P1010198
この夏のいちばんの思い出は9歳の娘と2人で旅行をしたこと。北斗星に乗って函館に行った。昨年の京都に続く第2弾。いつもは飛行機であっさりと行ってしまう北海道に、寝台列車であえてゆっくり行ってみた。

P1010248
寝台列車に乗るのは学生時代に上海→西安→北京→上海とバックパッカー旅行をしたとき以来。その時のバックパックを背負って出かけた。

P1010254
上野を出た時は先頭車は青かったのに、函館に着いたら赤くなっていた。ぐっすり寝ていたんだなあ。寝台車で寝れない人もいるらしいけど、ボクは田園都市線の通勤で立ったままでも寝れるほど鍛えられているので、即寝。

P1010320
函館では1日中歩いて、食べて、遊んで、作って、買って、見て。

P1010462
これはガラスの破片を組み合わせて溶かして作った。

P1010630
翌日は大沼公園に。だんごを食べて、自転車で湖を一周してたら小雨が降って来た。

100922竜飛海底駅
その次の日は青函トンネルの竜飛海底駅を見学した。海底駅に行くという話をすると、こどもたちは(かみさんも)「魚が見えるの?」と聞いてきたが、もちろんそんな感じではない。

P1010755
娘との旅で困るのが温泉。9歳だと男湯に一緒に入れないかもしれないので、今回の旅の1泊は混浴の旅館にした。八甲田の酸ヶ湯温泉。千人風呂という大きな温泉。娘は律儀に男女の境界線の立て札を守って、こっちにはなかなか来ない。昨日の大沼公園のホテルの温泉では平気で男湯に入ってたのにね。

100922青森港
こんな5日間の旅。娘は自分のことは自分でやるようになっていた。娘の荷物や着るものについてはボクは一切関知せず。また、大人とこどもという関係ではなく、対等に助け合って旅ができたのがうれしい。

ボクのデジカメには家族4人の顔を登録しているが、カメラは時々娘をボクと間違える。似てるのかな。これもちょっとうれしい。