P1030736趣味で家庭菜園をやってるだけだけど、野菜作りをしている端くれとして、ボクは室井佑月さんの風評被害に関する発言に共感する。

ボクは、風評というのなら安全性を立証するのが、食を生業としている者の努めだと思う。先日このブログにそんなことを書いた。

週刊朝日6月17日号の連載『しがみつく女』で、室井さんが「風評被害と嘆くより数値を示して販売すればよい」と書いておられる。その通りだと思う。


測ってみて、安全基準内だったら、安心して買える。汚染されていたら、東電が買う。

それだけの話だと思う。


カメラの前で野菜をほおばって「ほら大丈夫」・・・みたいなことで安心すると思われているんだったら、消費者も甘く見られたもんだ。

科学的な方法で、理不尽な被害に遭われている農家や流通の方々を応援したい。