タマネギに続いてイチゴを植える。農家の方(以後師匠)に苗を用意していただいていた。時期が過ぎているので実がつくかどうかわからないけど試しにやってみたら、ということで20個(苗を数えるときの単位は???)植えた。僕の畑まで来ていただいて、耕し方や畝の作り方、苗の植え方の手ほどきを受けた。今日はこれも師匠が用意してくれた鍬を使った。先日コメリで買った1500円の鍬とは使用感がまるで違う。土を切るような感じだ。
師匠によるとイチゴには水をやる、タマネギには水をやらないということだ。
植え終わるとちょっと疲れたので、シートを敷いて昼寝をした。今日は気温は低めと天気予報で言っていたが、晴天なので暖かい。11月下旬の畑は寒いものだと思っていたが、昼寝をしてみて分かった。晴れた昼間の畑は結構暖かい。
帰りに師匠の畑にお礼を言いにいくと、逆にキウイや白菜や大根をいただいた。どれも立派だ。