60c058fe.jpg僕は関西人だから、ねぎというのはにらのような細いものが思い浮かぶ。
しかし、こちら関東のねぎは太い。
今日ねぎを植えた。車で15分ぐらいのところで家庭菜園をしている方に苗をもらった。そして植え方の手ほどきを受けた。

1.鍬幅で30センチの深さの溝を掘る。
2.苦土石灰、肥料を適当に撒く。(うちの場合は、生ごみ堆肥を使った)
3.溝壁に押しあてて植える。
4.溝をわらで埋め、土をかぶせる。(倒壊防止)

わらもいただいたが、足りない分は「ドイト」に買いに行った。
バケットぐらいの太さのわらの束が2束入って300円。正直言ってこんなものが300円もするのかと思った。菜園で使う道具や苗の値段に比べると高いなあ。別のストーリーのわらしべ長者が書けるよ。

その方の畑も見せてもらった。その畑でその方にねぎの植え方の手ほどきをした農家の方に会った。いろいろ教えてもらった。太いねぎの苗をもらった。もう食べられるような大きさだったが、さらに育てるものらしい。

すぐに畑に植えたかったが、昨日から畑に付き合ってくれている子供たちが「公園で自転車と三輪車に乗りたい」と言うので、先にそちらに付き合った。