ブログネタ
家庭菜園 に参加中!
c908c249.jpgいろいろ読んだら迷ってしまいそうなので、ボクは参考書を「おいしい野菜づくり大図鑑」とたまに買う雑誌「やさい畑」に絞っています。

しかし、この2冊でも書いていることが正反対の場合があり、素人のボクを悩ませます。

そのひとつの例がとうもろこしの芽(茎?)かきです。
写真はうちの畑のとうもろこしの様子です。雑草と見分けがしにくいですが・・・。

地面から垂直に1本と、V字に2本、合計3本の茎が生えています。
V字のほうも垂直のと同じぐらいの太さです。

このV字の茎を刈った方がよいのかそうでないのか、「大図鑑」と「やさい畑」では意見が分かれます。

「葉が多い方が光合成で多くの養分を蓄え、実の付きがよくなる。また株元を支えるので倒れるのを防ぐ」という説。

「1本が基本、2本だと実が小さくなる。3本のままでは房が育たない」という説。

どっちが正しいのでしょう??

とりあえずボクはV字部分は取ってしまいました。







おいしい野菜づくり大図鑑?タネと花の写真つきでさらによくわかる!