女流王位戦

女流王位戦第五局 石橋女流四段が女流王位を奪取

棋譜は女流王位戦のページで

先手の石橋さんが、5筋突き型角筋止めず向かい飛車(でいいのかなあ)に。竜王戦第二局の後手番の佐藤さんと、すこし似ています。何かヒントがあったのでしょうか。
清水さんが右銀を早めに進出したために、早々に局面が動きました。石橋さんは馬を作りましたが、清水さんの△3三角打ちからの攻め筋が厳しくて、一目、弱いアマでも振り飛車をあんまり持ちたくない気がします。しかし、▲5五歩が好手だったそうです。
▲5五歩まで
a

この手については、渡辺明ブログで具体的に解説されていましたよね。あの竜王が見ても、一見どうかと思うが、実は良い手というのだからたいしたものです。「定跡にとらわれない」と表現されていますが、「常識」と言い換えても良いのでしょうか。とにかく、石橋さんの将棋は、自由奔放で見ていて面白いです。
それだけに、今シリーズでもありましたが、つんのめったりすることもありますが。とにかく、見ているものをハラハラどきどきさせてくれて、ファンにとっては心臓に良くない将棋です(笑)。「魅せる将棋」といえるでしょう。
その後の▲7七歩も、棋譜解説では「これでは苦しそう」といわれていましたが、その後▲6七金と力強くあがってみると、案外後手に有効な手段がないようです。やはり、この辺も、「パッと見の感覚」にとらわれずに、しっかり読みをいれて自分の感性を信じて指す石橋流が出ていたのかもしれません。
とはいっても、このあたりは石橋さんが好手順連発でしのいでいても、なんとなくまだ後手のほうに主導権があるようにも見えるのですが、どうだったのでしょう。
石橋さんが、後手が8筋のと金攻めで飛車をとりに来るのを相手にせずに、▲7五歩と突き出して勝負に出たのが、抜群に大局観が良くて、これではっきり良くしたようです。
▲7五歩まで
b

後手は飛車をとりきって攻めに回るまでに手数がかかり、自玉は美濃で固い一方、後手玉は壁銀で薄く、これでも振り飛車が十分戦えるということなのでしょう。結果的に考えると、振り飛車のコンセプトに忠実な指し回しといえそうですが、これだけの大一番で、冷静で的確な判断を続けた石橋さんの底力は、ファンでなくても認めてくれるところでしょう。
その後は、はっきり石橋さんが良くなったのですが、全然あせりませんでした。▲9二馬のあたりでも、もう自分など、早く勝って欲しくてたまらないので、▲5五馬とひいて攻めてほしいところですが、本手順のように、落ち着いて7五の銀を取ってしまうのが、分かりやすいのですね。でも、これもなかなか実戦では、出来ないのではないでしょうか。
▲9二馬まで
d

この後は清水さんが受けのために△8四桂と打つようでは、さすがに苦しすぎるのでしょうが、このあたりから、私はもう落ち着きを完全に失いつつありました(笑)。とにかく、観戦している方でも、投了するまでは決して油断しないようにしようと固く心に決めて見続けていました。ファンはファンで、これでも大変なんです(笑)。
石橋さんの▲3一金で局面の進行が止まり、対局室の映像も変わらなくなりました。いったい何度リロードしたことでしょう(笑)。そして、手順再生画面が、初手に戻り、最終手に局面を飛ばすと、赤い字で「石橋女流四段の勝ち」と。ライブでテレビ映像を見ているのとは、また違った感動がありました(笑)。

今回のシリーズは、総じて両者の気合が入りすぎて、やや指し手が空回りしがちだったといわれています。石橋さんについては、LPSAへタイトルをという悲願があるので、そういうところもあったでしょう。でも、清水さんについてはどうでしょうか。昨日も紹介しましたが、事前のコメントを見ても実に立派で、あまり団体の対抗というようなことは念頭になく、あるとすれば、今回は注目度が高かったので、女流としてよい棋譜を残さなければという意気込みが強すぎただけではないでしょうか。
つい、部外者は団体対抗ということを考えがちですが、色々な写真を見ていると、やっぱりこの二人は師弟なんだなあという感じがしました。私は強度の偏ったLPSAファンですが、この二人の戦いについては、あまりそういうことは気にならずに冷静に見ることが出来ました。個人的に石橋さんにタイトルを取らせてあげたいなあというだけで。

とにかく、今後女流にも、さらに注目度が高まるのではないかと思うので、望みは大きく、石橋さんにも、清水さんにも、本当に男子プロと互角に渡り合えるようになってもらいたいなあ、などと思いました。

石橋新女流王位誕生、将棋世界12月号

石橋新女流王位誕生誕生。心からおめでとうございます。
現時点ではLPSAのHPでの、終局後の石橋さんの硬い表情しか伝わってきていません。かえって、気持ちがよく伝わってきます。
今はもう感無量で何も書けません(笑)。
一方の清水さん。対局内容自体は、ご本人にとって不本意なものが多かったのかもしれません。しかし、シリーズ開幕前の抱負の立派さといい、ネット中継で見ることが出来た対局姿の凛々しさといい、やはり素晴らしい棋士だという印象を強く持ちました。棋士としての格の高さのようなものを感じます。改めてファンになりました。倉敷藤花の方では、是非頑張っていただきたいと思います。

将棋世界12月号の、王座戦第三局の記事で、本ブログを扱ってくださいました。
片上先生のブログでも、ちょっとふれてくださっていたので、それを通じて観戦記者の方の目にふれることになったのでしょうか?
とにかく、これ以上光栄なことはありません。こういうことを言うと嫌味かもしれませんが、本当に取り上げていただくような価値のあるブログなのか、というのが本心です。
小暮克洋様、将棋世界様、本当にありがとうございました。一将棋ファンとして、一生の記念になりました。

検索で見に来られる方もいらっしゃるかもしれないので、関連記事へのリンクを、改めてはっておきます。

王座戦第三局 ▲4七銀の変化
週刊将棋を読んで 再度王座戦第三局▲4七銀をめぐって
昨日の記事について言い訳
王座戦第三局 羽生王座vs久保八段

(これらの記事は、まとめて「王座戦」のカテゴリーで見ることも出来ます。)

女流王位戦第四局 清水女流王位vs石橋女流四段

昨日は棋譜解説がなかったため、第二局の記事の大失態を踏まえて一日待ってみました。主にプロ棋士がどう書くかに注目して。(ズルイゾ、オレ)
で、やっぱり一日待ってよかったです。というのはですね、私、昨日の石橋さんの問題点を自分なりに考えてみてですね「▲3五歩(A図)の仕掛けが敗因」(早っ)と書くところだったからです。(ハズカシイゾ、オレ)
A図 ▲3五歩まで
a

まあ、別に弱い素人が、プロの将棋について勝手に書いているだけなんで、別に思いっきり間違っても構わないといやあ、構わないんですけどね。それに、私のブログには、ハナから正しい記述など期待されておらず、いかに大ボケかますかのみ待たれているという噂もあったりするわけですが。(被害妄想ダゾ、オレ)
そもそも、私は脇システムの定跡なんてぜんぜん知らないわけですが、(イバルナヨ、オレ)、竜王ブログによると、▲5四銀と指す前までは、まだまだ定跡だったとのことです。そうなんですか、桂損を甘んじても大丈夫なんですか。実はボナンザ君にも、ここら指させてみたのですが、彼にいたっては▲3八歩と辛抱して桂損する手順を選んでいて、これは人間にはマネできないなあ、などと思ったのですが、それほど悪くない判断だということなのでしょうかね。まあ、確かにその後の展開を考えると、と金があまりにも強力すぎましたからね。
石橋さんの局後の感想で、▲5四歩では▲3五桂(B図)だったかというのがありました。
B図 ▲3五桂まで
b

さすがに、これでも苦しそうだなあと思ったのですが、一応これもボナンザ君に指させてみたら(ヒマ人だぞ、オレ)、△3四銀▲5二飛成△4二金に▲5三歩と平然とつないでおいて、後手に金銀の受け駒がないのに乗じて、後手玉に喰らいついて、なんと先手が勝ってしまいました。なんかいかにもテキトーな手順だと思ったのですが、ボナンザ攻めの真骨頂というような指し回しでした(笑)。無論、清水さん相手では、そういう風にいくわけはないのですが、石橋さんの頭の中にも、当然ボナンザなどよりはるかに鋭い攻め筋が何か浮かんでいたのかなあと思ったりしました。
最後の清水さんの寄せもかっこよかったですね。8二の飛車で、先手の5二の角をはずして王手する順まで読みきっての寄せ(C図 投了図)、さすがです。これだけ芸術的に寄せられたら、石橋ファンとしても、悔しいというより、素直に感心するしかありません。
C図 投了図
c

で、最終局です。こうなると、客観的に見て清水ノリが多くなってしまうのかもしれません。また、どうも男性棋士諸氏の書いていることを読んでいると、やはり女流では清水さんへの信頼が厚いようだなあと感じてしまいます。
ということで、石橋さんには、そういうのを全部くつがえしていただきたいと思います。五番勝負が三番勝負になり、最後は一発勝負の決勝戦になったわけですから。紆余曲折ありながら、こういう将棋を清水さん相手に指せる状態になったのは、大チャンスという考え方が出来るのではないでしょうか。(ガンバレ、オレ、じゃなくて石橋!!!)

えっと、今日は麒麟のギャグのパクリがやりたくて書きました・・・。

女流王位戦第三局  清水女流王位vs石橋女流四段

のっけから将棋と関係ない話で恐縮ですが、皆さんの周りにはダルビッシュにしびれている女性とかいませんか?年甲斐もなくダルビッシュ様、ステキとかぬかしている女性はいませんか?マッタク。世の男性諸君、オトコも結局カオなのですよ、カオ、カオ。
ある巨人ファン曰く「巨人との日本シリーズで、ダルビッシュ見たいけど、巨人がおさえられたらイヤだからフクザツ。」
何が「フクザツ」ですか。知ったこっちゃない。勝手にしていなさい。ダルビッシュも打たれてしまいなさい、巨人も中日にさっさと負けてしまいなさーーい。

と、何で浮かれているかといいますと、ご推察の通り、昨日の竜王戦と本局の結果に気をよくしているわけです。←単純

今回は、北海道新聞のスタッフブログが充実していて、それを読めばほとんどのことは分かります。気持ちよく手順をなぞってみます。
またしても変則の相居飛車になりました。清水さんが飛車先の交換を目指したのが問題だったそうです。▲7七角と手放なさざるをえなくなくなりました。(A図)
A図 ▲7七角まで
a

スタッフブログには書かれていなかったので一応述べておくと、角をうたずに▲8七歩△8二飛としても、放っておくと△8八歩▲7七桂△8九歩成(△同銀なら飛車成)があります。角をいきなり手放さざるをえないようでは、さすがに清水さん側の作戦失敗でしょう。
しかし、そこから崩れないのが清水さん。とにかく心が強いという感じがします。石橋さんの△7三銀の構想が、やや疑問だったそうで持ち直したそうです。しかし、清水さんも局後悔やんでいた▲6五歩が疑問で、石橋さんの猛攻を招きました。▲3七角(B図)とすれば、まだまだだったとのこと。
B図 ▲3七角まで
b

なんと言っても、本局のハイライトは、その後の石橋さんの切れ味抜群かつとても手厚く重層的な攻めの組み立てでしょう。
スタッフブログを読んでいても、男性プロも指摘していない鋭い攻め筋を連発していたようです。△9六歩の垂らしから△6九角の打ち込み。さらに△7五歩(C図)が、青野先生もほめていた手で、いかにも筋がいいなあという手でした。ひとつのところを攻めるのでなく、いろいろな急所に手がいっていて、単純な一本の攻めしか出来ない私などには、とても勉強になる手順です。
C図 △7五歩まで
c

その後も、△6五桂△7五桂と、かさにかかるような厳しくて手厚い攻めが続いて、さすがにもう先手は持ちこたえられない形になりました。見ていると簡単そうですが、なかなかこうしっかり攻めることが出来るものではないんじゃないでしょうか。最後も、バッサリ即詰みに討ち取ってしまいました。
石橋さんが、中終盤の切れ味抜群なところを見せつけた将棋でした。あとひとつなわけですが、本当はファンとしては謙虚なことを言っておかないといけないところなのでしょう(笑)。しかし、普通に堂々と指しても、あの清水さんとも十分渡り合えるのではないかという印象が、ますます強くなった一局でした。
といっても、前述の通り、とにかく清水さんの精神力の強さは相当なものなので、まだまだこれからなのでしょう。石橋さんも、そのことを私たちなどよりも重々承知なはずなので、きっと落ち着いてなおかつ思いきりよい将棋を指してくれるものと信じています。


ダルビッシュ、全然打たれませんでした(笑)。やっぱ、いいピッチャーだわ。

女流王位戦第二局 清水女流王位vs石橋女流四段

激しい将棋でしたが、ちょっと一方的になってしまいました。変則な出だしから清水さんが動いて、石橋さんが▲5五歩とひねった対応をしたのですが、清水さんの△8八歩(A図)が痛打でした。まさかと金を作らせるわけにはいかないし、同金だと銀に成られるし、本譜の同銀だと、堂々と△5五角と出られて厳しい△6七銀成が残ります。さかのぼって、8筋の歩を突き捨てておいたのも抜け目のないところでした。
A図 △8八歩まで
a

石橋さんが▲2一飛成といったのは、さすがに暴発だったようです。なんとなく辛抱する気にならないのは分かるような気もしますが・・。
かすかな期待の▲4五桂にも、冷静に飛車に逃げられて困りました。▲5五歩(B図)に、万が一同飛ととってくれたりすれば、▲3二龍以下のトン死ですが、無論清水さんがそんなのをくらうわけもなく、△7八銀をいれてから、王手で5五の歩を取られて、もう収拾不能ですよね。
B図 △5五歩まで
b

そもそも▲2一飛成より、ずっとさかのぼっての構想に問題があったのかもしれません。
とにかく、こういう負け方なら、そんなにあとに残らないでしょう。
さあさあ、これで三番勝負です。第一局に勝っておいたからこそ、出直せるわけです。次局以降は、将棋の内容の良さにも期待しましょう。


当日追記
今日は、棋譜解説がないので、思いっきり自分の感じたままを書いてアップしてみたのですが(勇気ありすぎ)、そのあと色々調べたりしてみたら、▲2一飛成は別に暴発とかじゃなかったようです。(失礼しました)。
数ヶ月前ボナンザをダウンロードしていたのを思い出して、ちょっと指させてみたのですが、ボナンザ君は△6七銀成に対して、平然と▲7七桂と受けたりしおって、こんなんじゃダメだろ、と思って見ていたら、その後先手が勝ってしまいました。確かに、後手もどうすればいいのか、私の頭ではよく分かりません。
きっと、まだこのあたりでは色々含みがあって、結果的に石橋さんが、その後まずい変化を選んでしまったのかもしれません。

(10/14追記)
改めて、修正記事を書きました。

女流王位戦第一局 清女流王位vs石橋女流四段

石橋さん先勝。今回の中継は、ある程度の棋譜解説がついていたので助かりました。
後手の石橋さんが、ゴキゲン風の出だしから、角道を止めて相矢倉に。棋譜解説で羽清水さん得意の右四間を回避したのかもとか書かれていたし、ほかに事前インタビューでも前回は居飛車でのみ勝利をあげたといっていたので、関係があるのかもしれません。また、いつも最初のところで出遅れるので注意したいとも語っていたので、色々細心の注意を払って、苦心して考えての駒組みだったのでしょうか。そもそも、事前に決めた作戦をそのまま指すというのでなく、実際に盤面に向かって感じたままに、自由に指すタイプのようにも思えます。単なる推測に過ぎませんが。
一方の清水さんは、堂々と受けて、▲3七銀と立つ形に(A図)。通常よく△6四角と受ける形で、実際にもそうしたのですが、角が3三から4二に移動しているために、手損になり、若干清水さんがポイントを稼いだようです。
A図 ▲3七銀まで
aaa

石橋さんは、やはり動く将棋なのですね。二度目の△6四歩から、角出して角をきっての△3六歩をみせました。ちょっとでもスキあらば襲いかかるぞという、面白い将棋です。対して清水さんも、「やってきなさい」と、▲6五歩(B図)。銀桂と角の二枚換えになりました。全体に、石橋さんが色々苦労して指したり、動いたりするのを、清水さんが真っ向から堂々と受けとめていたという印象です。
B図 ▲6五歩まで
bbb

この折衝をどう評価するかは難しかったようですが、棋譜解説でもふれていた通り、すごく素朴な疑問として▲6三角(C図)では、▲6三歩成△同飛▲7二角の自然な筋が見えるわけですが、何かイヤな筋とかあったのでしょうか。
C図 ▲6三角まで
ccc

その後、もつれた感じで、終盤は迫力ある攻め合いになりました。▲4三歩とたらされるのが、たまらなくイヤな感じで清水さんがよいようにも見えますが、後手の反撃も厳しく、△6七銀成▲同金から△5五桂(D図)が、いかにも強烈ですよね。それに対して、清水さんは、攻めに行って駒を渡してしまったために、△6七桂不成以下の即詰みが生じてしまいました。この辺は、何が起こっていたのか正直よく分かりません。この辺の少し前のあたりなど、清水さんにも、いかにも何か別の手順があったようにも思える局面でした。
D図 △5五桂まで

ddd

終盤では、石橋さんも、清水さんと伍してやる力があると感じた一局でした。でも、清水さんも、後半はご自分でも不本意だったのかもしれませんが、堂々とした指し回しが印象に残りました。多分、一局勝ったくらいでは喜んでいられない相手なのでしょう。石橋さんが先勝したので面白くなったといえそうです。と、個人的には石橋さんを応援しているからこそ、謙虚に言っておきましょう(笑)。
コメントを承認制にさせていただいています。反映まで時間がかかりますが、お気軽にどうぞ。
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ