ブログネタ
北陸地方の旅[富山県・石川県・福井県] に参加中!
P1040981
弥陀ヶ原を散策してから、バスとケーブルカーで山を下りました。
ローカル線に乗って富山へ行き、富山から氷見に向かいます。
立山に登ったら、氷見でご馳走を食べてひと休みする計画でした。これがこの旅行の2つ目の目的です。

P1050005
富山地方鉄道の沿線は、のどかな田園地帯です。東急の「田園」とは全然違います。

P1050007
途中で何度か乗り換え。

P1050011
駅には鉄ちゃんが喜びそうなものがいっぱい。

P1050018
立山を富山側に下りたら宇奈月温泉で泊まる人が多いようですが、ボクは「氷見の料理民宿はうまい!」という噂に賭けました。氷見の名物は富山湾の魚。特に白えび。うちの山ガールは山海の珍味には興味がありませんが、えびは大好物です。鮨屋(もちろん回るほう)でもえびばかり食べます。だから白えびは食べるかなあという期待がありました。

民宿は勘を頼りにインターネットで予約しました。これが大当たり。宿のおかみさんやお兄さんは駅まで迎えに来てくれたり、宿でもいろいろ話をしたり。こんな旅の出会いを山ガールにも体験させれらたのは良かったです。

P1050042
宿やレストランでは、オーナーの目が行き届く規模というのがクオリティーのひとつの目安になると思います。この宿はまさにそうです。部屋も総ヒノキのお風呂も、そして料理も大満足でした。登山成功の祝宴です。

部屋と厨房までは数メートル。こちらの食べるペースに合わせて、絶妙のタイミングで、いちばんおいしい状態の料理が次々に出てきます。二人旅でこんなご馳走を出してもらっていいの?という感じでした。

舟盛りの富山湾の刺身と白えび。山ガールと取り合いです。白えびは食べやすいように剥いてくれているのですが、細かい下ごしらえがあるみたいです。

白えびはかき揚げでも出てきました。山ガールはごぼうやたまねぎが混じっていないところが気に入ったようでした。

食べ切れなかった料理やごはん(このごはんや漬け物がまた最高においしい)のことは、今でもおなかがすいたときに思い出します。

P1050031
宿の前は海。晴れていたら立山や剱岳が見えるそうですが、この日は曇っていてうっすらと稜線が見えました。