関西育ちの僕には、水菜というのはクジラのはりはり鍋でしか食べたことがなかった。水菜はクジラの張りはり鍋のための野菜と言っても良いぐらいだった。他の料理では食べたことがないし、だからクジラが食べられなくなってから見ることもなかった。

昨今の水菜ブームはすごいね。5年ぐらい前、西麻布のかっこいいレストランでサラダ料理で出てきたときには、ひさしぶりだなと少量をありがたくいただいたものだ。生で食べたのもこのときがはじめてかもしれない。それが、今ではスーパーでもほうれんそうと同じように売っているだもんね。

生で食べてもこんなにおいしいとは。昔の水菜と今の水菜は違うものなのかな?