ブログネタ
家庭菜園 に参加中!
6c332a24.jpg今日の幼稚園の運動会は当然雨で延期と思って朝ゆっくり寝ていたが、延期の連絡がなくてちょっと心配になり、あわてて会場に行ったら開始寸前だった。
ラッキーなことに、雨は昼食時に少々ぱらついただけで、運動会はできました。

そして、明日も近所の運動会。

さて、そのような状況でも生き物を相手にする家庭菜園ののらしごとは、会社での仕事と違って、自然のペースに合わせなくてはいけない。決して遅れている仕事を夜中や休日の残業で埋め合わせたりできない。

運動会の最中、師匠から電話があった。
「何してんの?」
「今日は運動会だよ」
「そうか。いちごのいい苗が種屋で売ってたけど、どうする。うちの苗よりもいい苗だ。買っといてやろうか」
「じゃ、悪いけど頼みますよ。夕方には畑に行くから」

という感じで、今日は運動会だけではすまなくなってしまった。

運動会が終わって、家に帰り、師匠の畑で苗をもらって、うちの畑に行った。
今日は僕たち家族の友達と子供も一緒に。

大根、ブロッコリー、キャベツは虫に食われながらもいい感じに育っている。
不織布のドームに守られている白菜は虫の被害は少ない。しかし、子供がドームの上でひっくり返り、不織布を破ってしまった。穴があいたので、これからは虫が入ってしまうかな。

で、今日ののらしごとのいちごの植え付け。
「いちご狩り」はたいがいの子供は経験するだろうけど、「いちご植え」はやったことないだろうな。僕もそうだけど。師匠の畑のいちごの様子を見せてもらい、植え方も教わったので(今日は差し入れにビールを持っていったせいか、いつもより親切丁寧)、言われた通りにやった。ポイントは、
・肥料などは植え付け時には何もやらない
・畝の両端に植えて中央は後で肥料を撒くのにあける
・苗のポットの土はできるだけ根につけたまま植える
・植えたらたっぷり水をやる
・苗の植える向きは関係ない(何かの本でいちごは実ができる方向が決まっていると読んだような気がしたので聞いた)

昨日からたっぷり雨が降っているけど、こういうときには水をやるそうです。