ブログネタ
育児日記 に参加中!
d17fbc0f.jpg料理をしてみました。

休日にボクが二人の娘(小学校低学年と幼稚園)に昼ご飯を食べさせなくてはならないシーンがありました。いつもなら近所のおいしいパン屋さんにサイクリングついでに買いに行ったり、車でどこかに食べに行ったりしてしまうのですが、収穫した野菜が山のようにあるのをみると、製造主責任(こういう意味ではないですね)を感じ、この週末は料理をしてみました。

こどもたちに「手伝うか」と誘ってみるとすぐに乗ってきます。妹のほうはご機嫌でなぜか麦わら帽子をかぶっています。

「男の料理」や「こどもの料理」というジャンルは良く聞きますが、ボクがやったのは「男とこどもの料理」「父とこどもの料理」です。ちなみにボクは普段ほとんど料理をしません。できません。

メニューは3品。
■19日土曜■ ポテトフライ
■26日土曜■ 焼きナス&ピーマン炒め
男っぽいメニューでしょ。昼ご飯とはいえ実にシンプル。これだけで腹一杯になってもらおうというという無理目なところもありますが、初めはこんなもので勘弁を。

<ポテトフライの作り方>
ポテトフライといっても皮付きのあれです。
ノンノの料理本には横文字の名前が付いていましたが、忘れました。
材料:じゃがいも10個、サラダ油、塩(分量は大人1人こども2人)
いもを洗う(姉・妹)
いもを切る(姉)
いもを揚げる(ボク)
以上。競い合って食べてましたが、10個は多かった。

<焼きナスの作り方>
材料:ナス4本、食べるときに醤油。
ナスを洗う(姉・妹)
ナスを焼く(ボク)
さましてから皮をむく(ボク)
以上。

<ピーマン炒めの作り方>
材料:ピーマン10個、醤油、砂糖、みりん。
ピーマンを洗う(姉・妹)
ピーマンを切る(姉)
ピーマンを炒める(姉)醤油、砂糖を入れる(ボク)みりんもあったので入れてみる(ボク)
以上。これはほとんどこどもだけでやらせてみた。包丁の力のかけ方や持ち方、向きなどを教える機会になった。


060827ピーマン炒め






ポテトフライのほうが見た目はおいしそうだったのですが、写真を撮る元気が残っていませんでした。
いつもこのブログを読んでくださっている方のおいしそうな料理に比べると、こんなの料理のうちに入りませんが、 こどもたちも自分が作った喜びと責任を感じているのか、「おいしい」と言って食べていました。

ちょっとだけ「食育」気分、な〜んてね。

ここから一歩踏み出す料理のコツ、教えてください。