ブログネタ
アウトドア に参加中!
一ノ越出発
一ノ越から室堂に向かう出発点です。このあたりから見る室堂は、湖あり、雪渓あり、山小屋ありの遊園地のようです。山は上りより下りがきついといいますが、今回は下りのほうが楽です。モンベルの登山靴のおかげでしょう。

川
ゆっくり風景や花を楽しみながら下ります。こんな沢があります。ここより上からこんなに豊かな水が流れてくるのは不思議な感じです。

室堂(建物)
室堂に戻ってきました。また雷鳥に会いました。ここは江戸時代の山小屋です。山小屋(室)+宗教施設(堂)=室堂ということのようです。江戸時代はロープウェーやケーブルカーが無いから大変ですね。

下りてきた
ミクリガ池あたりからの立山連峰の景色は出来すぎです。上高地の河童橋のようです。

ホテル立山
ホテル立山のカフェで一休み。湧き水のアイスコーヒーとチーズケーキをいただきました。こんな山の上で下界と同じような快適さが得られるところがすばらしいです。食べ物がおいしくなかったり、トイレが汚かったり、相部屋がいびきでうるさかったり・・・というようなことが皆無です。それに下界マイナス15度の涼しさ。今日の登山で汗を拭くためにタオルを使うことは一度もありませんでした。

立山、最高!

(続く)