王座戦

王座戦が終わって

なんせ、ここのところの佐藤天彦の充実ぶりも将棋の内容の良さも勢いも凄すぎた。だから、いくら私が強度の羽生ファンでもさすがに今回はちょっと大変なのではないかと思っていた。それなのに追い込まれたところからのこの防衛。今まで何度も言われてきたことだが、羽生善治とは一体何者なのだろうか?
佐藤天彦の最近の大きな武器になっていたのは後手番での横歩取りである。横歩取りは定跡研究がきわめて重要な戦型で佐藤も大変深いところまで研究しているようだ。
しかし、こと研究ということなら、他にもよく調べている若手棋士はいくらでもいるだろう。いや、むしろ佐藤以上によく知っている若手棋士もゴロゴロしていそうだ。
しかし、佐藤の場合はそうした定跡研究よりも、中終盤以降の力が抜群に強い。トップレベルでも群を抜く深い読みがあると同時に、多少悪くなった局面でも決して崩れず粘り強く指し回して何とかしてしまう。
最近、ソフトが人間の定跡研究を力で打ち負かしてしまうのを想起させるような力強さがあるのだ。だから、ここのところ後手の佐藤の横歩取りを先手で回避する棋士も多いくらいだった。
しかし、羽生は(当然ながら)佐藤の後手横歩を全く避けなかった。羽生も横歩取りでの先手勝率が異常なくらい高いのだ。今回は先手横歩の最強者と後手横歩の最強者の対決でもあった。
とはいえ、ここのところの勢いを加味すると、羽生ファンの私でも若干の不安は正直あった。
結果は三局横歩になって羽生の二勝一敗。
第一局と最終局で羽生が勝ったわけだが、どちらも途中からは羽生がちょっとした隙をついて一気に大きな優勢を築いていた。その深い読み、というよりは局面の急所を直覚的に把握する力はさすがとしかいいようがない。
ここのところ、佐藤の後手横歩相手にこんな勝ち方ができる棋士はほとんどいなかったのだ。
引退間際の中原誠先生は、最後まで強い若手をバッサリ斬っていた。全盛期の羽生までもが、中原先生相手に一方的に負かされていたものである。やはり、もともとの深い読みと
、それよりも局面の急所を把握する直感と努力だけでは決して身につけられない独特な大局観のなせるわざであった。
中原先生と今の羽生を簡単には比較できないが、今回の羽生の勝ち方をみていてちょっとそれを感じた。羽生の場合は横歩の定跡型をまっこうから受けての戦いで、基本はその中での読みの深さの比重が高いが、それ以外に経験による大局観や、中原や羽生という本物の天才にしかない何かを感じずにはいられなかった。
これで、羽生は棋聖戦での豊島、王位戦での広瀬、この王座戦での佐藤天と、それぞれ全くタイプが異なる若手の代表格を次々に退けた事になる。本来三人とも恐ろしく強いのだ。世代のことを考えると普通ではありえない。
(再度)羽生善治とは一体何者なのか?
どうも、羽生は「もう1人のフジイ」が檜舞台にあがってくまで、しっかり待ち受けて頑張り続けるつもりのようである。
とはいえ、客観的に見ると羽生が今まで通りの強さを発揮できているかというと勿論そうは言えない。特に今年度は早指し棋戦でのつままずきが目につく。年齢により一番対応が難しくなるのが早指しなので仕方ないところもあるだろう。むしろ、四十を超えての羽生の早指しでの強さが異常すぎたのだ。とはいえ、羽生の場合はこの後、また早指しでも巻き返してくる可能性もあるような気もするのだが。
また、得意の王座戦での防衛もこれで三年連続のフルセットである。若手の猛追も急なのである。他の棋戦でも、大事なところで有望な若手にしとめられるケースも多くなってきた。それぞれとても強い若手だけれども、従来の羽生はこの辺には全くと言っていいくらい星を落とさなかった。これは、羽生よりも若手のレベルが全般的にあがっている証拠というべきだろう。
羽生も人間なので(おいっ)当然衰えるし、それ以上に現在は若手の全般的なレベルが昔と比べると格段にあがっている。だから、これからは当然羽生にとって厳しい戦いも多くなってくるはずである。
しかし、今回の羽生の勝ち方を見ていると、そういう状況でも、決して若手には真似のできない大局観で、相手を気がつかないうちにバッサリ斬ってしまって、相手の力が出せないまま終わるというケースはむしろ増えるような気もしている。

佐藤天彦は、独特のキャラクターで自他ともに「貴族」とか言われている。正直、私のような心の狭いオジサンは、それってどうなのナンジャラホイなどと思っていたものである。
しかし、今回の王座戦中での発言などを見ていると、勝負だけに執着せずにタイトル戦を盛り上げることも考えていたようである。また、最終局の直後にもツイッターで、冷静に将棋の内容を分析するとともに、素直にタイトル戦にでられたことの感謝を述べていた。
佐藤天彦という人はかなり大らかで人間の器が大きいのだろう。「貴族」を自称しているのも、恐らくその大らかさのなせるわざである。いい意味での鈍感さと図太さがありそうだ。
豊島や広瀬は羽生と戦った後にボロボロになっているが、どうも佐藤は平然と立ち直ってその経験をプラスに生かしてしまいそうな気がしている。
佐藤天彦は渡辺明とも仲が良い。この二人はここのところ大事なところで戦って佐藤が連勝した。渡辺としては心穏やかでないところもあるはずなのだが、今まで通り佐藤と仲が良いようである。王座戦では、佐藤にタイトルをとらせてあげたい旨の発言もあったようだし、第一局ではプライベートで対局場にかけつけて、佐藤を応援しながら検討していたようである。これも、もしかすると先述したような佐藤の人柄のよさや大きさのおかげなのかもしれない。
とはいえ、今後この二人はますます大事なところで戦う事が増えてくるだろう。
名人戦のA級での全勝対決後での名人戦棋譜速報の対局後の写真が興味深かった。逆転負けをくらった渡辺が、ソッポをみてかたまっている。数分全く両者声が出なかったそうである。
渡辺にとってはひどい逆転負けだったので、その悔しさが主で、感想戦が一度始まったら二人できさくに会話していたようである。
とはいえ、これからはますます二人のシビアな真剣勝負が増えてくるはず。当面、棋王戦でタイトル戦の直接対決する可能性がある。(羽生さんも負けちゃったからね。うぅぅ….)
この二人の場合はタイトル戦で相まみえる事があっても恐らく仲がよいままだろう。佐藤も大らかだし、渡辺もあのようにサバサバしたわりきった人柄の良さがあるので。
とはいえ、やはり本当のギリギリの勝負では二人が深いところで正面衝突せざるをえない。やはり、深い信頼関係で結ばれて(今もそれには全く変わりがない)羽生と森内も、度重なる勝負でただの仲良しではいられなくなった(はずである)。
悪趣味だという謗りを受けそうだが、無責任なファンはそういうガチな真剣勝負を見たいのだ。そういうところから本当の名局も生まれてくるのだから。

さて、最近里見香奈さんが奨励会の三段リーグで戦いだした。彼女の体調については、皆さん同様に私も小さな胸?をひそかに痛めていたわけである。
里見さんはあのように一見とても大らかでホワワンとしているので多少の事は大丈夫だろうと考えてしまっていたのである。
しかし、女流とのかけもちの過酷さ、注目度の高さを考えると、若い彼女には想像を絶するプレッシャーがかかっていたはずである。今もそうだけれども。
だから、脳天気に騒いでいた私も海より深く反省もしたし、寅さんのように「日々反省の日々をすごしています」というハガキを旅先の遠方から出したりもしていたわけである。
とにもかくにも、今は彼女が奨励会や女流で対局してくれているだけで幸せである。彼女に注目が集まるのは仕方ないのだけれども、特に奨励会については今のところは一人の三段なのだから、いちいち対局結果を報じたりするのはできればやめて欲しいと思ったりもする。
とりあえず、里見さんと先に述べた「もう一人のフジイ」が戦う可能性があるのを考えてコッソリ胸踊らせていたいと思う。

王座戦第五局、羽生vs豊島の終盤戦

羽生善治先手で第三局同様に横歩取りの将棋になった。但し、横歩とは思えないような居飛車振り飛車の対抗型のような落ち着いた展開に。
こうなると、羽生の自然にいつの間にかポイントをあげていく老練のテクニックが存分に発揮される。
途中ではかなり豊島将之が苦しいと言われていたが、決して暴発せずに我慢して機をうかがい、終盤では追い込みをみせて白熱の展開になった。
というよりは、羽生が実に思いきった寄せ方を実行したために、「事件」になりかけたのである。
まず、135手目の▲8二同龍。ここは龍をじっと引いていても十分とされていたところを、いきなり踏み込んだ。控え室では悲鳴が上がり、ニコ生解説の阿久津主税も驚いていた。
はたして、ちゃんと寄るのか?
さらに、次の羽生の手がさらなる波紋を呼ぶ。
▲9一銀!
何だこれは。
指し手が進んで、▲9三歩から▲9四歩と打ち直して9三に歩を成るという実に凝った手順だと判明。羽生の意図は理解できたし、何という歩の手筋かと思われた。
しかし、対局後に冷静に振り返ると、▲9一銀では▲9三銀が簡明。これでハッキリ先手が勝ちだったという結論がでたようである。
但し、▲9一銀で負けというわけではなく、その後豊島が最後に△5一金としたところで△5二金上としておけば難しいが、それでも先手が残せそうという結論だったようである。
だから、▲9一銀は(羽生本人が言うほどは)悪い手ではなかった。
そうは言っても、▲9三銀で明快に勝ちだったのだから、そちらの方が良かったに決まっている。
実際、歩を使って苦心惨憺して9三に成っているのだから、最初から9三に銀を打っておけばよかったという話になる。
羽生はこの時もう一分将棋だったと思うが、むしろフツーな▲9三銀でなく、フツーでない▲9一銀からの歩の手筋が見えてしまったことが驚きである。羽生の羽生たるゆえんと言えないこともない。
しかし、例えば渡辺明なら「たとえ羽生さんが指そうが、悪い手は悪い手っすよ、ハッハッハッ」と言いそうである。いや、羽生自身も実は渡辺に負けないリアリストなので、▲9一銀はひどかったと素直に認めるはずだ。というか、実際に局後にすぐ認めた。
また、恐らく最新のソフトにかけてみれば、もしかするとこの辺りはすぐ分かってしまう事なのかもしれない。

しかしながら、今まで書いたことは全て局後に判明した結果論にすぎない。
例によって、ニコニコ生放送で白熱の終盤が克明に映し出されていた。
豊島の方は、あんな終盤でも冷静そのもの。じっと静の姿勢を保ち続けている。
一方の羽生は、せわしなく動き続ける。龍をきるあたりから、苦吟して指し手を求め続け、手も震え、指した駒をきちんと置くのがやっとという感じだった。
今まで何度も修羅場をくぐりぬけてきた人とは思えないように、局面になりふり構わず没頭していた。かっこよく指そうなどという気持ちなど毛頭なくて、まさしく全身全霊を将棋に捧げきっていたのである。
だから、観戦者たちの反応も圧倒的だった。羽生の思いきった寄せに驚いたというのもあるだろうが、何よりあの羽生の姿に誰もが魅了されずにはいられなかったのである。指し手の善悪とは関係ない。
勿論、将棋は技術を競うゲームなので冷静な検討反省も必要で、▲9一銀は明らかによくない手だった。しかし、その事とあの羽生の鬼気迫る対局姿の凄みは別の話である。
竜王戦第一局のハワイでの前夜祭で糸谷哲郎が面白い挨拶をしていた。

竜王戦中継plus 対局者あいさつ

是非全文を読んでいただきたいが簡単に要約すると、
ハワイや日本にはシャーマニズムの伝統があり、一神教と違って、神そのものに語りかけようとする。将棋にも似たところがあって、神(のメタファー)を目指す。勿論、たどり着くことはできないが、それを目指そうとする。そして、そのように将棋を指したい、
という事だった。
羽生の本局の対局姿は、まさしく真摯なシャーマンそのものだった。
シャーマンは神にはたどりつかないかもしれない。しかし、真剣に近づこうとする行為自体が尊いのである。もしかすると、神自体が人間に嫉妬するかもしれないくらい。
だから、結果的にいくらソフトで解析されようが、人間の指す将棋の価値はいつまでも失われないのである。

死闘シリーズの末の投了図―王座戦 羽生vs中村

正直に告白すると、第四局が終った時点でも私はまだ中村太地挑戦者の事を本当には評価していなかった。
大変な激闘続きで羽生善治をギリギリまで追いつめたのは事実だ。第三局ではあの羽生をバッサリ斬って捨てて見せた。勿論、私にだってその実力の高さはよく分かった。
しかしながら、特にもつれた将棋では(その将棋の素晴らしさに全くケチをつける気はないし私も心底感動したけれども)、冷静に考えると羽生が珍しい事に終盤でいくつもミスを重ねてしまっていた。あれだけの激闘でパーフェクトを求めるのが無理なのは承知だが、それでも今までの王座戦の羽生はほとんど間違えなかった。それが何度も勝機を逃したり逆転しそこねたりを何度も繰り返していた。それだけ中村の指し手が粘り強くて質が高かったとは言えるが。
この王座戦と平行して行われた渡辺明との二局の対局では羽生は完璧だった。特に順位戦は、渡辺が用意周到な新手の仕掛けを敢行して渡辺が一本取ったように見えたが、羽生の反撃が思いのほか厳しくて結局は羽生の完勝、会心譜になった不思議な将棋だった。
渡辺もブログで「まるで竜王戦のパリ対局のようだった」と相変わらず正直に述べていた。その竜王戦の将棋は、渡辺が誰が見てもいいという展開だったのに、進んで見ると羽生の指し手によって渡辺が困っていたという将棋。羽生の大局観に対して、やはり当時の渡辺は正直に驚き賞賛していた。
そのように、渡辺相手の二局では羽生は鬼神のようにとんでもなく強く完全無比だったのである。
それと比べると、王座戦の羽生はミスが目立っていた。中村がもはや若手トップクラスの実力である事は誰も否定しないだろうが、しかし渡辺のレベルに既に達しているかと言えば疑問符がつくだろう。多分中村本人だってそれはよく分かっている筈だ。
だから、私は率直に言って王座戦の第四局までで中村の大健闘ぶりに素直に敬意を表しつつも、まだ本物とはいえないのではないかとひねくれて考えていたのである。まして、第五局の前で「歴史が変わるか?」とか「若武者中村よ勝て!」とか大騒ぎされればされるほど、「へぇ、そんなもんなんですかねぇ」と天邪鬼振りを大いに発揮していたのである。どうしようもない羽生信者と言われてもまぁ仕方のないところではある。
しかし、それは実は第四局が終るまでの事だった。第五局は最後は羽生の一方的な勝利になった。しかし、このシリーズを通じて私が一番中村の凄みと可能性を感じ、なおかつ(何様だと言われそうだが)心底中村の将棋を認めたのはこの第五局だったのである。
将棋は羽生先手、中村後手で横歩取りに。羽生は▲6八玉型を採用。その数日前の王将リーグの対△谷川戦で羽生自身は21年ぶりに採用した形である。その際は谷川がちょっと変わった対応をしたのだが、本局の中村は正々堂々と応じ、羽生は▲6八玉から▲5八玉と敢えて手損して対応する作戦に出た。
(ちなみに、この大切な王座戦の直前に平気で手の内を晒してしまうのが羽生らしいところではある。例えば、渡辺竜王は竜王戦のために対策を残すと戦術を用いることもある。別に卑怯ではなくそれが普通の合理的な考え方とも言えそうなところだ。)
羽生の手損作戦は高級戦術ではあるが、同時に先手の利を放棄するとも言え、中村に正々堂々と対応されて、やや先手としては面白みのない展開になってしまった。羽生も局後によく用いる表現で「作戦としてはつまらなかった」と述べている。
しかし、羽生もそこから右銀をどんどん中央に進出させ、ニコ生解説の屋敷伸之も当初は羽生の攻めがうるさいのではないかと見ていた。またしても羽生の不思議な大局観が出たのか?
ところが、中村の受けが強靭かつ強気そのものだった。屋敷は△4四歩は△4三金を準備したしっかりした受けでむしろ後手がよいのではないかと言い出す。しかし、中村はさらにそれを上回る強気な受けで△4五歩!これは、先手の攻めをまっこうから受け止めた上で切らして決着をつけてしまおうというそれは強い強い手である。
しかも、これは普通の対局ではない。王座のかかった、しかも第四局では中村にとっては惜しい将棋を落として普通なら心理的には多少なりとも萎縮してしまいそうな状況での将棋である。しかし、中村はそこでも全くひるまず、むしろ羽生に対して正面から喧嘩を売ったのだ。その度胸たるや尋常ではない。精神力も並外れている。
そして、実際冷静に考えても少し先手が攻めをつなげるのが難しいのではないかと屋敷はこの辺りではずっと評価していた。屋敷の判断は的確さのものなので多分そういう事で間違いなかったはずだ。
しかし、中村はさらに△6五歩と屋敷が予想しない強い受けの手を続けて羽生の攻めを引っぱりこみにかかる。私は羽生ファンなのだが、この辺は中村の強気な受けがこわくて仕方なかった。なぜ、この大事な将棋で若い中村がこんな将棋を指せるのだろうかと。同時に、羽生勝利を祈りつつも、中村もこんな将棋をさせるのならタイトルを獲る資格は十分あるなとフト思った。頑固な私もようやく中村の将棋の強さ―技術面と精神面をあわせもった―に気づき素直に認めざるをえなかったのである。
そのあたりでは屋敷はどんな手を検討しても先手の攻めが続かないと言っていたのだが、ニコ生コメントで▲7三桂成から▲9五角と打つ手が指摘されて、それを調べると有力だと分かった。本当に先手にとっては唯一有望な攻め筋である。
そして、羽生はアッサリ▲9五角を指した。さすがである。但し、よく検討してみるとそれで先手がよいということではなく、あくまでそれでやっと難解、むしろ屋敷は後手もちという評価で夕食休憩に入った。
夕食休憩後、屋敷がやや後手もちとしていた6四の地点で全て清算してしまう順ではなく、中村は△8四角の順を選んだ。これも強気な手で何か先手の攻めがあればおわりである。その意味で中村の指しては終始一貫していたが、どうもここはさすがに強気すぎ攻めを呼び込みすぎだったようである。この周辺の感想コメントがないので分からないが、屋敷指摘の▲7三角成△同角▲6四金△同銀▲同銀△同角▲同飛△6三銀▲6六飛△5五角▲3七角という展開ならどうだったのだろうか。
とにかく、本譜の展開は羽生の強烈な攻めが炸裂してしまった。わりとシンプルに▲2六桂と据えた上での▲7三銀成らずで一瞬のうちに将棋が決まってしまった。後は最後まで中村も意表の手で抵抗するがノーチャンスだったようである。
というわけで最後は崩れてしまったが、むしろそこに至る中村のしっかりした読みに裏打ちされた上での堂々として強気な受けは本シリーズでも私には一番印象的だったのである。
今回はニコ生中継もあったわけだが、羽生はとても落ち着いているように見えた。
席を外した羽生が対局室にゆっくりと入ってくる。ふと歩みをとめると記録係の机の向こうから悠々と盤面の方をみおろす。そこでは若い中村が一心不乱に読みふけっている。ちょっとこわいような光景だった。
勿論、羽生にとっては単なる自然な振る舞いに過ぎないのだが、修羅場をくぐりぬけてきた王者の風格が自然と滲み出てしまうような絵だった。
さて、中村は▲6一角まで指して投了したのだが、これがツイッターでは「美しい投了図」として話題になっていた。既にプロを含めた多くの方がその意味を語りつくされていて、私などには新たな意味を付け加える事など出来ないのだが、一応自分なりにその「美しさ」の説明を試みて終わりにしよう。
▲6一角は詰将棋のようなきれいな手である。この捨て駒の手筋によって後手がこの角を玉でとっても飛車でとっても後手玉は詰む。まず、この投了図自体にそういう美しい形式感がある。
しかし、この投了図に達するまでにはこの王座戦のシリーズではあまりにも色々な事がありすぎた。何度も何度も形勢が入れ替わり、解説者も混乱のあまりに悲鳴をあげる延々と続く終盤戦。第四局では、中村がほとんど勝ちのところで羽生が何と打ち歩詰めの筋で逃れて九死に一生を得てかろうじて首をつないだ第四局。中村は王座獲得にまで本当にあと一歩で手が届いていた。
この最終局では最後はハッキリ羽生勝ちが決まってしまっている。ある意味で言えば、中村はどう指してもどこで投げても同じことである。本来なら「あぁ、もうやめたやめたっ」と叫んで駒をぶちまけたいところだろう。
しかし、中村は既に自分の負けを(残酷なことに)ハッキリ認識した状態で、ある時は頭を抱えある時は過去のどの局面が問題だったのだろうかと振り返りながら指し続けていく。その様子はニコ生に映し出されていた。いや、映し出されていてしまったと言うべきか。
そして、中村は最初に述べたように形式的にはとてもスッキリした美しい局面で静かに駒を置いた。
つまり、投了図には、それまでの激闘の跡やや中村の後悔や未練がこめられている。ところろが、その投了図自体はとてもキレイなので、シリーズ全体の激しさとは裏腹な余韻と静かな気品を感じさせてくれるので「美しい」のである。


(王座戦中継サイト)

羽生善治が王座を奪還その3 2012王座戦第四局 渡辺vs羽生

王座戦中継サイト
棋譜(千日手局)
棋譜(指し直し局)

古い映画だけれども「ハスラー」というのがある。ポール・ニューマン扮する若きハスラー・エディ・フェルソンが、ジャッキー・グリーソン扮するベテランハスラー・ミネソタ・ファッツと戦うシーンがとても良かった。
腕前だけで言うとエディの方が既に上で、最初の方は連戦連勝し続ける。慢心したエディは酒を飲みだしてしまう。
しかし、戦いは長期戦に及んでいつしかミネソタ・ファッツが巻き返し、一昼夜を超える死闘の末にファッツが最後は完勝する。
その際、戦いが夜戦に及んでゲームの休憩時間に、エディは疲れが出てきてぐったりしているのに対して、ミネソタ・ファッツは悠々と落ち着いて歯を磨き、顔を洗い、服を調え、髪をきちんととかして次のゲームに備える。そのシーンのミネソタ・ファッツが本当にかっこよくて忘れがたい。
いや、渡辺ファンは誤解しないで欲しい。決して、エディが渡辺でファッツが羽生だなどと私は言いたいのではない。
だいたい渡辺は決して慢心なんかしていないし今でもストイックに謙虚に精進を続けているし、逆に羽生ファンの立場から言えば既に渡辺の方が腕前が上だなどどといったら、本ブログのコメント欄は抗議でたちまち炎上してしまうだろう。
そうではないのだ。二人と置き換えることなど不可能だ。敢えて言うなら、羽生と渡辺の場合は、二人とも同時にファッツ的な人間的な強靭さも持ち、エディ的な才気、才能も兼ね備えている。
大変に内容が濃密な激闘の末に夜中に千日手になり、その30分後に指し直しになった。こうなってくると、将棋の技量の勝負であると同時に、体力・精神力の勝負にもなってくる。
つまり、ファッツのように疲れきっていても身だしなみを整えて戦いに挑むことの出来る心のありようも大切になってくるような気がする。
私はニコ生中継で、深夜の対局が始まった際の羽生と渡辺の対局姿を目を皿のようにして凝視していた。将棋よりも二人の様子が知りたくて。
しかし、少なくとも私の目には二人とも、全く疲労の様子はみえず、シャキンとして戦っているように見えた。
ただ、近くで見ていた行方は「渡辺さんが疲れている感じですね。背中が丸まっています」と述べていた(21手目棋譜コメント)
一方、羽生の方には本当に全く疲れの色が見えなかった。羽生の方が渡辺よりも一回り年上なのである。羽生は最近42歳の誕生日を迎えたところだ。対局の前にはチェスの対局イベントまでこなしていた。
本当に信じられないような体力の持ち主なのである。いや、将棋の場合は普通の「体力」とはちょっと違う。盤の前に長時間座り続けて動かず、頭だけをフル稼働させ続ける。肉体と精神の両方が恐らく猛烈に疲弊するはずだ。
だから、体の基本的強さが必要であるにしても、やはり精神、心の強さが一番重要な気がする。将棋の技量だけでなく、そういう面でも羽生は並外れているのではないだろうか。

将棋は先後入れ替えて、先手の羽生が矢倉を選択。今回の王座戦では先手で全て角換わりではなく矢倉だった。先手の矢倉に自信があるのか、角換わりの後手に有効な対策があると考えているのか、多分両方のような気がする。
一方、渡辺は後手矢倉では△9五歩型を採用する事が多い。特にこの二人の戦いだと、NHK杯や竜王戦で何度も同じ形を指定局面のように戦った事がある。
ところが、モニターを見ていると渡辺が珍しくどうするか迷っているように見えた。分岐点の△8五歩のところである。気合よくとばす渡辺にしては(重要な分岐点であるにしても)やや多めに時間を使っていた。
もしかすると、渡辺は現時点では△9五歩型に今ひとつ自信をもてないのかもしれない。そういえば、今回の王座戦では後手では急戦矢倉を連採していたのも、それと関係があるのかもしれない。
この二人の戦いは迫力満点の終盤が何より魅力だが、二人とも終盤力が図抜けているだけに、序盤の作戦のもつ意味も大きい。今回は、渡辺がこの指し直し局でも急戦矢倉でも、後手矢倉で本当に自信をもって指せる作戦がなかったのかもしれない。
逆に、2008年の竜王戦では後手の急戦矢倉があの時点ではとっておきの作戦だったし、二年後の竜王戦では後手での△6五歩型の角換わりに絶妙な工夫があった。
つまり、この二人の戦いは大変高レベルなので、その時点で後手で有効な作戦を見つけられるが大変重要なポイントになっていると思う。
そして、今回の後手の羽生は王位戦でその優秀性に苦しめられた藤井流の角交換四間、さらに二手目△3二飛があった。
終盤力がほぼ互角なだけに、冷静に考えるこの二人の場合は後手番の作戦次第でタイトル戦全体の結果が決まるといっても過言ではないのかもしれない。
将棋は先手が先に銀を損するがそれを代償に攻める「先手銀損定跡」になった。行方が経験も豊富なそうで、この形のポイントを分かりやすく解説していた。
「この将棋は、後手の苦労が多い将棋なんです。つらい時間が長いので、持ち時間の長い対局では指しにくいと思っています」(行方八段)(53手目棋譜コメント)
後手は駒得しても延々と受け続けなければならず、攻め味もないので苦労の多い将棋ということのようである。
ちなみにどうでもいいことだが、行方は夜戦になってからは実にいきいきしていて解説も冴え渡っていた。さすが夜型?である。行方も永瀬を見習って千日手王をめざせばいいのではないだろうか。千日手になるくらいの時間に元気になってくるのだから。
この将棋も後手が銀を投入してがっちり受けたようにも見えたが、羽生もさすがに細そうな攻めをうまくつないで、端にと金をつくったあたりでは先手成功である。しかも、先手玉が金が二枚並ぶなかなか詰めろがかからない(矢倉ではよく出る)形になっているのが心強い。
以下、羽生がなんとなく珍しく寄せをぐずったようにも見えたし、渡辺もうまく粘ったが、▲6六桂なども落ち着いていて、どこまで行っても結局後手が苦労し続けれないといけない将棋だったのかもしれない。
羽生もその後は落ち着き払って▲3二の金で3三と3四の銀を次々に取った。どうもこの辺り以降は決して焦らずに勝ちに行く方針に決めたようだ。
渡辺の△8三馬もいかにも意表をつく手で、指された瞬間はまた終盤で何か出したのかと思った。しかし、これは普通に金を打って受けたのでは勝ち目がないと見た一種の勝負手だったのだろう。
堂々と(冷静に)▲5三飛成と銀を取られて、このあたりでハッキリしたようだ。羽生はこの辺り次々に三枚の銀を取っている。
ちなみに、この△8三馬を即座に大悪手と断じていた大内はさすがだ。誰もが渡辺の終盤力をつい信用してしまうが、自力で疑って正しい事をきちんと指摘していた。ベテランらしかった。
以下羽生は徹底的に受けに回って不敗の態勢を築き上げる。結局3二にいた金が→3三→3四→4三→5三→6三と相手の駒を取りながら着実に一歩一歩後手玉に近づいて寄せに役立った。最後はいかにも羽生らしい「決してあせらない」終盤の仕上げである。
終盤最後の方で手が進まない間に、ニコ生では、浦野が再び「ジャパネット」ぶりを発揮して自著の宣伝に余念がなかった。そして、コメントによって本人にも「ジャパネット」のあだ名がついたのが伝わったのである。さらに、Amazonで浦野本が一位を含めた上位を占めてバカ売れしていることが、ニコ生コメントを通じて伝えられた。
ニコ生視聴者数は、なんと何十万単位で今回は視聴者数の新記録を達成したそうである。浦野はその分かりやすくて独特のユーモアのセンスのある解説で、将棋普及に貢献した。本が売れたのはそのご褒美である。
但し、「ジャパネット」浦野のあだ名だけはご本人もちょっと不本意かもしれない。浦野はご本人もしているツイッターでは一部で、「アイドル」とか「マッチ」とか呼ばれていることを、大きなお世話ながら付言しておこう。
そんなこんなでの?、羽生の王座奪還である。その最後の方の様子については、一昨日の記事の冒頭で記した通りだ。

これで羽生は一年だけ足踏みしたが、王座通算20期獲得である。大山康晴の同一タイトル獲得記録である王将20期と並んだ。
そして、羽生が渡辺にタイトル戦で勝ったのは、2003年の王座戦以来。最終局で羽生の手が震えた事で有名なシリーズだ。
その後は、初代永世竜王、永世七冠をかけた伝説の2008年の竜王戦、その二年後の竜王戦、二十連覇をかけた去年の王座戦と、ことごとく渡辺がものにしてきた。
羽生にとっては常に節目の記録の際に、渡辺が立ちはだかってきたわけである。記録よりも世代が下の渡辺に敗れるのは、羽生にとっては今まで長年守ってきた第一人者の地位が脅かされるということだ。かつて、一時森内にも追いつめられた事があったが、持つ意味の重みが違う。
とはいっても、羽生ももう齢四十を超えている。下の世代のトップに世代交代していくのが自然な流れだろう。
ところが、羽生は今回その流れを自力で完全に食い止めて見せた。それも、この第四局で見せたようにあらゆる意味で若々しくてタフな将棋で。
最近の羽生の将棋を見ていると、衰えるどころか逆に若い頃にはなかった凄みさえ感じさせる。それは銀河戦の決勝でも島朗が解説で力説していた。
羽生は、今まで当初は苦手にする棋士がいても、その相手との対戦を重ねて慣れて何かを一度つかんでしまうと、その倍返し―どころ何十倍返しで完膚なきまでにやり返してきた。ここではその具体的な棋士名をあげることはやめておこう。渡辺戦についても、最近徐々に羽生が巻き返してきている。
それでは、渡辺はそういった棋士の列に名前を連ねてしまうのだろうか?
私にはそうは思えない。今回は内容的にも羽生が完全に押していた。それは渡辺自身もブログで認めている。
ただ、今回でも第一局では渡辺しか出来ないようなやり方で羽生を負かしていた。本当にこの二人の将棋は、張り詰めた緊張感がすごい。そして勝敗についても、その時々によってどちらに傾くか分からないスリルがある。
だから、多分今後も当分は互いに勝ったり負けたりを繰り返してゆくのではないだろうか。
ただ、その際に今後大変なのは、むしろ渡辺の方だろう。何しろ年は自分の方が若いのに、年上の羽生が衰えるどころか新境地を開拓してますます油断ならぬ大変な相手になっているので。

でも、結局この二人については第一局でも紹介した3月のライオンの中の名セリフを再掲するしかなさそうだ。
思いっ切り技をかけても 怪我しない
全力で殴っても同じ位の力で殴り返して来てくれる
そりゃ渡辺も羽生にあたるのはうれしかろーよ
そしてそれは羽生にしたって同じ事
お互いにお互いが相手の事を 力いっぱいブン回しても
壊れないおもちゃだと思ってるからな
ちなみに、原作では「羽生」にあたる「宗谷名人」は、いかにも羽生のイメージがある。一方、「渡辺」にあたる「隈倉九段」は、大変大柄で逞しい体格で足のサイズも30センチの巨漢である。実際の渡辺とは全然違う。
しかし、その厳しくて迫力満点な将棋は、まさしく渡辺のイメージなのである。
「隈倉九段」は「宗谷名人」に名人戦で負けて、旅館の壁を蹴破る。勿論、渡辺はそんなことはしない。(多分そんな力もない。)
しかし、渡辺のことだから、心の中では旅館の壁を蹴破るくらいのことはしているに違いなく(余計な説明かもしれないが、それくらいの悔しさを抱いてと闘志を燃やしているだろうという意味だ)、羽生ファンとしては次の渡辺とのタイトル戦が楽しみであると共に、ちょっとこわいのである。
ただし、我々ファンと違って羽生は恐らく何も恐れたりしない。
そういう二人の対決だから面白い。

(完)

羽生善治が王座を奪還その2 2012王座戦第四局 渡辺vs羽生

王座戦中継サイト
棋譜(千日手局)
棋譜(指し直し局)

さて、紆余曲折あって結局は居飛車左美濃vsノーマル三間飛車に。現在ではほとんど見かけない形になった。
そもそも、現在では左美濃に対しては藤井流の攻略システムが決定版になっている。藤井システムというと居飛車穴熊対策が有名だが、その前に左美濃撃破の完全なシステムも藤井は構築していてそれは現在でも有効である。「藤井システム」という題名の左美濃攻略だけに絞った本もある。
その場合は四間飛車で玉を△7一まで囲って左美濃の最大の弱点の玉頭を狙って藤井らしく振り飛車側から動いてどんどん攻めるのだ。
というわけで、1、現在は角道を止める振り飛車が激減、2、左美濃に対する振り飛車の対策が完成されているといった何重の理由によってほとんど見られない。
それが、前回述べたような序盤の経緯によって、歴史が何十年前の形に突然遡ったわけである。当時は、この振り飛車の△6五歩と位をとる形が一番有効とされていた。(藤井システムでもこの△6五歩は同様に大切なポイントだが。)
そして、経験値や実戦をリアルタイムで見た多さでは羽生が圧倒的に有利になった。しかし、渡辺の序盤センスも経験不足など全然感じさせないものだった。
角を4六から3七に転換して相手玉を角筋で睨み、振り飛車が位を取ってきた6五歩を逆に狙って逆襲する。ごくごく自然な指し方だけれども、まだまだ互角のようにも見えた。
しかし、羽生が力技で局面の流れを変えに出る。50手目の△4四銀がそうである。これは大胆不敵な手だ。
この瞬間に先手は▲6四歩から▲7五歩と猛攻する事が可能だ。特に▲6四歩△6二金とへこまされる形は普通ならば耐えがたい。一方的に攻めまくられる危険がある。
本局の羽生は、こういう「やってこい」という挑発的な手が多かった。そもそも、△3二飛△4二銀が居飛車の態度次第では大乱戦になるし、その後ももう一度飛車先を受けずに挑発して、さらにこれである。
渡辺は、どちらかと言うとこういうのを真っ向から咎めに行きたいタイプだと思うのだが、今回はどれも自重した。実際は▲6四歩を入れずに単に▲7五歩。
今回は対局が深夜にまで及んだので、感想戦は簡単に済まされた様で、対局者の考えが全く分からない。だから、この手についても推測するしかないが、とにかく渡辺は▲6四歩まで入れるのはやりすぎだと考えたのだろう。
つまり、今回はずっとある程度は羽生の側の主張が通っていた。勿論、全て具体的な読みに裏付けられた話だが、シリーズ全体を通じて、羽生の側に今までの渡辺戦ではなかった余裕のようなものも感じた。
以下、渡辺が一歩的に攻める展開にはならず、羽生も金を6四に打ちすえて6筋と7筋の位を逆に奪還し返すことに成功した。要するに△4四銀の強手が通ったようにも見える。
さらに、△7二飛と回って総攻撃を見せて力をためた手が理屈ぬきに感触の良さそうな手。こういうのは弱い素人にも感覚的に良さが理解できる。段々後手のペースになってきたように思えた。
さらに、先手が▲6八歩と辛抱しておさめたところに△3三桂。ここにきて遊び駒の活用である。よく言われるように振り飛車は左桂がうまく活用できればよくなる。その基本に忠実な手でもある。
こんなところでじっと手を渡すのがいかにも羽生流。いつもの羽生らしさなのだが、これまでの渡辺戦で羽生はあまりに気合が入りすぎて無理に攻めようとして失敗する事もなぜか多かった。やっと羽生も渡辺相手に平常心で普通に指せる様になってきたということか。逆に言うと、羽生にそういう焦りを生じさせるくらい渡辺が強くて厳しい将棋を指すという事である。
行方をはじめとして控え室は後手が良さそううという判断だった。森内だけは先手を持ちたいと言っていて行方が素直に動揺していたが、多分プロの素直な感覚だと後手がいいと感じるのではないだろうか。
特に振り飛車党ならば、左辺の厚みが大きい上に、飛車も攻撃に控えていて、さらに左桂まで捌けているのだから、基本的に何も文句のない局面なのではないかと思う。
しかし、このまま簡単に終らないのが羽生vs渡辺である。渡辺も決断よく飛車角を渡して後手玉をとにかく薄くしておく。必然の手順で仕方ないところもあったのかもしれないが、実戦的な指し方である。
そして、後手が一度108手目で△2九飛成と一度ゆるめたところでは、既に何となくはっきりしない局面だ。後手の次の△7六桂が厳しいが手番は先手。▲6一銀といやらしくひっかけて△7六桂に▲9七玉と逃げたところでは先手も結構抵抗力がある。この後の後手の△9三玉もそうだが、この形は手が稼げるのだ。
逆に後手玉に先に詰めろがかかった。もはや勝敗不明で、逆に先手勝ちの変化も出てきた。121手目で▲8八金とした場面は、後手玉が詰めろ。先手玉は詰まない。超難解ながらも、もしかするとついに先手が勝ちになったのではないか(後手は△7一金と犠打して千日手を目指すしかないか)と言われだした瞬間・・。
羽生の△6六銀。
歩の頭に捨て駒の銀。これが後手玉に対する▲6六桂の詰み筋を消していると同時に、先手玉への詰めろになっている。芸術的な詰めろ逃れの詰めろ。
誰も考えてなかった。理屈ぬきに「羽生マジック」である。とにかく、こんな手が浮かぶ事自体が素晴らしい。控え室のプロたちもネットで観戦していた我々も唖然呆然。現地で大盤解説していた森内も、こんな手を見れたのが嬉しくて仕方ない様子だったそうである。
しかし、それは観戦者だけではなかった。渡辺明も実に正直者の彼らしく、この手にビックリしている。局後の感想でも「△6六銀がすごい手で」と述べているし、自身のブログでも「千日手局、最後は勝ちになったのかと思っていましたが△66銀とはすごい手があるものです。」と悪びれずに書いている。
普通なら、こんな絶妙手を指されたら悔しくて口にするのもいやなのではないだろうか。ところが、渡辺はそれを素直に認めて感心して、さらにこんな手を見られたのを喜んでいる節すらある。
渡辺はなんという男だろう。いや、彼に限らず本物のプロ棋士はこういうすごい手を少年のように喜んでしまうところがあるのではないだろうか。
加藤一二三も自著の中でこのように述べている。(過去の私の記事でも紹介した事がある。)
「私の角が二枚並び、大山棋聖の飛が二枚並んだ形は心を打たれるもので、まず二度と出ないと思う。私は対局中この形に進行したときに、大きな喜びを覚えていた」
羽生もそうだ。先日流れた七冠当時のインタビューで、将棋は苦しいが、その中で何か正しい指し手を発見出来た喜びはなにものにも変えがたいという意味のことを述べていた。
我々ファンはどうしても勝敗だけで見てしまうが、当事者の彼らはたとえ相手の指した手であってもそりが素晴らしい手であるならば純粋に喜んでしまうのではないだろうか。我々人間には分からない神々の人間の理解を超越した快楽があるのではないだろうか・・。
さて、現実の世界に戻ろう。実際にはこの△6六銀には▲7八銀上という対応もあったようだ。棋譜コメントでは伊藤四段が指摘していたし、GPSも読んでいた。コンピューター将棋の終盤力の高さの証明である。
単に先手玉の詰めろを消しているだけでなく本譜であらわれた△8九金以下の千日手の順も防いでいる。後手としては攻め方が難しい。普通の攻め方では詰めろが続かない。
しかし、ツイッターで強い方に教えていただいた順をここでは紹介しておこう。
▲7八銀上以下△8九金▲同銀△7七銀不成▲6三飛。
金を捨てて△7七銀不成が再びこれが詰めろ逃れの詰めろ。しかし、▲6三飛が先手玉への△8五桂打以下の詰めろを消している。(△7三桂が8五に跳べない。)
▲6三飛自体は後手玉への詰めろではなく、後手から先手への詰めろは何通りかかかるが、その攻防の組み合わせが超難解ということだそうである。少なくとも本当に強い人でも簡単に勝ち負けを読みきれないようである。
これについては将棋世界や新聞観戦記を待つしかないだろう。
本譜は△6六銀に▲同歩としたために千日手コースに突入した。
夜十時を過ぎて、この激闘の末に千日手。もう、いいじゃない、勝負なんかつけなくてもといいたくなる。しかし、将棋の場合はこんな時でも指し直さなければならせない。
立会人の大内が対局室に入ってきて、二人に何かを告げている。30分の休憩とはいえない休憩をはさんで指し直し。
当然テレビならば長いCMが入るだろう。私もこの続きは明日にさせていただこう。
ちなみにニコ生解説の浦野真彦は、前日深夜まで順位戦を戦っての解説でここでの千日手。本当に大変だ。アマチュアに分かりやすい解説をしつつ、自著の詰将棋本などの宣伝もまるで「ジャパネットたかた」よろしく巧みに行っていた。
しかし、浦野もこの時点ではネットで「ジャパネット」のあだ名がつけられて、なおかつamazonで浦野本がバカ売れしているの事をこの時点では知る由もなかった・・。

(続く?)

羽生善治が王座を奪還その1 2012王座戦第四局 渡辺vs羽生

王座戦中継サイト
棋譜(千日手局)
棋譜(指し直し局)

日が替わって午前一時過ぎになって、やっと勝負の趨勢が見えてきた。先手の羽生玉は金銀を次々に打ち据えてガチガチに再構築され全く寄らなくなり、後手の渡辺玉は粘っても結局は寄ってしまうのが時間の問題である。
しかし、渡辺は気合を込めた手つきで指し続ける。角をきらずに何度も逃げる鬼の辛抱をして決して自爆だけはしない。全く先に光明が見えない絶望的な状況で、渡辺は決して折れずに本当に最後の最後まで指し続けた。
午前九時に始まった対局が大激戦の末に午後十時過ぎに突然千日手になり、30分の休憩をはさんで指し直し。お互い持ち時間がほぼ一時間の状態で指し直し始めて、終局は午前二時を過ぎていた。計17時間の激闘。
最後は(当然なことながら)羽生が堅実に受けて、渡辺にとっては投げるタイミングを失する展開になってしまったこともある。
しかし、この二人の勝負では2008年の竜王戦第四局のことがある。羽生の勝利が目前だったように見えたところから、羽生がコップの水を飲んでいる間に、渡辺がフト自玉が打ち歩詰めで逃れる順を発見する。ほとんど投了も考えていた渡辺がそこから息を吹き返して勝利。さらに、三連敗後の四連勝。
本局の最後まで諦めない渡辺を見ていて、その時の姿がオーバーラップした。この執念と精神力が渡辺の強さである。今回はあの時と違って渡辺が逆転する可能性はほぼ0%に近かったが、それだけに指し続ける渡辺に凄みがあった。
と同時に、私は羽生ファンなのでタイトル獲得の瞬間を切望しながらも、こういう絶望的な状況で黙々と指し続ける渡辺の姿に、ちょっと何とも言えない気持になった。今回に限らず、将棋の大きな勝負では最後の瞬間に勝者よりも敗者が強烈な印象を残す事がよくある。今回もそうだった。
渡辺はタイトルを失冠するのは、なんと今回が初めてである。あの羽生でも、渡辺からタイトルをもぎとる為には、激戦の千日手を経て17時間もかかったのである。

午前9時に先手渡辺の▲7六歩で長い一日が始まった。いきなり後手の羽生が二手目△3二飛。後手で藤井流の角交換はある程度予想されていたが、これはさらなる変化球である。
「私の座る位置からは指し手が見えなかったんですが、後手番で駒がカチャッと重なる手はほとんどないので、これは何か起こったなと思いました」(行方八段)―二手目棋譜コメントより
行方はあまり朝が得意ではないと言われる。前日の晩も恐らくおいしくお酒をいただいたことだろう。そんな行方の目を覚ます「カチャッ」。「泰平の眠りを覚ます上喜撰たつた四杯で夜も眠れず」・・ではなく、「行方の眠りを覚ます△3二飛 カチャッの音で二日酔い飛ぶ」である。
とはいえ、この二手目△3二飛は、かなり有効な作戦で、特に本譜でも出た四手目△4二銀の佐藤康光新手は大変な高勝率を誇っている。但し、初手に▲2六歩とされるとこの作戦は採用できないので、後手が振り飛車党の際には先手の居飛車党は▲2六歩で作戦を封じる事が出来る。
問題は、後手が羽生のようなオールラウンダーの場合だ。初手▲2六歩だと△8四歩以下相掛かりもあるので矢倉などを指向するなら▲7六歩だが、それだとこの△3二飛がある。
現に去年の順位戦A級でも渡辺相手に後手の谷川がこの△3二飛を採用して勝っている。名人挑戦争いに大きな影響を及ぼす将棋だった。
また、将棋世界誌の「イメージと読みの将棋観」でも、この形が取り上げられた事があり、渡辺はなかなかここまで研究が及ばない、振り飛車党相手なら▲2六歩で防げるなどと言っていたと記憶する。
というわけで、この△3二飛は実は後手の作戦としては意外に最初から可能性があったのかもしれない。
特に、最近は藤井流の角交換振り飛車が大流行しており、羽生もよく採用しているので角交換系の振り飛車をするのなら、こちらも選択肢としては考えられた。
但し、この△3二飛△4二銀は先手がどんどん飛車先を突いて交換すると序盤から大乱戦になる可能性がある。後手はそれを覚悟する必要があるが、過去の実戦例を見ても後手も十分戦えるし羽生も自信があったということなのだろう。
最近羽生はチェスをよく指している。この前の日曜日も、女子欧州王者のアルミラさん(大変魅力的な人だった)と時間切れ二番勝負を戦い二局とも引き分けていた。他にもたくさんチェスを指している。
その時も羽生は相手の得意を外す作戦を採用していた。将棋の場合は、最近は何でもありで合理的になったけれども、まだ少しだけ「堂々と相居飛車で」という感覚もわずかながら残っているような気がする。だから、羽生が今回△3二飛を採用したのも意外とされた。しかし、純粋な戦術面から考察すると今まで述べてきたたようにこの△3二飛も十分考えられた。
日本的でないチェスはより合理的というイメージがあるので、羽生が今回△3二飛を採用したのは、最近羽生がチェスを多く指している事と関係がないのではないかと私は感じた。
但し、私はチェスの事情を全く知らない。チェスに詳しい方によると、チェスでは△3二飛のようなマイナーな戦術を採用しては勝てないということだそうである。将棋の△3二飛がどの程度「マイナー」といえるのかによるのかもしれないが。
さらに、▲2五歩に対しても羽生は飛車先を受けなかった。ここでも当然▲2四歩以下の激しい変化が考えられたが、渡辺は自重。しかも決断は比較的早かった。
研究していたのか、持久戦でいくと決めていたのかは分からない。まずじっくり玉をかためてというのも渡辺流の個性だが、同時に咎められるならば厳しく咎めるというのも渡辺らしさなので、真意は渡辺に聞いてみないと分からない。
そして、渡辺はじっくり駒組みを進めつつ左美濃(天守閣美濃)を採用。渡辺としては珍しい。持久戦なら渡辺は居飛車穴熊がトレードマークなので。
しかし、この場合は振り飛車側の角筋が開いたままなので、下手に穴熊にすると普通の三間飛車よりも角筋をいかした猛攻を受ける可能性がある。藤井システムの要領で。
従って渡辺は高美濃にしたと推測されるが、それを見届けてから羽生は△4四歩と角道を止める。
ちょっと損なようだが、さらに進むと左美濃対三間飛車の懐かしい形になった。▲中原vs△大山などで多く指された形である。
つまり、羽生は角道を止めても、羽生が若い時によく見たり自分でも指した形で十分勝負できると考えたのだろう。「羽生の頭脳」でもこの形がとりあげられているそうである。
但し、この形は▲谷川vs△羽生の竜王戦の有名な将棋でもあるという。だから、渡辺は実戦経験はなくても、この形はある程度知っていたはずだ。特に渡辺は修行時代に谷川の将棋を実際に盤に並べて深く考えたというから。
とはいえ、実戦経験があるのと本の知識だけでは、やはり大きな違いがある。△3二飛の採用といい、この形に誘導したことといい、羽生の戦略家ぶりが今回は目立った。
渡辺vs羽生では、どちらかというと渡辺のほうが用意周到な戦略家ぶりを遺憾なく発揮して、それに羽生が受身になることが多かった。そういう意味でも本局は珍しかった。羽生もついに渡辺に少し慣れてきたのだろうか。
これを天上で見ていた大山康晴が、「この後は自分に三間飛車を持って指させてくれ」と懇願したかどうかは知る由もない。

序盤の話だけで、すっかり長くなった。しかも今回は二局もある。一回ここできって明日以降続きを書かせていただくことにする。
いや、こうして話がなかなか進まないのは私の責任ではない。最近は、様々な面白いブログが出来ていて、それらで一回完結しないのが流行っている?
私は以下に紹介するブログの真似をしたまでのことだ。抗議はこれらのブログ作者たちにお願いしたい。
私のブログを読まれる方なら既にご存知かもしれないが、もしまだという方はいらっしゃったら是非。私の記事などより両方ともよっぽど面白いので。

気が散る前に
(元島研メンバーによるイベントについてのレポ・・というよりは創作?)
ものぐさ記念対局自戦記:第1回
ものぐさ記念対局自戦記:第2回
(両方チェスの自戦記なのですが何も分からない将棋ファンの私が読んでも面白いです。)

(続く・・・?)

2012王座戦第三局 渡辺王座vs羽生二冠

王座戦中継サイト 
棋譜

第一局に続いて先手羽生の矢倉に対して後手渡辺が戦矢倉。さらに、羽生が第一局同様後手の飛車先を交換させる珍しい意欲的な指し方を連採した。
それに対する後手の指し方に私は渡辺の戦略家ぶりを感じた。
後手が飛車の引く位置を第一局とは異なり8二にして羽生も自然に飛車先を交換する。さらに、渡辺は△3一玉から△4四歩として、羽生が▲7七銀としてのを見て△4三銀と雁木にした。
渡辺によるとこうするのが予定だったという。以下、本譜のように△7三桂として△6五歩と先攻するのが狙いで、実際そこまではそう進む。とにかく後手が自然に先攻は出来た。
渡辺は、急戦矢倉を再度用いるに当たって、羽生が第一局で好局を落としているので納得できていないで再度同じ対策を用いるのをある程度予想していたのではないだろうか。
そして、その展開に誘導した上で自分は雁木にして先攻する形をつくる。渡辺のプラン通りだ。
控え室の中村太地が指摘していたが、そもそも雁木は飛車先を交換させる指し方である。だから、後手は別に飛車先を交換させても不都合でない。
一方、先手は結果的に矢倉で飛車先を交換された形になっている。普通の矢倉では飛車先は交換されない。中村はその意味で後手が少しだけ得かもしれないと指摘していた。
渡辺がどう考えていたかは分からないのだが、とにかく羽生の強気で負けず嫌いな性格まで多分読んだ上で、緻密に事前にプランを立てて、自分のイメージする局面に導くところまでは成功したのではないかと思う。いかにも戦略家の渡辺らしいところだ。
ところが、それに対する羽生のその場の対応が渡辺の予想をいきなり裏切る。△6五歩に対してアッサリと▲同歩と応じて銀桂交換を甘受する。羽生は6筋を取り込まれるのが大きすぎて指せないと判断したようだ。
実際にはそういう指し方をしても難しいのだが、羽生の決断は恐ろしく速かった。▲6五同歩にわずか四分程度しか用いていない。渡辺も「意外でしたね」と相変わらず正直に述べている。ここら辺は渡辺はウソを言わないタイプだ。
羽生は駒損は仕方ないが、自玉の方はひとまず安定させて、桂馬を手持ちにして渡辺玉を攻める権利を確保する事を選んだ。そして、結果的にはその判断が正しくて、以降まだ難しいにしても、少なくとも先手が主導権を握って局面を進めることに成功した。
今述べた事を一言で表現すると、よく言われる「羽生の大局観」ということになる。序盤を要約すると「渡辺の用意周到な戦略性」に対して「羽生のその場でのとっさの大局観」で応じたということである。
とはいえ、局面はまだまだ難しい。感想コメントによると、△1四歩では△3三角として、とにかく後手はなんとか角を活用する方が本譜よりは勝ったそうである。実際、本譜は後手が角の使い方に苦労する事になった。
とはいえ、渡辺の△3三桂から▲1六桂に対しての△1三角も形は相当悪いのだけれども、渡辺が苦心してひねり出した受けである。ニコ生解説の佐藤天彦が、すぐに先手が攻める順を調べていたが、なかなか簡単にはうまくいかない。
渡辺が力を見せて先手はどう攻めるのだろうかと思っていたら、羽生はサッと▲8八玉。攻めずに得意の手渡しに出た。なるほど、後手の角道を避けておくのが大きい。後手も当面の先手の攻めは回避したが、かといって手渡しされるとどう指していいか困ってしまう。
相変わらず正直な渡辺は、感想コメントでこの▲8八玉の局面では「眺めているうちにかなりきついと思った」そうである。銀桂交換の大局観と手渡しという羽生流が本局では遺憾なく発揮された。
以下、羽生の▲6三歩のタイミングも絶妙で先手は金をとって逆に駒得になった。この辺では、誰でも先手が面白くなったと感じるだろう。しかしながら、素人にはまだまだ先は長いようにも思える。
ところが、二人の感想戦はこの辺りで終ってしまったそうだ。もう後手はダメだと。恐ろしくレベルが高い。あるいは、渡辺が自分に厳しくて、とにかく早いレベルでの問題点を探ってそれで満足して、悪くなった終盤をゴチャゴチャ言っても仕方ないという態度なのだろうか。
とは言っても、我々観戦者も控え室のプロも、ここで勝負が終ったなどとは全く考えていない。それどころか千日手の心配までしていたのである。
▲6三馬に△8四飛としたところでは、先手もどうすべきか明確ではないと言われていた。しかし、夕食休憩をはさんでの▲9五金が本局の決め手になったようである。
以下、後手も本譜のように進めるくらいしかないが、明らかに先手が寄らなくなっている。あっという間に先手勝勢の雰囲気になった。
しかし、羽生だけではなく渡辺も▲9五金は予想していたようだ。夕休後もあっという間に指し手が進んだ。だから、渡辺は既に夕食休憩の時点で自身の負けがハッキリ見えていたのかもしれない。
以下、羽生が多分ゆっくりとした勝ち方もあるところを、ゆるまずに攻めあいにでて最速で勝ちにもっていった。最後はほんんど必然手順の連続で後手は抵抗のしようがない。
最近のこの二人にしては珍しく、最後は大差で将棋が終った。第一局第二局が緊迫の終盤だったので少し残念だが、さすがにこの二人でもこういうことになることはある。
本局は羽生のいいところばかり出た。しかし。第四局は渡辺先手である。過去のこの二人の戦いぶりを考えても、まだまだ勝負の行方は見えてこない。

2012王座戦第二局 渡辺王座vs羽生二冠

王座戦中継サイト 
棋譜

後手の羽生が採用したのは、藤井流の角交換四間飛車。王位戦で藤井が羽生相手に連採して、どの将棋でも作戦勝ちをおさめてみせた。羽生も結局有効な対策を見出せずに終ったので、ここでの採用も納得できる。
とはいえ、誰もが驚いた。但し、王位戦のことがあったので勘のいい観る将棋ファンは予測していたようである。もしかすると、渡辺もある程度はあると考えていたのかもしれない。
王位戦にとどまらず、特に若手振り飛車党の中では、この藤井流角交換四間は大変注目され多く指され始めている。藤井個人の戦法にとどまらず、ポストゴキゲン・石田流を伺う勢いの注目戦法なのである。将棋世界10月号でも、勝又清和が講座で特集して取り上げている。
この角交換四間は、現在そのシステム化の途上にあって、微妙な形の違いであっという間に前例のない形になる。
羽生の工夫は早めの△4四歩。▲4六歩を牽制しているのだが、短所もあって例えば向かい飛車に振り直すと▲4三角と打ち込む隙が出来て後手も動きに制約を受ける。角交換型の場合、△4四銀△3三桂で向かい飛車にして振り飛車から動くのも重要な選択肢の一つで、それが早々になくなってしまう。
本譜でも羽生は大人しく囲う順を選んだが、渡辺はいきなり突破しようとするのでなく、5筋の位を取って、四枚矢倉の堅陣をしき、さらに穴熊に組み替えて金銀をひきつけた。
渡辺得意の「隙あらば穴熊」パターンである。いきなり穴熊を目指すのではなく、展開に応じて穴熊にリフォームする。序盤は渡辺の序盤センスの明るさが発揮されて、普通に考えると居飛車の大作戦勝ちになった。
実際羽生は玉を8二と9二で往復する一人千日手状態を余儀なくされた。羽生本人も作戦の失敗を認めている。藤井はこれをどう見ていたのだろうか。「せっかく採用してくれるのなら、もう少しうまく指してくださいよ、羽生さん」と思っていたのだろうか。
それでも、そもそもこの角交換四間は根本思想として、最悪千日手ならやむなしと考えているところがある。消極的に思えるかもしれないが、千日手になれば先後が入れ替わるので、先手番が重要な現代将棋では立派な考え方ともいえるのだ。
しかし、渡辺は千日手にする気などさらさらなかった。その間に右桂も跳ねて着々と攻撃態勢を整えてから満を持しての仕掛け。
飛車先が突破されては囲いのうすい後手はひとたまりもないので、羽生は持ち駒の角を手放して受ける事を余儀なくされる。ますます形勢の差がひろがって、対局者の名前をみなければ、つい「先手必勝」といいたくなるような形になった。
しかし、ここからの羽生のバランスの取り方が見事だった。△9五歩から端に手をつけて、穴熊の急所の端にイヤミをつける。先手が穴熊の堅陣のままでは勝負にならないし、またここしか攻めるところがなくてやむを得ずといったところもある。
ところが、この端攻めが事の外うるさかったようである。渡辺も実に落ち着いて対応しているように見えた、▲9七同銀から▲4三歩のたたきを一度入れてから落ち着きはらって▲8八金と穴熊に手を入れる。
やはりどう見ても先手がいいように見えたのだが、▲4三歩に対して羽生が「仕方なく」取った同角が後に攻めに役立つのだから将棋は分からないものである。
以下、羽生が仕方なく端からゴチャゴチャやるが、何と85手目で▲9六香というのが敗着に近い問題だったというのだから驚く。先に▲5一角と打って先手の9五の香を取ってしまうのを見せれば後手が攻めをつなげるのが難しかったそうである。
そして、感想によると渡辺は以下後手の攻めがつながって苦しめになったと捉えていたようである。
しかし、この小さな受けのミスがすぐ負けにつながるとは素人には分かりにくく、第一局の羽生の最後の受け間違いが負けに直結したのとも似ている。この二人の場合、本当に一つのミスが結果的に命取りになってしまうのだろうか。恐ろしい。
とはいってもその後の展開もまだまだギリギリで最後まで見応え十分だった。再び一手ですぐ逆転しそうな僅差が最後まで続いていたはずである。
渡辺が、ガジガジと攻め込んで▲7三香と打ち込んだところだって迫力満点で、すぐには後手がどうすればいいのか分からない。しかし、△6一金と根元の角を取りにいくのが冷静で、やっと羽生勝ちが見えてくる。棋譜コメントによると、羽生の手が少し震えたとのこと。この二人の場合、勝つためにはこういう見事な受けの決め手が必要なのだ。
以下は、渡辺が一手届かないのが段々分かりやすくなってきて、さすがに万事窮したかと思った瞬間に▲4六桂がとんでくる。
渡辺の終盤の手の見え方は尋常でなく、油断もすきもあったものではない。悪いといいながら指し手は明らかに最後の最後まで全然諦めてないのだ。
そして、最後のラッシュも単なる形つくりではなく▲2一飛成にウッカリ△3一歩と受けると―いかにもそう受けたくなりそうな形だ―後手玉に頓死筋があったそうである。だが、羽生もさすがに間違えずに正着の金合いをしてようやく勝負がついた。
渡辺が現代的な序盤センスで大きく作戦勝ちしたが、羽生が渡辺の攻めを角を手放してまでしてなんとか破綻しないように必死に凌ぎ、端攻め一発でバランスをとって勝負に持ち込んだ。要約するとそんな感じか。
ニコニコ解説の飯島も言っていたが、羽生相手だと優勢になったと思っても、そこから勝つのが大変で逆転されてしまう、しかもいつの間にか分からないうちにひっくり返されてしまう、と述べていた。
明らかに相手が良さそうなのに、よく読んでみると意外にバランスが取れていたり難しかったりする羽生の大局観。こういうのを我々は何度も目にするのだが、本局もその一つだろう。
感覚だけで言うと、先手だけ穴熊にガチガチに組んで攻めているので、つい相当いいように見えるが、実は穴熊の急所の端攻めが厳しくて、思ったほどもともと実は差が開いていなかったという事なのだろうか。
しかも、渡辺も丁寧にしっかり受けていたようで、一つ受け方を間違っただけで、逆転ムードになって、それでもまだ僅差が続いたが羽生が冷静に逃げ切ってしまった。そういう将棋である。
第一局も本当に最後まで分からなかったし、本局も感想とは違って我々素人には―いや多分プロにも―最後まで手に汗握る将棋だったのだと思う。この二人の終盤力はやはり並外れている。勿論、プロなら基本的に見える筋は同じなのだろうが、その正確性と正しい手の継続性がこの二人の場合は図抜けているような気がする。
だから、本当に最後の最後まで、どちらかがちょっとでも間違えるとすぐひっくり返るスリルがある。どちらが勝っても見終えた後はグッタリとしてしまう。
二局ともギリギリの厳しい将棋だったので、今シリーズは最後までそういう将棋が続いて欲しいと思う。何度も言うが見ている方も大変疲れるのだが、間違いなく見る価値があるカードなのである。

2012王座戦第一局 渡辺王座vs羽生二冠

王座戦中継サイト 
棋譜

タイトル戦では去年の王座戦以来の待望の対戦。この二人は意外にすれ違っていて、特にタイトル戦では中々見られない。しかし、かつての羽生vs谷川を後を継いで、文句なしに現在のゴールデンカードと言えるだろう。
タイトル戦を迎えるに当たって、羽生の方は棋聖戦、王位戦を圧倒的な強さで防衛し、他の棋戦でも勝ちまくって好調―というよりは普段通りの状態を維持していた。
一方の渡辺は、タイトル挑戦にからむ大切な将棋を落としたり、直近ではネット中継の将棋などで負けが(渡辺にしては)こんでいる感じだった。将棋の内容も、序盤作戦に問題があったり、中終盤の急所でらしからぬミスが目だって万全の調子ではないように思えた。
ところが、そういうのを大事な将棋で完全にふっ飛ばしてしまうのが渡辺明である。今回はニコ生で午前中は二人の対局姿が延々と映し出し続けられたが、渡辺の気合十分の―ちょっとこわいくらいの―ピリピリした緊張感がカメラ越しにも十分伝わってきた。
とにかく渡辺の場合、ここ一番での集中力が凄まじい。特に羽生が相手のときは別人のようだ。そして、ここ最近の(これは志の高い本人ならこう言われても怒らないと思うのだが)
ちょっとだらしない将棋がウソの様に指し手も厳しくて正確無比だった。

将棋は後手渡辺が急戦矢倉を採用。言うまでもなく二人の伝説の竜王戦七番勝負の急所で渡辺が採用して防衛につなげた、二人の間では因縁の作戦である。
ただ、その後は先手の対策が進んだこともあり、あまり指されていない。ただ、今年の名人戦で羽生が後手で採用して(結果はうまくいかず)、渡辺もその後の他の将棋で採用していた。
ところが、その後はいきなり定跡の先例の多い形から離れる。羽生が、後手に飛車先を交換させておいて自分は交換できるのにしなかったり、渡辺も強気強気に対応する。
お互い相手の思い通りには指さない、絶対に妥協しないという姿勢が指し手からも伝わってきた。そういう厳しい指し方をしないと勝てない相手という認識もあるのかもしれないが、多分二人は棋界で気の強さでもトップクラスなのは間違いない。そういう二人だから、どの将棋でも必ず序盤から目に見えない火花がバチバチと散るのだ。
そして、羽生が▲9七角とのぞいて後手の攻めを誘ったのも大胆な指し方で、後手に△6六歩と取り込まれては一見大損のように見えるが、よく調べるとこれでも先手がむしろさせるらしい。こういう羽生独特の大局観は中々プロでも真似できないところだろう。
一方、渡辺が△9五歩と突いたのも実に強い手で、この瞬間に先手は色々厳しく攻め込む順がある。それでも、羽生の攻めを誘って受けて勝負に持ち込めると考えたのも渡辺のすごいところだ。実際には少し後手が苦しめだったようだか、決して羽生相手にも引いたり弱気になったりせずに指してくる。勿論、実力の裏づけがあってこそ出来ることだ。
とは言え、やはり基本的には羽生の攻めも厳しく渡辺はずっと守勢にまわることになった。ところが、羽生の攻めも正確だが、渡辺の受けも全く間違えない。それどころか、どちらかと言うと強気な受けの手が目立った。攻める側としても、一歩間違えるとすぐ切らされてしまいそうな迫力満点の受けである。
渡辺は細い攻めを巧みにつなぐのが得意だが、特に羽生相手には手厚くてなおかつ強気な受けの本領も発揮するように思える。
羽生も▲4五銀などで苦労してうまく攻めをつなごうとしたが、その前にと金を成って捨てておけばまた違った展開だったらしい。
羽生は△6七桂が厳しくて参ったと思ったらしい。ところが、感想戦では▲6九玉とすれば先手がむしろ有望と結論されたようである。その変化は二人とも後手良しと全く同じ順を読んでいたそうである。その読みの先に先手に手段があったとのこと。結果的に羽生が間違えた事よりは、二人の読みの深さと正確無比にちょっと震える。
以下は、羽生がハッキリ負けの順に入ってしまった。
とにかく、この二人の終盤の迫力、厳しさ、正確さはやはり他にはなかなか見られない。羽生も、基本的には正確に攻めをつないでいたが、渡辺も最善を尽くして受け続け、そして本当のギリギリの形で最後にうっちゃった感じである。終盤で羽生相手にこんな勝ち方が出来るのは、やはり渡辺しかいない。
とにかく、この二人の将棋は序盤から終盤に至るまで、ずっとピンと糸が張り詰めているようで、見ているだけでもグッタリしてしまう。本局も、いかにもこの二人らしい厳しい素晴らしい将棋だったと思う。
これはツィッターのある方のつぶやきで知ったのだが、何かのイベントで阿部光瑠四段が対局経験のある羽生と渡辺の印象を聞かれてこのように答えたそうである。
羽生さんは、オーラが凄くて勝てる気がしなかった。渡辺さんは、まるで精密機械のようで勝てるような気がしなかった。二人とも将棋の神様のようです、と。
この第一局なども、将棋の神様の対局を観ているようだ、と言ってもそんなに違和感はないのではないだろうか。
また、勝又教授がブログ記事で今年の名人戦について「3月のライオン」の名セリフを人名一部変更して引用されているが、さらに人名だけ変えると全く同じことがこの王座戦についても言えそうである。

突き抜けないブログ 名人戦第1局
思いっ切り技をかけても 怪我しない
全力で殴っても同じ位の力で殴り返して来てくれる
そりゃ渡辺も羽生にあたるのはうれしかろーよ
そしてそれは羽生にしたって同じ事
お互いにお互いが相手の事を 力いっぱいブン回しても
壊れないおもちゃだと思ってるからな

ニコ生は豊川孝弘と山口恵梨子という私には?こたえられないコンビだった。
豊川は相変わらずサービス精神満点で、ちょっとここには書きにくい爆笑ネタも織り込んで楽しませてくれた。といっても今回はタイムシフトで残っているので見ることが出来るのだが・・。
一つだけ問題がなさそうな楽しいネタを。日本連盟の棋士総会では例年新人棋士が抱負などの挨拶をすることになっている。今年の新人の一人が高見泰地四段である。新四段曰く。
「これからは、私も高みを目指して頑張ります。」
よく分からないが結構生真面目な顔をして言ったのだろうか。これには場内大ウケだったそうである。

番外編として最後に現在ツイッター上で話題沸騰?のtogetterを紹介しておこう。こんな将棋の楽しみ方もあるのだ。そして、こんな楽しいことをされてしまっては、私も真面目な顔をしてブログ記事などバカバカしくって書いていられないというものである。

第60期王座戦を将棋解析botアリンザが斬る

渡辺が王座を奪取 2011王座戦第三局 羽生vs渡辺

王座戦中継サイト

少し前に朝日新聞の「be」(9/10)に掲載された渡辺明特集記事。そのインタビューより。
(対局のない日の過ごし方)息子が小学校に行ったあと、朝8時くらいから夕方5時くらいまで将棋の勉強をしています。夜にも3時間くらい、棋譜を並べたり、詰め将棋を解いたり。あとは「最新型」の研究です。対局が近ければその準備も必要。なんだかんだとやることは多いですね。
研究なしでも将棋は指せますが、それじゃあ楽な仕事ということになる。日々の研究くらい、会社勤めの方々と同じくらい家でやらないと申し訳ないです。
(東日本大震災について)あのときは将棋の研究をしていてどういう意味があるのかといろいろ考えました。結局、自分にできることはそれぐらいしかないと、10万円×対局数を寄付することにしました。
三浦弘行の勉強量の多さはつとに有名である。一日10時間と聞くと誰もが驚く。しかし、渡辺の場合、仮に昼食休憩1時間としても、計11時間である。対局と仕事のない日は多分毎日そうしているのだろう。
三浦の勉強量が有名になったのは、多分彼が正直者でウソがつけないからだろう。恐らく言わずにもっと勉強している棋士は結構いそうだ。そして渡辺がこうしてアッサリ公開したわけである。三浦とは別の種類の正直者である渡辺らしい。
また、その理由が「一般社会人に申し訳ないから」というのも渡辺らしい発想である。棋士によっては自由業であることを満喫して自由気儘に過ごそうと思うだろうし、それは別段責められるべきこととも思えない。しかし、渡辺は「棋士」という一つの職業者としては社会人と同じくらいやるべきだと考えるのである。大変「社会性」を意識している。
但し、私も一番忙しい時には一日12時間くらい毎日会社勤めしていたこともあるが、実は12時間本当に働きづめということではなく無駄な時間もかなり多い。そうでなければとてももたない。しかし、渡辺の場合、本当に集中力と根気のいる将棋の勉強を長時間行っているようである。これはプロ棋士でも誰もが出来ることではないだろう。やはりイチロー同様、渡辺も努力することが出来る天才なのだ。
寄付についても渡辺の「社会性」がよくあらわれていることは言うまでもないだろう。しかも、勝利対局ではなく対局数にしているところに自分に厳しい渡辺らしさが出ていると思う。
こう書くと、ものすごく隙のない真面目な人物のように思えるかもしれないが、「妻の小言」に見られるように実はものすごく隙があったりするのが面白いところである。
そんな渡辺が羽生からストレートで王座を奪った。一応は、将棋界における覇者の交代(につながるかその始まり)と言えるかもしれない。
かつて、木村義雄は大山康晴に名人を奪われた後の会見で「良き後継者を得た」と言い残して将棋界から身をひいた。勿論、羽生の場合はまだまだ巻き返しも図るし戦い続けるだろうから、そんなことを言うはずもない。また、言ってもらっては困る。
また、渡辺も竜王連覇と羽生に対する強さ以外では、まだ「渡辺時代」といえるような実績は残していない。それは渡辺自身も十分承知だろう。
しかしながら、最初の記事を読んでいただいた方なら、渡辺が少なくとも「覇者」としての資格が十分ある人間であることは認めてくださるだろう。
だから、ここでは私がオマエ一体何様だといわれれるそうなのをかえりみずに羽生ファン代表としてこう言ってしまおう。
「良き後継者を得た。但し、まだまだ戦わせ続けてもらうからね。」

第三局は大変な死闘になった。この二人の場合、時々こういうことになる。初対戦の竜王戦の第四局、第七局、去年の竜王戦の第五局。そして結果的には全部渡辺が勝った。
この渡辺の羽生に対する勝負強さは一体何なのだろう。ちょっとした隙を見逃さない強靭な粘り、抜群な手の見え方、どんなに将棋が長引いてカオス状態になっても崩れない鉄の心。羽生ファンとしては、なんで羽生相手だとこんなに強いのか、まるで前世で何か深い因縁でもあったのだろうかと泣き言を並べたくなる。
しかし、それらの名局を比べても、やはり少しずつ内容に変化が出てきて、特に今回の王座戦では全般的に渡辺が押していたと思う。もともと手が見えるタイプだけれども、ますます精度が上がって、相手が少しでも隙をみせると的確にそれをつく迫力があった。要するに着実に強くなっているのである。
一方、羽生も相変わらず人並み外れた終盤力であっても、細かいところでミスしたり集中力がきれる瞬間があったようにも思える。盤の前で長時間座って集中して考え続けるというのは、多分素人には想像もできないような過酷な作業のはずである。羽生の年齢を度外視して考えることは出来ないような気もする。
やはり今回は、若い方の充実ぶりと勢いが上回っていたという印象をぬぐうことはできない。羽生は一度時間をおいて体勢を整えなおして、再び渡辺と対峙することになるのだと思う。

さて、今後の羽生、羽生のついては第二局の記事で既に十分述べてしまった。とにかく今まではずっと「第一人者」の重みを肩に背負い続けてきた。しかし、今回渡辺という存在がさらにクローズアップされたのは、時期的にもむしろ羽生には喜ぶべき出来事ではないだろうか。
もう少し肩の力をぬいて、むしろ渡辺をはじめとする若手たちとの戦いを実験的にいい意味で遊戯のように大胆に行うことが出来るようになるのではないだろうか。
羽生がこれから武器にするのは経験による「大局観」、独特の局面に対する嗅覚だろう。だから、今までのように相手と正面から渡り合ってガップリ四つで消耗戦を行うのではなく、軽やかに盤上を戯れ、モハメド・アリのように「蝶のように舞い蜂のように刺す」戦い方。実力十分の若手がいつの間にか体勢を損ねて、しかも理由が分からずに「なんでだろう」と首をかしげるような将棋。私は、そんな羽生善治を見てみたいのだ。
具体的には、先日のA級順位戦の渡辺戦のようなイメージ。渡辺が「仕方ない、仕方ないとゃっているうちに非勢に陥った」と述べていたのが実に印象的だった。まさにあの将棋は羽生の「大局観」の勝利だった。第二局の時にも述べたが、中原誠というベテランになってからの変身の格好の見本もいる。羽生は羽生善治にしかさせない将棋の方向性を目指して若手と対抗しつづけけてくれるものだと私は信じている。
羽生はプロとして将棋を指し続ける行為をよくマラソンに喩えている。常に先頭を走り続けるのは不可能でも、トップから一時的に遅れたり追いついたりしながらも、とにかくトップ集団につけ続けることが大切だと。だから、仮にこれから渡辺がトップを走り続けるのならば、彼をペースメーカにしてその背後にピタリとつけて走り続ければいいだけのことだ。そして、先頭のプレシャーがなければ、より大胆で実験的な走りを試すことだって可能だろう。だから、渡辺明のような存在が出てきた事は、決してランナー羽生にとって悪いことではないはずだ。
そもそも、ランナー羽生は既に偉大な業績を残している。多分、数字だけだと羽生を超えるランナーが出現する事は、まずあるまい。時代が違うので数字が異なるが、大山と羽生がやはり最も偉大な二人のランナーである。
だから、我々ファンはもうこれからは羽生には好きなように走らせてあげたらいいのだ。羽生がどんな新たな魅力的な走り方を発明するのかを思う存分楽しんでしまおうではないか。

昨晩、私はなかなか寝付くことが出来ず、寝てからも次々に夢をみた。その中に羽生善治も登場した。なにか広々とした草原のようなところで、羽生が仰向けになって実に気持ち良さそうにスヤスヤ寝ている。それを私は遠くから見守っていた。
激闘が終わってゆっくり休んでいるのだろうか、あるいはしばらくゆっくり休んで英気を養っているということだろうか。
しかし、私はこういうことなのではないだろうかと思った。昨日の将棋は実に羽生にとっては過酷なものだった。羽生の表面上の自我は、当然それを苦しいと思っている。だが、羽生の深いところの自我―真我−は、そういう苦しい行為を実は心から楽しんでいるのではないだろうか。これからも恐らく続くであろう羽生の困難な闘いを、深いところの羽生は心の底から楽しみにしているのではないだろうか。そのあらゆる苦しみを含めて。
そして、それは渡辺などの他の棋士にとっても同じことのはずである。いや、この地球上で生きている人間ならば、それがどんな幸福な境遇を享受していようと、逆にどんな苦しみに堪えて生きていようと、本質的には完全に平等にいえることであるはずだ。




2011王座戦第二局 羽生王座vs渡辺竜王

王座戦中継サイト

順位戦A級とあわせて、第二局第三局と短い間隔で二人の勝負が続く。
羽生の作戦選択は、順位戦の後手でゴキゲン中飛車、本局の先手で相掛かりで▲2六飛の浮き飛車と、どちらも意表をつくものだった。
一時期、羽生は後手だと判を押したように横歩取りだった。もともと多彩な戦形を指しこなすオールラウンダーだったが、最近の若手の定跡研究の深化と自分の年齢を考えて、スペシャリストに少し方向性を変えようとしているのかとも思ったのだが、最近また意欲的に様々な作戦を採用しだした。後手でも二手目△8四歩を、この王座戦より前に銀河戦でも糸谷相手にも指していたようである。
但し、単に定跡をなぞるのでなく、自分なりにこれはイケルと思う形に着目して独自の工夫で試すというやり方をしているように思える。
ゴキゲンも先手の超速▲3七銀に対して、△3二銀型からの新工夫。しかも、△2五角という打ちにくそうな曲線的な角を放ち(中継記者は大山が山田道美に対して放った△2五角になぞらえていた)、しかもその角が先手の桂馬と交換になって大きく駒損するという順を選んだ。
ところが、その後に先手の銀を取って二枚替えの駒得になり、すっかり先手の駒を押さえこんでと金を二枚つくって快勝。先に駒損しても駒の働きがよければよいという久保流のゴキゲンとも少しだけ似ていると言えなくもない(但し軽い捌きではなく押さえこみだったけれど)。
独特の嗅覚で「使える」形に着目した上で、それを普通によくするというよりは、羽生にしかない大局観で意表をつく独創的な指しまわしで勝負するという感じである。もともと羽生は独特な大局観があって、そのこと自体には基本的には変わりはないが、さらにこれから優秀な若手と戦っていく上で、「大局観」を尖鋭化して武器にしているようにも思える。
そういえば、中原誠も、若い頃は「自然流」と呼ばれていたが、ベテランになってからは、大変個性的な感覚でやはり中原にしかない「大局観」で引退する直前まで羽生などの若い後輩を負かし続けていた。羽生も、もしかすると中原のように将棋を大きく変化させていく過程にあるのかもしれない。若手と本格的に対峙して長く戦い続けるために。

さて、先走りしすぎて、今日私が一番言いたかったことを既に書いてしまった。今書いたことは、本局についもいえる。羽生が採用したのは、中原流相掛かり(ここでも偶然中原だ)という古い形である。実は今期の銀河戦の決勝トーナメントの▲阿部健治郎vs△羽生で、阿部も相掛かりの浮き飛車を採用している。(形は本局とは全然違う。)羽生もこの戦いで何かインスピレーションを得たのかもしれない。そういえば阿部も、徹底的に最新型を研究し尽くした上で、それは使わずに他の人が指さない型を採用する個性的な若手で、現在の羽生にとっても参考になるところがあるのかもしれない。
渡辺も、この形は予測していなかっただろうが、さすがに対応が巧みだった。△5四の銀を△4三にひきつけて自玉のまわりに金銀四枚を連結させた上で、△5四に角を据えて先手の桂頭を狙いにつけた。自玉を安泰にした上で動く巧みな序盤感覚。いかにも現代風な感覚で、あの辺りでは少し渡辺ペースだったのではないだろうか。
しかし、羽生の対応が驚愕してしまう独創的なものだった。桂馬をアッサリ取らせて、相手の取った角をいじめにいきながら、自分の駒の働きをよくする順を選んだ。必ずしも喜んで選んだ順ではなく、苦心の順なのかもしれないが、しばらく進むと後手は桂得だけれども、先手の駒も存分に働いていて十分戦えそうになった。渡辺も△6一歩と受けたあたりでは苦しめと感じていたそうである。順位戦同様、「羽生の大局観」が存分に発揮された。
しかし、逆に最終盤は渡辺のしぶとさ、抜け目なさ、勝負強さが発揮されることになる。羽生が▲5四飛ときって決めに行ったあたりでは、本譜の桂を5三に二度打てる順が見えていて、私程度の素人ならなんとか寄せきれそうだと思ってしまう。だが、素人の私でなくても、ニコニコ生放送をしていた森内も、彼らしく一つ一つの変化を丁寧に調べてあくまで慎重に判断しながらも、ギリギリながら先手が勝ちきれるのではないかという判断をしていた。要するにプロが見ても誰が見ても、なんとなく寄せきれそうと思ってしまう局面ではないだうか。
そして、93手目▲1二龍に対して△9四角でどうかと言われていた瞬間に指された△6三歩。指されてみると、これでキッチリ後手が残している。控室が読んでいたのはさすがだが、こういうのを指摘するのは山崎あたりではないだろうか。
従って、羽生の感想にあるように▲5四飛でなく急がない寄せを目指すべきだったのだろうが、森内も控室も先手が勝ちそうと判断していたわけで、あそこで急がずに攻めるべきだったというのは結果論に思える。むしろ、ベストを尽くして受け続けて△6三歩につなげた渡辺の強靭な終盤力を褒めるべきだろう。
というわけで、渡辺の現代的な序盤感覚、羽生の独特な大局観、渡辺の充実した正確な読みという両者の長所が出た将棋だった。羽生が負けたのでファンとしては残念だが、冷静に振り返ると、やはりとても緊張感のある好局だったと思う。

これで渡辺連勝。現在の渡辺の充実ぶりを考えると、羽生の20連覇はピンチである。しかし、今まで書いてきたように羽生の作戦選択や大局観は本当に素晴らしいし、恐らく羽生は現在ニュー羽生への進化の過程にあるような気もする。羽生が現在の圧倒的な力に加えて新たなスタイルを獲得してそれを完成すば、渡辺をはじめとする強力な若手たち相手にまだまだ十分戦い続けることが出来ると私は考えている。
そして、それが今回の王座戦での、この後の羽生三連勝という形で早速現れても少しも不思議ではないとも思う。


2011王座戦第一局 羽生王座vs渡辺竜王

王座戦中継サイト

注目の王座戦が開幕。振り駒で渡辺先手となり、後手の羽生の二手目は△8四歩。棋聖戦の深浦戦でもÅ級順位戦の丸山戦でも、羽生は後手で角換わりを指しているが、その際はどちらも初手▲2六歩からの出だしだった。△8四歩は先手に角換わりだけでなく矢倉もどうぞという手だから意味合いが大分違う。
最近の将棋界では二手目に△8四歩と突く棋士が激減していて、その一番大きな理由が先手の角換わりに対する対策が難しいからだったのだが、羽生が指したことでそろそろその傾向に変化が現れるのだろうか。そして言うまでもなく、頑固一徹に△8四歩を貫いていた棋士の一人が渡辺である。
そういえば、昨日銀河戦のビデオを見ていたら、後手で三浦まで角換わりのかなり斬新な仕掛けを披露していた。最近、プロの間で角換わりの後手が見直し始められているのかもしれない。
とは言っても、角換わりの主流の相腰掛銀先後同型では、いまだに先手の富岡流という優秀な対策が猛威を振るい続けていて後手の有効な対策が発見されていない。先日も先手の渡辺相手のに後手の郷田が同型に飛び込んでいったが研究通りの手順を辿って敗れ去るという珍事があった。
というわけで、羽生が近頃採用しているのは、三局とも同型を避ける形である。本局は棋聖戦第三局と同一手順を辿って、午前中から猛烈なスピードで進んだ。
この二人の戦いになると、まるで意地の張り合いのように手が進むことが多い。竜王戦でも第一日からのっぴきならない局面に突入することがよくあった。この二人の場合、何かが火花を散らして激しくぶつかり合うのだ。だから面白い。
後手のこの指し方に対して、先手も色々な対策があるようだが、少なくとも後手の横歩取りで先手の膨大な作戦全てに対応しなければいけないと比べれば、かなり絞って考えることができそうだ。もし、ある程度指せるのであれば後手として採用したくなるのも分かる気がする。
但し、羽生が飛車をきったあたりの局面はプロによっても評価が異なったようである。青野先生は、「私は後手でこの局面にできるなら、全ての後手番をこれにしたいです(笑)」とおっしゃっていたようだが、それは極端にしても後手番でこんな感じなのならば、まぁまぁなのかと思っていた。
そして、羽生のほうが先例から手を変えたのだが、その後の渡辺の▲2四歩には驚いた。△7六桂と銀をポロリと取られながら王手されてしまうのだから、相当豪胆な手である。この▲2四歩は先手の攻め筋の急所で、控室の検討でも別の展開で何度も指摘されてはいたが、このタイミングで決行するのは、ちょっと盲点になるのではないだろうか。実際、それ以降の進行をみると難しいながらも先手のペースになったような気がする。現在の渡辺の充実ぶりを感じさせる一着だった。
次に地味ながら光ったのが▲9二龍。といっても自分で理解したのではなく、感想コメントで羽生がこれで苦しくなったと認め、青野先生もいい手だったと褒めていてそうなのかと思っただけなのだが。
普通に桂を拾う▲9三龍だと△3七金とされるが、敢えて桂馬を取らずにじっと▲9二龍だと△3七金には▲4四香が厳しくなるという意味だろうか。ということで、羽生も△3七金でなく、いかにもボンヤリした△9五歩にしたが、羽生の局後の感想コメントから察するに、これは苦しくて仕方なく指した手ということなのだろう。
▲2四歩にしても▲9二龍にしても、ちょっと意表をつく手を的確なタイミングで繰り出す渡辺が冴えていた。
その後羽生も粘って決め手を与えずに、控室が先手勝勢とか終局近しというたびに、いやそんなことはないまだ簡単ではないと意見を変える状態が続いた。しかし、冷静に振り返るとも、結局どこまで行っても渡辺勝ちという終盤戦だったような気もする。とはいえ、特に王座戦ではこういう展開で羽生が逆転する光景を何度も目撃しただけに、やはりしっかり勝ちきった渡辺の終盤力は確かということなのだろう。

これで羽生の王座戦での連勝が19で止まり、20連勝はならず。ある熱烈な渡辺ファンに言わすと、渡辺のヒールっぽいところがたまらないそうである。
羽生の20連覇、20連勝がかかっている節目に登場してそれを阻止せんとする巡り合わせに不思議となる。羽生の永世竜王、永世七冠の夢も(一度は)阻止した。そして、あのふてぶてしい容貌、物腰。さらに、柔軟な指しまわしをみせる羽生の将棋を、本局のように厳しく粉砕するかのような指し方、ということだそうである。
なるほど、そういうファンもいるのかと、ちょっと笑ってしまった。私は羽生ファンなので、どうしてもヤキモキするが、プロレスのようにベビーフェイスとヒールを見守るつもりで楽しめばいいのかしらとも思った。むしろプロレスでは、ヒールの方が魅力的だったりおいしかったりするのだ。
と、ここで一応大急ぎで書き加えておくが、渡辺ファンは皆そういうヒールという見方をしているのではなく、普通に渡辺明が大好きだというファンを私はたくさん知っている。勿論、そういうファンの方が大部分だろう。特にネットでは渡辺の人気はかなり高いのだ。
ちなみに、将棋界で最大の「ヒール」(あくまでカッコつきのだけれども)といえば全盛期の大山康晴だろう。今でこそ神様扱いだけれども、全盛時にはあまりにも強すぎてそれが憎たらしくて、ファンは大山が勝っても無反応、たまに負けるとニュースになって騒がれるという感じだったそうである。それを考えると、七冠にまでなって勝ちまくった羽生が、むしろファン皆に祝福される雰囲気だったのを考えると、つくづく羽生は得なキャラクターの持ち主だと思う。
さて、羽生が王座戦20連覇を達成するのだろうか。あるいは、渡辺がそのヒールぶりを遺憾なく発揮して20連覇を阻止する・・・、いや失礼間違いました、渡辺がその実力を遺憾なく発揮して渡辺時代への布石を打つことになるのだろうか。
本局一つを見ても分かるように、とにかく他にはない張りつめた緊迫感のある二人の素晴らしい戦いを堪能することにしよう。

羽生王座19連覇 羽生王座vs藤井挑戦者

なんせ19連勝で19連覇なのである。今のだらしない巨人とは違う川上哲治監督のもと王長嶋を擁した無敵の巨人でもたったのV9なのである。石川遼クンなどは生まれてからずっと羽生善治王座なのである。ちなみに19歳の有名人をここに載せようと思って調べたけれど、私は石川遼クン以外は誰も知らなかったおじさんなのである。そして福崎文吾は19年間、ずっと「前王座」なのである。前タイトル保持者の連続記録を、ご本人の意思とは全く関係ないところで絶賛更新中なのである。
今回は羽生王座が内容的にも圧倒していたと思うのだが、振り返って何が凄かったのかと考えてもすぐには思いつかない。作戦巧者の藤井猛が序盤で優位にならないようにうまく指したのだが、何かど派手な序盤対抗策を用いたわけではない。例えば、佐藤康光が久保利明の石田流を真っ向から叩きつぶそうとするような激しい指し方とは違う。あくまで自然で地味な指し手の積み重ねで「いつの間にか」優位に立ってしまっていた。プロらしい芸ともいえるだろう。
第一局では、渡辺明が明快に解説していたが▲1五歩とじっと手を渡したのが絶妙で、有効手がなくて手をこまねいているとどんどん悪くなりそうな藤井が少し無理気味に動かざるをえなくなった。第二局では、藤井矢倉で新システムで経験があるところから巧みに手を作って、やはりあせった藤井が攻めあいに出て将棋をダメにしてしまった。第三局では、これ以外はないという絶妙の端歩突き捨てから一転して▲7七角という曲線的な指し回し。プロでも驚く不思議な指し方が目立った。
どちらにしても、羽生善治が自分から相手を叩き潰しにいったという印象は全くない。羽生が最近よくいう「将棋は他力」という言葉と関係あるのかも知れないが、相手の力を利用して勝ったといえるのかもしれない。昔から「羽生の手渡し」は有名だったが、最近その傾向がますます強まっているような気もする。
羽生善治も、もう不惑である。我々のような昔からのファンからすると驚きだ。多分、本人が一番驚いているのだろう。竜王戦では、なんと「史上最年長の挑戦者」だそうである。当然、今後は自身の年齢との戦いも付きまとうのだろうが、最近の羽生善治を見ていると、それよりも年齢と共にどのような進歩を遂げてどのような悟境に達するのかの方が楽しみだ。孔子の「四十にして惑わず」は多分いい加減な言葉などではない。本当に優れた人間が真剣に生きていると自然に達する境地なのではないか、・・というのは羽生信者のたわごとなのだけれども。

一方の藤井猛。普通タイトル戦だと、なんだかんだ言って、羽生応援者の方が圧倒的に多い。しかし、今回は全く違った。藤井猛を応援する声の多さ、大きさに、私のような羽生ファンは肩身の狭い思いをした。振り飛車のプロフェッショナル・カリスマでありとても職人的な棋士であると共に、スタイリッシュかつ独特のユーモアを湛えた得がたいキャラクター、人間的なミスもともなう将棋といった様々な要素が相まってファンを熱狂させている。将棋は実力本位の世界だけれども、やはり魅力のある人間も貴重だ、・・今回の盛り上がりぶりを目のあたりにしてそんなことを思った。
作戦的には、やはり後手番の課題がネックになった。振り駒で二局後手になったのも痛かったのかもしれない。現在後手では隆盛で藤井自身も指すゴキゲンは封印して、どちらかというと独自色を追求する角道オープン四間、△3三角から中飛車を採用したのは、頑固な「鰻職人」ぶりを感じさせもした。
先手での藤井矢倉、新藤井システムが何と言っても今回の注目だったが、やはり羽生の対応・対策が見事だったとしかいいようがない。しかし、三局の中では藤井が攻め急ぎさえしなければ、一番難しいいい将棋になる可能性があったようにも思える。新藤井システムは、まだまだ未知の可能性を秘めているのではないだろうか。
第二曲のustream中継で、森下卓が藤井矢倉に対してかなり率直で辛辣な発言をして話題になった。しかし、あれは矢倉を徹底的に指しこなしてきた矢倉の「鰻職人」のこだわりが出ただけで、同じ振り飛車の鰻職人の藤井なら率直に耳を傾けるだろう。将棋も当然先人の伝統の積重ねにょって形作られる、藤井という矢倉の伝統破壊者に対して伝統派が何か言うのは当然だ。むしろ、そうでなければおかしい。森下卓の正直な発言が聞けたのはファンにとってもありかたいことだった。そして、藤井はその声に耳を傾けながらも、当然さらに新しい矢倉を目指して努力していくのだろう。伝統と革新の自然な姿である。
週刊将棋に第二局の立会人をつとめられた有吉道夫先生のコメントがのっている。これは、全ての藤井ファン、いや将棋ファンのいいたいことを代弁してくれているように思う。
藤井さんは棋風を変えて進化している段階ですから苦労は多いのでしょうが、勝負師の宿命ですから乗り越えて一段と大きくなって欲しいと願っています。

熊八ご隠居のみた王座戦第二局 羽生王座vs藤井九段

八「もう、何にも話したかねぇな。」
熊「まぁ、そう言うなよ。とにかくラーメン屋の屋台から始めたのが、ついにタイトル戦でお披露目にまでなったんだからさ。」
ご隠居「そうだぞ。矢倉の革命、新藤井システムを短期間で先生がほとんど独力でつくりあげられて、それがタイトル挑戦にまでつながったんだからな。それだけでも実は大変なことなんだぞ。」
ご隠居の奥さん「そうよ、八。だいたい将棋だけが全てじゃないよ。八、おまえ、あの左官屋の娘のおキクはどうだい。ほら、ちょっとポワーンとしてかわいくて気立てが良くって。おまえの好きな熊倉さんにもちょっと似ていてさ。なんなら私が世話してやるよ。」
八「えーーーい、おれに優しい言葉をかけるなあああああああ。同情するなら勝ち星をくれ!」
熊「おめぇも古いな。安達祐実の「同情するなら金をくれ」なんて、もう今時の若い連中は知らねぇぜ。」
八「いちいちダジャレを説明すなああああああ。」
ご隠居「まぁ、それだけ元気なら大丈夫じゃろう。なんと言っても今回は藤井先生が先手での矢倉、早囲い含みの片矢倉、新・藤井システムが注目じゃった。羽生先生も、相振りにしたりせずに矢倉を受けてたったな。藤井矢倉に興味があったのかもしれんし、ある種のリスペクトなのかもしれん。もっとも、それは結果論で羽生先生の場合は本当になんでも指されるので相振りになっていてもそれはそれで納得じゃったんだが、オールラウンド・プレーヤーの羽生先生の強みじゃな。」
熊「勝又教授もツイッターで、「寅屋と脇屋の味付けを取り入れた鰻屋本舗オリジナルの駒組になりましたね。予想通りの駒組で、来月号の将棋世界で取り上げます。」といわれてましたな。」
ご隠居「そうだな。とらやといっても、「男はつらいよ」の団子屋じゃないぞ。田中寅彦先生がよく用いられていた片矢倉のことで。脇屋というのは本局でも先手の片矢倉をのぞくと部分的に似た形の矢倉脇システムのことじゃ。藤井流の矢倉は素人には理解が難しいところもあるんで勝又教授の講義が楽しみじゃな。
それと、今回はustream中継もあって楽しかった。もともと西尾先生が始められた企画で、現在も技術的な面など中心にされているようじゃな。それに野月先生がプロデューサー的な役割で参加されているようじゃ。今回はゲストで森下先生と千葉先生が参加されていた。録画で今でも全て見られるようじゃょ。その1その2その3。」
熊「森下先生、面白かったですねぇ。」
ご隠居「そうじゃな。特に、対局後の野月先生との対局後の総括感想戦は勉強になった。その3の7分くらいから始まるんで、これはおすすめじゃよ。森下先生といえば矢倉の森下で高名じゃが、それまでの筋金入りの矢倉党からみた藤井矢倉について相当率直に語られている。例えば、藤井矢倉は押したり引いたりでなく、振り飛車の藤井システムのように縦から攻める特徴があるとか、従来の矢倉のようにねじりあいで押したり引いたりするではなく激しく攻め込んでスカッと勝つ矢倉だとか、私のような体で覚えた矢倉でなく戦略としての矢倉だとか、片矢倉は正直言ってうすすぎて全く勝てるイメージがないとか、でも片矢倉で角の打ち込みをなくして攻め倒すのが藤井流だとか、問題視された▲6四角は矢倉党からみると違和感があってこここはとにかく▲4一銀と攻め合わなければならず藤井さんの矢倉の経験の少なさがでてしまったとか、その辺で感覚のズレを感じたとか・・。」
八「ちょっと待ってくださいよ。言いたい放題じゃないですか。ひでぇなぁ。」
ご隠居「いやいや、矢倉をすっと指してきたプロ棋士として率直な感想を述べられていただけだな。勿論、藤井さんの悪口とかいうのでは全然なく率直な矢倉の考え方を専門家として言われていただけなんで大変勉強になった。森下先生はああいう裏のない正直な素晴らしいお人柄なんで誰もこういうことを言っても悪く思わないじゃろう。森下先生にしてみれば、全然悪気などなくて単に正しいと思うことをそのまま言われていただけなんじゃろう。森下の言うところに正義ありじゃな。」
熊「森下先生をフォローされているんでしょうけど、最後のご隠居のお言葉も結構辛辣ですぜ。」
ご隠居「いや、わしにまで森下流がちょっと移ったかな。はっはっはっ。でも口の悪い人は「森下先生の辛口ラーメン批評がよかった」とか言っていたようじゃよ。
ところで、対局の感想では藤井先生は▲2四歩が敗着で▲6四馬とすべきと言われていたようじゃ。▲6四角の場面だと先手玉にもう火がついていてそんな攻防手では間に合わないと森下先生も言われていて、もっとはやく▲6四の急所に馬か角をきかせておまくというのは理にかなっているな。谷川先生も▲6四角をみて、ここでこう指すなら▲2四歩のところで▲6四馬としたかったと即座に指摘されていた。そして、やはりとにかく▲4一銀としたかったとも、森下先生と符号していて、やはり矢倉党の感覚はそういうものなのかもしれん。」
熊「なるほど。やっぱり指しなれた形の感覚ってあるんですねぇ。ところで、ustでも検討していましたが▲6四角で▲4一銀と攻めあったらどうだったんでしょう?」
ご隠居「素人のわしにそれは分からんな。あまり感想戦ではふれられなかったみたいなんで、やっぱり先手がそれでもちょっと苦しいのかもしれんがアヤはあったのかもしれないな。また専門誌で分かるところじゃろう。」
八「あっしもustを観ていたんですが、羽生先生の△3九銀が厳しくてこれで決まったかという雰囲気になったんですね。でも今回のustはすごい視聴者数で、盛り上げなければということで先生方も必死に手を探して▲8七玉としたらどうかという話になったんですね。」
熊「そうだな。あれを観ていておれも羽生先生もちょっとミスしたのかと思ったよ。」
八「それでも苦しいようですが、あっしもすこし気を取り直したんですね。そしたら野月先生が、森下先生に具体的に▲8七玉としたとしてどれくらいの形勢かと聞いたんですね。あっしもそれを知りたかった。どれくらい縮まったのかと。」
熊「森下先生の答がすごかったよな。野球に喩えると8-0くらいで羽生リードかと。」
八「ほんとずっこけたよ。それじゃ全然ダメじゃんか。」
熊「しかも回は8回くらいだと。満塁ホームランが2本くらい必要だと。相手は羽生先生だぜ、投げてるのが絶好調のダルビッシュで8回で満塁ホームランを二本打てと。」
八「ほんとにガックリきたぜ。もう絶対ダメってことじゃん。」
熊「羽生先生のことを少し心配したおれは大笑いさ。」
ご隠居「だから言っただろ。森下先生の言うところに正義ありなんじゃよ。間違いない。」

羽生と藤井の王座戦第一局とは関係ないかもしれない噺

えーっ、毎度馬鹿馬鹿しい噺でご機嫌を伺おうかと。ゴキゲン中飛車とは何ら関係ないわけですが。
それにしても暑いですなぁ。なんなんでしょうな。地球温暖化っていうんですか、9月になってもこう暑くっちゃかないません、それに加えてうちのかかぁも暑苦しくて。余計なことを申し上げました。それはいつものことでございます。
さて、いつもならば「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる」と、秋らしくなって始まる王座戦でございますが、今年は暑い最中ではじまったわけですが、横丁には毎度おなじみの将棋の下手の横好きがおりまして・・・。

熊「おい、八っあん。みたかい。ヨシハル先生とタケシ先生の将棋。」
八「おらぁ、あんまりその話はしたくねぇな。」
熊「今回はタケシ兄ぃの蕎麦が話題だけど、なんだよ本家の鰻の方はどうなっているんだい?道楽にうつつをぬかして本家がおろそかになっちゃ仕方ねぇじゃないか。」
八「いきなり喧嘩を打ってるのかよ。ふざけんなよ。鰻で苦労しているのはタケシ先生だけじゃねぇってのは、おめえも先刻承知だろう。システムをタケシ先生はほとんど一人でつくりあげたのに、おめぇの大好きなヨシハル先生の一派がよってたかって分析して新しい料理をつくったから困っているんじゃねぇか。まして、後手だろ。鰻システムは緻密極まりない料理だから一手の違いが致命的で、今のところ誰も有効な料理法をみつけていねぇ。だから、タケシ先生も今回の角換わり鰻とかゴキゲン鰻とか色々試して苦労しているのさ。」
熊「そうだった。それにしても角換わり鰻は、お互い角を持ち合うから動き方が難しいよな。おれたちヘボには分かりくいところもある。今回は、二人の主張がいきなりぶつかったけど、結局ヨシハル先生がなんとなくよさそうになった。どこがポイントだったんだろう。」
八「おい、それをオレにいわせるのかよ。確かに何がよかったのかわかりにくかったけど、今日のぢゃーなるに出ていたアキヒト王位によると、じっと▲1六歩と端歩を伸ばしておいたのがヨシハル名人らしかったらしいぜ。」
熊「そうだな。でもちょっとおれたちヘボにはよく分からねぇ。将棋瓦版を待つ、だな。にしても聞き手のクマシノは間違って王位を五段とよんで、すみませんウフフフフと、面白イコだね。あれは。」
八「かわいいよなぁ。クマシノ。」
熊「オマエには高嶺の花だな。」
八「おめぇもな。しかし、終盤は結構きわどいとおもったんだけどな。△8五桂打ったあたりとか」
熊「それよ。おれもあの時はそれがいい手と思ったがあれが敗着っていうから驚くじゃねぇか。アキラ竜王がネット瓦版でそういってたぜ。あそこで先手は後手に金を渡すと先手に詰みが生じる。だからいい迫り方だと思ったけどヨシハル先生の対応が巧みだった。あそこで例えば▲8六銀とすぐ逃げると△6六桂がある。▲同歩だと△2三角が王手飛車だし、だからといって玉が逃げると5八の金をポロッと取られる。それを見越してヨシハル先生はまず▲6八金寄とした。玉頭を厚くすると共に今の両取りの筋をあらかじめ避けたんだな。そしてさらに▲8六銀の催促。それでも△6六桂はこわい。以下取ると王手飛車なんで▲8八玉△5八桂成▲同金上△7九角と迫られて先手もこえー、こえー。でも寄らないらしいんだな。かといって次に8五の桂を先手に取られると後手玉は桂馬に滅法弱い形だ。だから、晩飯休憩後のヨシハル名人の▲6八金寄から▲8六銀が絶妙で勝負は決まったってわけさ。」
八「あー腹立つ。なんでオマエみたいなヘボにヨシハル先生の将棋を講釈されなきゃいけねぇんだ。黙って最後まで聞いていたおいらを褒めてやりてぇぜ。しかし、おめぇもヘボのわりにはわりにはよく読んでやがるな。」
熊「面目ねぇ。実はカンニングなんだ。ほら、ご隠居のGPSジイサンが暇をもてあまして読み筋を披露しているだろう。凄く勉強になるぜ。」
八「暇をもてあまして、は余計だろう。どれだけオレたちは世話になっていると思うんだよ。」
熊「ちげぇねぇ。それにしても最後のタケシ先生の△7七桂打・・。」
八「みなまでいうなよ。おめぇがいいそうなことは分かっているぜ。一瞬ヨシハル対コウジの名手△7七桂かと思ったら全然違ったとか、気の抜けたファンタとかいいてぇんだろう、どうせ。」
熊「そんなこと、思っちゃいねぇぜ。だいたい、おめえらタケシ先生ファンはなんだかんだぃって実はファンタとか楽しんでいるから始末におえねぇぜ。」
八「否定はしねぇ。」
熊「しねぇんかい!」
八「今日のぢゃーなるでもアキヒト王位が△9八馬としておけば、先手も金取りが残って大変だったつていってたぜ。やっぱり、苦しいんだろうけど、どうなっていたんだろうな。」
熊「まぁ、王座戦のヨシハル先生に勝とうっていうのが最初から間違っているんだよ。」
八「心底ムカついたぜ、そのセリフ。オレもヨシハル先生のことは尊敬してやまないんだけど、てめぇみたいな驕り高ぶったヨシハルファンがむつかくんだよ。」
熊「なにを!じゃあ、勝負するか。てめぇの鰻なんんざ、本物の鰻じゃないどころか即席でもなくまがいものさ。どぜうでもつかっているんじゃねえのか?」
八「なにをっ!そういうてめえこそ、ヨシハル先生の魔術を騙っていするが、おまえのなんざ詐術さ。」
熊「うるせえ、こうなったら勝負だ、勝負だ。」
八「いいともよ。」


というわけで、その後は熊さん八さんの無制限デスマッチが続いたそうでございます。時間の無駄というのは、まさしくこういうのうをいうのでございましょう。

おあとがよろしいようで・・。

羽生と藤井の王座戦第一局とは関係ないかもしれない噺

えーっ、毎度馬鹿馬鹿しい噺でご機嫌を伺おうかと。ゴキゲン中飛車とは何ら関係ないわけですが。
それにしても暑いですなぁ。なんなんでしょうな。地球温暖化っていうんですか、9月になってもこう暑くっちゃかないません、それに加えてうちのかかぁも暑苦しくて。余計なことを申し上げました。それはいつものことでございます。
さて、いつもならば「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる」と、秋らしくなって始まる王座戦でございますが、今年は暑い最中ではじまったわけですが、横丁には毎度おなじみの将棋の下手の横好きがおりまして・・・。

熊「おい、八っあん。みたかい。ヨシハル先生とタケシ先生の将棋。」
八「おらぁ、あんまりその話はしたくねぇな。」
熊「今回はタケシ兄ぃの蕎麦が話題だけど、なんだよ本家の鰻の方はどうなっているんだい?道楽にうつつをぬかして本家がおろそかになっちゃ仕方ねぇじゃないか。」
八「いきなり喧嘩を打ってるのかよ。ふざけんなよ。鰻で苦労しているのはタケシ先生だけじゃねぇってのは、おめえも先刻承知だろう。システムをタケシ先生はほとんど一人でつくりあげたのに、おめぇの大好きなヨシハル先生の一派がよってたかって分析して新しい料理をつくったから困っているんじゃねぇか。まして、後手だろ。鰻システムは緻密極まりない料理だから一手の違いが致命的で、今のところ誰も有効な料理法をみつけていねぇ。だから、タケシ先生も今回の角換わり鰻とかゴキゲン鰻とか色々試して苦労しているのさ。」
熊「そうだった。それにしても角換わり鰻は、お互い角を持ち合うから動き方が難しいよな。おれたちヘボには分かりくいところもある。今回は、二人の主張がいきなりぶつかったけど、結局ヨシハル先生がなんとなくよさそうになった。どこがポイントだったんだろう。」
八「おい、それをオレにいわせるのかよ。確かに何がよかったのかわかりにくかったけど、今日のぢゃーなるに出ていたアキヒト王位によると、じっと▲1六歩と端歩を伸ばしておいたのがヨシハル名人らしかったらしいぜ。」
熊「そうだな。でもちょっとおれたちヘボにはよく分からねぇ。将棋瓦版を待つ、だな。にしても聞き手のクマシノは間違って王位を五段とよんで、すみませんウフフフフと、面白イコだね。あれは。」
八「かわいいよなぁ。クマシノ。」
熊「オマエには高嶺の花だな。」
八「おめぇもな。しかし、終盤は結構きわどいとおもったんだけどな。△8五桂打ったあたりとか」
熊「それよ。おれもあの時はそれがいい手と思ったがあれが敗着っていうから驚くじゃねぇか。アキラ竜王がネット瓦版でそういってたぜ。あそこで先手は後手に金を渡すと先手に詰みが生じる。だからいい迫り方だと思ったけどヨシハル先生の対応が巧みだった。あそこで例えば▲8六銀とすぐ逃げると△6六桂がある。▲同歩だと△2三角が王手飛車だし、だからといって玉が逃げると5八の金をポロッと取られる。それを見越してヨシハル先生はまず▲6八金寄とした。玉頭を厚くすると共に今の両取りの筋をあらかじめ避けたんだな。そしてさらに▲8六銀の催促。それでも△6六桂はこわい。以下取ると王手飛車なんで▲8八玉△5八桂成▲同金上△7九角と迫られて先手もこえー、こえー。でも寄らないらしいんだな。かといって次に8五の桂を先手に取られると後手玉は桂馬に滅法弱い形だ。だから、晩飯休憩後のヨシハル名人の▲6八金寄から▲8六銀が絶妙で勝負は決まったってわけさ。」
八「あー腹立つ。なんでオマエみたいなヘボにヨシハル先生の将棋を講釈されなきゃいけねぇんだ。黙って最後まで聞いていたおいらを褒めてやりてぇぜ。しかし、おめぇもヘボのわりにはわりにはよく読んでやがるな。」
熊「面目ねぇ。実はカンニングなんだ。ほら、ご隠居のGPSジイサンが暇をもてあまして読み筋を披露しているだろう。凄く勉強になるぜ。」
八「暇をもてあまして、は余計だろう。どれだけオレたちは世話になっていると思うんだよ。」
熊「ちげぇねぇ。それにしても最後のタケシ先生の△7七桂打・・。」
八「みなまでいうなよ。おめぇがいいそうなことは分かっているぜ。一瞬ヨシハル対コウジの名手△7七桂かと思ったら全然違ったとか、気の抜けたファンタとかいいてぇんだろう、どうせ。」
熊「そんなこと、思っちゃいねぇぜ。だいたい、おめえらタケシ先生ファンはなんだかんだぃって実はファンタとか楽しんでいるから始末におえねぇぜ。」
八「否定はしねぇ。」
熊「しねぇんかい!」
八「今日のぢゃーなるでもアキヒト王位が△9八馬としておけば、先手も金取りが残って大変だったつていってたぜ。やっぱり、苦しいんだろうけど、どうなっていたんだろうな。」
熊「まぁ、王座戦のヨシハル先生に勝とうっていうのが最初から間違っているんだよ。」
八「心底ムカついたぜ、そのセリフ。オレもヨシハル先生のことは尊敬してやまないんだけど、てめぇみたいな驕り高ぶったヨシハルファンがむつかくんだよ。」
熊「なにを!じゃあ、勝負するか。てめぇの鰻なんんざ、本物の鰻じゃないどころか即席でもなくまがいものさ。どぜうでもつかっているんじゃねえのか?」
八「なにをっ!そういうてめえこそ、ヨシハル先生の魔術を騙っていするが、おまえのなんざ詐術さ。」
熊「うるせえ、こうなったら勝負だ、勝負だ。」
八「いいともよ。」


というわけで、その後は熊さん八さんの無制限デスマッチが続いたそうでございます。時間の無駄というのは、まさしくこういうのうをいうのでございましょう。

おあとがよろしいようで・・。

「鰻職人タケシの冒険」関連?将棋人物・用語集

一昨日書いた記事は、正直申し上げて、あまり読者の方々に分からせようとするのではなく、何よりも自分自身が楽しんで書いてしまったというところがあります。分かる人が分かればいいやと。それでも、ブログ読者の方々強者も多く、私などより詳しい人も結構いそうなので、面白がっていただけた方もたくさんいらっしゃったようです。でも、冷静に考えると、やはりある程度詳しい将棋ファンじゃないと分からない部分もあるし、まして将棋ファン以外の方が読んだら意味不明でしょう。
というわけで、あの「小説」と関連することについて必要最小限の人物・用語集を書いておくことにしました。勿論、あの小説?は荒唐無稽なフィクションなのですが、当然将棋の人物や出来ごとと関連させてあります。いちいち該当箇所は示しませんが、一応小説に関連する順に書いていきます。なお、最小限の解説で、かつあくまで素人の我流の説明で不十分なところもあるでしょうから、興味をもたれた方はウィキペディアを見るなり検索するなりされるようお願い致します。

藤井猛(フジイ タケシ)九段 その1
プロ・アマ問わず振り飛車党のカリスマにしてアイドル。四間飛車に「藤井システム」をもたらし、振り飛車のみならず将棋の考え方に根本的な革命を起こす。従来の振り飛車は、受身に相手の動きを利用して捌くものだった。しかし、藤井は相手の居飛車穴熊に対抗するために、居玉のままいきなり相手に襲い掛かる藤井システムを発明して勝ちまくり、竜王位も獲得する。当初はその過激な発想に誰もなかなかついていけなかったが、いまや四間飛車の常識、スタンダードとなっている。

大山康晴(オオヤマ ヤスハル)十五世名人
将棋界の歴史を代表する巨人にして名人。振り飛車の名人でもあり、藤井九段も大山将棋を深く研究して甚大な影響を受けている。羽生名人も、近年「読まなくても局面の急所に手か向かう」大山の大局観に言及することが多い。

「ファミレスの鰻に負けるわけにはいかない」
藤井九段の四間飛車に対するこだわりを示す発言。鰻屋本舗のこのページを参照されたい。

藤井猛(フジイ タケシ)九段 その2
藤井九段は、ダンディでおしゃれかつお茶目でで女性ファンにも人気が高い。例えば将棋連盟主催のイベント「将棋日和」のこの写真集をご覧いただきたい。また、ボソボソとした語り口ながら自虐も含んだ独特なユーモアの話術でも人気が高く、仲間内では同業棋士の絶妙な物真似を披露することもあるとか。

行方尚史(ナメカタ ヒサシ)八段
藤井九段と親交があるとされる。ロックとお酒を愛してやまない個性派棋士でエピソードには事欠かない。もう昔のことで時効だと思うのだが、若気の至り?で「羽生さんを倒していい女を抱きたい」と発言して話題になったことも。最近もJT杯で羽生名人と対戦した際、前日に地酒がおいしくて飲みすぎてしまい二日酔いで対局を迎えたがちゃんと勝ったという強者である。但し、将棋に対する姿勢はあくまで真摯で真面目である。よくは知らないが、愛するお酒を飲みつつ今も将棋の事をアツく語っているのだろう?なお。行方八段についてのみ記事と関係ないことまで調子に乗って書いているのは、あくまで筆者の個人的趣味による。

加藤一二三(カトウ ヒフミ)九段
早熟でかつて「神武以来の天才」と呼ばれ、現在まで息長く全力で将棋を指し続けるベテラン棋士。堂々たる体躯と甲高い声の早口のハイテンションな解説など、唯一無比な個性で現在もファンの間では絶大な人気を誇る。これは私見だけれども棋界の長嶋茂雄である。愛猫家としても高名。語りつくせぬ氏のエピソードについては各人検索されたい。

羽生善治(ハブ ヨシハル)名人
説明の必要はないだろう。棋界の第一人者。オールラウンド・プレーヤーとして知られ、居飛車、振り飛車等あらゆる戦法を指しこなす。藤井システムについても、それを打ち破る側も指せば、自分で藤井システムを採用して指すことも多かった。藤井九段も、「私以外だと、羽生さんが一番藤井システムをうまく指すかもしれない」という意味のこと発言していたのをテレビ棋戦の解説で目撃したことがある。

藤井と羽生の竜王戦対決。
第13期と第14期の二年連続してこのカードだった。第13期は藤井竜王がフルセットの死闘の末に防衛。藤井の評価をより高めた名シリーズだった。第14期は羽生が雪辱して竜王位を奪取した。

藤井のファンタ(ファンタジスタ)
どう説明するが困惑したのが、検索したら何とyahoo知恵袋で質問している人がいて笑ってしまった。その回答を参照されたい。なかなかの名回答である。

藤井の「ラーメン屋の屋台」
振り飛車党の藤井が先手で居飛車の矢倉を指し始めたことについて、やはり鰻屋本舗でのご本人の証言を参照されたい。藤井九段らしいユーモアにあふれた名文である。

久保利明(クボ トシアキ)王将・棋王
藤井と共に振り飛車党を代表する存在。現在は、石田流とゴキゲン中飛車の使い手として有名だが、実は藤井システムの達人でもある。三間飛車での実験的な藤井システムに似た指し方を披露したこともある。

酷評三羽烏
かつて渡辺明(ワタナベ アキラ)竜王、村山慈明(ムラヤマ ヤスアキ)五段、戸部誠(トベ マコト)六段が、若い頃に遠慮会釈なく同業プロの将棋を酷評することからこういわれた。渡辺竜王のブログや、その前の日記で自分たちでも認めていた表現である。

矢倉早囲い
矢倉で、自分の玉を囲う際に慎重に金をあがる手を省力して、早く玉を囲おうとする指し方。普通より一手早く玉を囲える代わりに、相手から急戦で攻め込まれる危険もある。そのためあまり指されなかったが、藤井九段が指し始めることで見直され現在流行の気配もある。新・藤井システムと呼ばれることもあり、今回の王座戦でも注目される戦形。

藤井九段が羽生王座に挑戦
やはり、鰻屋本舗でのご本人のユーモアがあり、なおかつ隠れた闘志が感じられる名文を参照されたい。



いよいよ、明日王座戦が開幕する。

鰻職人タケシの冒険

お江戸の町で、鰻屋タケシといやぁ、そりゃあ誰一人知らぬ者はいないのさ。タケシのつくる鰻重は天下一品、完璧で非の打ち所がなし。詳しいことは知らねえが、なんでもタレに革新的な技を用いて、それまで誰にも出せなかった味をだすことに成功したそうな。最初の頃はあまりに革新的な味だったので、邪道だとかこんなの鰻じゃねぇとかうるさい食通どもが騒いだけれど、結局そんな連中も一度食べた味が忘れられずに、タケシの鰻屋に通いつめる羽目になったそうな。今じゃ、もうタケシの鰻が常識、定番さ。
でも、タケシは単なる革新家じゃない。タケシが名家の道楽息子だった頃、先代のヤスハル師匠のつくる鰻に惚れこんで通いつめ、好きが昂じて頼み込んで弟子入りしたというわけさ。だから、タケシは徹底的に伝統芸を身につけているんで、気が向くと昔ながらの伝統の鰻を出すこともあるのさ。これがまた絶品。
最近はタケシの鰻を真似する店もすっかり増えた。でも、タケシはそれを苦々しく思っていて「オレはちゃんと修行をつんだ本物の鰻屋で、その辺のポッポ出の即席鰻屋には負けられねぇ」が口癖だとか。
こいつは余計な話だが、タケシはシャレ者ということでも有名さ。鰻をつくる際の職人服も決まっているけど、普段の着物姿もそりゃあイナセなもんさ。よく下町の飲み屋で、タケシは寿司職人のヒサシと一杯やっているんだけど、二人ともなかなかの男前なんで、町娘たちの騒ぎようといったら、ああ喧しいったらありゃしねぇ。
でも、タケシはカッコいい見かけに似合わず結構ふざけた野郎でさ、ヒサシと好きなおなごのことを語り合ったり、同業の中華の大人ヒフミ先生のに物真似をしたりして、呵呵大笑さ。結構面白い男なんだよ。おっといけねぇこれだけじゃ二人に失礼だ、この二人はそうはいってもとことん料理人根性なんで、笑って飲んでいても最後は結局料理がどうあるべきかを熱く語り合うのがオチなんだってさ。
そんな有名なタケシだったんで、世の将軍様の御耳にも入って、タケシの鰻を召し上がられることもあった。将軍様もいたくお気に入りで、何度もご所望されたとか。それが気に入らないのが将軍のお取り巻きたちだ。当然、将軍さまご専用の料理番たちがいて、その総料理長といえば、これまた誰一人知らぬ人なきヨシハル。なんでもヨシハルはものにこだわらない大物で、タケシの鰻も十分認めていて「あっ、あれは本当においしいです。」と素直に認めていたんだが、こういう場合取り巻きたちが余計なお節介をやくのが世の常さ。ヨシハルという存在がありながら、たかが下町のむ鰻屋の分際でけしからん。ここは白黒はっきりさせるために、ヨシハルとタケシの料理対決を行うべきだと騒ぎ立てた。将軍様も面白がって同意したのでさぁ大変。二人の料理対決がとり行われる次第となった。
というわけで、司会には別のタケシ。実況にはケンジ、審査員にはハットリ先生などを迎えて「料理の鉄人」はにぎにきぐしく行われることとなった。細かいところは一切省くが、戦前の予想を覆して鰻屋タケシが勝っちゃった。ヨシハルが潔く「あっ、負けました」といった瞬間には、お江戸の庶民はみんなお喜びさ。なんでもヨシハルが秘伝の和食を封印して、なんと鰻料理で真っ向勝負に出たのが敗因だったとか。タケシも「オレ以外で、あんなに鰻をうまくつくれる人間がいるとは思わなかった」と率直にヨシハルをちゃんと認めたんだとか。
戦った二人はアッサリしたもんだったんだけど、うるさい取り巻きたちが騒ぎ立てて再戦もおこなわれた。今度は、ヨシハルも秘伝の和食で勝負してきて、それでも大激戦になったがなんとか今度はヨシハルが勝った。でも、タケシの実力はもう誰もが認めるところとなって、もう誰もとやかく言う者はいなくなったんだと。
というわけで、タケシもその後はしばらく平和に暮らしていた。でも、この頃からかなぁ。タケシはいかにも冷静沈着な外見なんだけど実は結構江戸っ子気質でカッとなりやすい。鰻をつくっている最中におかみさんに色々話しかけられて時々仕上げをしくじることが増えて来た。でも、その頃はご贔屓も多かったんで、まぁしょうがねーや、ということになっていたそうだ。えーっと、ご贔屓が多い、ファンが多い、ファンタ・・・・バンザーーーイ、こん平でーーーす。
もしかすると、タケシもちょっと鰻に飽きていたのかもしれない。ある時タケシは酔っ払って屋台の蕎麦を食べたそうな、それが信じられないくらいうまかったたらしい。そこから波乱の新しい物語がはじまるのさ。
「なぁ、オレ、蕎麦をつくりたくなった。屋台を引いて始めたいんだけど。」
「えっ、オマエさん気は確かかい、この鰻屋はどうするつもりなんだい。」
以下愁嘆場は略すが、タケシも一度決めたら頑固である。幸い鰻屋には、腕もよくイナセな男前のトシアキという弟子の職人がいたので、店は彼に任せるということでおかみさんもシブシブ納得した。こうしてタケシの蕎麦職人修行が始まった。
天下のタケシといえども、文字通り一からの再出発さ。そりゃあ、最初の頃は大変だったらしい。噂を聞きつけた若手料理人のアキラ、ヤスアキ、マコトが冷やかしに来て、酷評して去っていたこともあるそうな。タケシも悔し涙に暮れたと暮れないとか。
でも、もともとタケシも天才職人だ。あっという間にコツをつかむとともに、蕎麦でも今までにはなっかたような味を出すことに成功してお江戸の町の噂になる。なんでも、天麩羅の具を早く加工するのが工夫とか。早く加工、早く囲う、早囲い・・・バンザーーーイ、こん平でーーーす。
というわげで、蕎麦職人としても名を上げたタケシ。となると、平安な世に退屈しきっている者たちが放っておく訳がない。また、タケシとヨシハルで勝負してみたらどうだろう。そして将軍様も乗り気でトントン拍子で話は決まって二人が再戦することになったのさ。
お江戸の衆は蜂の巣をつついたように上を下にの大騒ぎ。タケシは、蕎麦で勝負するのか、いやそうとみせかけて鰻の新構想か、一方、さらに円熟の境地のヨシハルはどうするんだろう。
・・・という話で今、お江戸の町は持ちきりなのさ。

(注 本文は完全にフィクションであり、登場人物が現実の人物に似ているとしても、それは完全に単なる偶然にすぎない。)



羽生善治王座に藤井猛九段が挑戦する第58期王座戦は東京千代田区では9/9(木)に開幕する。

参考文献 鰻屋本舗(将棋) - 藤井猛九段公認応援サイト 第58期王座戦五番勝負特設ページ
ものぐさ将棋観戦ブログ「鰻職人タケシの冒険」関連?将棋人物・用語集

昨日の記事について言い訳

昨日、王座戦第三局について書いたのですが、某プロ棋士ブログには明らかに私の実力を過大評価している(あるいは、からかわれいてる?)記述があり、某アマ高段者からは「謙遜しているが本当は強いのでは」とか言われたりしております。
こういう誤解はちゃんと解いておかないといけません。いちいち書いていませんが、私がプロの将棋を研究する際には、独力ではなく、常に古いバージョンの東大将棋クンとの共同作業なのです。本来、私にはプロ将棋の終盤を研究することなどハナから無理なのですが、ソフトに詰みを読ませると、結構調べられるものです。驚くくらいに。こうしたらどうかと局面設定して、あとは何もしなくてもソフトが詰みを考えてくれるというのは、実は結構恐ろしいことです。
私みたいに、いちいちこんな面倒くさいことをする人がほとんどいないだけで、誰でもその気になれば、かなりプロ将棋の終盤を調べられる時代になっているということです。プロ棋士の方々にとっては、大変な時代になっているといわざるをえません。もしかすると、こうしてプロ将棋をソフトで調べる行為自体が冒瀆だと思われる方もいるかもしれませんが、私としては、そういう調べ方をされても鑑賞に堪える棋譜をプロには残してほしいと思うし、また残せるものだと信じております。

それと、昨日の記事について早くも訂正があります。▲7一飛に対して△4二玉と逃げた場合(A図)「ソフトは詰まないといっている」と書きましたが、実は詰みがありました。あるアマ高段者の方が、多分自力で考えて発見して教えてくださったものです。
A図 △4二玉まで
a

詰め手順を記しておきます。
△ 4二玉▲5一角△5三玉▲5二角成△5四玉▲4三馬△同玉▲7三飛成△5三角▲4四歩△同玉▲4五歩△同玉▲4六銀右△4四玉▲4五歩△5四玉▲7四龍△6四金▲6六桂△4三玉▲5四銀△5二玉▲5三銀成△同玉▲3一角△5二玉▲4二角右成△6一玉▲6四龍△7二玉▲6二龍△8三玉▲8四金△同玉▲7三龍△9五玉▲9六歩(B図) まで詰み 途中△5三金などとしても詰み
B図 ▲9六歩まで
b

ここは、かっこよく「長手順ですが、流れのみお楽しみください」とか言いたいところですが、書いている本人が符号だけ見ていても分からない始末です。
ところで、何でソフトに読ませて詰みを見落としたかですが、これがお粗末。私は調べるのに、コンピューターのレベルを最強にして時間無制限で指させるやり方をしていたのですが、なんとそれだと詰みを完全に調べずに指してしまうことがあるらしい。今の手順は、プログラムの「詰み問い合わせ」を使って発見したものです。ちなみに考慮時間は、全て読みきるのにたったの30秒。それくらいで分かるんだったら、考えて指してくれよといいたいところですが、やはり恐るべき速度です。
今回は、コンピューターソフトの持つ意味について、実地で考えさせられるところがありました。

週刊将棋を読んで 再度王座戦第三局▲4七銀をめぐって

最近こんな記事を書いたんですが、プロ将棋について勝手読みで書いてしまって、イヤーな感じが残っていました。週刊将棋を読んでみて、ああ、やっぱり。自分の読みとは違うことが書かれていました。ところが、まだ疑問が解決していないのです。
まず、復習すると▲7四角とうって、守りにもきかすわけですが、相手に金の持駒が残っていると▲3八銀と手を戻しても、
△同と▲同角△同飛成▲同玉△4九銀▲2八玉△3八金▲1八玉△2九角 までの詰みです。
従って、さらに王手を続けて、なんとか金合いさせる必要があります。私が考えたのは▲6一飛でしたが、正解は▲7一飛(A図)だそうです。
A図 ▲7一飛まで
a

6一にうたないと到底詰みそうにないと思ったのですが、目的は詰ますことでなく金合いさせることなので、7一でよければそれにこしたことはないわけです。以下週刊将棋の説明手順は
▲7一飛△5一桂▲2三角△4二玉▲3二角成△5三玉▲7三飛成△6三歩▲3一馬 から後手の持ち駒を使わせて、手を戻せば先手勝ちというものでした。
確かに、▲3一馬に対して▲4二金と合駒してくれれば、以下
▲3八銀△同と▲同角
となって、先手玉は詰まないどころか、銀一枚の持ち駒では、詰めろをかけ続けるのすら大変そうで、先手勝ちのように思えます。
ただ、△4二金のところで、△4四玉(B図)と逃げてしまうとどうなるのかが分かりません。
B図 △4四玉まで
b

いろんな手順があって、ややっこしいのですが、一例をあげると
△4四玉▲2二馬△3三桂▲4五歩△同玉▲4六銀右△5四玉▲6六桂△5三玉▲3一馬△4四玉▲4五歩△同桂▲2二馬△5三玉▲3一馬△4四玉▲2二馬(C図)・・・以下繰り返しの連続王手の千日手になって、どうしても後手に金を使わせることが出来ないような気がするのですが。但し、この辺の手順は、全く自信ありません。
C図 ▲2二馬まで
c

さらに、▲7一飛は、私も最初すこし調べたのですが、△4二玉と逃げられた場合も実はよく分かりません。少なくとも、ソフトによると詰みはないようなので、金をなんとか合い駒させるしかないのですが、一例としては
▲ 7一飛△4二玉▲5一角△5三玉▲7三飛成△6三歩▲6二角成△4二玉▲5二馬△3三玉(D図)
と右辺に逃げ込まれると、詰まないし、金など全く使わすことが出来そうにないのです。また、△4二玉に▲5二角成△同玉▲7四角(▲4一角)も△6二玉とかわされて続かないようです。
D図 △3三玉まで
d

(10/11追記)
この形で、実は詰みがあることが分かりましたので、こちらに書いておきました。


ということで、さらに疑問が深まりましたが、まあ月刊誌でも気長に待ってみようかと思います。
今回私が書いたことにも、間違いがいっぱいありそうなので、決して信用しないでください。ただ、プロの将棋の終盤を、あれこれ調べているだけでも、結構楽しかったです。もう、懲りて二度とやらないと思いますが(笑)。

王座戦第三局 ▲4七銀の変化

囲碁将棋ジャーナルの解説は深浦王位でした。ネット中継でもふれられていた、△4八とに対して▲同銀でなく、▲4七銀とするとどうなるかの変化についてふれていました。さらに、後手が△3八銀(A図)とうってきたときに、後手玉は詰まないらしいのですが、王手をかけて▲7四角で合い駒を使わせて、▲3八銀と手を戻す手順を指摘していました。具体的手順の説明は省略だったので、すこし調べてみた結果を書いておきます。
A図 △3八銀まで
a

△3八銀▲2三金△同玉▲3二銀△同玉▲2四桂に対し
△同金は▲4二飛△2三玉▲3二角△1三玉▲2二角△同玉▲1四角成△3三玉▲3二馬△4四玉▲4三竜 まで詰み(▲2四桂に玉が3三、2二、2三に逃げても詰み)
したがって▲2四桂に対しては△4一玉ですが、それに対して▲7四角(B図)とうちます。この角が3八の守りにきいているのですが、ただこのまま△3八銀と手を戻すと、△同と以下並べ詰みなので、さらに王手を続けて後手に金を合駒に使わせる必要があります。
B図 ▲7四角まで
b

まず、▲7四角に合い駒を使わずに玉が逃げるのは、どこに行っても詰み。したがって、合駒するのですが△5二桂の場合は
△5二桂▲6一飛△4二玉▲5一角△5三玉▲6三飛成△4四玉▲4五歩△同玉▲4三竜 まで詰み
したがって、△5二銀ですが
△5二銀▲6一飛△5一桂(△5二玉は詰み)▲2三角△4二玉▲3二角成△5三玉▲3一馬△4二金
で、やっとこさ金を合駒に使わせることが出来ました。この時点で▲3八銀と手を戻せば(C図)、先手玉は詰みませんが、後手も△6一銀と飛車をはずす手があるので、その後よく分からず、先手が勝ちになる手順は分かりませんでした。
C図 ▲3八銀まで
c

ちなみに、▲7四角に△5二金と合駒すると、その時点で▲3八銀と手を戻せますし、飛車とかでさらに王手してからも手を戻せて、しかも飛車も渡さないので、その場合は先手にも勝ちがありそうな気もします。
ということで、全然調べ切れませんでしたが、(まあ、当たり前です。)とにかくプロの終盤というのは、恐ろしい深さがあるんですね。驚きました。


(10/10追記)
再度チェックしてみたら、上記手順中、▲3一馬に対して、△4二金と合駒せず、△4四玉と逃げた場合の、先手の攻め方が見当たりません。
また、週刊将棋を読んでもう一度記事を書いてみました

王座戦第三局 羽生王座vs久保八段

久保先手で、羽生さんは居飛車に。今回は相振りがテーマなのかと思いきや、アッサリ。本当にどういう戦形を選択してくるのか、全く読めません。
一方の久保さんも、すこし意外な感じの四間飛車の藤井システム風出だし。ただ、システム最新形の▲4六歩プラス▲1六歩ではなく、▲4六歩プラス▲3六歩形(A図)が、久保さんの工夫だ、とか書こうと思ったら、映像サイトで御大藤井が、「この3六歩形は、私も経験がありますが、久保さんはどれくらい研究しているのでしょう」と、システム元祖の貫禄の発言をかましていました(笑)。
A図 ▲3六歩まで
A

藤井システムには、右銀急戦が有効策のひとつですが、▲3六歩形で、端歩が突きあってなく、玉も4八のままなので、△6四銀に対して普通に▲7八飛と受けたりすると、仕掛けられて危ないのでしょうか。とにかく、▲7八銀(B図)とバックしておけば、△7五歩には▲6五歩があるので、とりあえず仕掛けを封じることができます。
B図 ▲7八銀まで
B

両者、この戦形で戦ったことがあるそうで、久保さんの▲6五歩の開戦(C図)が研究だった模様です。多分、これが指したくて、四間飛車にしたのでしょう。ただ、どうもそれほどうまくいかなかったようです。
C図 ▲6五歩まで
C

羽生さんの△2二同玉から△1二玉(D図)が印象的でした。とにかく、玉を戦場から遠ざけておいて、スピードで勝負という発想。そのあとの指し手も、飛車きりから、△4六の銀を生かす△5五角、金取りを無視しての△2四桂と、思想が一貫した指し手でした。
D図 △1二玉まで
D

と、実は羽生さんが勝ちそうだななどと思いながら、ここまで、一気に書き終えたら▲1八金で、羽生さんの指し手がパタリと止まってしまいました。瀬川さんが「後手の攻めが細い」と言ってる・・・。さらに、▲3七歩が平凡ながら好手、久保優勢、久保勝勢、久保必勝、羽生投了してもおかしくない・・・。グゲッ、羽生ファンとしては。
と思ったら、△6八歩(E図)で、久保必勝と言っていた方が意見を変えてくださりました(笑)。面白すぎます。はっきり言って、私はいろんな意味で藤井ファンです。今回の映像サイトは、たくさんミニ動画があってとても楽しめます。それにしても、藤井先生って方は・・。そうですか、振り飛車側が思わしくないと、声が出なくなって、指で口の前にバッテンマークですか。お茶目すぎます・・。
E図 △6八歩まで
G

今終局したところです。とてもネット中継を見ながらブログを書くというような状態じゃありませんでした。本当にすごかった・・。▲1七桂が詰めろ逃れの詰めろで、「またか」と思いきや、△3九角から桂を抜かれて、堂々と詰めろをかけられると、なんと後手玉が詰まない!(と言っても、確かめてないけど。)
▲5七角△4六桂ぐらいは、私にも見えました。でも、驚くべきなのは、△3五同金(F図)の場面。映像サイトで書かれていましたが、▲2五桂△同金▲5七角△4六桂▲同角△3五角▲同角△同金▲2五桂・・、の順を繰り返すと、連続王手の千日手で先手が反則負け・・。こうしなくても、別に3五に角合いしなけりゃよいのかもしれませんが、こういう形ができただけでも十分ビックリです。
冷静に振り返れば、結構さかのぼったところに久保さんの敗因があるのでしょうが、とにかくとんでもない逆転劇でした。
F図 △3五同金まで
F

羽生さんは、王位戦最終局の鬱憤を一気に晴らすような、なんとも表現の仕様のない勝ち方をしました。羽生の終盤力、いまだ健在を、いやというほど将棋界にアピールしたといえそうです。一方、久保さんにとっては、今回の王座戦は、災難、悪夢としか言いようのないシリーズだったと思います。
16連覇ですか。某棋士のメルマガで知ったジョークなのですが、福崎さんは、いまだ「前王座」のままです・・・。

王座戦第二局 羽生vs久保(「ご主人様」、PDGなどをよそ見しながら)

昼過ぎ頃から、ライブで見出したところ。第一局では見逃したのだが、松本博文ブログで紹介されていたので動画中継もチェックしながらの観戦。週刊将棋にも、二週連続で松本氏がネット中継の裏側を紹介していました。完全な動画ライブには数百万かかるのが現状だそうなので、今回のような送り絵方式ということになるのだろう。それでも十分うれしい。これ以外にも、短時間の動画、ネット解説担当も置き、ゲストコメントも多数ということで、無料でこれだけやってくれているのに文句など言ったらバチが当たるだろう。日経さんエライ(ヨイショ)。
さてと、ついでに将棋ブログのチェックでもしてみるか。「ファニースペース」を見る。ああそうか、「ご主人様」が更新されたんだ。メイドさんたち、本当に楽しそうにやっていますね。最近、彼女たちには本当に強くなって欲しいと素直に応援する気持ちになっています。ここまで、やる気を引き出した、遠山先生、エライ。(ハイ、ヨイショ。)中川=遠山コンビの上司と部下コントシリーズ、今回のは高度すぎていまいち私には理解しきれませんでした。少なくとも、アレにはツッコミが必要なんじゃないでしょうか。余計なおせっかいながら、一応しておきます。
「何も言わないんかい!、そしてそのまま終わるんかい!」
そういえば、「ファニースペース」で告知していたんで「銀河戦クラブ」を録画しておいたんで、これも「ながら見」。二回戦二局を解説していましたが、本編ででてこない手順もちゃんとふれられていて勉強になりました。遠山先生、エライ(ヨイショ、じゃないですよ。)
そうか、PGDも更新されたんだ。ゲストは大庭美夏さんかあ。よく囲碁将棋チャンネルとか出ていたよなあ。うーーん。美夏さん、飲みに行ってもあつくシリアスな話題を語ってしまう人なのですね(笑)。でも、すごく真剣でマジメなんだけど、どことなくおかしくて面白い不思議な人です。
などと、ゴチャゴチャやっているうちに、あっという間に将棋が進んじまっただ。今回は、羽生さん、相振りがテーマなのかな。久保さんはスペシャリストだから、純粋な勝負の観点からは損だと思うけど、タイトル戦戦いながら研究、勉強するのが羽生流なのでしょう。もっとも、かと思えば勝負にこだわっているような将棋も指したりして。そのあたりの柔軟なところが羽生さんらしいところです。(ハイ、羽生ファンのヨイショ。)
いきなり羽生さん、七筋の歩交換しましたね。どこかで「あれは位なので、交換すると損。相手に盛り上がられて、矢倉に組む余地も与えるし。」とか聞いたこともあります。しかも浮き飛車。これも「金銀が盛り上がって、攻撃の目的にされる」とか聞いたことがあります。さらに、△6五歩もついて、相手の飛車先効果も拒否。とことん突っ張った指し方ですね。
相振りって言うのは、定跡が整備されていないだけでなく、根本となる考え方、理論についても人によってまちまちという段階なんじゃないでしょうか。今回の羽生さんの指し方は、今までのなんとなくの常識を一回取っぱらって指してみたらどうなるのかという実験のようにも思えます。
久保さんも負けずに△8四歩。なんかかっこいいですね。福崎先生がコメントつけてましたが、やっぱり格が違います。「宇宙的な発想の一手」って(笑)。そりゃ、福崎先生御自身のことでしょ、とか言ったら怒られますよね(笑)。
うわーー、どうでもいいことだけど、羽生さんがチーズケーキ食べるところ、バッチリ見てしまった(笑)。完全動画中継になったら、棋士の皆さんも大変だ。でも、加藤一二三先生のチョコレートまとめ食いとか見れたら、もう私は死んでもいいです(笑)。
どうも羽生さんのほう、形は相当悪いですねえ。主張は「歩切れ」ということだけですか。大勢久保もちちみたいですが、山崎さんのみが歩切れを根拠に羽生もちだと言ってますね。
そういえば。歩切れで思い出したけど、竜王戦挑戦者決定戦第二局。週刊将棋によると、佐藤さんが馬を作ったあたり、両者ともむつかしいと思っていたそうです。馬が出来ても、完全に閉じ込められてる上に、歩切れで、その後の木村さんの角打ちが厳しいとのこと。具体的には納得できます。でも、あの一手損角換わりで、先手早繰り銀に、二手遅れて同型で受けるという戦術って、理論的に成立しているのかなあ、などとどシロウトでも素朴に思うんですけどねえ。
ちょっと、余計なことを書きすぎました。しばらくお休みします。

さて、夕休後、また見だしました。うーーん、やっぱり羽生さん苦しそうですねえ。どうやって久保玉を攻めるのかと思っていましたが、でも、なんだかんだ迫っていきますねえ。
あれ、久保玉に詰めろがかかった。ビックリ、あっという間に逆転、羽生勝ちに。先手玉、全然詰まない。
うーーん、△9五銀から羽生さんの角取ったのは、うまいなあと思っていたんですけどね。▲6五同金あたりの場面で、何かなかったのだろうか。△1九角成が詰めろでもなんでもないのではヒドいですよね。
ちょっと、控え室の解説も頼りにならないんですけど(笑)。どこで逆転したか不明、って。なんか、今、棋譜解説のない中継を見た後と同じような、釈然としない気持ちです。少なくとも、こんなにはっきり負けにならない手順はさすがにあるはずですよね。
なんか、スッキリしない気持ちで床に就くことになりそうです(笑)。

王座戦第一局 羽生vs久保

相振りになりましたが、つかみ所のない戦法です。私もどう指せばよいのかが全然分からないので、たいてい避けるのですが、たまに指しても「最近プロもやっているから穴熊にしてみるべえか」などと相手の出方に関係なく安易に囲って、当然ながら一筋を集中砲火されて火ダルマになったりしております。まあ、そんなことはどうでもいい。最近読んだ「最新戦法の話」にも取り上げられていて、いかに相手の出方によって柔軟な指し方をしなければいけないかが、遅まきながら分かりました(笑)。飛車を振る筋、引き飛車か浮き飛車か、囲いのどれを採用するかを、繊細に考えて指さなければいけないとの事。
久保さんのインタビューものっていて、囲いの適性について次のようなことを言っています。
「一応三すくみの法則があって、矢倉は金無双に強く、金無双は穴熊に強く、美濃はなんにでも対応できて欠点も少ないけど、長所もあんまりない。」
また、先後逆の話ではありますが、「矢倉に対して穴熊も考えている」とも。
本局では、羽生さんが矢倉の意思表示をしたので、穴熊を採用してみたということでしょうか。普通に囲いあうと穴熊の固さがいきるので、羽生さんは二筋の歩を伸ばすことを急ぎ、矢倉が未完成なのを見て久保さんが▲7四歩と踏み込んだ。というように「最新戦法の話」を一読すると、プロの序盤についても、勝手に推測できたりするので、やっぱり名著です(笑)。やはり序盤の駆け引きでは久保さんが一本とったのではないかという感じを受けました。
日経の中継は、控え室情報が充実していますが、その分控え室のプロも大変です。久保さんが相当良いと見て「夕休までに終わるかもしれない」などと言われていたのが、羽生さんの△4七歩一発を見て「互角に近い」って(笑)。まあ、それだけ対局者がよく読んでいて、羽生さんが強いということなのでしょう。
夕休後、ここからは生で見ながら書いています。どう見ても△4五角の筋が厳しすぎて、羽生さんが断然よく見えるんですけど。次々に大事な駒に当たってくる仕組みになっているし。
ただ、どうやってすっきり勝つのかがよく分からないんだけど。そうか、△2六香から△2八歩かあ。指されてみれば、そうだよなあ。これで詰めろが続くんだ。うーん、でも羽生玉も相当気持ち悪くて、よく分かんね。
うわ―、すごい玉の逃げ方。都に来たーーー。うん、これで詰まないんだね。でも、こわっ。久保さん投了。
久保さん、どこが悪かったんだろう。阿久津さんも指摘していたけど、と金を払って△4五角と打たせてしまったあたりなのかなあ。
それにしても、あんな薄い守りで、攻め合いに持っていって一手勝ちする羽生さん、やっぱり恐るべし。

「いやー、将棋の終盤って、本当にいいもんですねーー。」
「それでは、サヨナラ、サヨナラ、サイナラ。」
とか言っても、もう分からない若い人もいるのかしら。


ごく最近出た、マリア・カラスEMIコンプリート・スタジオ・レコーディングスというのを衝動買い。なんせCD70枚!という代物。価格は17000円程度もするのだが、単価を考えると超廉価盤ではある。まあ一生かけて聴くつもりである。こういうコレクター根性をそそる企画はずるい。
とりあえず、単独でも持っている「ノルマ」旧盤を改めてかけているのだが、やっぱり、すごいのなんのって。生まれ持ってのカリスマとしか言いようがないのだが、同時にプロフェッショナルとしての、徹底的な訓練の跡と完璧に歌おうとする強烈な意志にもうたれる。いわば、羽生善治の棋譜を鑑賞する喜びと似ていないところもない。
外は台風で、さっきまで激しい嵐の音が聞こえていたが、今はおさまって静かである。
コメントを承認制にさせていただいています。反映まで時間がかかりますが、お気軽にどうぞ。
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ