ブログネタ
日本の農業が生きる道 食料の自給率など に参加中!
091231塩屋今日は風の強い日です。

帰省中の神戸ではサティやコープもありますが、野菜は八百屋、魚は魚屋に買いに行く生活スタイルも残っています。正月の準備の買い出しに商店街へ行きました。

年末は野菜が高くなるそうですが、大根や白菜などかさばる野菜が100円とか200円。ネギや春菊やキノコ類もだいたい100円ぐらい。みかんはバケツ1ぱい300円。

まったく農家の仕事へのリスペクトがない値段です。

こんな安い値段から八百屋と流通の取り分を差し引いたら、農家にいくら残るんでしょうね。

だからといって「釣りはいらん」というほど懐が暖かいわけでもないし、そうしたところで、農家にわたるわけでもなし。

種や苗、肥料のコストも下がっているのならいいのですが。