ブログネタ
家庭菜園 に参加中!
00691f07.jpgボクの場合、たまねぎは苗を植えてから収穫するまでは、ほとんど世話をしていませんでした。今年は霜が降りたりして、苗を植え替えたりはしたけれど、まあほとんど植えっぱなしのほったらかし。

しかし、採ってからは大変ですね。
風通しが良く、日陰で、100個以上のたまねぎを吊り下げる場所ってうちにはないから、雨が降りそうな日にはビニールシートをかぶせたり、天気が良い日はすだれだけにしたり、葉っぱを付けたまま山積みにしていたら葉っぱの部分の湿り気がたまねぎに影響していて、あわてて吊り下げたり・・・・。もう、毎日毎日、頭の片隅には常時たまねぎのことがあります。

そろそろ十分乾燥もできたようで、葉っぱを切ってよそいきスタイルに。

裏側の細く白いもじゃもじゃした根は切った方が良いのかな? とりあえず切ってキレイにしました。
夕方、スーパーでたまねぎがどうなって売っているのか見てみると、根も切っているようです。

しかし、たまねぎって安いんですね。

近所のスーパーのたまねぎの値段は、
佐賀産 1個 29円 (中ぐらいの大きさ)
タスマニア産 1個 39円 (大型)
でした。

オーストラリアのもっと向こうから運んできて、たった39円!!
タスマニアの農家の取り分はいったいいくら??

第一次産業の取り分って少なすぎやしませんか??
居酒屋のもろきゅうに500円と値が付いているのを見ると、複雑な気持ちです。

これで食糧自給率を上げろって言っても無理だよね。
本業でやるには厳しすぎるような気がします。