Shography's blog

何でもいいの

清水の次郎長

🎶清水港の名物はお茶の香りと男伊達~
施設で歌ってきた。
それと、『森の石松 三十石舟』 
「飲みねぇ 食いねぇ 江戸っ子だってねぇ 寿し食いねぇ」
「神田の生まれよぉ」 っての。

ほか、みなさんに読んでもらうべく漢字を書いて持って行った。
花では「紫陽花」「牡丹」「薔薇」「夾竹桃」「石楠花」「薊」
野菜、山菜などでは「胡瓜」「茄子」「蕗」「蚕豆」「豌豆」「筍」
  「薊(あざみ)」、「蚕豆(そらまめ)」、「豌豆(えんどう)」が難しかったようだ。

IMG_1661_1


以下、関係ないが、

翡翠(かわせみ)の風薫るかと思ひけり ・・・寥太

IMG_1657_1

IMG_1659_1_1「詳」

薔薇の館

ご近所さんち。

IMG_1645_1

IMG_1646_1

IMG_1647_1


IMG_1649_1

IMG_1648_1

IMG_1650_1

「館」のではない駐車場で。
IMG_1644_1

我が家の方へ戻って。
IMG_1653_1

IMG_1652_1

IMG_1651_1

我が家
IMG_1643_1







我が家でひっそり咲く花のすべて

昔からの名も知らぬサボテンがぼっこりあるが二三残してすててしまおうかと。
☟これは毎年、知らんふりしていると咲いてくれるから好き。

IMG_1638_1

容器にまとまって咲いていたのを移し替えた。水をあげていたら今日はしゃっきりしていた。

IMG_1641_1

IMG_1640_1
花がなくてさびしかったので、一か月前買った。例年のように長くは咲かないだろう。家の中に入れてしまわなければならないから。

IMG_1639_1
これだけはいつも元気で嬉しい!

IMG_1642_1
友人作、縄文式様土器(今、文様は見えないが)。これに何でもぼっこんでおく。忘れたころに何か出て来る(お化けは出てこない)

あ、シャコバと孔雀サボテンが今は哀れな格好をしているが咲いてくれるかどうか、置いておこう。






おはなしレストラン

ワ-、おいしそう。興味そそられるなあ。
こういうお誘いのハガキをいただいて、大事にしまっておいた。
パ-ティの場所は、三芳、電車で初めて行くところ。しっかり乗り換え案内で調べて紙に書き写して(え?スマホ持ってたんじゃないの?)その都度バッグから取り出してちらちらと見る。私のメモはこうなる。
武蔵藤沢→所沢→秋津→新秋津→武蔵野線(東京行き)→北朝霞・・・徒歩→朝霞台→鶴瀬(西口出口)・・・徒歩14分→目的地
この通りに行けばなんと言う事は無い。ところがその必要もないのに私は近くにいる人にいちいち確かめなければ気が済まない。その度、相手の方はスマホをサッと見て(駅でスマホを見ていないひとはいない。)親切に教えてくれる。
鶴瀬へ降りるとほっとして、でもやはり目的地の〇〇公民館はどのように行ったらいいかを尋ねる。すると「歩くと結構ありますよ。バスの方が・・・」とバス停を教えてくださる。偶然同じ場所へ行く人がいて、「バスはあと15分後」、タクシ-にしようか歩こうかともたもたしているところへバスが来てしまった。
バスに乗って、や、や、私は慌てふためいた。どこででもPASで通ると思っていたのが大間違い。財布を開けると五千円札と十円玉二個ぐらいしか入っていない。両替できないということで、もたもたしていると同行の人が「出しておきますよ」と。助かった!降りると私は直ぐにお金を小さくして彼女に返したかったので、また、お昼も済ませてなかったので何かつまむものを買いたかった。近くには衣料の「しまむら」しか見当たらない。とりあえずそこへ入って店員さんに「この辺で、食べ物を売っているところはありませんか?」すると店員さん、「食べ物はこれだけです。」と目の前の小さなラックを指す。そこにはポッキーやキャンディがあるが、ちょっと手が出ず、「コンビニは近くにありませんか」ともう一度。教えてくれた方へ行けども行けどもない。今バスで来た半分ぐらいは歩いただろう。やっとおにぎり一個と飲み物を買って、ぎりぎり「お話レストラン」に入った。しまった!豪華なメニュ-だったのにおにぎり一個買うのにこんなに苦労することはなかった。

おはなしレストランのことを打ち明けよう。
ブログでお馴染みのhisakobaaba さん
https://hisakobaab.exblog.jp/、こと中谷久子さんが所属する「かにかにこそこそ」というグル-プのお話の会。今回25周年記念の会ということで変わった催し。お話の内容をレストランのメニュ-に見立てて、ランチコ-ス、アラカルト、ふるさとコ-ス、ディナ-コ-スなどがある。テーブルごとに配ってあるABCの札でお客さんから注文をとり多かった中からお話が進められる。

☟は昨日、久子さまのブログにコメント入れたものです。

今日は、「おはなしレストラン」という洒落たお話会、洗練されたシェフによる素晴らしいメニュ-。お味最高でした。
でもこれは、お客様のリクエストに応えてお料理を出してくださるもので、確かに自信を以てご用意されたものが提供できなかったシェフもおられることは私も感じておりました。(久子さまも、もうひとつのネタの方がよかったのだそうだ。でも相変わらずの張のある若いお声だった)
それにしても沢山のネタをお持ちの会員の皆様には心から敬服いたします。図書館がバックアップしてくださるのも嬉しいことですね。
私は、初めての道のりで、最初は気軽に時間かけて小旅行のつもりでなどと面白がっていましたが、思いのほか時間がかかっていました。はじめてのお使いができましたので、もう三芳まで一人で行けます(笑)

このようなベテラン揃いのとても楽しいおはなし会でした。

あ、明日、hisakobaaba さん、FMで語られるのだった。


今朝の東京新聞

一面の、この二つの記事には憤り!
IMG_1634_1

IMG_1633_1
カジノなど推進しようとしている政府がこんなものを出す気が知れない!

憤りもう一つ!またやられた!プランタ-に出てきていた春菊を抜かれた!



人気ブログランキング
人気ブログランキング
ギャラリー
  • 清水の次郎長
  • 清水の次郎長
  • 清水の次郎長
  • 薔薇の館
  • 薔薇の館
  • 薔薇の館
  • 薔薇の館
  • 薔薇の館
  • 薔薇の館
記事検索
プロフィール

花てぼ



絵は誕生日(2月14日)の花。遊工房さんよりいただきました。

「花てぼ」とは、九州で昔、子供が野に出て遊ぶ時提げてまわった素朴な 「かご」のことです。よく、れんげや、つくしなどを摘んで遊んだものでした。

「Shography」とは私の造語で、書道のShoと、「書道」の英語、calligraphyから捩ったものです。

埼玉県在住
朗読することが好きですが、故郷・長崎のことばで語るのも楽しいです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ