ブログネタ
北陸地方の旅[富山県・石川県・福井県] に参加中!
靴を履く
3日目の朝です。荷物をパッキングしたり、レインウェアを着たり、登山靴を履いたり、というようなことを山ガールは手際よくできるようになりました。
このたびの旅行の3つの目的のうち、立山山頂に立つという1つ目の目的は達成しました。今日の目的は2つ目の、「氷見でおいしい料理を食べる」です。

雷鳥荘の玄関
しかし、大雨洪水警報が出ています。山小屋の方は「昨日1日晴れていただけでももうけもの」とのことです。
土砂降りの中、気合の入った人たちは出発していきますが、ボクたちはロビーでコーヒーを飲みながら様子見です。山の天気は変わりやすいんだから、そのうちやむでしょう。

くつろいでいたら、ピタッと雨があがりました。出発します。

ガス
大日岳の上のほうは雲で見えませんが、これもいい景色です。雷鳥沢からの景色もこれで見納めです。

雷鳥
と思ったら、また雷鳥に会えました。山を下りてから聞いた話では、「雷鳥を見た」と室堂の自然保護センターで申告すると、記念品がもらえるそうです。山ガールは悔しがっていました。

スタンプ
室堂バスターミナルに到着しました。いつも通り、山ガールはまずスタンプ台に向かいます。(この辺のスタンプは日付が入っているので、同じスタンプでもまた押したくなります。山ガール談。)

木道
弥陀ヶ原ではボランティアのガイドさんに案内をしてもらいました。木道を歩いて行きます。ちょっと小雨が降っています。「滑らないように気をつけてくださいね」と言ったガイドさんが最初に転んだので(しかし、受け身も見事)、気をつけながら歩きました。

蝶
そのうち雨があがり、蝶やトンボがどこからともなく飛びかいはじめました。

富山方面
富山の町が遠くの下のほうに見えます。

池
弥陀ヶ原らしい池です。このうしろには立山方面まで手付かずの自然が残っています。すごいなあと思います。同じ北アルプスでも、長野側の栂池、八方、白馬あたりは、スキー場で開発されまくりですからね。富山側がんばれ!
スキーをやっていた頃は、自然の中でスポーツを楽しんでいる感覚でしたが、なんて自然に優しくないスポーツだと今は思います。

(続く)