあったのかと、妙なところに感心してしまいました。深浦さんのサービス精神あふれる解説もよし。
最後の部分、木村玉に詰みがあるかどうかきわどい場面だったようなので、気になってソフトに調べさせてみましたが、やはり詰まないようです。

銀河戦は、梅田望夫さんの「ウェブ時代をゆく」で紹介されて、今が旬?の遠山四段が登場。(棋譜はこちらの銀河戦のページで。)しかし、本局ではベテランの菊地さんが、とてもいい将棋を指して圧倒しました。ついわれわれファンは、若い棋士にばかり眼が行きがちなわけですが、やっぱりベテランプロの底力もすごいなあと思いました。谷川先生の「構想力」に、70歳くらいのとうに引退した原田先生が、記録の奨励会三段の子を相手によく勝っていたという話が出てきましたが、鍛えの入った将棋の凄みのようなものを感じて、いいものを見させてもらいました。
ほとんど、遠山さんが形もつくれずに完封されそうな展開になったのですが、△1二桂がいい勝負手だったそうで、一気に勝負形になりました。
△1二桂まで
a

△5九飛と打って、もしかして遠山さんが逆転したのでは、という時にみせた▲6八金寄が見事な受けでした。△9九角にも▲7八玉で耐えています。秒読みになっていた遠山さんは、その後の勝負手を逃がしてしまい、残念ながら対応できませんでした。こういうの見ると、ベテランプロをつい軽く見がちなファンは反省しないといけないと思いました。
▲6八金寄まで
b

将棋と関係ないのですが、遠山先生の話が出で来る、梅田さんの「ウェブ時代をゆく」の刊行を記念して行われた丸善での講演会が、ネット上に、ほぼ完全収録で再現されています。

丸善での講演会の内容全部が公開されました My Life Between Silicon Valley and Japan

読んでみて、とても面白かったです。あまりウェブの話には興味ないなあ、という方も、十分楽しめる内容だと思います。また、実際「ウェブ時代をゆく」自体も、ウェブの専門書というより、ウェブを活用してどう生きるかという人生論的な側面も多分にあって、広い範囲の読者層を想定して書かれている本だと思います。

昨日の夜は、女流ネット最強戦での片上さんのネット解説ぶりを観戦。なかなか大変な将棋で、どういうやり方で解説するかが、結構難しそうでした。
思うんですけど、私などは女流の人たちより全然弱いので、もし解説ナシなら、かえって、ハラハラドキドキして、それなりに楽しめるかもしれません。ただ、男子プロから見れば、女流の将棋の未熟な点も当然はっきり見えてしまうわけで、それをそのまま全て言ってしまうと、見ている側も、やはり女流のレベルに問題があるのかなあと、自分のことを棚にあげて「男子プロ視点」に同化して思ってしまうわけです(笑)。その辺、敢えて全てを的確に指摘してしまわない一種のテクニックのようなものも、もしかしたら必要なのではないかと思いました。ちょっと、邪道のような気もするんですけどね。
これは、昨日に限らず、男子プロが女流の将棋を解説する場合に、いつも感じることなので。すごく単純化して言うと、自分より実力が劣る者が指している将棋について、傍から「真相」を暴露してしまうという感じになりがちです。現在は、まだ少し実力差があるので仕方ないわけですが、あまりはっきり「真相」を暴露してしまうと、見ていて興味がそがれるという側面があって、まあ難しいところなんだろうと思います。要は、女流のレベルがさらに上がって、男子プロが解説するのに四苦八苦ということになれば、一番良いわけなのですが。根本的には、女流が自力でレベルアップするしかありません。
女流にすごく理解があって、強くなってもらいたいと心底思っているらしい片上さんでも、その辺がむつかいしいのかなあ、と思ったのでこんなことを書いてみました。
今言ったのは、あくまで解説上のテクニックの問題であって、基本的には、男子プロは女流の将棋について遠慮会釈なく批評するのが、無論原則だとは思います。それに、妙に遠慮して解説などしたら、その男性プロが実力を疑われてしまうだろうしね(笑)。

銀河戦  櫛田六段vss戸辺四段

最近は、ハードディスク録画という便利なものが出来ました。でも、つい録画しっぱなしで、見ないままどんどんたまっていきがちというのが難点ではあります。今日は、銀河戦を、随分まとめてみました。
今日取り上げる将棋の、櫛田さんのひそかなファンです。何年か前の銀河戦でも、連勝していたのですが、居飛車穴熊相手の△4四銀戦法の芸術的な指し回しにいたく感心したものです。特に△5三銀とバックする柔らかい手に。といっても、すぐに単に基本手順なのだと知りましたが。
本格居飛車正統派という言葉がありますが、櫛田さんは本格振り飛車正統派という表現が当てはまるような気がします。ただ、相振りは指さず、相手が振り飛車党のときは対抗形を選択します。どちらを持っても、対抗形を知悉し、絶対の自信を持つ職人なのでしょう。
若き日のNHK杯での優勝が有名ですが、今回解説の植山さんの言うところから推測するにも将棋以外のことにも興味が行く「人間的」なタイプらしかったのですが、今は将棋一本ということで、成績も抜群。もともと仲間内では、強さや才能では一目置かれていた存在らしく、その独特な個性とあいまって、すごく気になる棋士の一人です。
初戦の伊藤四段戦も、▲3一角の一発で新鋭をしとめてしまいました。こういう豪快さと、緻密な指し回しの同居が魅力です。
▲3一角まで
a

さて、戸辺四段戦は、先手の戸辺さんが石田流、後手の櫛田さんが居飛車で相穴熊に。櫛田さんは、本来は、相穴熊を好まないようです。よく分かりませんが、力勝負の相穴熊よりも、もっと精緻な指し回しが出きる戦形を好むということなのでしょうか。多分、やっぱり対抗形「正統派」なのです。
戸辺さんがいきなり▲6五桂と跳ねたのが機敏。▲7三桂成からの攻めが防ぎにくく、どうなっても、この桂が威張る形になるようです。
▲6五桂まで
a

しかし、その後しばらくして、櫛田さんが△3三角と辛抱したのが好手だそうで、戸辺さんが龍を引いて6筋の歩をきって銀桂交換に持ち込んだのために、△6七歩の垂らしが生じてしまいました。感想戦によると、まだ、と金つくりを防いで辛抱すれば、振り飛車も戦えたそうですが、△6七歩を見落としたショックで、そのままと金を作らせてしまったために、はっきり悪くなったそうです。
△6七歩まで
b

以下、櫛田さんが的確な指し回しで、二度目のと金つくりをするという、穴熊戦の基本に忠実に、最後は飛車切りから寄せきり。この図を見ていただければ分かるとおり、後手の穴熊はまったく手付かずの圧勝になりました。
投了図
c

ということで、新鋭棋士を、二戦とも吹っ飛ばしてしまいました。本局も、序盤では苦しくなりそうな場面を、最良の手順でしのいで、相手がミスをしたら、しっかりつけ込んで、どんどん優勢を着実に拡大する戦いぶり、強いなあと思います。
また、感想戦での櫛田さんがよい。次々に、具体的手順を示して、「これはどうするんだろう」と、盤上の真理の追究に余念がありません。相手が若手でも、変にエラぶったりせず、相手が良い手を指摘すれば素直に納得し、そうでなければ堂々と自分の考えを主張する。いかにも将棋が好きなんだなあという感じがします。
ということで、ちょっと気が早いのですが、「クッシ−」の決勝トーナメント出場を切望。

銀河戦の棋譜は、囲碁将棋チャンネルのHPにて無料で閲覧可能です。

王位戦第七局(補足) 銀河戦 渡辺竜王vs飯島五段、銀河戦決勝 渡辺竜王vs森内名人

まず、昨日の王位戦の最終盤について。▲7七桂が芸術的な詰めろ逃れの詰めろだったわけですが、方々のブログを見てまわると、さらに△7六桂という詰めろ逃れの詰めろ返しがあったということです。私は、それは後手玉詰むじゃん、などと思っていたのですが、ある高段者の方が某SNSで書かれている日記を見て飛び上がりました。以下、私の同類のウッカリハチベエのために(笑)、簡単に手順を紹介しておきます。
まず、△7六桂自体は、△8八桂成▲同玉△7九銀打以下の簡単な詰めろ。
なので、先手は詰ましにいくのをまず考えるわけですが、本譜と同じ手順でいくと、▲5一龍以下、△6三玉▲5三飛△7二玉のとき、7六の桂が邪魔で▲7四香が出来ないので詰まず。

(9/28追記)
△5一竜以下の変化について、コメントでご指摘をいただきました。この変化だと別に香がなくても▲7三歩で簡単に詰んでしまいます。▲7八香が関係してくる正しい変化は、▲5一竜△5二歩▲5四飛△6三玉▲5二飛成△7三玉▲7一竜△8四玉。その時、香がきいていないので▲7四竜と出来ずに詰まない、でした。単純ミスで恥ずかしいです。お詫びします。


また、△7六桂に対し、▲6三金は△同玉▲6一龍△6二金以下詰まず。
で、私が飛び上がった順ですが、後手も桂馬を打ってしまうと、合い駒に使えず危ない筋が生じます。△7六桂に対して、▲6二金打△同角▲6一龍△8二玉▲6二龍△7二銀(桂がない)▲7一角△8一玉▲7二龍△同玉▲6二金△8一玉▲8二銀△9二玉▲9三銀成、の時になんと後手の6六の角がきいていて取られてしまいます!
ということで、△7六桂は詰めろ逃れの詰めろ。先手は、さらに詰めろ逃れの詰めろで返すか、一度どこかで受けなければいけないわけです。さすがに前者は無理そうなので、どこかで受けるのでしょうが、後手も7六の桂が動くと詰み筋が生じるので超難解ということなのでしょう。さあ、後は皆さん、ご自分でたっぷり考えてください(笑)。

銀河戦の準決勝、後手の飯島さんが▲7六歩に対して△3二金。これは昔なら「挑発」と呼ばれたわけですが、今では佐藤康光二冠も、タイトル戦などでも用いた「根拠ある戦術」です(笑)。もっとも、先手が居飛車党の場合に限定で、藤井さん相手にやったら飛び上がって喜ばれてしまうわけで、「戦術」と呼ぶのには、なんとなく抵抗のあるところですが。飯島さんは、対羽生戦でもこれを用いていて、羽生さんは「大人」に居飛車で応じましたが、渡辺竜王は、位取り中飛車で対抗。これも勿論「挑発に乗った」とは今では言わず、▲3二金に対する有効な対抗手段ということになるのでしょうか(笑)。
将棋は、渡辺竜王が▲9五角と飛び出て、▲5七銀から七筋に飛車を振り直したのが、機敏な発想だったようです。以下、竜王が、厳しく攻め続けて押し切ってしまいました。渡辺竜王、やっぱり強いなあ、厳しい将棋だなあ、こわい人だなあ、と思わせる将棋でした。
でも、飯島五段が悪くしてからも実に粘り強く堂々と受けているのも、すごく印象的でした。よく将棋を知りませんが、相当腰の重い受け将棋のようです。そういえば、あの羽生さんも攻めあぐねて負かされていました。
実際、▲8二龍の時に、8七の馬を見捨てて△3三玉と力強く上がっていると、かなり難しかったそうです。すごく竜王が一方的に攻めているように見えた将棋ですが、プロがしっかり受け止めるとそう簡単には決まらず、バランスがとれていて、なおかつ、どんな将棋でも、一度は不利な方にもチャンスが来るものなのだなあと思いました。
とか書いているうちに、決勝が始まってしまいました。こういう場合、同時録画時間差再生という便利なものが出来たのが、ありがたいところです。←オヤジ。

ハイ、決勝を見終えました。将棋三昧もいいところです(笑)。
渡辺竜王、和服で登場。渡辺先手で、森内さんが矢倉を受けてたちました。戦形は、竜王が先手後手でも得意とする▲4六銀▲3七桂型。森内さんが、△8五歩を伸ばし、先手が穴熊に組もうという、決勝トーナメントの片上戦でも指されていた、最新のテーマ図の形に。二人とも、研究しているところは、本当にガンガン飛ばしていました。
森内流の対策は△3五桂から、桂を成ってもたれてくるというやり方でした。しかし、▲2六桂から香車を無条件に取られ、解説の谷川先生によると「入玉でもしないと勝てない形」に。いくらしのぐのが得意な森内名人といえども、こんな形を研究で想定していたとはとても思えない展開になってしまいました。
でも、その後の森内名人の受けの強靭さがすごくて、さすがの渡辺竜王も持てあました感じになり、一時は谷川先生も「逆転したかもしれません」とまで言われていました。▲5三歩成を素直に△5三同銀ととっていたら、どうなっていたのでしょう。
しかし、最後はゴチャゴチャの形がうまくほぐれて、渡辺竜王が勝ちきりました。決勝戦で感想戦はナシだったのですが、中盤の分かりにくかったあたりなど、きっとブログで読めるのでしょう(笑)。
不調といわれながらも、きっちり棋戦優勝。これでも調子が悪いといわれるのは、一流棋士の勲章なのだと渡辺ファンとしては言っておきます。一方の佐藤さんも同じ。二冠を保持していて竜王に挑戦できても、まだ不満と思われる棋士ということなのでしょう。竜王戦、両者とも、準備と調整が万全なはずなので、どういう序盤作戦を用いるかなども楽しみです。
今日は、聞き手も、本田さん、矢内さんという好きな女流だったし、渡辺さんが優勝したので気分が良く、昨日の羽生ショックから少しだけ癒されました(笑)。



銀河戦 森内名人as郷田九段、片上大輔著「3手1組プロの技」

後手森内がゴキゲン5五位取りの形に、郷田さんは、解説の藤井九段曰くところの流行を追わない3七銀型の対策に。それに対して森内さんが4二に飛車を振り直す受け方がうまかったようで、森内ペースに。藤井さんの「棒銀には四間飛車で」という新格言(笑)が飛び出しました。-他にも、▲8六香みたいな手を、かつて升田幸三が「朝飯を抜いても打ての香打ち」(なんか赤塚不二男風ですね。とかいっても若い人には全然分かるまい)と言ったことを紹介するなど、お茶目な藤井解説は相変わらずでした。
以下、終盤もつれたものの森内名人が優勢を保って勝ち。感想戦で、郷田さんが序盤のあたり、相当悪い、形にするのもむつかしい感じ、といった意味のことを言っていたのにすこし驚きました。私などだと、ちょっと先手の手が難しいかな、程度の感覚で、そんなに不利だとは全然分からなかったので。どの程度の棋力の人ならば、「すごく悪い」とすぐ分かるものなのでしょうか。
決勝進出の森内名人、遠山戦、谷川戦と、大逆転の拾った将棋が続いたので、勢いを感じます。私は再放送で見ているのですが、木曜の決勝は巨人戦がないので生で見られそうなのがうれしい。我が家では、何よりもスカパーの巨人戦が優先されるものですから。「ちょっと将棋みたいからって言えばいいじゃない」、ですって。冗談じゃない、そんなこと言おうものなら、どういうことになるか、考えただけで恐ろしいです。将棋ファンが正当な市民権を得るまでの道のりはまだまだ険しい・・・。まあ、準決勝再放送とあわせて、二局まとめて見てしまうつもりであります。

片上五段の新著、すこし前に買ったのですが、問題集計式なので、ちょっとした時間を見つけて少しずつやっていたのですが、ようやく読了。
片上五段らしく、工夫を凝らした、次の一手問題集です。まず、単なる次の一手でなく、「三手一組」の手順を見つけるのを要求しています。単なる次の一手だと、人によっては、見えた一手だけで答えを見たり、逆にマジメにいろいろな変化を考えたりしてしまうものです。私などは完全に後者で、解いていて疲れてしまいます。とにかく、三手だけ考えればいいということなので、わりと気楽に、しかもある程度はしっかり考えられて、自然に手筋が身につくようになるという仕組み。
それと、全てプロの実戦からの出題だというのも売り。ほとんどが、わりと新しい棋譜からとられているようです。解いていて、こんなわかりやすい手順がプロの実戦でも出ることがあるのか、とか、やっぱりプロの手筋は高度だ、とか楽しみながら読み進められます。片上五段は、コンピューター将棋の著しい進歩とか、将棋を取り巻く一般的な環境の厳しさに自覚的な棋士なので、意識的にプロのすごさを分かりやすく一般のファンに伝えたいという使命感を持っているようです。この本も、その一環といえそうだし、週刊将棋の連載も、そういう意図で書かれているようです。
構成としては「歩の手筋」、「攻めの手筋」「受けの手筋」の三章立て。わりとスラスラ解けるものから、少しずつ難易度が上がっていくという感じです。レベル的には、初段を目指す人から、有段者まで、幅広く楽しめると思います。私は解いていて、我ながら手が見えない男だと思いました(笑)。
ところで、三手の読み、といえば、我々の世代で言えば、原田泰夫先生が、はるか昔に良くそんなことを言われていました。あの独特の口調と笑顔で、「アマの方々というのは、自分がどうしたいかだけ考えて指してしまうんですね、それで満足してしまって相手にいい手を指されてアッということになる、相手があるということを忘れてはいけません、自分がこう指すと相手がこうやる、そして自分がどうするかまで考えられるようになれば一人前です、三手の読みというのが大切なことです」と、ここに書いたのは完全に私の創作ですが、そんな感じのことを、相当昔のNHK講座とかで言っていた記憶があります。不思議に伝統は回帰するものだなと思いました。

銀河戦 渡辺竜王vs丸山九段、週刊将棋 9/19号

後手の丸山さんの戦法は、渡辺明ブログの自戦解説によると「端突き越しダイレクト向飛車」と呼ばれているそうです。もっと正確に言うと「端突き越し後手一手損角換わりダイレクト向飛車、場合によっては馬を一時作らせて一歩損甘受しても全然OK」戦法とでも言うべきでしょうか。昔なら、必ず破門されていたに違いない作戦です。佐藤康光さんが開発し、本人のたまうに「あまり真似してくれる人がいない」佐藤作戦の中では、渡辺明ブログによると「ひそかにブーム」だそうです。何より、あの丸山さんが採用したというのがすごい。あの合理的でシビアな見方をする丸山さんが、勝つためにちゃんと使えると判断したのでしょうから。
実際、丸山さんがうまくやっていたようです。丸山さんの△5一金は、実にセンスのある力強い、いい手ですよねえ。ああいうのを見ると、プロの将棋を見ていて良かったと思います。でも実際の勝負は、最後に渡辺竜王の、▲8二成香、△同銀、▲8’四飛の荒業が炸裂して、丸山さんが即投了しました。ただ、これには後日談があって、ここを見られるような方は、渡辺明ブログを既に読まれてご存知のことかと思います。
渡辺竜王ご本人いわれるところの「自信満々な態度」(笑)で、一勝をもぎ取った?将棋でした。準決勝では飯島戦ですが、二回戦では羽生さんを角換わり腰掛銀同型の渡辺新手で破っているので、その戦形になると面白いと思うんですけどね。どうなるんでしょう。

週刊将棋、最近ネットで将棋を見ていて色々よく分からなかったことが、分かったりそうでなかったり。
王位戦第五局、飛車交換後の深浦さんの指し方が良く理解できなかったが、狙いは分かった。自陣の金取りを受けずに、飛車、角を打ちすえ、守り一方のような辛そうな桂打ちをしたのも、カウンターの反撃を狙う構想だったとのこと。ただ読みぬけがあって、ああいう受け一方の展開に成ってしまったのだと。この将棋のブログ記事を書いたとき、あまりに素朴な疑問すぎて言えなかったのだが、素直に▲5六金と逃げておくと、実はうまい受けがあって先手有望だったらしい。
王座戦第一局についての補足説明もあった。ネット解説でも、先に▲5五桂を入れていれば久保勝ちとあった。しかし、詰みがあるとされていた局面の不詰めが判明したらしい。それでも、厳密には久保勝ちらしいが、超難解とのこと。羽生さんもビックリ。
逆に王将戦予選の、谷川vs渡辺戦では、渡辺に勝ち手順があったと書かれていますが、渡辺明ブログによると、△7七歩が実は詰めろではないとコメントで片上五段が指摘していました。週刊将棋も大変です(笑)。
「片上大輔五段の今週の!」では、角換わり腰掛銀同型の渡辺新手△3七歩成について解説。振り飛車党同士の対戦で、先手勝ちが発見されたとのこと。(渡辺明ブログにも書かれていました。)片上さんも、オリジナルの先手の対策をあたためていたそうだが、残念ながらもう無駄になったらしい(笑)。しかし、この同じ週刊将棋では、さらに新たな渡辺式後手番対策が谷川戦で出たことが載っているわけです。週刊将棋も片上さんも大変です(笑)。
週刊将棋というのは「時間」的に難しい立場にある。ネットと比べれば「おそい」一方、専門誌と比べれば「はやい」代わりに締め切りの関係で深く調べた上で記事がかけない。週刊将棋自体が、うまく,ネットを活用するうまい方法とかないんですかね?

佐藤二冠が竜王戦挑戦者に、銀河戦 森内名人vs谷川九段

佐藤先手で相矢倉に。棋譜解説でもふれられていましたが、銀河戦の決勝トーナメントで、先手佐藤、後手郷田で、やはり▲9六歩を伸ばす形を採用していました。いかにも佐藤さんらしい欲張った序盤作戦です。ただでさえ、先手には攻める権利のある戦形なのに、端歩もついて玉も広げておこうという。郷田戦では▲2五歩のところを、▲2五桂と変化しました。郷田戦もそうでしたが、後手は当然△7三角から△9五歩ととがめようとします。ところが、端で香車と歩を手に入れることで、攻めをより強烈にしようという狙いとのこと。ものすごい深慮遠謀の構想ですね。
佐藤さんの攻めが決まって、以下順当に攻め続けて終わりました。棋譜解説には渡辺竜王がたびたび登場していたので、どういうことかもよく分かりました。単純に飛車を成らせずに、△2七銀と打つような手も指摘されていました。とにかくその種のことをしないと、飛車が成った後は全然見せ場とかなかったですねえ。やっぱり佐藤康光にも三番勝負で勝ち越すというのは、並大抵のことじゃないのでしょう。
さて、七番勝負、お二人とも今年は勝ちまくっているわけではない点で共通していますね。去年は、特に終盤がもつれる将棋が多くて面白かったわけですが、今年も期待しましょう。矢倉でも角換わりでも、お二人とも意欲的に新趣向を見せてくれそうですし、後手番佐藤でも、何してくれるのか、やっぱり楽しみです。感想戦での舌戦にも期待。

銀河戦、昨日再放送を見ました。谷川先手で角換わりに。腰掛銀同型の激しい研究手順を見たいなあと思ったのですが、森内名人の対策は△8一飛△6二金、4筋の歩をつかずという独特の工夫でした。ただ、谷川先生が、△3五歩から△4五桂と自然な感じに仕掛けて攻めが続き、後手陣はバラバラ。豪腕森内だから持ちこたえているといった感じで、森内流の対応策は、あんまり、でかしたというようには見えませんでした。
藤井さんが解説だったのですが、居飛車の将棋でも、並の居飛車党よりも、よっぽど面白い解説をしてくれます。よく言われるように藤井システムというのが、完全に居飛車感覚なので、細かい居飛車の定跡とかも、もともとお嫌いじゃないのでしょう。例えば、先手が▲2五歩をつくタイミングは、後手の△7三桂を待ってから。それは、後手が千日手狙い出来た場合には、打開するために飛車先を保留したほうがいいからで、桂がいったん飛んだら後手も千日手狙いは難しいから、と。
へぇぇぇぇぇぇ。「トリビアの泉」風に言うならば。
谷川流の▲7四銀みたいなど派手な手が飛び出て、見ていて気分良かったのですが、さすがに森内名人もギリギリのしのぎを見せて抵抗、最後は、谷川玉が詰まない順になったのですが、森内さんがとんでもないところで手を戻して、さすがの谷川さんもパニくってしまったみたいです。▲3三銀みたいな手を、谷川さんが逃すなんてちょっと信じられませんでした。感想戦で、詰ましに来るとばかり思っていました、と谷川先生が多少恨めしげに言われていたのを聞いて、失礼ながら笑ってしまいました。当然▲3三銀が第一感なのでしょうが、自玉が詰まないと分かっていても、より詰み筋を確実になくしながら詰めろをかけよう、などと30秒の間に猛烈に頭脳が回転した結果、詰めろでない手を指してしまったということなのでしょうか。よく分かりませんが。LPSAの1dayでも感じたことですが、短時間の将棋っていうのは、たとえレベルが高くても、本当に何が起こるのか分からないのだなあと思いました。
最近、囲碁将棋チャンネルを契約してなかった前期の銀河戦の再放送もあわせてみています。ほとんど、毎日一局はプロ将棋を見ている感じてす。そんな暇があったら、少しは将棋の勉強でもして棋力向上にでも努めなさいよ、と私の中で誰かがささやくのですが。でも、私にとっては、プロ将棋を見るというのは、プロ野球観戦と同様の、無上の快楽なんです。指しているのよりも楽しい。それで本当にいいのかどうかはともかくとして、プロ将棋観戦の楽しみというのは、一度味を占めちゃうと、なかなか抜けれない類のものなので、より多くの人間がそうなってくれればと思うし、実際そうなる可能性をプロ将棋というのは秘めていると思うんですけどねえ。
さて、今日は前期の羽生vs谷川戦でした。解説はやはり藤井さんだったのですが、すごい面白いことを言ってたので、抜粋で紹介してみましょう。藤井さんならではの、なんと言うか屈折したユーモアというか。あの藤井さんの、ボソボソした独特のとぼけた口調で言ってるのを想像してお読みください。

「羽生さんは総合力があって、スキがなくて、やってて困る。
どうすれば自分が勝つ形になるか分からない。
昔、ボクは羽生さんに結構勝ち越していたんだけど、今となっては、何でかよく分からない。
最近ボロボロ負けているが、先手番ではトータルでもまだ勝ち越している。
羽生さんに後手で勝つのは不可能なんです。
羽生さんの中では、後手が苦しいという意識があるのではないか。
相手が羽生、佐藤、森内あたりだと、せめて先手で指さないとという気になる。」

面白すぎて腹かかえて聞いていました。でも、現代将棋における先手番の重要性について考えさせられる話でした。森内さんの先手番に対するこだわりは有名ですが、本当のトップになるほど、「先に指せる」ことの有する意味が、とんでもなく大きくなっているのかもしれません。

竜王戦挑戦者決定戦第二戦、銀河戦 佐藤二冠vs郷田九段 角換わり腰掛銀同型

竜王戦は不思議な将棋でした。一手損角換わりで、先手の佐藤二冠が早繰り銀。後手の木村さんは、それに対して手損なのに腰掛銀ではなく、同じ早繰り銀のような形で対抗。早繰り銀っていうからには、早く攻めたいと思っているんでしょうに、二手遅れているのに同型で受けるって・・・。本当に段々将棋の常識が通用しなくなってきているのでしょうか。実際、佐藤二冠が速攻しかけて、一呼吸置いてから、角打ちからの端攻めで、純粋香得で馬つくり。普通なら「終わった」ということになりそうなものですが。竜王戦サイトを見ると、中原先生が棋譜を並べて「不思議な将棋だねえ」と言われていたのにもうなずけます。
でも、難しい将棋だったということです。具体的はそういうことだと棋譜解説を読んでいるとなんとなくは分かりますが、この経緯を理論的にきちんと説明できる人がいたらえらいものです。木村さんの将棋、よく分からないのですが、ものすごく力強いですね。力強い受けということをよく聞いていたし、実際この将棋も最後はうまく受けて決めてるわけですが、全体の印象からすると、攻めの印象も最近は強いような気がします。腕力では比類ない佐藤二冠相手にこれだけの将棋を指せるのですから、やっぱり注目すべき棋士なのでしょう。佐藤さんも、去年ほどは勝っていないし、最終局、全くどうなるか分からないという感じがして楽しみです。
せんすさんが、正直に佐藤勝ちの予定原稿を紹介してくれていました。無論レベルは全然違いますが、私もネット将棋見ながら、どっちかの勝ちを予想して勝手に下書きしたりすることはあるので、気持ちはよく分かります(笑)。さぞかし、結果を知って愕然とされたことでしょう。っていうか、最近、こうしてブログを書いたりしていると、将棋を見ていても、将棋の内容よりも、どうやってブログに書こうかなあ、ということばかり気になったりして困ります(笑)。ブログを書いている棋士も、指しながら、これどうやってブログに書こうかなあなんて思うことは・・・、さすがにないっすよね(笑)。
それと、どーでもいいことですが、棋譜解説を見ると、上野先生は「のりツッコミ」も出来る人なのですね(笑)。はっきりいって、個人的には相当ツボでした。

銀河戦、佐藤先手で後手の郷田さんが正面から矢倉を受けてたつ展開に。△1三銀と引いてから、穴熊に組みなおす手順が柔軟な感じで印象的でした。郷田さんの将棋は、実に堂々としてケレン味がなくて、見ていてとても気持ちがいいです。最後は、郷田さんの攻めを佐藤さんが受けきるかという展開に。佐藤さんの受け方は、▲8六金のように金銀が形にこだわらず、前に出て行ってしまう綱渡りのような「前進流の受け」で面白いです。△6九角に対して、▲5九桂と受ければ、完全に切れ筋だったとのこと。解説の森先生が、△6九角を指して、郷田さんが頭をかかえたと指摘していました。人によっては、頭をかかえると勝ったというシグナルの人もいるようですが、郷田さんはやっぱりかなり正直な人なのでしょう(笑)。

渡辺明プログによると、対谷川九段の王将戦予選で、またしても角換わり腰掛銀同型に。渡辺さんが後手なのですが、△3七歩成の「渡辺新手」は既に対策が出たそうで、その代わりに△7六歩から△8六歩と攻める新手段を採用。つり出された7四金を攻めに使おうという発想、意図だそうです。渡辺さんも、谷川さんも、羽生さんも、研究将棋を全然避けませんね。いちいち避けていられないという現実的な理由以外に、最新局面をきわめたいというトップ棋士の本能、将棋指しとしての血の騒ぎみたいなものを感じます。あんなに狭く深く研究できそうな戦形でも、何年も、っていうかはるか昔からはっきり結論が出ないままで続いているというのが、将棋の面白いところです。やぱり、コンピューターがプロ棋士に勝てるようになるのは、結構大変なことなのかもしれません。

王位戦第6局、銀河戦 羽生三冠vs飯島五段

王位戦は棋譜解説がないので、相変わらずよく分からないまま書き始めている。
後手番の羽生さんが採用したのはゴキゲン中飛車だった。今回の羽生さんのテーマは、深浦さんが通暁して得意とする最新形の相居飛車を真っ向から受けてたつことかと思っていたが、ここに来て始めて振り飛車。やはり深浦さんの相居飛車の先手の力を認めたという、うがった見方も出来るかもしれないが、こういう柔軟なところが羽生さんらしいともいえる。まあ、なんせ羽生ファンなもんですから。また、あらゆる戦形をレベル高く指しこなすからできることでもある。
深浦さんの対応策は、5筋を突かずに腰掛け銀から玉頭位取りに組み替えるというもの。組みあがった感じを見ると、深浦さんの厚みがすごい上に、羽生さんの守りが薄く玉頭に弱み、爆弾を抱え、さらに常に先手に▲5六角ラインの筋があって、なんとなく深浦十分に見える。
羽生さんが桂を飛んで動いてきて、深浦さんが堂々と一歩交換から桂を召し取るという展開になった。
その後、飛車交換してから、何が起こったのかがよく分からない。△6九角が、想像以上に厳しかったということなのだろうか。それまで流れとか駒損とか関係なく、ひたすら羽生さんが攻勢になっているのには驚いた。金をポロッととって、再び馬が入る余裕があるようでは、さすがに相当羽生さんが良さそうなのだろうと私にだって分かる。粘り強い深浦さんが、全く抵抗できないままに押し切られてしまった。今回羽生さんが勝つパターンはいつもそうだ。
なぜ、最後こんなに一方的になったのか、どこがまずくて深浦さんが悪くしたのかが、よく分からない狐につままれたような印象だ。まあ、弱い私としては解説を待つしかない。

銀河戦、羽生先手で角換わり腰掛銀同型に。渡辺明プログで自戦解説されていた、△3七歩成りの「渡辺新手」と全く同じ展開になった。当然二人とも知っているはずだ。特に後手の飯島さんは、それこそ詰みまで研究したのに違いない。渡辺フログでの、先手▲3五桂でなく、▲1一角と打った。しかし、それを飯島さんにうまく受け止められて、さすがの羽生さんもほとんど見せ場を作られずに斬られてしまっていた。感想戦では、▲1一角でなく、▲3二香成、△同玉。▲2一角、△同玉、▲2三飛成、の変化を熱心にやっていたが、これもまた難しいそうである。
この△3七歩成は、早く△7六桂と打つ狙いだそうだが、確かにこれ一本打たれただけで、たちまち先手玉は気持ち悪くなる。しかも、その後飛車が入れば一手詰みの形になるので、先手は飛車を渡さずに攻めなければいけないという条件まで背負う。
と書くと、相当有効な手段に思えるが、私のようなファンがこうして書いたりしているころには、もう徹底的に研究されて先手の対応策も見つかったり、指されたりしているのだろう。
どちらにしても、羽生さんみたいな人が、何も好き好んで飛び込むような変化の将棋ではないと思う。でも、「最新戦法の話」を読むと、羽生さんというのは、常に最新形に顔を出して、結論を出したり結果をさらっていく一番の棋士ということだ。但し、さすがの羽生さんも8五飛戦法では、結構研究で痛い目にあったらしい。この角換わり同型でも、徹底的に研究が可能なので、痛い目にあう危険があると思うのだが。それでも敢えて飛び込んでいくのが羽生流なのだろう。

王位戦第五局、銀河戦 佐藤二冠vs中田宏樹八段、将棋世界2006/7「佐藤新手の謎」

王位戦第五局、なんと言ってもインド人もビックリ?なのが、▲9七同玉!(いくつくらいこのマークをつければいいのでしょう)でした。私が深夜酔っ払って24で30秒将棋を指しているような手である(笑、いや我ながら笑えない)。
銀桂交換でも、相手が歩切れということ以外思いつかないわけだが、深浦さんが怒ったように?猛攻をかけた最強の手順できたところを、きっちりカウンターして、最後は私でも分かるような一気の寄せで完勝。もっとも、深浦さんの指し方も、平然と銀桂交換を許したのをとがめようという意図、歩切れなのでゆっくり出来ないということで、方針としては理にかなっているのかもしれません。なんか、第三局の終わり方と似ていますね。
▲9七玉は、羽生さんらしい常識にとらわれない手といってしまえばそれまでですが、無論、きちんとした合理的根拠があるわけで、それを詳しく具体的に知りたいところです。

銀河戦、佐藤さんがまた新趣向を見せてくれました。後手無理矢理矢倉のような出だしから、△4三金から向かい飛車で、しかも穴熊!(また、このマークいくらあっても足りません)。どシロウトでも、この形で穴熊にするのは「バランス悪っ」と言いたくなってしまうのですが。
以前、佐藤将棋について書いたとき、佐藤ファンの方から、「佐藤将棋の序盤は、少しでも得を追求しようとする合理性だ」という意味の指摘をいただいて納得しました。本局の場合、居飛車側に穴熊に組ませず、自分は最後まで囲えなくても、とにかく玉を攻めから遠くして、玉形の差で戦うといったことなのでしょうか。いや、そんな大雑把な話のわけはありませんが。
しかも、解説の森内名人もビックリの△5四歩の最強のツッパリで乱戦に持ち込み、最後は戦いながら鉄壁の遠い、遠い穴熊囲いを作り上げて圧勝。佐藤将棋も、やっぱり魅せてくれます。

この前、調べものがあって図書館に言ったときに、将棋世界のバックナンバーに「佐藤新種の謎」があったので読んでみました。週刊将棋の特集以上に踏み込んだ内容で面白かった。
王位戦対羽生での△1二飛車の「ニート飛車」(週刊将棋記事の命名)。王座戦対羽生の「モノレール向かい飛車」。どれもこれもすごいのだが、佐藤二冠自身の具体的説明を聞くと、やはり「合理性」を考えて指しているようです。いくつか、佐藤将棋を考えるポイントになりそうな部分を引用してみます。
「力戦とか奇襲とか言われますが、自分としてはいつも理論的に最善の手を積み重ねているつもりなんです。それがたまたま、変わった形になるだけで」
この記事を読んで、具体的にこの発言の意味が、なんとなく分かった気がしました。
「(初手△3二金をタイトル戦のかどばんで指したことについて)大事な将棋だからこそ試す価値があるんです。」
最近羽生さんが負けると苦しくなる王位戦で、勝率の悪い後手角換わり腰掛銀同型を採用したのを連想しました。
「僕は序盤で思い切った手を指す時はその前に必ず自問自答するんです。これで負けても悔いはないか、と。そして悔いがないと確信がもてたときだけ、その手を指すようにしているんです。」
うーーん、男らしい(笑)。
「僕の場合、無駄な手を指しているかどうかが、序盤の形勢判断の基準になっている気がします。」
多分これが一番のポイントなのだろう。この考えを本当に徹底して推進すると、一見「普通じゃない」佐藤序盤になるということのようです。
「(あるインタビューの中で「自分の目標は将棋の必勝法を見つけることだ」と言ったことについて)あきらめることはしたくない。じぶんがやっていけば、なんとか見つかるのではないかと思っています。将棋を勉強しようという意欲も、好奇心も探究心も、つまるところそういう意識から生まれるものだと僕は思っているんですけど。」
佐藤康光とは、羽生善治とは、また違った道をたどって、将棋の神様に近づこうとしている棋士なのだ。
NHKの講座で、高橋和さんをアシスタントに入門講座をされるそうです。どうしても「普通じゃない」のを期待してしまうんですけどね(笑)。

銀河戦 渡辺竜王vs片上五段

いきなり片上五段の和服姿が目に飛び込んできました。気合とサービス精神なのでしょう。ただ、はきなれない袴がすこし乱れてしまったのを、森下=伊藤の明るい解説コンビにすかさずツッコまれていたのは、ご愛嬌でした。
戦形は矢倉。話題の勝又清和著「最新戦法の話」を最近読み始めたところ。誰もが褒めているので、何か違うことを言いたいところですが、やはり素晴らしい名著のようです。第二章が矢倉。自分が振り飛車党なこともあって、複雑で変化が多くて、プロの矢倉を理解するのはあきらめていたのですが、約20ページの矢倉の章だけで、現代矢倉のポイントがバッチリ理解できてしまいました。勿論、細かいところは分かりませんが、戦形変遷の流れや主要戦術を、実に簡潔にエキスを集約して説明しています。
例えば、本局で言うと、片上五段が△8五歩を先に伸ばす形を選び、それに対し渡辺竜王が穴熊を目指し、△6四角と追い払われるのを承知で牽制する理由などが、ちゃんと分かってしまうのです。ちなみに、▲4六銀▲3七桂型での竜王の先手後手を合わせての勝率が、この本出版時ではなんと八割だということも記されていました。
先入観もあるのでしょうが、いかにも現代的な棋士同士の密度の濃い戦いでした。十二分な研究が行き届いた者同士が、バランスをとってそのまま中終盤になだれこみ、ほんの少しの手順の差で勝負が決まるという厳しい将棋。本局は、渡辺竜王がうまく終盤をまとめましたが、△5五角のタイミングを早めれば、まだまだ難しい将棋だったとのこと。
竜王は終始自然な指し手に見えましたが、片上さんのほうに、△2六桂、△3五歩、△8五飛、△6二金など印象的な手が多かったようです。逆に言うと、若干苦しぎみだったのでしょうか。
片上五段、ブログでは冷静な理知的な印象がありますが、対局姿は没頭型であきらめずに粘り強く指すタイプに見えました。
最後のインタビューで竜王が▲5四香で勝ちがはっきりした瞬間の心境を聞かれて「やっぱりチョッと負けたくなかったのでホッとしました」と言われてました。きわどい将棋だった本局に勝ててよかったという意味なのかもしれませんが、ある程度認めている相手に対するコメントと私は勝手に解釈しました。この二人の対局、これからもどんどん増えていくでしょうし、ネットファンとしてはもっともっと見たいところです。

銀河戦 神吉六段vs上野四段(12/11土 初回放送)


神吉三間飛車、上野居飛車穴熊の対抗型に。紆余曲折あった末、神吉六段が良くなったのだが、攻め方を誤り、最後は上野四段が、神吉玉を詰ませば勝ちという局面に。豊富な持ち駒があって、いかにも詰みそう。しかし、結局捕まえきれずに、神吉勝ちに。
 感想戦では、最後の局面で詰むや詰まざるやかが、もっぱら検討の対象に。神吉六段が、「さあ、詰めてみて」とおどけて言えば、上野四段も、「えー、大道詰将棋ですかー」と、負かされたのに明るく返すとは、また人の良い。解説の大野六段も交えて、ああだこうだと駒を動かしたが、結局詰みそうでいて、誰も詰み筋を発見できなかった。「えー、これが詰まないんですかー」と、悔しがる事しきりの上野クンでありました。なかなか、かわいらしい性格をしている。(念のためソフトで調べてみましたが、やはり詰まないようです。)
 聞くところによると、神吉六段の六枚落ちは絶品らしい。腕自慢のアマ有段者が、はじめはどう考えても勝てると、気楽に指していると、神吉玉が、広々としてなかなか捕まらず、最後は顔色を変えて必死になるが、結局負かされてしまうらしい。お得意の、口の攻撃もかけるのかな?アマチュア時代が長かったので、アマの心理が手にとるようによく分かるとの事。
 これで、三連勝。決勝トーナメント進出も夢ではない、と思ったら、同ブロックの上には、山崎とか松尾とかいう、脂っこい名前が・・。あと二つ勝って、山崎クンを自力で引きずり落とすしかないか。ピンクのスーツでビシッと「正装」して、是非決勝にも出てもらいたいものです。

銀河戦 櫛田六段vs大平四段

 木曜放送の銀河戦、櫛田六段の居飛穴対策、参考になりました。自分は、振り飛車党なんで。ビックリしましたが、今期の櫛田六段、すごい勝率ですね。この調子なら、フリークラス脱出も夢ではないんじゃないでしょうか。若手じゃない、ああいう人が巻き返すのは、なんかうれしい。
 その反面、若手も、そう簡単には勝たせてもらえない時代になったようです。対局でも、感想戦でも、櫛田六段が押し気味でした。(どーでもいい事ですが、櫛田六段って、先崎八段を一回り大きくした感じで、少し似ていませんか?)
 自分は、居飛穴には、「にせ藤井システム」で、超急戦で、とにかく攻めてしまうことにしています。しかし、我々のレベルでも、居飛車側の対策が浸透しつつあり、そう簡単には攻めきれないことが多い。(単に、自分がが弱いのは度外視)冷静に対処されると、どうしても無理気味になってしまいがち。そういえば、プロでも、いきなり襲いかかる旧式藤井システムなんて、ほとんど見かけなくなりました。今は誰でもプロの将棋見ているからなあ。こんな、下々にまで情報化社会の弊害(身勝手な主張)が及びつつあるのです。
真面目に、居飛穴対策、考えなおさないと。

 王将戦リーグ、羽生さんが挑戦決定。しかし、勝負強いというか、悪運が強いというか(失礼)、やっぱり特別な星の下に生まれている人のようです。こういう、苦しんでのギリギリの挑戦決定の時には、本番の七番勝負では、なんかすごく強そうな羽生二冠ではある。竜王戦の結果も、すごく影響しそうです。

銀河戦伊藤能vs瀬川アマ

 銀河戦で注目を集めている瀬川アマ登場。しかし、伊藤能さんの気合がすごかった。序盤早々から、羽生さんを思わせるグリグリの手つきで、闘志を前面に現していた。プロのプライドを、正面から出していて、見ていて心地よい。
 伊藤能さんは、三段リーグを年齢制限ギリギリで抜けたことで有名。それだけに、プロとして指せる誇りとありがたさを、他の棋士以上に強く感じているのだろう。だから、瀬川さんも三段リーグにいたとはいえ、あるいは、それだからこそ負けられないという気持ちで対局に臨んだのではないだろうか。
 瀬川さんも、いまや強いのは有名で、プロが負けても、もはや「事件」とはいえなくなっている。しかし、あえて、必勝の気構えで対局している伊藤能さんの姿は、とてもすがすがしくて気持ちよかった。結局、瀬川さんの軍門に下ってしまったのだが、対局終了後の、無念さを全く隠さない心底ガッカリした姿にも、ある種の美しささえ感じた。
 ただ、将棋の内容は、瀬川さんの完勝。本当に強い。鬼の三段リーグを抜けられなかったのだが、一度プロになっていたら、多分どんどん勝ちだしていたんだろうなあというのが、率直な感想である。確か、木村さんも、プロになるのはかなり遅かったが、その後は勝ちまくっているのを想起してしまう。しかし、勿論そういうことを、結果論的に外野がどうこう言っても仕方ないのは事実。それが、人生だといってしまえばそれまでだが、しかし、これだけ勝ちまくると、何とかならないのかなあと思うのも、人情でしょう。 
コメントを承認制にさせていただいています。反映まで時間がかかりますが、お気軽にどうぞ。
Recent Comments
  • ライブドアブログ