午後からバンドだったので、朝早くから畑に行く。といっても8時前(これってこの世界では早いうちにはいるのかなぁ)。農家のおじさんのところへ行って、タマネギの苗を100本ほど分けていただき、植え方の手ほどきをうけて、自分の畑に行った。おじさんの畑に比べると僕の畑の土は乾いてごろごろ固まりになっているが、気にせず植えた。ビニルの穴すべてに植え、余ったのは子供たちが横に植えた。少し畑らしくなってきたのがうれしい。かみさんは前回の続きの雑草燃やしに専念していた。そこまでやってもまだ10時頃。早起きすると時間が有効だ。子供たちも畑で遊ぶのがすきになったようだ。