the kitchen garden 畑のライブカメラ

横浜青葉台、寺家ふるさと村の家庭菜園です。家で食べる野菜をこどもたちと作ります。 1年ほどブログを休んでいましたが、どこに何を育てたか分からなくなってしまいました。自分の備忘録として再開しますので素っ気ない内容ですが、よろしく!

登山

山ガールの立山登山 その10 弥陀ヶ原散策4

ブログネタ
北陸地方の旅[富山県・石川県・福井県] に参加中!
靴を履く
3日目の朝です。荷物をパッキングしたり、レインウェアを着たり、登山靴を履いたり、というようなことを山ガールは手際よくできるようになりました。
このたびの旅行の3つの目的のうち、立山山頂に立つという1つ目の目的は達成しました。今日の目的は2つ目の、「氷見でおいしい料理を食べる」です。

雷鳥荘の玄関
しかし、大雨洪水警報が出ています。山小屋の方は「昨日1日晴れていただけでももうけもの」とのことです。
土砂降りの中、気合の入った人たちは出発していきますが、ボクたちはロビーでコーヒーを飲みながら様子見です。山の天気は変わりやすいんだから、そのうちやむでしょう。

くつろいでいたら、ピタッと雨があがりました。出発します。

ガス
大日岳の上のほうは雲で見えませんが、これもいい景色です。雷鳥沢からの景色もこれで見納めです。

雷鳥
と思ったら、また雷鳥に会えました。山を下りてから聞いた話では、「雷鳥を見た」と室堂の自然保護センターで申告すると、記念品がもらえるそうです。山ガールは悔しがっていました。

スタンプ
室堂バスターミナルに到着しました。いつも通り、山ガールはまずスタンプ台に向かいます。(この辺のスタンプは日付が入っているので、同じスタンプでもまた押したくなります。山ガール談。)

木道
弥陀ヶ原ではボランティアのガイドさんに案内をしてもらいました。木道を歩いて行きます。ちょっと小雨が降っています。「滑らないように気をつけてくださいね」と言ったガイドさんが最初に転んだので(しかし、受け身も見事)、気をつけながら歩きました。

蝶
そのうち雨があがり、蝶やトンボがどこからともなく飛びかいはじめました。

富山方面
富山の町が遠くの下のほうに見えます。

池
弥陀ヶ原らしい池です。このうしろには立山方面まで手付かずの自然が残っています。すごいなあと思います。同じ北アルプスでも、長野側の栂池、八方、白馬あたりは、スキー場で開発されまくりですからね。富山側がんばれ!
スキーをやっていた頃は、自然の中でスポーツを楽しんでいる感覚でしたが、なんて自然に優しくないスポーツだと今は思います。

(続く)

山ガールの立山登山 その9 地獄谷を抜けて山小屋に戻る5

ブログネタ
四季の山 に参加中!
みくりが池
みくりが池はパワースポットらしいです。ハート型に見える位置があるそうで、いろんな角度から見てみました。

みくりが池2
こっちかな?

湧き水
湧き水が飲めます。とてもおいしい水です。
今朝、宿を出発した時には、ボクは1リットル、山ガールは500ミリリットルの水を持っていましたが、山を下りてきたときにはまだ半分以上は残っていました。涼しかったのでのどが渇きません。飲みたくなくても時々飲んでおこうという感じでした。

地獄谷
ホテル立山から、地獄谷を抜けて山小屋に帰ります。このあたりでは浄土山が天国で、地獄谷が文字通り地獄ということらしいですが、それだったら温泉の地獄谷のほうがいいです。硫黄の匂いは箱根の大涌谷のほうがきつい気がしました。

雄山神社お札
無事、宿に着きました。ステッキは部屋にありました。これは山頂の神社でもらったお札です。
天気予報が全く外れて、一日中いい天気でした。初登山でしたが、上りも下りも地図に載っている標準的な時間より早いペースでした。怪我も無かったのは何よりですが、筋肉痛もほとんど無かったのは、直前2週間に階段上り下りで(たった3日ですが)、肉離れ級の筋肉痛を経験したのと、近所のナイトウォークで(たった4日ほどですが)、登山靴に慣れた成果があったのかもしれません。

(続く)

山ガールの立山登山 その8 一ノ越から室堂に下りる5

ブログネタ
アウトドア に参加中!
一ノ越出発
一ノ越から室堂に向かう出発点です。このあたりから見る室堂は、湖あり、雪渓あり、山小屋ありの遊園地のようです。山は上りより下りがきついといいますが、今回は下りのほうが楽です。モンベルの登山靴のおかげでしょう。

川
ゆっくり風景や花を楽しみながら下ります。こんな沢があります。ここより上からこんなに豊かな水が流れてくるのは不思議な感じです。

室堂(建物)
室堂に戻ってきました。また雷鳥に会いました。ここは江戸時代の山小屋です。山小屋(室)+宗教施設(堂)=室堂ということのようです。江戸時代はロープウェーやケーブルカーが無いから大変ですね。

下りてきた
ミクリガ池あたりからの立山連峰の景色は出来すぎです。上高地の河童橋のようです。

ホテル立山
ホテル立山のカフェで一休み。湧き水のアイスコーヒーとチーズケーキをいただきました。こんな山の上で下界と同じような快適さが得られるところがすばらしいです。食べ物がおいしくなかったり、トイレが汚かったり、相部屋がいびきでうるさかったり・・・というようなことが皆無です。それに下界マイナス15度の涼しさ。今日の登山で汗を拭くためにタオルを使うことは一度もありませんでした。

立山、最高!

(続く)

山ガールの立山登山 その7 立山山頂から一ノ越に下る4

岩場
今考えると、このあとホテルのカフェで一休みするくらいだったら、山頂でゆっくり景色を楽しめばよかったなあと思います。しかし、季節はずれの前線がはりついていて、大雨警報や注意報が出ていたのにもかかわらず、なぜかここだけ天気が良いという状況でした。天気が悪くならないうちに下りることにしました。うちの山ガールはゲレンデのこぶを攻めるように、どんどん先に行きます。

ケータイ
待ってる間、大自然のなかでケータイをしていました。右下のほうに写っているのが山ガールです。

花
夏休みの宿題用に、高山植物の写真を撮影しました。

弁当
一の越まで下りてきました。ここまできたら、天気が悪くなってもなんとかなるでしょう。雷鳥荘で作ってもらったお弁当を食べました。山ガールが撮った写真はピンボケです。山は明るすぎてデジカメの液晶がとても見にくいのです。写っている範囲くらいはわかりますが、光の加減や被写界深度などさっぱりわかりません。こんな山の上まで大きなカメラを持ってくる人が多いのもうなずけます。

山ガールの立山登山 その6 立山(雄山)山頂はこうなってる

立山山頂
本当の最高地点はこの先の鳥居をくぐった先、雄山神社峰本社にあります。苦労して登ってきたところに、こんな建造物があるのは驚きです。ここは山岳信仰の聖地なんだそうです。そういえばこれまでの山道のあちこちに祠がありました。室堂、浄土山、弥陀ヶ原など、神社かお寺かわからないけど、宗教色の高い地名が多いのもうなずけます。

山頂記念写真
最高峰で記念撮影です。さえぎるものが無い景色です。稜線や頂上付近は、独特の風が吹き、気分が盛り上がります。

立山山頂カール
サル又のカールと後立山連峰。

お祓い
青空に映える装束の神主さんからお祓いを受けます。この後、お神酒がふるまわれました。山ガールはひな祭りのノンアルコール白酒だと思ったようです。苦かったけど、神様のものなので吐き出せずに飲み込みました。初めてのお酒を3000mの山で口にしました。

「岩が全部動いて見える〜」。

「動いている真ん中を踏んだらいいよ」。

分身魔球を打つときの要領です。

田部井さんチーム
田部井さんのグループも到着しました。

パノラマ地図
まわりの山々の名前が載っている金属板です。

(続く)

山ガールの立山登山 その5 一ノ越から立山山頂まで5

P1040621
とうとう今回の登山のクライマックスです。一ノ越から山頂を見上げると、まだ結構あります。普段の運動量を考えると、登るかどうか迷うところです。

P1040628
しかし、迷う間もなく、山ガールは登りだしました。

P1040635
山ガールはとことこと登って行きます。テレビクルーが同行しているグループが、先に行かせてくれました。田部井淳子さんのご一行です。「深呼吸をして〜」と声をかけられていたので、まねしました。初登山で元祖山ガールの田部井さんに会えるとは。

P1040643
途中でちょっと平らなところもあります。なぜかこの辺りはソフトバンクの電波が届くみたいで、昨日からのメールが一斉に届きました。ちなみに、一ノ越も山頂も電波は届きません。

P1040639
また急な岩場が始まります。

P1040632
山頂まであと少し。

P1040633
今日のスタート地点の室堂一帯です。山小屋も見えます。

P1040649
酸素スプレーを持ってきてよかった。ステッキは山小屋に置き忘れたけど、こんなところを登るんだったら手ぶらでよかったかもしれません。

P1040651
山頂です。と思ったら・・・

(続く)

山ガールの立山登山 その4 室堂から一ノ越まで4

グループ
山小屋の朝食は6時からです。昨日は10時ごろ寝たので、なんとか起きれました。早い人はもう出発しています。

室堂への道
まず山小屋から室堂まで、昨日来た道を戻ります。酸素の薄さを実感します。酸素スプレーが早速役に立ちました。

立山全景
今日登る立山はこれです。

みちしるべ
道に迷う心配はありません。

落岩
まだ、ふざける余裕もあります。

雷鳥3
雷鳥の家族がいました。

こっち向いた雷鳥
こっち向いた。

雷鳥チビ
ついていくのがやっとのチビ雷鳥。

雪
雪の上も歩きます。

一の越と山頂
一ノ越と雄山山頂が近づいてきました。『るるぶ』には一ノ越までは遊歩道と書いていましたが、想像していたよりはきついです。ここだけでも、登山靴を買ってよかったと思いました。霧が峰の湿原とか上高地の遊歩道とは違います。2400メートルの室堂から2700メートルの一ノ越まで300メートルの標高差は運動不足の体にはいい運動です。

一の越標識
一ノ越に到着しました。

一の越の山ガール
目的地の半分まで来たのでほっとしています。

一の越から
東の方に北アルプスが一望できます。正面の山の向こう側がスキーでよく来ていた八方尾根、栂池、遠見、白馬乗鞍かな。右手には穂高連峰。

槍
槍も見えます。

富士山
ずっと向こうには富士山も。大雨注意報が出ているとは思えない天気です。


山ガールの立山登山 その3 山小屋に泊まる4

雷鳥荘
「るるぶ」で見つけた山小屋。ここに2泊します。室堂ターミナルから30分という立地なので、いろんな不便も覚悟していましたが、とても清潔で快適。例えばこんな具合。2人で6畳の個室。布団はふかふか。コンセントがあるのでデジカメやケータイの充電も可(但しソフトバンクは使い物にならない)。温泉は地獄から湧き出たお湯のかけ流し。湯船からは大日岳(かな?)へ沈む夕日が望める。トイレはウォシュレットだし、洗面所の蛇口からは湧き水が出てくるしお湯も出る。食事は品数が多く、刺身や鍋、焼肉まで出てくる。

ここは、いわゆる山小屋ではなく、ロッジ+温泉旅館です。

暖炉
暖炉があるロビー。山ガールはロッキンチェアで本を読む。

ジェンガ
居合わせた人たちが遊んでくれました。ホテルではこういう体験はできません。山ガールのいい思い出になるでしょう。この宿を選んでよかったなあと思いました。

雷鳥荘の玄関先
玄関先から谷のほうを見下ろすと、気合の入った登山者のテントが見えます。

山ガールの立山登山 その2 黒部ダムから室堂まで4

黒部ケーブルカー
黒部ダムの屋内の展望室でお弁当を食べました。ソフトバンクのケータイはこの先は使い物になりません。ドコモやAUはそんなことないみたいです。晴れていたら水の吹きだし口近くの展望台にも行きたかったけど、そんな気になれない雨です。先に進みます。次の乗り物はケーブルカー。もう少し下まで来てくれたらこの階段を登らなくてもいいのに。

黒部ロープウェー
その次はロープウェー。

室堂スタンプ
それからトロリーバスに乗ったら室堂に到着。まずはスタンプ。どうしてこういうところのスタンプのインキはかさかさに乾いているんでしょう。

室堂事故情報
掲示板を見ると、この数日は毎日人が死んでいます。台風でサーフィンをすると馬鹿呼ばわりされますが、冬山に登る人は登山家として称賛を浴びます。その違いはボクの昔からのギモンです。

立山石碑
外は強い雨。レインウェアでフル装備。宿泊する雷鳥荘まで、ここから30分。山ガールは「タクシーはないの?」と聞きますが、歩くしかありません。日常生活の感覚では、まず外には出ない降り方の雨です。ただ、視界はそれほど悪くなく、宿までの道は石の遊歩道になっているので、道に迷うことはなさそうです。

雨のみくりが池
ミクリガ池の横を通って行きます。まだ5分くらいしか歩いていません。



山ガールの立山登山 その1 信濃大町から黒部ダムまで4

スタンプ
とうとう出発の日です。うちの山ガールは、駅などに置いてあるスタンプは必ず押していきます。スタンプ帳は、さっと出せるところに入れています。

雨カバー
信濃大町駅は小雨模様でした。早速、買ったばかりの雨よけのカバーをかけました。

トロリーバス
扇沢からはまずトロリーバスに乗ります。

黒部ダム
黒部ダムをわたる頃は、大雨になってきました。レインコートを着用。この先、今日の宿泊地の室堂にたどり着けるか、ちょっと心配でした。その宿は室堂バスターミナルから30分歩かねばなりません。
アルバム
くるみ割り人形
月別のブログ
あし笛の踊り
プロフィール

shogo

ライブのお知らせ(11年10月1日)
beysidejyazzflag

BAY SIDE JAZZ CHIBAに出演します。

ピアノトリオで出演します。
どうぞ、お越しください。
ぶっつけ本番かも??

2011年10月1日(土)
千葉・中央公園特設ステージ
11:35 〜 12:00

詳細はこちらです。
ライブのお知らせ(11年7月10日)
title01

おやじバンドの甲子園、「八木橋おやじバンド大会」に、Queen Rocks で出演します。

詳細はこちら
ライブのお知らせ(11年5月15日)
IkebukuroJazz
池袋ジャズフェスティバルに今年もピアノトリオtake3で出演します。
詳細はこちら。東日本大震災のチャリティーイベントになります。昨年は路上で演奏しましたが、今年は節電に協力して日中開催&アンプラグドになるそうです。

5月15日(日)池袋マイスルカフェ 15時ごろ
ライブのお知らせ(11年5月14日)
mainpic


大田ジャズフェスティバルにtake3で出演します

5月14日土曜日です。
場所は大田文化の森ホール。
take3初めてのホールでのライブです。ぜひお越しください。

詳細はこちらです。

ほんの気持ちにしかならないですが、出演料は全額東北大震災の義捐金に寄付します。
ライブのお知らせ(10年11月13日)
ttl_header_home
渋谷音楽祭に出演します。「クイーンロックス」というバンドです。詳しくは10月29日のブログをご覧ください。
日時:11月13日(土)13時30分〜13時50分
場所:渋谷駅東口跨道橋
ライブのお知らせ(2010年8月21日)
logo


すみだストリートジャズフェスティバル
ピアノトリオで出演します。
8月21日(土)15時30分〜16時10分
錦糸町駅前「楽天地」特設ステージ
予定曲:枯葉、Oleo、St.Thomasなど
入場無料です。ストリートなんで。
どうぞお越しください。
ライブのお知らせ(10年5月15日)
100417池袋ジャズフェスティバル


池袋ジャズフェスティバルに出演します
毎年5月に池袋駅周辺で行われている屋外ライブイベントです。

5月15日土曜日の18時、ウイングタワー会場に出演する「take-3」がボクのピアノトリオです。

詳細はこちらです。
  • ライブドアブログ