the kitchen garden 畑のライブカメラ

横浜青葉台、寺家ふるさと村の家庭菜園です。家で食べる野菜をこどもたちと作ります。 1年ほどブログを休んでいましたが、どこに何を育てたか分からなくなってしまいました。自分の備忘録として再開しますので素っ気ない内容ですが、よろしく!

家庭菜園全般

『やさい畑』の植え合わせの検証

P1200028『やさい畑』で紹介されていた「究極の植え合わせワザ」を試してみた総括です。

効果があったもの
トマト×バジル
トマト×マリーゴールド
キュウリ×長ネギ

効果がわからなかったもの(例年と収量がかわらないもの)
ピーマン×落花生

やめたほうがよかったもの(例年よし収量が落ちたもの)
ナス×しょうが

写真はナスとショウガの寄せ植えですが、ナスに日が当たらなかったせいか、さっぱりでした。

秋野菜植え付けの準備

画像19月にバタバタしないように土作りを始めます。今日は苦土石灰を蒔いて耕すところまで。

こどもたちの畑作業

画像1小学校に展示されていました。

ブログ再開しようかなと思ってます。

画像11年以上ぶりです。ご無沙汰していました。

菜園って毎年同じことの繰り返しだからと、畑ブログはお休みしてfacebookをしていました。

しかし、同じことの繰り返しでも、記録していくことの大切さを最近身にしみて感じています。
連作障害を防ぐために、昨年はトマトをどこに植えたかな〜なんてことがわからないんですよね。

元はと言えば、このブログは自分の備忘録として始めました。
一年ぶりにブログの管理画面をあけてビックリ。
休んでいた間もたくさんの人に読まれていたんですね。
少しでも誰かのお役に立っていたなら嬉しいです。

ということで、備忘録を再開しようと思います。

facebookもいいけれど、畑の備忘録にはブログがぴったりです。
気楽でええわ。

緑のカーテン3

P1040011
テラスのゴーヤは生育がいまいちで、緑のカーテンのようにはなってくれません。畑のレーキには勝手にツタ風の雑草が絡まっているのに。

自家製野菜の放射線測定3

P1030707テラスで育てたトウモロコシの苗を畑に移した。

苗の元気はいいのに、あまり素直に喜べない。

「神奈川県の野菜は食べないように」なんてことにならないだろうな。

そういうことは、わかった時点で公表してくれよ。
「実は5月にはわかっていたけど・・・」なんて、夏の収穫の頃言われたんじゃ、やりきれない。

ガイガーカウンターとか、そういう測定器を買ったら、と小学生の娘が言う。

野菜の放射線測定1

P1030206原発事故のニュースを見続けて、自分なりに得た結論は、安全か危険かの判断は、自分で放射線を測定してするしかないんじゃないか、ということ。

 「福島県が」とか「茨城県産のほうれん草が」とか「金町浄水場が」のような情報で判断するのは大雑把過ぎるとみんな思っているだろう。だったら、食べたり飲んだりするときに、自分で測定しよう。それがいちばん科学的で合理的だと思う。

 今日は大根とネギを収穫。直近のデータでは、横浜は0.060毎時マイクロシーベルト。少しずつ下がっているけど、じゃあ、この野菜が安全かどうかを判断できる? テレビでは理科系の先生方が、学者としての矜持と戦いながら「ただちに人体には影響がない」と言っている(言わされている?)ように見えてならない。

 実際に測ってみないとわからない。測れば無駄に捨てる野菜が減る。

 農家の人たちも「風評被害」には科学的な方法で対抗しよう。スーパーに測定器を配って、客に測ってもらう。数値で示せば、客は安心して買える。そういう形で、被災地の人々を支えたい。

 測定器が欲しいな。ネットで買えるのかな? 買う人が増えれば、電子体温計くらいの値段になると思うよ。

こどもたちの畑の楽しみ方。

畑に行く久しぶりにみんなで畑に行った。








サークル?野菜とは全く関係ないものを作り始めた。












サークル2?こどもにはこういうのが楽しいんだろうな。今は畑はほったらかしだし、どうぞ自由に遊んでちょうだい。

切干大根を干すのに、ざるなんかいらんよ。5

0201大根今年初めて畑に行った。例年ならこの時期までほったらかしにした大根は、すが入ってダメになるが、今年は大丈夫みたいだ。葉っぱがまだ枯れていないし。そこで、切干大根を作ることにした。食べ切れなくて困ったときはこれがいい。おいしいし。


0201切干大根切干大根を作るときにいつも困るのがざる。梅干を干すときに使うざるがあればいいんだけど、そんなの年に1,2度しか使わない。
家のあるもので何かないかと探して、思いついたのがこれ。
ポット苗を買ったらもらえるコンテナに、たまねぎ保存用のネット袋を敷いた。


0201切干大根2乾燥してもすき間から落下しない。これ、便利です。







0201切干大根袋詰め完成。

畑の Good Design4

0116オクラの種畑で中でいちばんのグッドデザインは、枯れたオクラだと思う。

来年用に種を採取。

てか、こういうときのために採種って言葉があるんだな。

サッカーも勝ったし、さあ、寝よ。

韓国のスキンヘッドの大男は迫力あったな。

作った野菜を売る。5

ブログネタ
家庭菜園NO.2 に参加中!
0109小さなお客さん
うちの娘が通っている小学校では、体験学習で野菜作りをしている。そして、その野菜は収穫後販売する。自分で作ったものを売って、お金を手にするのはとても楽しいみたいだ。料理のレシピを印刷したチラシを近所で配布。たまにはこんな3歳くらいのお客さんも。

0109里芋を計量
「安売りすることはない。売れ残ってもかまわない」という指導があったらしく、落花生1000円、里芋350円など、結構強気な価格設定。それでいいと思う。手をかけて作ったものを安売りしてたら、農協に卸すことしかせずに儲からないと言う農家と同じだ。
結果、結構売れ残ってしまった。こどもとしては、もっと安く売りたかったようだが、これも授業料。

0109落花生
ボクは小学校の頃は落花生がどうやってできるのかは知らなかった。知ったのは家庭菜園をやり始めたからだ。

0109里芋
里芋も同じ。この里芋はうまかった。ボクの畑の里芋は全然育ちが悪かったので、こどもにどうして小学校の里芋はこんなに育ちがいいのかを聞いたら、「夏にちゃんと水やりをしてたからだよ」とのこと。

えらい!

「近頃のこども」のほうがスゴいな。

いろいろな種まき

いろいろ土作りは耕して肥料を混ぜて、それから1週間ねかせるのがいいらしい。
そうとわかっていても、いつもは時間がないので、1週間ねかせることなくすぐに種を蒔いたり苗を植えたりしている。今年は植える時期よりも土作りを優先して1週間ねかせた。

種をいろいろ買ってきた。

どこに何を植えたかわからなくなるので、写真を撮っておいた。

感動もの。美しいやさい畑。

やさい畑
ボクが今までに見た中で、いちばん美しい野菜畑。まるで花壇。丁寧に育ててるなあ。





野菜畑
北海道の雄大な広野で。

じゃがいもが発芽!5

100425じゃがいも
寒い日が続いたのに、じゃがいもが発芽しました。

100425じゃがいもの霜害
中にはこのように霜で黒く焼けたのもありますが、発芽が遅かったため、被害は少ないです。種いもを植えるのが遅かったのが、結果オーライでした。

これ何?2

BlogPaint近くの畑の方に冬におすそ分けをしてもらった苗が育っていますが、これは何の苗だったかなあ? (いただいておきながら大変申し訳ないですが)

葉もの野菜? 実ができる野菜ではなさそう・・・。

手前の赤い丸の中の野菜です。

天地返し。土作りとからだ作り。4

100130先週末、天地返しをやりました。地表から30センチまでの土と、30センチから60センチまでの土の上下入れ替えです。







100123天地返しこれだけの穴を掘ると、気持ちいいくらい汗をかきます。師匠が耕運機を貸してやろうかと言ってくれますが、運動代わりでやってるので。
今、スゴい雪が降ってますが、この穴はどうなっているでしょうか。








100130音楽館昨日は湯島聖堂となりのスタジオで練習です。クイーンのバンドの助っ人です。

年の瀬に実感した日本の農業2

ブログネタ
日本の農業が生きる道 食料の自給率など に参加中!
091231塩屋今日は風の強い日です。

帰省中の神戸ではサティやコープもありますが、野菜は八百屋、魚は魚屋に買いに行く生活スタイルも残っています。正月の準備の買い出しに商店街へ行きました。

年末は野菜が高くなるそうですが、大根や白菜などかさばる野菜が100円とか200円。ネギや春菊やキノコ類もだいたい100円ぐらい。みかんはバケツ1ぱい300円。

まったく農家の仕事へのリスペクトがない値段です。

こんな安い値段から八百屋と流通の取り分を差し引いたら、農家にいくら残るんでしょうね。

だからといって「釣りはいらん」というほど懐が暖かいわけでもないし、そうしたところで、農家にわたるわけでもなし。

種や苗、肥料のコストも下がっているのならいいのですが。

ハムスターがやってきた!

生後一か月のハムスターがわが家にやってきました。
娘への誕生日プレゼントです。
このハムスターのために、「ハムちゃん畑」という畝を作って、こどもたちは小松菜やチンゲンサイ、ニンジンを育てています。
無農薬野菜を食べられるハムスターは幸せ者です。


さて、テラスで育てている豆類が発芽し始めました。

091114soramame空豆は種の頭が土から出る程度にしていたので、種が割れた様子が見えます。これで良いのか?? もっと土をかけたほうが良かったんじゃないかとも思うのですが。








091115endouエンドウも発芽しました。これはまあ、こんなもんでしょう。








091115ルッコラルッコラは元気ですが、








091115ほうれん草ほうれん草は雑草に負け気味です。




小さなお客さん5

091107行進たまねぎ用の畝を立てていたら、子どもたちがやってきました。









091107柿「柿園で手伝いをしたら柿をもらったよ。食べたい。」とのこと。ナイフでむいて、みんなで食べました。ひとりは柿が苦手らしい。「でも挑戦してみる」というので、小さく切ってあげました。







091107ポンプ食べる前には手洗い。ポンプが珍しいみたいです。









0911073人日が沈んでも、遊び続けていました。










こういう出会いが時々あるのも、畑のいいところです。






畑で遊ぶ。

091102耕す今月中旬からハムスターを飼うことになりました。妹は動物が大好きで、動物園ではライオンやコアラよりも、だっこできるうさぎやハムスターがいるところが好きです。ペットショップでハムスターを観察すると、キャベツなどの野菜を食べるみたいです。こどもたちはハムスターが来る前に、餌を作りたいと言ってきました。畑の一部をこどもたちに任せました。


091102畝たてボクも手伝いながら、小さい畝を二つたてました。

しかし、だんだん飽きてくると・・・・






091102燃やす燃やしたり・・・










091102干す物干を作ったり・・・









091102滑る滑ったり・・・(畑でローラーブレードって?)








いろいろ、勝手に遊んでいます。





091102大根この日の収穫です。





耕運機はとっても楽! でも・・・4

091024耕耘機水をまいた土に被せていた透明シートを外しました。雑草が生えているので、日光消毒の効果はあったのかな? 








091024運転師匠から借りて来た耕運機のエンジンをON。水上バイクのような感じで楽しい!
鍬とは段違いなパワーで土をどんどん掘り返していく。今までの苦労は何だったの?っていう感じです。








091024土


こんなに土がふかふかです。歩くと足が沈みます。


しかし、耕運機もいいことばかりじゃありません。

畑まで運ぶのが大変。35キロほどあるらしく、ミニバンの後部に積み上げるには腰痛覚悟の姿勢を取らざるを得ません。実際、腰痛になりました。そして車は泥と傷。畑に置く場所があれば、おすすめです。


「収納問題、かたづけよう」。で、畑の道具はどうする?5

090922絵を描く使っていない支柱とか農具などは、いつも畑の土の上に置いたまま。何とかしたいと思いながら何年も経っている。IKEAのCMを見て思い立ったが、さすがのIKEAにも支柱を置くのに都合のいいのはなかった。

だったら作ろう。

ホームセンターで適当な材木や工具を買って来た。のこぎりはボクが子どもの頃に使っていたものがある。
妹には材木に絵を描いてもらった。


090922作成中昔と違って、金槌で釘を打つことはない。電動ドライバーでネジを締め付ける。簡単で楽。この電動ドライバーはIKEAで子どもたちの机を買ったときに使ったきりだった。先をドリルやヤスリやねじ回しなど、いろいろ取り替えて便利。




090922完成完成。杭2本と、長い板4本を8本に切って組み合わせただけ。
外で使うものだから、すべて適当に。デザインも使い勝手優先。














090922畑の柵午後、畑に設置した。もうちょっと腕の部分は短くてもよかったかな。













090921柵に載せたところ収納問題は解決!

DIYの楽しさがちょっと分かった気がする。
野菜作りといい、DIYといい、年相応の趣味に面白いようにはまっている。









ところで、 Do It Yourself って、すごく売り手目線の言葉だと思う。消費者目線なら Do It Myself じゃないかな。


秋野菜のために畑を片付けてしまいたいが・・・4

090830とまと夏野菜に未練を残すと秋野菜準備に出遅れます。
9月上旬には畑を片付けて更地にしておきたいものですが、なかなかそうはいきません。なぜなら、こんな感じでまだトマトができるからです。このトマトはこの夜トマトとモッツァレラのサラダになりましたが、もう感動的にうまかったです。





090830なすなすのまだこんなに穫れます。つやつやです。







090830ピーマンパプリカみたいな立派なピーマンもこんなに穫れます。









090830雑草の山この夏は雑草とりをさぼっていたため、もう大変なことになっていました。ネギやモロヘイヤやにんじんやエダマメなどは、雑草に埋もれて見えない状況でした。ちょっと草抜きをやっただけでこの量です。

トマトが豊作だった理由。5

収穫中朝食のマフィンにはさむトマトを収穫にいきました。トマト大好きな娘は真剣にチョイスしています。朝収穫するのが一番おいしいという話をすると、休みの朝なのについてきました。





2個ここにも。







3個ここにも。







1個いっぱい穫れました。








全景ひと休みしてトマトの株というか木をながめて思いました。







足元今年、いっぱい穫れたのは足元の葉っぱをばっさりと摘み取ったのもひとつの理由かもしれません。いつもは光合成優先で、葉っぱを残していましたが、今年は風通し優先で膝下を出すような感じにしてみました。

元気のいい葉っぱを摘み取るのは、間引きや脇芽かきと同じように、かわいそうな気持ちになりますが、トマトの場合はやったほうがいいのかな。

他の野菜でもやってみましたが、ししとうやピーマンは枝をさっぱりさせせても、枝が減った分収量が減っただけ。キュウリも同じ。ナスはちょっと枝を落としたほうが虫の被害が少ない。というのがボクの畑での実感です。


収穫今日の収穫です。















かかし作り5

ブログネタ
家庭菜園 に参加中!
かかし1サイクリングがてらちょっと畑に寄りました。今週末は寺家ふるさと村はさくらまつりです。畑での作業は特になく、娘が蒔いた花の種に自分で水をやらせようと思いました。ビニール袋をちょうだいというので、何をするのかな。



かかし2今度は支柱が欲しいと。









かかし3最後は鍬を貸して・・・・。

こんなかかしができました。

鳥たちがおもしろがって集まってくるかも?

減産態勢に入ります。4

cbceceb8.jpgミゾウの経済危機で、「減産」や「操業休止」という文字を目にしない日はありません。

だからというわけではないですが・・・ボクの畑も減産することにしました。

企業のプレスリリース風にすると、こんな感じかな?

米国発の金融不安などに端を発した世界的な景気減速とは関係はありませんが、ボクの畑は33%生産量を減産することを決定いたしました。
持続可能な規模で事業を再構築し、需給バランスの改善に取り組んでまいります。具体的には、従来30坪の農地を10坪に縮小して、固定費の削減を図ります。また、供給過剰によるありがたみの下落を防ぐとともに、不良在庫処分による無駄を無くします。減産解除時期につきましては、今後の需要動向を勘案して判断してまいります。

このビラを近所のちびっ子にも手伝ってもらってあちこち張り出しました。さて、反応は・・・。




野菜運搬車4

090201きゃべつ今日はもつ鍋用のキャベツを収穫すれば良かったんですが、久しぶりの畑だったこともあり、大根、白菜、ブロッコリーなども採っていると、持てない重さに・・・・。今日は車じゃなかった・・・・。




ということで、畑まで娘が乗ってきていたスクーターで運ぶことにしました。何度ひっくりかえったことか。090201

オフシーズンの真最中3

ブログネタ
家庭菜園 に参加中!
d2433ea4.jpg寒いし、作業はないし、しばらく畑はお休みです。
メリハリをつけるため、オフシーズンは畑から離れます。

久しぶりに横浜港に行きました。
かみさんやこどもたちはバレエを見に、ボクはぶらぶら。
中華街で晩ご飯を食べて帰りました。

わが家のどんど焼き5

どんど焼きマシュマロを焼いたりしました。風は冷たかったけど、火をおこすと暖かかったです。

農業ビジネス5

ブログネタ
日本の農業が生きる道 食料の自給率など に参加中!
0ba1a6cf.jpg正月休みに静岡の農家の方の話をする機会がありました。
こんな温室をいくつも持っている規模の農家です。
その方はチップなどから自家製堆肥を作り、糖度の高いいちごやトマトを作っています。銀座の果物屋やデパートからも取引の申し入れがきているそうです。ほんの短い時間だったけど、話を聞いて感じたのは、農業で成功している人はビジネス感覚があるということです。どう見てもただのおばちゃんなんだけど(失礼!)。

消費者が高いお金を払ってもよいと思えるものを作っている
→いくらおいしくてもキュウリや大根にそんなに高いお金ははらわないんだろうな。トマトやいちごを作っているのはそういうところを考えているんじゃないだろうか。

ライバルと競合しないものを作っている
→時期をずらして作っているから「他と競争にならないんだ」と言っていた。無用な価格競争で疲弊しないのは商売の鉄則。

固定費をかけない
→人手は必要な時だけアルバイトで集める。機械や設備は所有するか借りるかコスト計算がされている。

将来を見据えている
→トマトは長野で作っているそうで、そのほうが気候が合っているからとのことだった。ただそれだけではなさそうなことが雑談の中で聞けた。「近い将来、平野部ではトマトは作れなくなるだろう」。まさに地球温暖化を実感されているようで、長野の標高850メートルの畑を確保したのは将来へのリスクヘッジでもあるようだ。


農家のおばちゃんの話は、コンサルや大学院の先生のビジネスの話そのものだった。こういうことを当たり前にやっているおばちゃんがいるんですね。スゴいな〜と思いました。

デートの誘い方4

一輪車娘たちにただ「畑へ行く?」と聞いてもなかなかついてこないようになってきました。そういう年頃にさしかかったのか、畑に飽きてきたのか・・・。だから、どうやって誘うか、いろいろ考えます。

今日は「一輪車とスクーターで畑に行こうか?」で二人とも即OK。

畑を始めた頃は、補助輪付きの自転車や三輪車だったのが、自転車を経て今は一輪車やスクーター。野菜を持ち帰るのには何の役にも立たない乗り物ですが・・・・。

わらをいただきました。4

ブログネタ
家庭菜園 に参加中!
わら近所の田んぼでは脱穀も終盤に。通りかかった田んぼでちょうど脱穀後のわらを積み上げる作業をしていました。「わらを売ってもらえませんか?」とお願いしたら「持って行っていいよ」。いちご用にこれだけもらいました。

浜柿・浜なし・浜ぶどう4

ブログネタ
家庭菜園 に参加中!
柿園ボクの畑がある寺家ふるさと村では、柿の収穫期を迎えています。ここで穫れる柿は「浜柿」というブランド名がついています。「浜なし」「浜ぶどう」もこの村で穫れます。どれも直売しかしていないそうです。柿にも「浜」をつけて売り出しているとは今日まで知りませんでした。
この村の周辺は柿生とか柿の木台など「柿」が付く地名が多いです。昔から柿の名産地だったのかも。


柿すずなり2〜3年前、柿の木ごと買ったことがありました。その柿の木についている実は全部ボクのものという買い方です。
でも食べきれませんでした。





テーブル直売所にもいろいろあり、お土産用のきれいな立派な柿を売っているところや、家で食べる用に売っているようなところもあります。これは後者です。柿園で切り落とした枝から実を取りながら売っています。これで300円。見栄えは良くないけど、甘くておいしいです。(このテラスのテーブルには先日ペンキを塗りました。ちょっといい色になりました)

ちょっと農閑期。3

牧場さつまいもを収穫したら、ちょっと暇ができました。白菜やきゃべつはトンネルに入れたままになっているし、水菜やルッコラもほったらかしだし、気にし始めたらきりがないので、気にしないようにしてます。この前の休日は高校時代の同級生家族と八ヶ岳へ行きました。



つり自分たちが釣り上げた魚を焼いているところ。神妙な顔をしていますが、焼き上がるとパクリ!





工房工房でフエルトのぬいぐるみを作りました。羊の毛に洗剤をしみ込ませて揉むとフエルトになるんですね。「羊をシャンプーで洗ったらフエルトになっちゃうんですか?」と先生に聞いたら、そんな感じになってしまうそうです。

ベビーリーフ3

小松菜いつもより少し早く寝て、少し早く起きて、出勤前に畑までマウンテンバイクで行ってきました。
葉ものが大きくなってきています。
大根を1本に間引きました。ついでにルッコラや小松菜も間引きました。

畑朝食のサンドイッチにルッコラや小松菜のベビーリーフは合います。シャキッとしてておいしかったです。

しかし、ひとつの袋に大根、ルッコラ、小松菜を一緒に入れたもんだから、選り分けるのが大変。
袋は分けたほうがいいですね。今日は収穫するつもりじゃなかったので、袋はひとつしか持っていませんでした。

畝の造成

ブログネタ
家庭菜園 に参加中!
畝ルッコラ・水菜・小松菜・春菊・大根の種を蒔きました。

こちらの粘土質の畑は、畝を作るのが大変です。
しかし、もうひとつ畑に比べると、みみずがたくさんいます。
なんとなく味の濃い野菜が育つような気がします。

トンネルもうひとつの畑の白菜、キャベツ、ブロッコリーの様子。トンネルで完全防備しているつもりなのに、葉っぱには少し穴が。地中からの攻撃か?







寺家近所の田んぼは稲刈りの真っ最中です。

半農半X5

ピーマン今日のピーマンは立派です。

さて、突然ですが、「半農半X」という言葉を土曜(6日)の朝日新聞で知りました。

Xは「ペケ」じゃないです。

ボクは「半農半サラリーマン」ってとこでしょうか。
かみさんは「半農半フィットネスインストラクター」。
娘たちは「半農半小学生」?

そういう使い方をするようです。
詳しくはこちらを。

畑をはじめた4年ほど前、何か強い志があったわけではないけど、生活の一部に「農」を取り入れてよかったと思います。その後、食の安全についてこんなふうになるとは思わなかった。

例えば今日の一日食べたもので、自家製の野菜を使ったものは・・・
<朝食>ピーマンとなすの炒め物。
<昼食>朝採ったピーマンとじゃこの炒め物、チーズをかけたナスのソテー、それとざるそばの薬味のねぎ。すいか。
<夕食>モロヘイヤのおひたし。ナスのみそ汁。さすがにメインの肉料理の肉などは買ってきたものですが、付け合わせのバジルは自家製。

これだけ自家製でいくには、野菜を作るのも結構大変だけれど、料理してくれるのもホントに感謝してます。

でも、食べることに手間ひまかけているところをこどもたちには見せていきたいと思います。

なす今日もナスは50個以上穫れました。漬け物を作りました。










種まきそれから大根の種を蒔きました。ここは手伝ってくれました。

土壌pHと電気伝導率3

e66137ad.jpg自分の畑の土壌pHがどの程度なのかを測ったことがありません。今日、初めて測ってみました。

スイカ畑のほうで測ってみたら、pHは5.2でした。弱酸性。まあまあです。
スイカを収穫した後で、石灰を撒いたほうがいいみたいです。

それから、電気伝導率(EC)。
これは肥料の多寡の指標になるそうです。
これは0.2でした。もっと肥料をあげてもいいという数値です。

写真の白く光を反射してしまっているのがpH測定器。青いほうがEC測定器です。

今日はこの地区の畑のイベントで、土壌測定をやりました。順々に測定して分かったのは、ほとんどの畑は酸性で肥料不足ということ。石灰や肥料をもう少し増やしてもいいみたいでした(ただ、あまりにみなさんのpHが酸性に傾いており、測定方法が正しかったのかどうかという気もするのですが。事前に撒いておく水の量の影響も大きいみたいです)。

まわりの畑のひとに囲まれて測定するのは面白いものです。
「いい土ですなあ」「いやいやそれほどでも」というやりとりが続きました。

基本は土だということを再認識する一日でした。

こどもと料理して考えた。5

ブログネタ
パパの子育て日記 に参加中!
「畑に行きたい〜」と言ってくれるうれしいおともだちがいます。娘たちのおともだちですが。
みんなで畑に行きました。


畑の3人いろいろ収穫したり、井戸水を汲んだり、虫を捕まえたり・・・そしてお昼になり家に帰りました。さて、この子たちの昼ご飯をどうするか。

マックに連れていくと楽だけど・・・新鮮な野菜がたっぷりあるのにそれはないか・・・・よし、この野菜を使った料理をしてみるか! と思ってみたものの、何をつくるかアイデアがなく、「ちょっと待っててね」と料理本を見てる間にもこどもたちのお腹はグーグー。

これなら作れる!とひき肉とたまねぎのピラフを作ることに。

料理こどもたちがたまねぎの皮をむき、ボクが刻み、こどもたちが炒め・・・味付けは焼肉のたれ。空腹のせいもあろうが、我ながらなかなかの味です。














ランチ「テラスで食べたい〜」と面倒なリクエスト。ここまでやったら面倒がらずに全部やってやろうじゃないかと、みんなでテラスで食べました。サラダは氷水をたっぷり入れたボウルにキュウリとニンジンをどばっと入れただけ。これをサラダと呼んでよいのか。しかし、こどもたちには「さっき自分で採った野菜」というストーリーがあるからか、男っぽい盛りつけのせいか、よろこんで食べてくれます。おともだちはピラフのおかわりまでしてくれるいい子です。


このように自分で作った旬の野菜を使って料理すると、たかが野菜を遠く海外から輸送したり、季節外れの野菜を温度コントロールして(無駄なエネルギーを消費して)育てたりすることがあたりまえになっているのは変だと実感する。こどもたちもいずれそう感じてくれるかな。ボクも畑を始めるまで、冬にトマトやキュウリを食べるのに違和感を感じることすらなかった。

この時期、トンカツやコロッケの付け合わせはキャベツでなくてもいいってみんな考えるだけでも、かなり地球に優しくなるんじゃなかろうか。

この料理のフードマイレージの距離は500メートルほどです。

ハイジのブランコ5

ブログネタ
家庭菜園 に参加中!
6e0c6019.jpg連休の最終日、師匠に今後のスケジュールを確認。
風が強いので、今日無理に作業をすることはないとのこと。
できればトマトの支柱ぐらいは立てようかと思っていましたが、今日やらなくてもいいことは今日やりません。

ただ、次の週末の天気が悪そうなのが気になる。

一緒に連れていったこどもたちがいないと思ったら、近くのブランコで遊んでいました。(勝手に使わせてもらってスミマセン)

こどもと勝負!4

ブログネタ
家庭菜園 に参加中!
762babfb.jpgベネッセの「チャレンジ」(ボク世代では福武書店の「進研ゼミ」)にこんな付録がついていました。
こどもをモノで釣るのは今も昔も商売の王道です。

種を分けてくれました。ボクとこどもとどっちが上手に育てられるか勝負です。

いろいろ発芽!5

ブログネタ
家庭菜園 に参加中!
f882959a.jpgこの畝もいろいろ発芽しています。4月5日のブログに書いていたから、2週間目です。
何をどこに蒔いたかもう忘れました。






サイクリングさわやかな天気だったので、畑に寄ったあとはちょっとサイクリングをしました。

種まきいろいろ。4

ブログネタ
家庭菜園 に参加中!
fcc7cdee.jpgボクの畑の周辺では「さくら祭り」と「寺家回廊」という2つのイベントが開催中。このあたりは芸術家の方が多いようです。娘のおともだちのお父さんが陶芸家だったりします。

さて、今日は新しいほうの畑にいろんな種を蒔きました。畝幅が60センチなら、何とかまたいで蒔けますが、太ももの裏がだんだんつりそうになります。畝幅100センチになるとまたいで蒔くのはちょっと無理です。両側から半分ずつ。

下仁田ねぎ、細ねぎ、ルッコラ、かぶ、にんじん、キクナ、小松菜を蒔きました。

ねぎを種から育てるのは初めてです。

「呼び水」とはこれのこと?5

ブログネタ
食育を楽しもう! に参加中!
呼び水新しい畑には井戸があります。今までは家から水をタンクに入れて運んでいたので、とても便利になります。
この井戸、ポンプが付いていて、ハンドルを上下させると水が出てきます。最初やってみたら、ハンドルはヘコヘコ動くだけで、水が出てくる手応えがありません。てっきり壊れているんだと思いました。

そこで、隣の区画の人に「あの井戸使えるんですか?」と聞いたら、「使えますよ。呼び水を上からさして・・・」「呼び水って?」・・・ということで、実演してくれました。

ボクは井戸水をくみ上げる時には水が必要で、その水を「呼び水」ということを今まで知りませんでした。

「・・・・が呼び水となって」などと比喩的な言葉の使い方をしますが、ここから来てたんですね。

こどもたちもやり方を学び、まだうまくはできないですが、今日は一緒に行ったお友達に教えていました。

じゃがいもの植え付け5

ブログネタ
食育を楽しもう! に参加中!
たねいも
ひなまつりといえば、じゃがいもの植え付け。
今日やりました。
先週種屋で購入して干しておいた「インカの目覚め」と今日師匠から買った「キタアカリ」「男爵」。畑が広くなったので、3種類作ることにしました。







芋を切る芋を切るのは姉のしごと。














灰をまぶす切り口に灰をまぶすのは妹のしごと。






















穴を掘る穴を掘るのは姉のしごと。























どろだんごどろだんごを作るのは妹のしごと。(作業に関係なし。そろそろ飽き始め。このあと「地上絵」を描いていました。ナスカか?)






















芋を植える植えるのは姉のしごと。

























6メートルの畝3本にじゃがいもの植え付けを終えました。
灰のまぶし方は、こどもたちの方が師匠の昨年のやり方を覚えていました。

春一番4

ブログネタ
家庭菜園 に参加中!
6ed03ec1.jpg先週は風の強い日が多かった。
日曜日にちょっと畑に寄ったら、たまねぎのマルチが風になびいていました。
あわててまわりを土で押さえ、穴から葉っぱを1本ずつ出しました。

風が強いと空気が綺麗になるのだろうか、富士山もよく見えました。
下の写真は帯広です。お菓子の箱に描かれているような風景です。

帯広

08年度事業計画 レイアウト完成!5

ブログネタ
家庭菜園 に参加中!
4dc53ddc.jpg今日みたいな寒い日は家の中で菜園計画を立てるのにちょうどいいです。
畑が2カ所になったので、それぞれレイアウトしてみました。
VISIOがあればいいのですが、家のマックには入ってないので(Mac版はないかな?)、エクセルで描きました。

図をクリックすると拡大します。

この図では消していますが、1マス20センチで描いています。
この図の通りの寸法で畝を立てればうまくいくはずです。

次に植える時の連作障害を避けるために「科」ごとに色分けしました。ナス科はムラサキ色とか・・・。

今まで使っていた正方形の畑は、できるだけ手間のかからないものにします。スイカやかぼちゃは初挑戦ですが、手間がかからないと本に書いてあったのでこちらで作ってみます。

■既に植えているもの
たまねぎ 150個
エンドウ 4本
■これから植えるもの
じゃがいも 種芋8個 (30センチ間隔で16片必要)
とうもろこし 32本(30センチ間隔2列)
スイカ  2本
かぼちゃ 2本

新しく借りた長方形の畑は、昨シーズン何を植えていたのかわからないので、「えいや!」で決めるしかありません。お隣さんに聞いたら「あの辺にナスを植えておられたよ」というあたりにはナス科を避けるというぐらいのことはしました。

大きい畑のレイアウト









■これから植えるもの
じゃがいも 種芋16個(30センチ間隔で32片)
ピーマン  2本
ししとう  2本
ナス    3本
ズッキーニ 1本
トマト   12本
キュウリ  8本
ゴーヤ   2本
さつまいも 16本(30センチ間隔)
カブ・チンゲンサイ・枝豆・ハーブ系は適当

春をむかえる準備5

ブログネタ
家庭菜園 に参加中!
418c3158.jpg「今日は新しい畑に行く?」とこどもたちの方から誘ってくるようになりました。
メジャーを持って行って新しい畑の寸法を測ってきました。3月1日から使えます。

いつもの畑に戻り、最後に残った白菜を収穫しました。
外葉で包んでおいたら、中身はとてもみずみずしいのでビックリしました。

今日の作業は天地返しなのですが、なんといつも遊んでいる妹のほうが手伝ってくれました。
こういうキリギリスタイプには「耕やしといて」と仕事を頼むような持っていき方では絶対に手伝ってくれません。
「穴掘っといて」これでOKです。ひたすら掘っていました。

穴掘り













帰りに師匠の畑に寄って、夏野菜の苗の追加注文をしてきました。
「大根買ってくれ」というので、2本抜いたところです。
顔を隠すつもりではないのですが、ケータイのカメラはシャッターを押してから写るまでの時間が長くてこんな写真になってしまいました。この姉の方は畑に行くと何をするか自分で考えるようになっています。収穫、雑草抜き、虫退治、荷物運びなど、自分で仕事を見つけます。こちらから頼むと「え〜」といやがったりするんですがね。
大根

事業拡大!! 10坪 → 30坪5

ブログネタ
家庭菜園 に参加中!
5a507099.jpg新しい畑を借りることにしました。20坪。今の畑とあわせると合計30坪!

菜園計画を根本的に立て直します。今度はちゃんと始めよう。今の畑を始めたとき、ど真ん中にたまねぎを植えてしまい、それが後々までレイアウトに影響したからなあ。

新しい畑には手動式ポンプの井戸もあり、こどもたちも興味津々です。

農繁期は人手と食べる人が足りなくなるのは間違いなし。
労働力の提供と食べるのを手伝ってくれる方、歓迎しますよ。

まずはじゃがいもの植えつけから。

菜園計画を立てずにすむ方法。4

ブログネタ
家庭菜園 に参加中!
b1070f74.jpgボクが借りている畑の広さは10坪です。

パズルを組み合わせるような菜園計画(ちょっと大袈裟?)に頭を悩ませていますが、とっておきの解決策が見つかりました。

都心から少し離れたこのあたりは緑が多いので、普段の生活で癒されているのでしょうか。最近のニュースでよく見聞きする「ストレス解消目的の家庭菜園」をする必要は無いのかもしれません。そういう地域なので、自治会の回覧板などでしょっちゅう市民菜園の募集を見かけます。

ボクの畑の近くでも空きがでました。20坪。これだけあると畝間もゆったりとしたレイアウトが描けます。連作障害や食べきれないときなどは、「休耕」というこれまでには考えたこともない贅沢な使い方もできますね。落ち葉の堆肥を作ることも・・・・。などと夢は広がりますが、手間も増えるのは間違いなし。

さあ、どうしようか。

こういうご時世だから、我が家の野菜自給率をもっと高めようかな。

みなさんの畑の広さはどのくらいなんですか?
アルバム
くるみ割り人形
月別のブログ
あし笛の踊り
livedoor プロフィール
ライブのお知らせ(11年10月1日)
beysidejyazzflag

BAY SIDE JAZZ CHIBAに出演します。

ピアノトリオで出演します。
どうぞ、お越しください。
ぶっつけ本番かも??

2011年10月1日(土)
千葉・中央公園特設ステージ
11:35 〜 12:00

詳細はこちらです。
ライブのお知らせ(11年7月10日)
title01

おやじバンドの甲子園、「八木橋おやじバンド大会」に、Queen Rocks で出演します。

詳細はこちら
ライブのお知らせ(11年5月15日)
IkebukuroJazz
池袋ジャズフェスティバルに今年もピアノトリオtake3で出演します。
詳細はこちら。東日本大震災のチャリティーイベントになります。昨年は路上で演奏しましたが、今年は節電に協力して日中開催&アンプラグドになるそうです。

5月15日(日)池袋マイスルカフェ 15時ごろ
ライブのお知らせ(11年5月14日)
mainpic


大田ジャズフェスティバルにtake3で出演します

5月14日土曜日です。
場所は大田文化の森ホール。
take3初めてのホールでのライブです。ぜひお越しください。

詳細はこちらです。

ほんの気持ちにしかならないですが、出演料は全額東北大震災の義捐金に寄付します。
ライブのお知らせ(10年11月13日)
ttl_header_home
渋谷音楽祭に出演します。「クイーンロックス」というバンドです。詳しくは10月29日のブログをご覧ください。
日時:11月13日(土)13時30分〜13時50分
場所:渋谷駅東口跨道橋
ライブのお知らせ(2010年8月21日)
logo


すみだストリートジャズフェスティバル
ピアノトリオで出演します。
8月21日(土)15時30分〜16時10分
錦糸町駅前「楽天地」特設ステージ
予定曲:枯葉、Oleo、St.Thomasなど
入場無料です。ストリートなんで。
どうぞお越しください。
ライブのお知らせ(10年5月15日)
100417池袋ジャズフェスティバル


池袋ジャズフェスティバルに出演します
毎年5月に池袋駅周辺で行われている屋外ライブイベントです。

5月15日土曜日の18時、ウイングタワー会場に出演する「take-3」がボクのピアノトリオです。

詳細はこちらです。
  • ライブドアブログ